アマとプロの溝を越えるための第1ステップ。

というわけで、なぜアマチュアゴルファーがなかなか上達できないのか、を考えてみしました。その第1、「切り返しで肩が開く」問題を、まず追求していきます。

肩が開くことによる結果は、スライスです。肩が開くことにより、その状態でダウンスウィングすると、飛球線より左を向いた斜めのラインに沿ってスウィングすることになります。スウィングプレーンは当然アウトサイドインです。そのまま振ると当然のことながら、振り遅れのスライス。もし、ヘッドを早めにリリースすると、斜めを向いた肩のラインに沿って振ることになって、引っかけになります。

もうひとつの典型的な結果は、クラブが振りきれない。あるいは、インパクト後に左ワキが締まらないといった症状です。最初に肩が開くと、スウィングの引っ張り感を維持することができなくなります。そのままダウンすると、引っ張りパワーがなく、ヘッドが返りません。その結果、ヘッドが返らないから、インパクト後、左ワキが締まらない形になります。アマのスウィングがカッコ悪い原因のひとつはインパクト後に左ワキが開いていることです。

トップでつくったねじりを維持することができれば、クラブヘッドはオートマチックに返って、左ワキはおのずと締まります。別のいい方をすれば、左ワキが締まるのは、ねじりのパワーでヘッドが返った「結果」です。つまり、切り返しから、インパクトにかけて、すべてのプロセスにおいて、引っ張り感に欠けています。その反対に、仕方なく、押しているようなスウィングです。

 それに対して、プロの切り返しからダウンスウィング前半の写真を見ると、ものすごい引っ張り感というか、緊張感のようなものを全身に漂わせています。それが、アマチュアのスウィングには決定的に欠けているところです。あれほどのパワー感が出せるのでしょうか。

切り返しの練習方法のひとつに、クラブヘッドを他人に持ってもらって動かないようにして、ダウンスウィングを始動するドリルがあります。クラブヘッドが固定されていれば、それを引っ張ることで体幹の筋肉が使えるので、誰でもパワフルなねじりをつくることができます。これは効果的なので、ぜひ友だちにもってもらって、試してください。感覚をつかむようにしてください。クラブをもってもらえばい、ぐっと力を込めて、引っ張ることができます。 ところが、実際のスウィングではそうはいきません。大きな筋肉を使ったねじりをつくりたくても、クラブが軽すぎてチカラを入れられないのです。固定されていないものを引っ張っても、カックンとこけそうになります。

では、プロはどうやって切り返しであんなにダイナミックなねじり感を出すのか。つまり、それは、固定されていないものをいかに引っ張ることができるのか。答えはインナーマッスルにあります。

大きな筋肉とは体幹の筋肉のことです。以前、当メソッドでは、これを「背中の下部の筋肉」といっていましたが、より正確にいえば、大腰筋です。胴体の中を通るインナーマッスル=大腰筋(だいようきん)です。大腰筋は「大きな筋肉」というほど大きいわけではありませんが、それを使うことで、下半身を含めた体全体の大きな力を使うことができます。

つまり、下半身の筋肉まで含めた「大きな筋肉」を使って打つために、肩の開きを抑える動き、すなわち大腰筋の使い方をマスターする必要があります。これが第1のポイントです。いまからやるべきことは、これです。大腰筋を使って、肩の開きが早い欠点を直します。切り返しは複雑な動作を一瞬でやる必要があり、それが逆パワーです。

グリップやスタンスの話は省いた従来にない画期的なメソッド。

当メソッドは、グリップやスタンスにはじまり、テイクバック、トップ、切り返し、ダウンスウィングへと順にすすむ一般的な解説は省いています。そういった通常のレッスンは知っている、でもうまく行かない、という中級レベルのゴルファーを対象にしています。なので、ポイントは(1)切り返し、(2)手が右腰からインパクトまでのゾーン、という2箇所に絞っています。ここを修正することで、アマとプロの間にある深い溝を越えようというのが、メソッドの主旨です。

プロとアマとの溝は、深いものです。ます、プロとアマは違うことをやっているという前提に立ち、その溝を乗り越えるための練習をとことんやる必要があります。 それは、うまく打つための練習ではありません。溝を越えるための練習であり、いままでと違う動作を覚えるためのものです。それが、大きな筋肉を目覚めさせるための練習です。プロと同じ地平に立ってアドバイスしても、効果は期待できません。ゴルフとは違った種目のスポーツをこれからはじめるんだ、というぐらいの意識をもって取り組む必要があると思います。

書店に行くと「練習なんてしなくても、あッという間に上達してしまう」といったタイトルのレッスン書があふれています。逆パワー・メソッドはそういったコンセプトとは異なり、ちょっとしたコツをいくら覚えても、アマゴルファーのスウィングの悩みは解決ないという考え方に立っています。いままで長年にわたって身につけてきたスウィングをすべて白紙に戻して(これがむずかしい)、新たに別のスウィングを初歩から覚えてもらうしかないという立場です。それを、上記のポイントから考えます。

広告
広告