長い棒にタイミングを教わる。

長い棒を振るドリルをやってみました。けっこうこの練習が、遅いタイミングに変えるために有効であることが判明しました。

やり方はドライバーよりも長い棒を素振りするだけです。水平に素振りします。

野球式です。重さは適当で軽いものがいいと思います。長さはドライバーより20~30センチぐらい長い棒を用意します。注意することは、グリップエンドから振ることです。そうすると、いつかはヘッドが自分で返ります。そのタイミングを知ることです。

長い棒にはその棒のタイミングがあることを発見することが、このドリルの目的です。短い棒なら、どんなタイミングでも振れます。ですから、アマ独特の早いタイミングで振っていても、アイアンではあまり問題が顕在化しません。しかし、長い棒になると、その棒の長さに応じた固有のタイミングがあり、そのタイミングに従わないと、振れません(空気抵抗も作用している)。それを発見することです。

で、それを発見したら、その感覚を大事にキープして、ドライバーを振ってみてください。そのとき、ドライバーが軽いからといって、いつものリズムで振ってはいけません。長い棒の要領で、ドライバーを振ります。

つまり、自分のタイミングを捨て、長い棒のタイミングで振ることです。

長いといっても2メートルとかの長さになると、タイミングはかなり遅く、ゴルフスウィングとはかけ離れているのではないかと思います(?)。なので棒は、ドライバーより20~30センチほど長いものがいいのではないかと思われます。

このドリルでうまく開眼できない場合、それは長い棒の振り方を、そのままドライバーに移植できないということだと思います。長い棒では遅いタイミングで振れても、ドライバーに持ち替えると、いつもの早いリリースになってしまうというケースです。

そういうケースもあるため、また別のドリルも開発しました。次回に書きます。

なお、室内練習用につくられた短いクラブがありますが、短いものを振るのは手打ちを固めるので、やらないほうがいいのではないかと思います。

ゴルフ動画再生 YouTube

ベースボールドリル。長めの棒を振っています。長さははっきりわかりませんが、画面でみる印象ではドライバーと同じくらいかなという感じ。ブーンといい音、出してます。空気抵抗がよくわかります。もっと手首をやわらかくして、前半で振り遅れることもできます。

ゴルフ動画再生 YouTube

47歳でドライビングコンテストに優勝したゲイリー・ワイレン博士がすすめる羽根のついた練習器具---パワースウィングファン。私も、昔、1度振ったことがあります。これも、遅いタイミングを習得するために、いいのでは?

楽天で発見→パワースイングファン

広告
広告