切り返し拮抗ドリルの解説と若干のヒントなど(2)

形をマネしても、うまくいきません。

ゴルフスウィングは「運動」です。合理的な体の使い方でクラブに効率よくパワーを伝える動きを求めると、美しい形にたどり着きます。先に形があるのではありません。スウィングの話といえば、決まって形の話ばかりですが、それはよくない傾向です。少なくとも、当メソッドでスウィング改造を試みる方は、運動の結果として形があると考えていただきたいです。力を入れるところと力を抜くところを覚えれば、あとから自然に形はついてきます。

すでに書きましたが、トップで体を浮かせて、浮かせたままひょいと腰を左へスライドする方がおられますが、これは間違いです。拮抗から逃げています。重心は低くして、左足を踏み込んでください。

体幹でタメをつくる。

プロにできて、アマチュアになかなかできないことのひとつに「スウィングのタメ」があります。腕とクラブでつくる角度を保ったまま、ギリギリまでコックを解かずにインパクトするのです。コックを使って飛距離を出すプロゴルファーは、手首が強いのだと思われるかもしれませんが、そうではなく、体幹の筋肉を使ったねじりパワーが強いのです。すから、体幹の筋肉を強く使うことで、タメ打ちになり、コックのパワーを活用した打ち方ができるようになります。体幹による拮抗の力が、タメのエンジンです。

体幹でガニ股になる。

さらに、切り返しでガニ股になるのも、自然にそうなるもので、形をつくるべきものではありません。切り返しで足にはさんだボールをガニ股の姿勢で落とす、レッドベターのドリルがあります。このドリルも形だけを練習するのは無意味です。切り返すときには、体幹の筋肉(大腰筋)を使って上下を拮抗させる独特の力の入れ方をします。それをマスターすれば、足の筋肉は使わなくても、上下の拮抗により、自然にガニ股になると思います。左に踏み込む力と右に体重を残す力が拮抗し、ガニ股になります。いずれにしても、形だけをつくるのはやめましょう。小手先の工夫は、問題を覆い隠し、かえって複雑化します。

体幹でベタ足になる。

さらに、体幹の筋肉を強く使うほど、ベタ足っぽいスウィングになります。右に体重が残るからです。したがって、体幹の筋肉を強く使うほど、スウィングは左への体重移動ではなく、その場で回転するイメージになります。切り返したときに逆回転のエネルギーが強いために、そのあとの体重移動や右足のケリが不要になり、右足を蹴るのは遅くなります。さらに付け加えると、下半身が安定しないとか、足の踏ん張りが足りないといった悩みは、一般に足の問題と考えられていますが、そうではありません。それは、実は逆パワー不足の問題です。拮抗がうまくできれば、右に体重が残り、おのずと下半身が安定します。

ベタ足のスウィングにしようと思って、右足が浮かないように必死にかかとを抑え込んでいるような努力は間違いです。下半身に問題があったら、足腰を鍛えるのではなく、体幹を強化すべきですね。

このように、タメもガニ股もベタ足も、すべて体幹の筋肉を使った結果です。切り返したとき、体幹にエネルギーが貯まっていると、その後のダウンからインパクトがきわめて安定し、かつラクになります。こうした感覚をつかみ、自分のものにするまで、このドリルをやってください。

平行移動も可

切り返しにおいて左へ平行移動するやり方は、以前は非推奨でしたが、今回の熟成版では修正して、推奨したいと思います。

平行移動というのは、肩が開くのを防ぎながら左足を踏み込んで腰を開く、そのとき上体全体が肩を閉じたまま平行に移動するという動きをさしています。体幹の筋肉を使うとき、ひとつのやり方として、ねじりのパワーを維持するために平行移動になる傾向があると思います。平行移動で切り返しを行うと、体重移動のイメージが強くなりますが、それも容認します。逆パワーを習得するためのひとつの方法として平行移動もいいと思います。ねじりのスウィングと平行移動のスウィングの優劣を論じるつもりはありませんが、練習のために、とりあえずここでは容認です。

テイクバックの勢いを利用して、切り返すのではありません。

 切り返しのタイミングについても触れておきます。テイクバックが完了する前に、意識的に早めに左足を踏み込む「早め踏み込み=逆回転利用式切り返し」はやめてください。トップの位置でテイクバックの動きをきちんと止めてから、左足を踏み込んだほうがいいと思います。なぜなら、脱力がきちんとできていない人がそれをやると、余計に脱力ができなくなる可能性が高いからです。

タイミングの微妙な違いについては、個人差もあるし、表現できる限界を超えている部分もあると思います。なので、言葉で一般論をいうのはむずかしいと思います。ただ、そういう問題ではなく、ここではいかに切り返しの逆パワー=3つの動作を覚えるかということです。そのとき、アベレージゴルファーの場合、テイクバックの勢いを利用して切り返していると、脱力をマスターするのがむずかしくなると思います。

テイクバックもまた、手や腕はある程度、脱力しながらおこないます。しかし、そこに力が入っていて、手や腕に力を入れたままテイクバックをやりながら、左足を踏み込んで切り返すというパターンがけっこうあります。この場合、上下ともに力が入っているため、金縛りのように固まってしまいます。これは、すでに書いた「よくある間違い」です。

体によるテイクバックを止めても、まだクラブは余力で動いています。ですから、テイクバックを完全に終了してから切り返しても、クラブの勢いが残っているため、外見上は早めに踏み込んだのと同じことになります。本人の意識と他人から見た様子はやや異なる面もあると思います。プロも、実際にはクラブの慣性を少し利用して、巻き上げを強める動きはやっていると思います。しかし、それは脇に置いておいて、この段階におけるドリルの方針は、クラブがバックする勢いを使わずに、脱力をマスターするべし、ということです。

関連リンク

逆パワーは腸腰筋だった。

広告
広告