クリンと返す。

タメを使った鋭いキレのあるアイアンショット、カッコいいですね。キレのあるショットというのは、あまり手元が動かず、にもかかわらずヘッドは大きく動くというのがひとつのイメージでしょう。シャープなタメ打ちいいです。どうすれば、そういう鋭い打ち方ができるのでしょうか。

タメ打ちについて、インパクトゾーンで何が起きているかは、謎が多い部分です。この点について、以前、「左手は向心力、右手は遠心力」と書きましたが、そこにひとつコツを付け加えたいと思います。

それは、前にも少し触れた「クリンと返す」です。タメればタメるほど、クリンと鋭く返さないとたんなる振り遅れになってしまいます。そこにコツがありますので、ご説明します。

左手のグリップに着目してください。左手のフリップはテコの原理で握ります。

  • 左手の手のひらの右の付け根部分(A)が支点です。
  • 左手中指(B)が力点です。
  • ヘッドが作用点です。

支点(A)は下方に抑えるようにします。左腕を伸ばし、グリップを低い位置に置く感じです。力点(B)はほんの少し上に持ち上げます。中指でヘッドを上に浮かす感じです。そうすると、作用点(ヘッド)は当然上に上がります。

支点、力点、作用点をしっかり意識して握ります。カナヅチで地面を叩くように、左手だけで握ったまま、ヘッドを上下に揺らしてください。うまく叩けますか?

クリンと返すためには、この握り方で、スウィングをおこないます。支点は左腕が伸びているため、空中において固定化されます。 インパクトゾーンに対しては、 よくいわれるようにフリップエンドから入ります。 コックをキープした形です。 ここでは、あくまでも「返さない」形をとります。

力点(B)を持ち上がる方向に力を入れると ダウンスウィングでは、 おのずとコックをキープする方向に力が入ります。 そして、力点を意識すると、左腕は自然に伸びます。

で、最後の最後に 自然に左手の支点を中心としてヘッドがクリンと返ります。

支点はあまり動かず、作用点はものすごく大きく動きます。 まさにテコの応用です。 支点が動かないので、壁があるように感じるかもしれません。

インパクト後は、左腕がきれいに畳まれ、 左脇の閉まったいい形になります。

ただし、このクリンと返す動作は 自分で返してはいけません。 自分でやるとすべてがブチ壊しです。 勝手にそうなるというのが正しい姿です。 その点だけ注意してください。


※今回のメソッドは上級者向けです。 初級・中級者は練習しないでください。
まことに勝手ながら、よろしくお願いします。

広告
広告