腰も肩もレベルに回転。 複雑な動きはありません。

切り返しで注意すべき点をひとついいます。いままで拝見したスウィングで、共通する問題は、形をつくることです。左にしっかり乗ってからダウンを始動するというのは正しいのですが、実際にはまず左に乗ってから、次にダウンというような順序はほとんどありません。左に乗れば、もうダウンははじまっています。左に乗ると同時にダウンが始まり、抵抗はその動きのなかに吸収されて、外見上は見えません。一瞬、グッと息を止める程度の動作と理解してください。形をつくるのは不可能です。順番にやるのも不可能です。ですから、形をつくっている人は間違った動作になっています。このパターンになっていないか自己チェックをお願いします。

切り返したあとは、手を下ろさなければ、ただ腰を水平に回転させるだけです。何もしなくてもすべては自動的に行われて気持ちよくインパクトがやって来ます。

 

ダウンスウィングにおける腰の回転についても、何ら複雑な動きはありません。腰を切るとか、主張するレッスンもありますが、あまり意味があるとは思いません。45度回れば、腰の回転が自動的に止まることにスウィングの本質があります。  

一方、上体は腰についていくだけです。あえて何かやるべきことをいうとすれば、自分で腕を振ってはいけない。ヘッドが加速するのを待て。ということぐらいでしょうか。  

 いろんなことをいう人がいます。たとえば、ダウンスウィングで肩はタテに回せ、水平に回してはいけないというアドバイスもそのひとつです。アベレージゴルファーは肩が開いてしまうので、開かないようにするためのアドバイスだと思いますが、それははっきりいってスライスを防ぐための苦肉の策で、あまり意味のない工夫です。

 切り返しで腰と肩の回転差を十分つくることができれば、肩は前傾軸に対して水平に(レベルに)回しても大丈夫です。遠慮はいりません。思う存分、右サイドを突っ込んでください。逆にいえば、右サイドを思う存分突っ込んでも、スライスしないだけの回転差を切り返しでつくることが大切です。

肩の開きを防ぐのは切り返しでの体幹の筋肉の仕事ですから、ダウン以降の動作をいじるのはスジ違いでしょう。

 左サイドの広背筋や左腕を「伸ばす」ことができれば、腕や手の不要な力はきれいに抜けるはずです。そして、切り返したときに肩の開きを「こらえる」ことで腰の回転差が十分にできていれば、ダウンスウィングの間、ヒモ(体とクラブヘッドがヒモで結ばれていると仮定)はゆるみません。左サイドの「引っ張り感」を維持してインパクトに向かうことができます。ということは、腰>肩>腕手>クラブという力の伝わるコンビネーションがうまく行くことを意味します。

くり返しますが、ゴルフスウィングの最大のコツは「腰は開いて肩は開かない」ということです。そのためには切り返しで体幹の筋肉を使って回転差をつくらなければならないのですが、マイナス方向へ力を入れなければならない点が大きな難関になっているわけです。回転差がちゃんとつくれたら、自動的に「腰は開いて肩は開かない」というスウィングの真髄に近づくと思います。ということは、切り返しさえしっかりできれば、ダウンスウィングはきわめてカンタンということになります。ゴルフスウィングの成否のもっとも重大な点は、トップでねじりのパワーを貯め込み、そのパワーを切り返しで放出しないようにする、ということにあります。ダウンスウィングに入ってからジタバタしても、すでに手遅れで、ムダな努力だと思います。

そして、もうひとつ、体幹の筋肉のパワーアップに努めてください。体の内部に覚える不快感こそが、ゴルフスウィングのパワーの源、いわばゴルフスウィングのエンジンであると考えて、ぜひパワーアップに励んでください。

これで、第1メソッドは終わりです。これでスウィングの前半が完成します。ひと皮むけた感じです。しかし、さらに問題はつづきます。ダウンの前半と後半の間のあたり、あるいはそこからインパクトにかけてのあたりに、ほとんどの人は問題を抱えています。その問題があるので、スウィングを引っ張りで完結することができなくなっています。この問題をクリアしないと、真のアスレチックスウィングにはなりません。そのことについて、第2メソッドで説明します。

広告
広告