わかってからでは、治せない。

当メソッドは2つの部分から成り立っています。1つは「逆パワー」で、もうひとつは「振り遅れ」です。前者については、メソッドとしての体裁は整っていると思います。一方、後者については、当ホームページでもほとんど中身を説明していません。じつは、メソッド化するのがむずかしいと感じています。

アマチュアゴルファーのインパクトに向かう手の使い方については、軽症タイプと重症タイプがあります。レッスンでは、ひとりひとりに合わせてタイミングが早くなっている箇所を探し出し、遅いタイミングで振るように指摘するというきわめて個別的で一般化しにくい方法をとっています。

個別的にはこれで対処できるかもしれませんが、一般論はなかなかむずかしく、理論化しにくい面があります。ホームページの文章による説明ではまったくだれにも伝わっていないという気がしてなりません。

で、もう一度この問題について考えてみました。まず重要なことは、すべてのアマチュアはタイミングが早いということです。(セミプロ除く)。したがって、遅いタイミングに直さなければなりません。これが重要なことなので、とにかく知ってほしいです。でも、これが、まず文章では伝わらないんですね。ホームページを見ても、だれもわかっていないと思います。無力感があります。

ゴルフスウィングは、「気づき」です。とくに「振り遅れ」については、体力とか、技術の問題ではなく、意識の問題です。

プロにものすごい体力があるわけでもないし、アマだって十分、練習をしています。なのにアマは妙なスウィングをしています。練習量で考えれば、プロ予備軍ぐらいのスウィングはできてもおかしくないはずですが、そうなっていないと思います。練習は十分なのに妙なことをやっているというのは、「気づき」の問題が存在することを示唆しています。

それは、タイミングが違うということです。アマは早いタイミングで振っています。つまり、やるべきことは遅いタイミングで振るということです。で、それより問題なのは、そのことに気づかないということです。問題の箇所を気づかせないようにする何らかの構造が、ゴルフスウィングという運動に内在しています。ここを今回、強調したいと思います。

つまり、タイミングの問題は認識できないのです。(ここでいうタイミングとは、インパクトのタイミングです。切り返しのタイミングではありません。)

自分のタイミングが早いか遅いかはわからない。自分のタイミングを早くすべきか、遅くすべきかもわからない。仮に遅くするにしても、どうやればいいのかもわからない。という具合にないないずくしです。ここに、ゴルフスウィングのむずかしさがあります。

これは、何もアマチュアに限った話ではなく、プロも同様だと思います。多くのプロはジュニアからゴルフをはじめ、子供のころは非力であったため、 幸運にも手を使わず、遅いタイミングで振るスウィングが自然に身に付きます。しかし彼らにしても、それを「わかって」やっているわけではないでしょう。彼らには、それが「当たり前」であり、意識しなくてもそうなってしまうだけだと思います。みんなジュニアのときに覚えたひとつのタイミングを一生大切に使いつづけているわけです。モノ持ちいいです。

一方、アマチュアには早いタイミングが「当たり前」です。すべてのアマチュアはその早いタイミングを一生使いつづけます。こっちもモノ持ちいいです。でも、このタイミングは捨てたほうがいいです。

気づいていないという点では、両者は変わることはありません。タイミングが変えられないという点でも同じです。ですから、タイミングの問題のむずかしさはみんなに平等です。ただ、不運にもタイミングが早くなってしまった人は、そのことに気づかず、そこから抜け出すのがきわめてむずかしいというのがゴルフというスポーツなんです。

タイミングの問題は人間にはわからない。タイミングについては自分の感覚は当てにならないと思ってください。 わからないという事実をを出発点にしたいと思います。これは、わからないものです。わかってから練習するというのはムダです。逆にいえば、「わかるときは全部わかる」のです。わかろうとする努力は必要であり、それをつづけて、ブレイクスルーするまで継続することです。

ですから、理解できなくても、とにかく遅いタイミングに変えるように必死に努力する。これしかないと思います。そのことによって、あるとき、すべてがわかり、無限ループから抜け出せるのだと思います。

もちろん、どうやって遅くするのかというのもまたわからないでしょうから、前途は多難かもしれません。 でも、ここを出発点にしたいと思います。あなたは、いま、出発点に立っています。

関連リンク

Tipsコーナー わかるときは、全部わかる。

広告
広告