本日より、リリース禁止。

手が右腰のあたりへ降りてきたとき、「軽症タイプ」の人はすべてをリリースします。それが間違いです。では、正しいスウィングではどうすればいいのでしょうか。

正解は、何もしないことです。

何もしないということは、リリースもしてはいけないということです。ヘッドは自動的にリリースされ、そのときの減速メカニズムによって、自然に加速します。ですから、自分でリリースするのはよくないのです。

手が右腰のあたりへきたときにリリースする症状は、じつは女子プロにも見られるもので、(あ、いってしまった)もちろん間違いであると断言することは絶対にできませんが、やはり本書がめざすアスレチックスウィングとは異なるものです。もし、あなたがタイガー・ウッズのようなスウィングを目標にするのであれば、やはり治したほうがいいわけです。

とはいえ、これが、なかなかむずかしいのです。手が右腰の手前あたりへきたとき、クラブはもちろん立っていなければなりません。そして、そのまま何もせずに体を回転させ、対称点である左腰のほうへ手が平行移動し、再びクラブが立っているのが正しいカタチです。

この間、リリースは絶対してはいけません。

本人の意識はクラブを寝かせることなく、立てたままただ体を回転させるだけです。もちろん、自分の意志で打つのもいけないのです。

おおげさにいえば、リリースしないように、あるいはクラブヘッドがボールのほうへ降りていかないように、リストを維持しておかなければなりません。

グリップをゆるくにぎって、手首をフリーな感じにして、積極的にリリースせよという教えもあります。こういう教えは、アマゴルファーにはとても有効です。すべてのアマゴルファーはねじりのパワーを放棄してスウィングしているので、根本的にスライス病にむしばまれていす。その頑固なスライス病にはよく効きます。

しかし、それは本格的なスウィングをめざす人にとっては「毒」なのです。リリース打法は、ノンアスレチック・スウィングであり、それをやっているうちは、永遠にアスレチックスウィングに移行することはできないというのが厳しいけれど事実です。タメる必要はないのですが、タイミングが早いのは致命的です。

(こういうことをいうと、受けが悪い。)

しかし、真実をいわなければなりません。

もうひとつ上の地平をめざすなら、リリースしてはいけません。これが、できるようになれば、プロと同じようなタメの効いた 本格的スウィングがあなたのものになるのです。

このプロとアマを分けている大きな川をわたることができるのは、はっきりいってアマチュアゴルファーの1000人に1人もいないと思います。 でも、その川を見事越えたとき、至福のスウィングが体験できるのです。
(つづく)

広告
広告