ハンドファーストで球が上がるのはなぜか。

当メソッドの第2メソッドは、「遅いタイミングに変える」です。この「遅いタイミング」の習得がきわめてむずかしいことは、何度もくり返しました。ひとつの理由は、遅いタイミングの存在にまったく気づかないことです。

もうひとつは、早いタイミングが体に染み付いていて、パブロフの犬のように早いタイミングで振ってしまうこと。そして、第3に、スライスを恐れる心理によって、遅いタイミングにできないことです。

遅いタイミングで振れば、振り遅れてスライスするというのが、通常人の感覚です(当然でしょう)。ただでさえスライスするのに、さらに遅いタイミングにすれば、余計にスライスするのではないかと直観的に感じて、遅くする前に打ってしまいます。その感覚もまたアマゴルファーの体のなかに染み付いていて、それを乗り越えるのはものすごくむずかしいことです。

つまり、<スライスを防ぐために→早いタイミングで振る>というのは悪循環になっていて、なかなか抜け出すことができず、それがアマゴルファーにとっての壁になっています。

スライサーである一般ゴルファーが遅いタイミングで振って、スライスを克服するというのが当メソッドです。それは、アスレチックなすウィングにするためには不可欠な要素です。では、なぜ、スライスを克服できるのか?

そのヒントとして、「ハンドファーストに打つ」ということを考えてみましょう。

プロはハンドファーストの状態でインパクトします。それが、強いアイアンショットを打つためには不可欠です。ハンドファーストの状態でインパクトすると、理屈の上では、インパクトでロフトが小さくなるはずです。手が左に位置するため、シャフトはグリップ側が目標方向にやや傾き、そうすると、フェイスがかぶった状態にしなければスクエアにならず、それはロフトが小さくなることを意味します。したがって、理屈の上ではハンドファーストなら低い球が出ることになります。

にもかかわらず、プロはハンドファーストでも高い球を打ちます。それはなぜでしょうか。それが、遅いタイミングにしてスライスを克服するという謎と同じ問いなのです。

プロの場合、それが可能になるのは、シャフトが前方にキックする瞬間に球をとらえるためで、シャフトのキック分だけロフトが大きくなるからであると考えられます。

スウィング中のロフトをダイナミックロフト(動的ロフト)とここではよんでいます。ロフトには静止状態の静的ロフトと、実際の運動のなかでの動的ロフトがあるという考えかたによる説明です。

そのように、クラブの振りとシャフトのキックがぴったり同期してこそ、プロのような球が打てるようになります。つまり、プロがやっているように手の位置をハンドファーストにしているにもかかわらず、なおかつシャフトのキックを使って球を上げるという打ち方は、遅いタイミングで打たなければ、不可能であり、これがアマにはなかなかできないことです。

スライスを恐れて、早いタイミングでリリースしていると、シャフトのキックがインパクトに同調しないため、いつまでたっても、アマチュア感の残るスウィングです。 これの悪循環から抜け出し、プロのようなスウィングをめざすのが、当メソッドの第2メソッド「遅いタイミングに変える」ということです。

ハンドファーストでも球が上がるというのは、別の面からみると、ボールより先でターフを取るということと通じます。最下点が先にある打ち方と同じ意味です。最下点を先にもっていくと理解してもらってもいいです。

遅いタイミングに変えるためには、勇気をもってさらに遅いタイミングで振ることです。「毒をもって毒を制する」です。

死ぬ気でグリップエンドから入り、そのままグリップエンドから振ります。死ぬ気で飛び込めば、そこには天国があります。

そこでは、シャフトのキックのタイミングがリリースと一致して、振り遅れるかなと思いきや、シャフトが力を発揮するので、スライスしないという魔法のゾーンになっているわけです。

その魔法のゾーンこそが、プロができて、アマにはできない重要ポイントです。

関連リンク

【増補版】足し算と引き算。

広告
広告