上下同時症候群。

「フォームはいいとほめられるんだけれど、何か足りない」そんな お悩みをおもちではないでしょうか。 もしかしたら、あなたは「上下同時症候群」かもしれません。

スウィングはよくいわれるように下半身主導です。だれも、上半身主導で振っているわけではないと思います。ですが、上半身と下半身が同時に動いているのは、上半身主導で振っているのと同じことです。

こういう人はものすごく多いです。意外なことに、よく練習をしている人に多いです。練習でフォームをつっくるときに、手や腕を使って形をつくるからだと思います。

ゴルフスウィングというのは、下半身から上半身へとうまく力が伝達され、 クラブが正しくリリースされたとき、素晴らしいダイナミズムが生まれます。これがゴルフの醍醐味です。が、上下同時症候群の人には、このダイナミズムに欠け、 爽快感が不足しています。

「まあ、上下同時でも、フォームはキレイだし、いいや」と思っているかもしれません。 しかし、これはスウィングのメカニズムがちがうので、ぜんぜんダメです。

切り返しを下半身主導でおこなって、下半身主導でダウンスウィングすれば、絶対に上下同時になることはありません。どこかに根本的なまちがいがあります。

これは、当メソッドでいう「重症タイプ」です。「早いタイミング」で振っているということです。じつは手打ちだけど、手打ちに見えないように練習によって形を整えているスウィングだと思います。フォームは正しい運動をすれば、おのずとできるものです。

上下同時症候群の方でシングルの方もたくさんおられます。

偉そうないい方になって申し訳ありませんが、俗にいう「ハンデ5以下にはなれないスウィング」というのは、こういうスウィングをさしているのかもしれないです。

やるべきことは遅いタイミングに変えることです。これは、大改造です。フォームをつくる練習はすべて中止して、遅いタイミングに変えることだけに専念するのがいいと思います。(人生賭けて・・・)。

宮里藍ちゃんのスウィング(とくにアプローチ)は上下同時っぽく見えます。でも 、正しい運動メカニズムの人が、正確性を高めるために同時っぽくしているのは、アマのは上下同時とはまったく異なります。アマの場合、切り返しのむずかしさを克服して、遅めにクラブが降りてきても、右腰の手前あたりでリリースして、ほんの一瞬、タイミングを早めていることが多いと思います。リリースがタイミングを早めます。

遅いタイミングに改造するのは簡単ではありません。自力更生は困難かもしれません。「裸の王様状態」だからです。

まず、思い込みを捨てることです。 いままでの先入観念を打ち壊しましょう。これはたいへんです。自分自身の思い込みを捨てることですから。

わたしは精神主義はきらいで、気持ちよく振ればいいばいいと考えてますが、気持ちよく振るだけでは早いタイミングが治らないというのもき厳然たる真実なのです。

上下同時を治して、「アスレチックスウィングに移行すること」は、意識を乗り越えることだと思います。

広告
広告