第2の振り子をリリースしない。

ゴルフスウィングには多くの振り子が複合しています。腰を中心とした回転の上に肩の回転がのっかり、その上に腕が振り子のように動き、ひじもやや動き、手首がリリースされます。

クラブにも、2つの振り子があります。

  1. クラブ全体の振り子。グリップを視点に、ヘッドが動きます。
  2. ヘッドの振り子。シャフトを軸にして、ヘッドがシャフト周りを回転します。

振り子

ほとんどの人は、腕の振りと手首のリリース、そしてクラブの第1の振り子を意識していると思います。

しかし、リリースを問題にするとき、重要なのはクラブの第2の振り子です。

アマチュアのタイミングが早いのは、第2の振り子の使い方が間違っているからではないかという気がします。

2の振り子は、シャフト軸を中心にして、ヘッドが返る動きです。シャフトからヘッドの重心までの距離が回転半径であり、その回転半径は短く、すぐに返ります。 (半径はいわゆる重心距離、5センチほど)プロがアイアンを打つときは、わりとシャフト寄りで打ちますが、それは、第2の振り子をうまく使えているスウィングの特徴です。

当メソッドの見立てでは、ほとんどのアマがスウィングのタイミングが早いという致命的な問題をかかえています。それは、第2の振り子の使い方が悪い、あるいは第2の振り子を使うタイミングが早いということです。

つまり、スウィングのタイミングが早いということは、第2の振り子を使うタイミングが早いということです。

いままでリリースするけど、リリースしないなどとややこしいことをいってきましたが、
その真意はおそらく、この2つの振り子にかかわっています。

2つの振り子のうち、第1の振り子はリリースしてもよい。リリースしないとヘッドがボールに当たらない。しかし、第2の振り子をリリースしてはいけないという意味であると理解してください。

で、どうすればいいかということですが、まず、勢いをつけないということです。手が右腰の手前あたりへ来るとき、勢いをつけるという動作は、第2の振り子をリリースすることなので、厳禁です。

もうひとつ、フェイスをかぶせに行く動きをしないということです。

いいかえると、シャフトが水平になったとき、フェイスは垂直よりもややかぶるぐらいで、フェイスはオープンであり、そのままオープン状態で振ります。

シャフトが水平になったあたりから、フェイスをオープンにしたままで振れということです。

で、フェイスを開いたまま振る、あるいは第2の振り子をリリースせずにどうやって打つのか。 それは前腕のローテーションをきれいにやるということです。 多くの人は、前腕のローテーションがうまくできていません。ローテーションがうまくいかないので、早めにリリースしようとするわけです。

前腕のローテーションがうまくできると、フェイスをかぶせに行かなくても、打てます。もちろん、結果的にはインパクトでフェイスはスクエアになり、返るわけですが、それは自分でやることではないです。結果は勝手についてきます。自分でインパクトの形をつくるのではありません。

前腕を軸にして、クラブを動かすのもまた振り子です。これを第3の振り子と考えてもいいでしょう。

前腕のローテーション

上のイラストをみてください。第3の振り子は前腕を軸にして、クラブが振り子運動します。そのときクラブは、図式的にいえば水平運動です。

この第3の振り子と、第1の振り子を組み合わせて打ちます。この組み合わせを使えば、第2の振り子は使わなくても打てることがおわかりいただけたでしょうか。

すなわち、第2の振り子を使う動き――フェイスをかぶせるようなゴルフクラブ特有の振り子――は不要です。

練習としては、シャフト水平から水平までの小さなアプローチをゆっくりやるのがいいと思います。 フェイスを開いたまま振る気持ちで、あるいは最後までリリースしない「つもり」で振ります。

関連リンク

【増補版】「振り子のリズム」のむずかしさ

【増補版】長い棒にタイミングを教わる。

広告
広告