「振り子のリズム」のむずかしさ。

インパクトのタイミングを遅くするのは、自分でもっとも認識できない部分です。どうすればいいのでしょうか?

よく雑誌にいろんなプロが「振り子のリズムで振る」というアドバイスを書いてます。そこ(!)、そこが問題なんです。ゴルフ雑誌にそういう内容の記事がのっていても、多くの人はあたりまえのことにしか感じられないと思います。どんなヘタなゴルファーも自分は振り子のリズムで振っていると思っていますし、それはまちがっているわけではありません。

ですが、そこがちがうんです。だれでも振り子のリズムで振っていると思っていまし、実際に振っていますが、プロとアマとはちょっと違っていて、そのほんの少しの違いが大きいのです。しかし、その違いに気づかず、さらにその決定的な重要性にも気づかないというのが現状だと思います。気づくのはむずかしいですから、「自分はプロのような振り子のリズムができていない」ととりあえず、想定してみることが最重要です。

では、プロの振り子のリズムとアマの振り子のリズムはどこが違うのでしょうか。 それは、アマがプロの振り子のリズムよりほんの少し速いリズムで振っているということです。それは、ほんの少し、力を足して、速めているということです。

ですから、力を足すのをやめればいいのです。そうすると、ほんの少し遅くなります。

つまり、当メソッドの第2メソッド「遅いタイミングに変える」ということです。

これが、単純すぎて、かえってむずかしいです。振り子のリズムで振ると、ヘッドの重みを使ってボールを飛ばすため、手打ちの人は、「振った」という仕事をした感がありません。ですが、その仕事をした感はまちがった満足感です。 その満足感を大事にしていると、ヘッドに仕事をさせることはできません。自分で仕事をしているからです。

ジュニアからゴルフをやっている人は、(筋力がないので)ヘッドの重みを使ってボールを飛ばすことを多くの場合、体得しています。ですから、ヘッドの重みを最大限に利用して振る=満足感、という回路ができています。その回路があるかぎり、正しいタイミングからははずれにくいわけです。

他方、大人になってはじめた人は、手を使っていて、そこに仕事をした感の回路ができています。そして、タイミングというのは、なぜか信念としてい形成されています。

振り子のリズムをつかむためには、小さなアプローチをやります。ボールを打たず、家の中でもできます。シャフト水平から水平まで、左手1本でまずはじめてください。ヘッドの重みを使って振ります。

と、このように書いても、これがまたわかりにくいと思いますが…。正しい振り方とまちがった振り方のちがいはきわめて微妙なものです。その微妙な違いを感じるための練習です。

このとき重要なことは、勢いを一切つけないことです。えー、つまり、重みと勢いはちがうんです。勢いは使わず、重みだけを使います。 わかりますか?

ちょっとでも勢いをつけると練習が無意味になります。うまく打つための練習ではなく、振り子のリズムを知るための練習ですので。 勢いをつけると、それはここでいう意味の振り子じゃない(!)んです。ヘッドの重みと友だちになることです。

書いているうちにだんだんわかってきました。

たとえば、このアプローチ練習をするとき、ついつい水平より振り幅が大きくなっていませんか。もし、そうなっていたら、勢いを使っている可能性大です。

勢いを使っても、振り子のリズムに変わりはないと思われるでしょうが、ここが説明しにくいところで、このレッスンでいう振り子のリズムではないのです。雑誌に書いてあるのもそういう意味だと思います。なぜなら、そう理解しないと、すべてのゴルフスウィングでヘッドは物理的に振り子運動をしており、つまりすべての人は振り子のリズムで振っているわけで、記事にする意味がないからです。

振り子のリズムで振るということは、勢いをつけずに振るという意味です。ここのところを理解してください。

勢いをつけて、ヘッドを加速させることを「クラブが走る」と思っている人もいますが、それは勘違いだと思います。「ヘッドが走る」というのは、リリースによってではなく、ギリギリの遅いタイミングで発生するものです。

ですから、勢いをつけたスウィングから脱出することが、振り子のリズムという意味です。勢いをつけたスウィングをやめることに、この練習の主眼があります。

まったく勢いをつけずに、ただ、重みだけでヘッドを落下させます。それがコツです。

勢いをつけると、なぜいけないか… やはり、それはリリースしているから、あるいは力を加えているからでしょう。早いタイミングでリリースすると、シャフトのキックが波打って(イメージ)、スウィングに生かすことができません。純粋にヘッドの重みだけでクラブはどのように動くか、その動きを知り、その動きを最大限に生かすということはシャフトのキックを生かすことでもあります。勢いをつけると、その動きはわかりません。

ヘッドの重みと友だちになることは、シャフトと友だちになることでもあります。

もうひとつ付け加えると、最後まで(インパクトまで)振り子のリズムで行くことです。さらに、一般論ですが、器用になるような練習はやめたほうがいいです。器用になるほど、タイミングが早くなり、開眼しにくくなります。習字の手本をなぞるように、愚鈍に振り子のリズムをなぞってください。愚鈍に、ですね。

振り子が先生です。先生のリズムをなぞりましょう。まちがっても先生を操作しようとか、先生を追い越そうとか、思わないことです。

広告
広告