リリースするのか、リリースしないのか。

当メソッドでは、練習ドリルとして、リリースせずに振るというのをすすめてきました。

しかし、実際にリリースせずに振るならば、ボールに当たらないというのが、物理的な帰結のように思えます。したがって、リリースせずに振るという練習を文字通り実践するためには、ボールよりも上の空中にヘッドを通すのがいいと思います。ボールよりも上を振ると、手首に角度がついたまま振ることになりますが、つまり、手首の角度をキープしたまま、手首のをほどかないまま振ります。それは、また別の意味でもいい練習になると思います。それは、前腕のローテーションです。手首をリリースさせずに、代わりに前腕のローテーションを使うわけです。これは、遅いタイミングを習得するためのドリルであり、つねにリリースするなというわけではありません。

ただ、私のなかには「つねにリリースせずに振っている」という意識があって、それは、どういうことなのか、10年ぐらいずっと疑問でした。(自分のやっていることがわからないというのは馬鹿みたいですが)。それが、昨年あたりにわかったような気がします。私の場合、瞬間的にリリースしていると思います。

リリースするのは一瞬の点です。しかも、インパクトの本当に直前、もしくはインパクトの後ぐらい。

何度もくり返していることになりますが、私の場合、グリップエンドを先頭にして振り、左手はリリースしない方向に力を入れています。(コックをずっとキープしている)。 ※それを万人にすすめているわけではありません。

で、最後の最後に、一瞬、リリースして、(そこでクラブがボールをヒットする)。その次の瞬間、また無意識のうちに握り直すわけです。しかも、完全リリースというよりは、8割リリースして、2割ぐらいリリースせずに残しているようなイメージです。

そうやって、左手はリリースしないようにしているうちに、だんだんリリースの点が定まってくると思います。私はスウィングのなかに、そういう点を求めています。

点でリリースすることによって、スウィングがシャープになります。その点にいたるギリギリまで、リリースを防いでいるからです。

逆にいえば、リリースしないからこそ、点が求められるわけです。(それは遅いタイミングです)。自分からリリースすれば、受動的に点を求めることはできません。

そういうふうにすることで、インパクトがタイトなスウィングになると思います。

いずれにしても、ゆるく握って、ぼよよーんと放り出すようなスウィングでは絶対にありません。

関連リンク

【増補版】リリースしない。リリースさせられる

広告
広告