コマネチゾーンが命。

池田勇太プロのアプローチショットです。

池田勇太アプローチショット

この写真をよーく見てください。インパクトの後、グリップエンドが左コマネチゾーンにくっつきそうになっています。打った後のこういう締まった形が素晴らしいです。アマはなかなかこういう形になりません。ボールが肩よりも上がっていますから、チッピングではないです。

石川遼くんも同じような締まった形です。池田くんとそっくりです。こちらも、グリップエンドがコマネチゾーンにくっつきそうです。あるいは、この写真では、コマネチゾーンに当たっているようにも見えます。

石川遼アプローチ

こういう締まったアプローチの形が素晴らしいのです。これを学んでほしいと思います。アマはなかなかこういう形にはなりません。

それは、リリースのメカニズムが違うからです。

アマは右腰の手前あたりから、放り出すようにぼよ~んとリリースします。すると、インパクトで手は体からはなれ、形の面でもヘッドが浮遊してぼよ~んとゆるんだものになり、インパクト後もぼよ~んとゆるんだままです。

これに対して、プロは締まったインパクトで、ほとんどリリースせず、カッチリしており、打つ前後にグリップエンドをコマネチソーンに引きつけるような動作が入ります。この引きつけるところで、左腕の前腕がローテーションしています。逆にいえば、リリースによってヘッドを返すのではなく、左腕のローテーションで打つから(アプローチなので返さないようにしていますが)、こういう形になるわけです。

つまり、打つメカニズムがアマとプロとでは違うのです。

こうしたプロの形はアプローチだけではなく、フル・スウィングでも同じで、同じ動きが入っていると考えるべきです。
フルスウィングでは、インパクト後にヘッドが走り、その勢いで腕が伸びます。その腕が伸びる動きに吸収されて、コマネチゾーンに引きつける動きは隠れてしまいます。
しかし、引きつける動きはフルスウィングでも存在しているのです。見えないだけです。

これは、別のいい方をすると、グリップエンドからインパクトゾーンに突っ込み、最後の最後に返すタメ打ちをしているということでもあります。あるいは、引きつけながら、遠心力で伸ばすという動作をしているということです。

プロのこうしたアプローチを参考にして、練習してみてください。小さなアプローチの動作のなかに重要な返しのメカニズムが入っています。リリースして打つのではなく、前腕のローテーションで打ちます。形だけをマネしてもダメで、毎回いっていますが、タイミングを遅くするように心がけてください。

コマネチゾーン コマネチゾーンとは。
コマネチとは、1976年モントリオール五輪で活躍したルーマニアの女子体操選手。そのウェアを当時ツービートのビートたけしさんがギャグにしました。 そのギャグで手の位置するあたりを、当サイトではコマネチゾーンとよんでいます。そけい部ともいう。 ビートたけしさんと所ジョージさんが、コマネチゾーンの重要性を石川遼くんに伝授しています。(写真)
広告
広告