切り返した後、ダウンスウィングはどうするか?

切り返したあとは、何もしません。とはいえ、この何もしないというのがむずかしいのです。ダウンスウィングでは左広背筋を使いますが、ここで、注意してほしいのは、それを受動的に使うことです。左サイドで、引っ張る動きをおこないますが、下半身リードであり、上体は受動的です。

 

左サイドでスウィングをリードしようとすると、左サイド全体で「縮む」動きをして力を入れてしまうのが多くのゴルファーです。左サイドでリードしようとして筋肉を固くするのではありません。左サイドは「リラックスして伸ばす」動きです。「左サイドで引っ張るスウィング」を実行するためには、広背筋と左肩・左腕全体を「リラックスさせる」ことなくしてはあり得ません。  

別のいい方をすると、「肩の動きは受動的である」ということです。受動的だからこそ、左サイドの力を抜いて「伸ばす」ことができます。肩に力を入れて能動的にインパクトの方向へ動かそうとすると、どうしても「縮む」になってしまいます。ゴルフスウィングで能動的に動く機関車は足・腰であり、足・腰に引っ張られて回転する肩は客車なので、力を入れてはいけないというわけです。  

 ただし、「伸ばす」動作はそれほど簡単ではありません。というのも、「伸ばす」と「こらえる」を同時に行いながら、しかも正方向に腰を回転させなければならないという動作は複雑なので、きっちり区別しにくいのです。「伸ばす」を忘れて、「回転する」ばかりになってしまったり、もっと悪いときには「伸ばす」が「縮む」になってしまって、好不調の波の原因になっているような気がします。ダウン初期の脱力には、段階があり、脱力しているつもりでも、もっと脱力できるものです。そして、もっと脱力できたと思っても、さらに脱力できると思います。これは、「抵抗」との兼ね合いです。「こらえる」動作を行うための筋肉を少しずつ付けていけば、いつのまにか「伸ばす」に移行することも可能でしょう。まずは「こらえる」ための筋肉をつけることです。長期的な展望をもってマスターしてください。

 さて、さて、筆者は、本サイトの掲示板でマッスルB様のアドバイスを取り入れ、ダウンで手を下ろさない(極端に降ろさない)という動きを採用しました。降ろさないといっても、感じ方は人それぞれで、みんな手をおろしていないと言い張ります。が、ここでいうのは、極端に降ろさないというレベルです。すなわち、ダウンの始動において、腰で肩を引っ張り、肩の引っ張りで左脇を締めるという動作を入れ、そのまま、極端に何もせずにダウンします。つまり、肩の引っ張りのみで左脇を締めたままダウンし、インパクトまで持っていきます。そのとき、肩は受動的であり、腰に引っ張られています。ですから、腰の回転で手を遅らせたまま、インパクトまで引っ張り感を継続するということです。腰からヒモでクラブを引っ張っているとしたら、ヒモのゆるみをつくらず、腰で引っ張りつづけます。

それは、動作としては、なにもしないということなので、スウィングが簡単になります。

 以前のメソッドではダウン初期は体で始動し、次の瞬間、タテに下ろすと説明していました。これは取り下げます。しかし、絶対にダメとは思わないです。プロのスウィングを見ても、ほとんどのプロはタテに下ろしているように見えます。

 手を下ろすことにはディメリットがあります。手の動きを入れることで、手が体を追い抜きそうになるばかりか、スウィングがゆるみがちになります。クラブヘッドと体がヒモで結ばれると仮定すると、そのヒモがゆるむイメージです。そのゆるみを、つねに警戒すべきだと思います。ゆるみをつくらず、体で引っ張りつづけることで、いままで自分がいかに緩んでいたか、理解できます。

 ダウンは手を下ろさないことを推奨しますが、手を下ろすのも容認するというのが結論です。

ダウンで手を下ろさないと、クラブが下に下りてきません。なので、野球のバッティングのように水平回転になりそうです。しかし、実際にやってみると、上体の軸が斜め前に傾いているためか、若干、手は引力で下がっているようで、実際、クラブは地面のボールに届きます。

いずれにしても、切り返しで腰の引っ張りで左脇を締め、その左脇の締めを長くつづけ、左サイドでクラブを引っ張ります。インパクトまで引っ張り感をキープします。

広告
広告