トップからいきなり手を使う悪いクセがある方は・・・。

切り返しでもっとも良くないパターンは、「トップからいきなり手でクラブを降ろす」というクセです。この症状がある人は、かなり重い病状であるといえます。このタイプの方は、手を使ってダウンを始動するのが普通の感覚になっていますので、自分で「手を使っているかどうか」を判断するのは至難のワザです。切り返しの動作は複合的であり、複雑であるため、多くの場合、どさくさにまぎれてやってしまうので、よけいにワケがわかりません。このタイプの方は、信頼できる人に見てもらって判断してもらうのがいいでしょう。

プロのレッスンが受けられている方は、重症の「手でダウンを始動するスウィング」の人は少ないようです。やはりレッスンプロに習うのはムダではありません。レッスンを受けるのが嫌いな人は、少なくとも友だちとか誰か他人にスウィングを見てもらって、客観的な意見を聞くことをおすすめします。

トップからいきなり手を使うクセを自分で何とか直したいという場合、ひとつの方法としては、まず、目を閉じて素振りして、じっと体の動きに「聞き耳」を立てましょう。トップから手を使っていないかどうか、心を研ぎすまして観察しましょう。

自分で判断するのはカンタンではありませんが、ここに問題のある方は切り返しで脱力するということです。それはまた、上下同時はダメということであり、微妙な宙ぶらりんな瞬間をつくるということです。これは、本サイトでは何度も何度も書いてきました。しつこいほど何度も書いているのは、それがスウィングのなかでもっとも大切なことのひとつだからです。

くり返しになりますが、切り返しでは、脱力する瞬間、手元がきわめて不安定な状態になります。この不安定な状態、表現はいろいろあり、いろんな本に書いてあります。。宙ぶらりんな状態であり、無重力状態であり、「間」でもあります。この中途半端な感覚がわからない方は、おそらく脱力ができていません。なにはともあれ、脱力の練習に専念してください。

ここで推奨するのは、ダウンの始動において左脇をよく意識することです。腕と肩でつくる三角形があるとします。切り返しでは下半身から始動し、下半身が肩を引っ張り、肩が手元を引っ張ります。このシーケンスが重要ですが、それは腕が脱力していなければ、無意味です。肩が手元を引っ張るとき、手元は引っ張りに抵抗してはいけません。手元で拮抗をつくろうとする人もいますが、それは厳禁です。手元は脱力です。そうすると、肩が手元を引っ張るとき、ほんの少し、クラブに慣性があって、クラブを置いてきぼりにすると、左脇が締まります(自分で締めるのではなく、肩の引っ張りで、結果的に締まる)。この左脇の締りを意識してください。

左脇が自然に閉まることで、手は体より遅れます。それが、手のいい位置です。左脇の締まりを始動の合図にしてください。

左脇を締めてダウンスウィングを始動

クラブをもってもらって、切り返すドリル

手でいきなり下ろしている懸念のある方は、クラブを誰かに手でもってもらって、切り返す練習をしてみてください。腰で肩を引っ張り、肩で手元を引っ張ります。このダウンの始動の動きは、クラブを手でもってもらって、クラブが固定されていると簡単です。これで素直に下半身リードの始動になりますが、このとき、手で拮抗させるような動きは一切ないことを理解してほしいです。手で拮抗させている人が、そのことに気づくためのドリルだと思います。
クラブをもってもらうドリル

広告
広告