「合わせ打ち」の無限ループ、その脱出法。

「合わせ打ち」とは何でしょうか。

「合わせ打ち」の定義はむずかしいと思いますが、ここでは、「インパクトのタイミングを合わせる振り方」ということにします。私はアマのかなりの部分の人がこの「合わせ打ち」をやっていると思います。

「合わせ打ち」は、ドライバーがチタンになって大型化、長尺化してから増えていると思います。なぜなら、長尺化することにより、手で強く叩く「極端な手打ち」(重症タイプ)がやりにくくなります。また、ヘッドの慣性モーメントが大きくなったことで、手前からポーンとヘッドを放り出すような打ち方のほうが、ヘッドを返そうとするよりも、慣性モーメントを利用して真っ直ぐ飛ばしやすくなっているからだと思います。

「合わせ打ち」の場合、「手打ち」より症状は軽いですが、ほぼ同じような症状が出ます。

その症状は、「スライスと引っかけの無限ループ」です(他の要因も絡むので一概にはいえませんが)。無限ループとはどういうことか、説明しましょう。

とりあえず、1球打ってみます。で、スライスが出たとします。すると、「あ、スライスした」と思うわけです。そこで、次のスウィングでは無意識のうちにリリースを早めます。すると今度は、左に引っかけます。で、「あ、引っかけた」と思うわけです。そして、次のスウィングは、無意識のうちにリリースを遅めます。その結果、今度はスライスします。で、「あ、スライスした」と思うわけです。で、次のスウィングはスライスを防ごうと、早めにリリースします。すると今度は左へ引っかけてしまいます。で、次は「あ、引っかけた」と思います。…(以下無限ループ)

つまり、スライスをいやがると引っかけ。引っかけをいやがるとスライス。いくらインパクトでタイミングを合わせても、スライスか、引っかけか、どちらかになって、それをくり返すばかりで、なかなか真っ直ぐ飛ばないわけです。

これが「合わせ打ち」の症状だと思います。

こういう練習を必死になって積み重ねれば、いつかは球が真ん中に集まってくるというほのかな期待もあるかもしれませんが、残念ながら、そういうことにはならないと思います。

これは、アマに特有の現象だと思います。なぜなら、プロが雑誌のインタビューなどいっているのをみると、すべてのプロが必ず「インパクトはつくらない」と断言しているからです。アマも同様に自分はインパクトをつくっていないと思っているでしょう。しかし、スライスしたら早めにリリースし、引っかけたら遅めにリリースするというのは、まさにインパクトを調整しているのであり、インパクトをつくっていることに他なりません。

つまり、プロとアマは「違うインパクトである」ことを認めなければならないと思います。プロもスライスすることがあるでしょうが、アマのような左右の調整をおこなっていないと思います。

ということは、「違うインパクト」である限り、アマは現状の練習の延長上にいるだけでは真の上達は見込めないと思います。いくら練習しても、いまの「合わせ打ち」をしている限り、球は中心に集まらず、無限ループを繰り返すと考えられます。ですから、いまの練習を繰り返すのではなく、無限ループを抜け出す方法を考えなければなりません。

それが、本メソッドで強調している「遅いタイミングに変える」ということです。

アマの「合わせ打ち」はタイミングが早いから無限ループなのです。プロはもっと遅いタイミングです。遅いタイミングでは、ヘッドが自分で返ろうとします。しかし、早いタイミングでは、ヘッドは自分で返ろうとしていません。その悪いタイミングでいくら左右に振りを調整しても、スライスか引っかけの無限ループに陥ったままなのだと思います。

自分は「合わせ打ち」ではないと思っている人が多いかもしれませんが、かなりのアマは「合わせ打ち」です。はっきりいえば、「手打ち」と「合わせ打ち」、そのどちらかにほとんどのアマが入ると思います。どちらもタイミングが早いため、「遅いタイミングに変える」ことが必要だと考えます。

広告
広告