ゴルフは逆方向のチカラです。

ゴルフスウィングに必要なのは、逆方向への力です。
正方向への力は不要です。
ここで、正方向とは飛球方向、逆方向とはテイクバックの方向をさします。

しっかりテイクバックをとって、ねじりのパワーを有効に使えば、
正方向へのパワーは巻き戻すときに勝手に出ます。
バネにたとえると、バネをちぢめれば、
あとは放すだけで勝手にパワーが出るということです。
ダウンスウィングに入れば、右腰を回すだけでいいのです。

バネが戻ろうとするとき、余計なことをすると、
バネの動きをじゃますることになって、スウィングのさまたげになります。

あくまでも必要なのは逆方向への力です。
これが、スウィングのコツであります。
ですから、力を出すのは、テイクバックのときではなく、切り返した瞬間です。
そのとき逆方向に思いっきり力を入れなければなりません。
瞬間、必死になってがんばってください。
そうすることによって、
ダウンスウィングもねじりのパワーが維持され、
ダウンスウィングに力は不要になります。

これが、「ゴルフは逆方向の力で打つ」ということですね。

切り返しがうまく行けば、ダウンスウィング中、
ずっと左腕に引っ張り感があります。
それは左広背筋から左肩、左腕、左手、クラブへと
パワーが伝わっていることを示しています。
そのパワーを逃がさずに伝えるのは、
とりもなおさず切り返しでつくった「腰と肩の回転差」にほかならず、
それは逆方向への力によるものなのです。

すべてのアマチュアゴルファーは、正方向に力を入れようとして、
リキんだり、バランスをくずしたりしています。

逆方向への力が完全に欠落しているから、
左広背筋から左肩、左腕、左手、クラブへとパワーが伝わらず、
ダウンスウィングで妙に力を込めたりしなければならないわけです。

「失敗するのは、飛ばそうと思うのが悪いのだ」という人がいます。
もし、それがスウィングの真髄なら、
ゴルフは何とつまらないスポーツでしょう。
飛ばそうと思わない「無私無欲」で、
どこにも力を入れずに打つのがスウィングのコツなのでしょうか。
そんな枯れたスウィング至上主義からは、
そろそろ卒業したいものです。

問題の本質は、アマチュアゴルファーが飛ばそうと思ったとき、
正方向に力を入れてしまうことにあります。
逆方向に力を入れなければならないのに、正方向に力を入れます。
しかし、そのスウィングは、はじめから根本的に間違っているのです。

タイガー・ウッズは飛ばそうと思ったとき、
逆方向に猛烈に力を入れています(たぶん)。
だから、ここ一発というとき、凄い実力を発揮できるのです。

逆方向に力を入れる正しいスウィングを身につけましょう。


というわけで、2002年10月30日、
メソッドの名称を、「逆パワー・メソッド」に変更しました。
逆方向への力を強調したいからです。宗旨替えしたわけではありません。

ゴルフスイングについての本メソッドの理念が、より伝わりやすくなったと思います。

Reverse Power Method

広告
広告