自分で振らない Part2

投稿者:某プロゴルファー

投稿日:2004/05/19(Wed) 22:26

今日は久し振りに金銭感覚麻痺のおばさま2人連れて気楽なラウンド。そんで前の組に見込みのあるスイングをしている外人3人組。ホントに良いスイングだし拙者と飛距離は同程度である。17番で「おまえたち普通ではないな!」
とちょっかい出すと、やはりUSPGAでやってたらしい。事情があって日本に来ているらしいが、やけになつくので六本木ツアーの約束をしてしまいますた(汗)
 そんでその中でもとりわけ活きのいいポールジョーンズ君と拙者のスイングを素に管理人の「自分で振らない」の補足として書いてみたい。感覚はこうです・・・・・・・
 バックスイングでその遠心力で上半身と腕クラブがゴムみたいにビヨーンと伸びた状態で下半身が逆戻りして反作用で、も少し伸ばしながら!ボールにぶつけるってイメージかな。ここでの重要点はビヨーンが縮まってはいけないって事である。管理人が言うようにめちゃくちゃ難しいのでそのつもりで。


自分で振らない

投稿者:管理人

投稿日:2004/05/19(Wed) 21:42

流れがわからなくて、
まちがっているかもしれませんが、
わたし的にいいますと…

「自分で振らない」ということでは
ないでしょうか。

これが、じつはとてもむずかしいです。
精神を超克しないとできません。


某プロ殿

投稿者:謎のシングル

投稿日:2004/05/18(Tue) 20:22

本日練習いたしました。
今本文を読んでいると、クラブを立てた、状態、右腰、その時の自然コックをリリ-スせずに、逆パワ-をするのですね
。以前、右腰で立てて、左腰に立てるアドバイスを受けました。
その時、リリ-スをしないがわかりませんでした。それで、よろしいですか。


無題だよ~

投稿者:某プロゴルファー

投稿日:2004/05/18(Tue) 20:11

ハゲしく同意!


書道

投稿者:管理人

投稿日:2004/05/18(Tue) 19:54

皆様、書き込みありがとうございます。

さて、書家の石川九揚さんが、あるとき
お弟子さんの書を評して
次のようにいいました。

「形はよくできているんですが、
この形を書くんじゃなくて、
あるリズムで書いていけば
この形に出来るというふうになれば
良いと思いますね」

ゴルフスウィングみたいだと思いました。


一山越えて、また。。

投稿者:LA在住

投稿日:2004/05/18(Tue) 11:46

またまた御無沙汰しましてすみません。試験終わった反動でちょっと砂浜のある所に遊びに来ています。

なごやん様

ご無沙汰ですー(^^)わぁ、良かったですねー!すごい!てか「L」で登場されるかな、と勝手に想像してまつた(笑)同じくデスク縛り付けの刑です(TT)

● お疲れさまです。マングースー様もおそらく同じ原因で「マン」になってしまったのだと思いますが、ブラウザの省力機能を信じて送信すると、実際に入力した文字しか表示されないんですよね。私も昔、そのために「l」というスゴイ表示で登場すますた。

ドライバーでご質問されたのと、あちしが下で7I以上で感じる「矛盾?」みたいのと似てるんじゃないかなぁ(腕前は似てません!あちしヘタす:涙)長い分、8鉄以上よりあからさまにシャフトがしなり、「待つ」とか、縦と言いますか下への手元の動きや一般的に言うタメ?の変化を感じにゃどにもなんねど、でここで更に「右足の押え」で急ブレーキの自動発動をどすれば体感しやすいかなぁと..皆様~(TT)/~

●ありがとうございます。クラブが長くなればなるほど、待つ時間が長いのですが、どうもドライバーだけ異世界のようで。。。いろいろ工夫してみます。

鉄が良い日はドラがメタメタ(++;ドラ冴えて曲がらず飛ぶーの日は鉄がハタメタ(++;かなしー。でも頑張るぞ(^^;

●ドライバーとアイアンとアプローチとパットが全てハマルとベストスコアが出るのですが、それは本当に天文学的確率です(笑)。私もできるだけその確率を上げるべく、勉学の合間に頑張る毎日です。


プロ様

御無沙汰しています。この間、随分前に教えていただいたインダストリアルヒルズに初めて行って来ました。ちょうど縦振りの「駆け出し」の頃で、ドライバーが曲がること曲がること(右に出てさらにスライス・・泣)。ボールいくつあっても足りましぇーん。安定してきたらまた行きたいです。

@よかったね!7Iで150Y飛べば充分ですよ!

● ありがとうございます。本当に150y飛ぶのは、縦振りが「決まった!」と感じたときだけなので、なんとかこれをコンスタントにしたいと思います。
● しかし、縦振りは手打ちと違って、ハマったときは「うおー!!」というくらい素晴らしい球が出る反面(手応えも感動モノ)、うまく合わなかった時のケガがひどいです。ホントに縦に振り倒すという決意と覚悟が要りますね。小手先の調整をせず、縦振りと心中するつもりで頑張ります。

@市販品は概ね柔らかく作ってあるようだが、表示をそのまま鵜呑みにしないほうがいいよ。SのようなRもあるしRのようなSもあるからね。

●アメリカのRは日本のRと全然違って重くてカタイというイメージです。日本のSRの方がアメリカのRより(一般的に)ヤワい感じがするのですが、やっぱり平均的な体格差を反映しているのでしょうか。


広告
広告