これが、ゴルフスウィングの極意だ。

久々の更新です。どこが最重要ポイントか、わからない方もいると思いますので、もっとも大切な2大ポイントのひとつを要約して再掲載します。

ゴルフスウィングでいちばんむずかしいのは切り返しです。切り返しでショットのほとんどすべてが決まります。このとき3つの動きを同時のおこなう、というのが、当メソッド独自の主張です。

  1. 左足を踏み込むことによって、下半身は正回転をはじめます。これは、正方向への「回転」です。
  2. そのとき同時に、インナーマッスル=腸腰筋(ちょうようきん)あるいは大腰筋(だいようきん)を使って(腹筋も総動員する)、肩が開くのを「こらえ」ます。これは、逆方向へ力を入れる「抵抗」です。
  3. さらに同時に、左の広背筋から左肩、左腕、左手首までの一連の筋肉は力を抜き、関節をすーっと伸ばします。これは、「脱力」です。

合計3つの動きを同時に行うのが、ビッグマッスルメソッドの核心です。 「回転」「抵抗」「脱力」おたがいに矛盾するようなこれら動作を、すべて一瞬の切り返し動作のなかでおこないます

3つの動きのなかで、むずかしいのは「抵抗」です。

ダウンスウィングの始動はまず左足を踏み込んで、腰を開いてゆくことでスタートします。 それは多くの人ができていると思います。このとき、腰の回転につられて肩が一緒に開いてしまうのがアマチュアです。肩が開こうとするのを、腸腰筋(ちょうようきん)あるいは大腰筋(だいようきん)を思いきり使って、グッと必死にこらえます。つまり背中の筋肉は、腰の動きにつられて開こうとする肩をもう一度逆方向に押し返して、クローズドに保つために使います。

切り返しで腰は正回転ですが、肩は逆回転なのです。

一般には、下半身からダウンスウィングを始動すれば、自然に上体は遅れてついてくるから、特別な動作は必要ない、とされています。しかし、それはプロだからできることです。特別なことをしなくても左足から踏み込んで始動するだけで 上体が遅れて、回転差ができる素晴らしい才能をもった人だから、プロゴルファーになれたと考えたほうがいいと思います。

一方、アベレージゴルファーは「自然には」そうはなりません。左足からの始動についてはほとんどのゴルファーがちゃんとできています。

問題の所在は、左足らの踏み込みで始動しても、その瞬間、肩のねじりがすべて消失して、腰と肩の回転差がゼロになってしまう点にあります

切り返したとき、ねじりのパワーを放出してしまっているのです。 それを防ぐのが、3つの動きを同時におこなう正しい切り返し動作です。

切り返しは、他の動きとは異なり、自分ではなかなか意識的にコントロールできない領域です。テイクバックとダウンスウィングという逆方向の動きをうまく調和させなければならないからです。それを、整理して、3つの動きとして、やってみてください。3つを同時にやるのは複雑すぎると思われるかもしれませんが、じゃあ2つならいいのかというと、それでは足りないものがあると思います。

むずかしいかもしれませんが、やってみてください。

なお、「抵抗」において使う筋肉は広背筋ではありません。大腰筋あるいは腸腰筋というインナーマッスルです。詳しくはこちら→「逆パワーは腸腰筋だった。

関連リンク

逆パワーは腸腰筋だった。

広告
広告