振り遅れる勇気、あるいは覚悟。

前回、逆パワー・メソッドの2大テーマについて書きました。今回は「振り遅れる」とはどういうことか、もう少し詳しくご説明します。

まず、切り返しではクラブヘッドを置いてきぼりにするようにして、下半身を先行させます。これでは、やや遅れ気味になっています。クラブヘッドがやや遅れることによって、ほんの少し手はインサイドのポジションに移るのが自然です。

次にダウンスウィングに入ると、やや遅れた状態のまま、体を回転させ、手を重力でおろします。クラブヘッドがやや遅れていると、自然にコックの角度がキープされます。ここでも、スウィングをリードするのは下半身です。

で、手が右腰の手前あたりに降りた後、どうするかというと、ここでもまた、振り遅れたまま体を回転させます。 あくまでも腰のリードです。右腰をガーンと思いきりボールのほうへぶつけるのがいいと思います。

以上が、振り遅れるということです。 つまり、最初から最後まで遅れたまま、体を回転させればいいのです。 余計なことはしないことです。

ところが、これがアマチュアにはきわめてむずかしいんです。なぜなら、振り遅れたままインパクトまで行くと、振り遅れてドスライスになってしまうからです。(当然の論理的帰結ですよね)。

にもかかわらず、振り遅れる勇気、あるいは覚悟、あなたにありますか?

ほぼすべてのアマチュアの場合、無意識のうちにスウィングの途中で悪魔がささやきます。「振り遅れたらダメだから、なんとかしろよ」というささやきです。

で、実際、ほとんどのゴルファーはスウィング途中に無意識のうちになんとかするわけです。スライスを防ごうとするさまざまな動作です。それは上達しようとと思ってする前向きな工夫です。しかし、これが致命的な欠陥です。永遠に抜けられない無限ループに入ってしまいます。

冷静に考えてみてください。振り遅れるということは、もっとも遅いタイミングでインパクトするということで、これがいわゆるレイトヒットのタイミングです。正しいアスレチックスウィングのタイミングは、このレイトヒット以外にはありません。(断言)

しかし、それでは振り遅れてスライスになるというアマチュアが「なんとかする」ためには、いったい何をしているのでしょうか?無意識のうちに手で急いで振ってしまうか、あるいは早めに手でリリースしているか、そのどちらかではないでしょうか。(他に考えられない)。

右の林へボールが吸い込まれるのを恐れず、勇気を振り絞って振り遅れてください。それができると、どうなるか。

あら、不思議!!!インパクトの直前、クラブヘッドが勝手に走り、それまでオープンだったフェイスが急激にスクエアに戻り、ボールを力強く弾くのです。ナイス・ショット!!!

これが正しいアスレチックスウィングです。決してカンタンではありませんが、だまされたと思って練習してみてください。

広告
広告