ついでに頑固なキャスティングも治してしまおう

右腰のあたりで手を一気にリリースする「軽症タイプ」。このタイプの方は、キャスティングの症状も併発しているケースが多いと思います。トップから、徐々にコックをリリースして、手が右腰のあたりへ降りる手前で、ちょうどシャフトは水平になっていませんか。 もしそうなっていれば、それはキャスティングです。早めにリリースしようとして、右腰の手前あたりよりさらに早めにリリースを準備しているわけです。

ビデオに撮ってスローモーションで見るとわかるのですが、キャスティングする人はトップの位置から キレイに扇を広げるように一定のペースでコックをリリースします。それなりに美しい(?)動きですから、なぜそんな器用なことができるのかも不思議ですが、長い時間をかけて練習で身につけたのでしょう。ですから、頑固に身についたキャスティングを治すのはけっこうたいへんです。 が、治さなければ永遠にアスレチックスウィングには至りません

キャスティングを治す最良の方法のひとつは、ハーフスウィングの練習をすることです。なぜならキャスティングの原因は、手が右腰の手前あたりに降りてきてからのスウィングに問題があるからです。 手が右サイドの8時の位置に来たときのポジションでは、クラブは約45度に立っています。このとき、腰は飛球線にほぼ平行、肩はクローズです。 この位置からカラダで振って、絶対に振り遅れないという自信があれば、キャスティングする必要はなく、キャスティングにはなりません。

クラブが立った状態というのは、ヘッドの位置はきわめてボールから遠いところにあります。ドライバーの場合なら直線距離にして2メートル以上は確実にあるでしょう。しかし、手もとはインパクトの位置にかなり近づいており、あと30センチ程度しか残されていません。

ということは、手もとを30センチ程度動かして、ヘッドを2m以上動かさなければなりません。 小さな手もとの動きで、大きくヘッドを動かすからヘッドスピードは上がるのですが、この動きはけっこうむずかしいのです。このむずかしさが、キャスティングの原因になっています。

このように考えるなら、腕が8時のポジションに来たとき、クラブが立った状態でも、ねじりのパワーで振ることができれば、早めにコックをリリースする必要などどこにもないのです。逆にいえば、キャスティングをしているかぎり、ねじりのパワーで振る必要も生じないので、永遠にねじりのパワーを使ったスウィングが身につかないということを示唆しています。ニワトリとタマゴの関係ですが、とても重要なポイントです。

というわけで、なんとしてでも「小さな手もとの動きで、大きくヘッドを動かす」動きを マスターしましょう。それは、タメ打ちをいいかえたものです。練習の手順としては、8時のポジションから振るのは助走がないため、けっこうむずかしいので、それよりやさしいハーフスウィング(9時のポジション)からはじめます。とはいえ、助走はないほうがいいので、できるだけ、勢いをつけずに振れるようになってください。

ハーフスウィングなら、落ち着いて自分の動きを意識しながら練習できます。フルスウィングをすると切り返しの動作がどさくさまぎれになってしまい、トップの位置から手が右腰の手前あたりへ降りてくるまでは、はっきりいって動作を意識することなど不可能だと思いますが、そういう人でも、ハーフスウィングなら大丈夫です。

やりかたについては、前回、前回にご紹介したドリルが役に立ちます。 「逆パワー・ドリル[2]足閉じ+ガニ股、ハーフ素振り」です。ぜひ、キャスティングを治すことを意識しながら再度練習してみてください。

関連リンク

逆パワー・ドリル[2]足閉じ+ガニ股、ハーフ素振り

広告
広告