ゴルフ新理論 逆パワーメソッド スウィング理論
逆パワーメソッド熟成版 逆パワーメソッド増補版 ゴルフなんでも掲示板 ゴルフなんでも掲示板過去ログ TIPSコーナー
インフォメーション バックナンバー 相互リンク
  【ゴルフなんでも掲示板 過去ログ(97)】



貴重なご意見、ありがとうございます。抜粋です。
(1がもっとも古い)
1〜4は以前開設していた「ご意見コーナー」にお寄せいただいたものです。

■目次
最新 | 194 | 193 | 192 | 191 | 190 | 189 | 188 | 187 | 186 | 185 | 184 | 183 | 182 | 181 | 180 | 179 | 178 | 177 | 176 | 175 | 174 | 173 | 172 | 171 | 170 | 169 | 168 | 167 | 166 | 165 | 164 | 163 | 162 | 161 | 160 | 159 | 158 | 157 | 156 | 155 | 154 | 153 | 152 | 151 | 150 | 149 | 148 | 147 | 146 | 145 | 144 | 143 | 142 | 141 | 140 | 139 | 138 | 137 | 136 | 135 | 134 | 133 | 132 | 131 | 130 | 129 | 128 | 127 | 126 | 125 | 124 | 123 | 122 | 121 | 120 | 119 | 118 | 117 | 116 | 115 | 114 | 113 | 112 | 111 | 110 | 109 | 108 | 107 | 106 | 105 | 104 | 103 | 102 | 101 | 100 | 99 | 98 | 97 | 96 | 95 | 94 | 93 | 92 | 91 | 90 | 89 | 88 | 87 | 86 | 85 | 84 | 83 | 82 | 81 | 80 | 79 | 78 | 77 | 76 | 75 | 74 | 73 | 72 | 71 | 70 | 69 | 68 | 67 | 66 | 65 | 64 | 63 | 62 | 61 | 60 | 59 | 58 | 57 | 56 | 55 | 54 | 53 | 52 | 51 | 50 | 49 | 48 | 47 | 46 | 45 | 44 | 43 | 42 | 41 | 40 | 39 | 38 | 37 | 36 | 35 | 34 | 33 | 32 | 31 | 30 | 29 | 28 | 27 | 26 | 25 | 24 | 23 | 22 | 21 | 20 | 19 | 18 | 17 | 16 | 15 | 14 | 13 | 12 | 11 | 10 | 9 | 8 | 7 | 6 | 5 | 4 | 3 | 2 | 1 |






過去ログ検索
カスタム検索


手打ちはダメ! 投稿者:てつきち 投稿日:2006/06/05(Mon) 18:34
手の軌道の意識は、「手打ち」ですよね。
変なことを聞いてすいませんでした(汗)。

アドレスでもう少し背筋を伸ばして、左胸に左腕を密着させてみます。

この逆パワー・メソッドに出会うまで、私は「手打ち・スーパースライサー」でした。サンドウェッジでもスライスしていました(笑)。
ところが、こちらで勉強させていただいている課程で(当然メソッド通りには振れていないのですが・・)、「多分まだ手打ち・スーパーフッカー」に変身していました。打球の6割引っかけフック、3割ハーフトップ、1割ほれぼれです。
何を持っても引っかけます!フックはスライスより飛距離が出てしまうので、ラウンドでは大変な事になります(泣)。左奥がOBのホールは、本当にパターで100Y転がせないかなーとか考えます(笑)。
左がどんどん怖くなってしまい左腕を飛球線に出そうとして、左腕が胸から離れていたんでしょうね。へっぽこスパイラルです。
マロンさまに気づかせていただき有り難うございました。

マロンさまとは目指す次元が違いますが、私なりに河童のよっちゃんさまを目指し、ハーフスイングもっと増やして頑張ります。

てつきち様へ 投稿者:マロン 投稿日:2006/06/05(Mon) 16:54
私ごときの言葉を参考にして大丈夫かなぁ〜と思いますが、私が感じて実践している事でしたら幾らでも書きます。

たしかに横移動・回転の中での縦の動きは難しいと思います。私もそうでしたし。
手の軌道より体に近い、脇・肘・胸で管理したほうが縦軌道は再現しやすいと思います。
手の位置が体に近い所とありますが、私は手というより左腕と左胸がギュウ〜と押し合い手は近づきたくても近づけない位の位置です。その為にアドレス時背すじを伸ばし胸に腕を密着させます。厳密な手の軌道は意識外なのでナンとも言えません。スミマセン。

肩胛骨、金○、肩胛骨、金○、・・・・ 投稿者:てつきち 投稿日:2006/06/05(Mon) 13:59
昨夜、つぶやきながら練習してみました。

左肩胛骨を左にスライド(あってますか?(汗))させる感じは、すごく効果ありました!有り難うございました!
左肩がすっぽ抜けそうですこし怖かったのですが、左サイドが伸びる感じで、少しは脱力できているかもです。

ただ、縦振りはものすごく難しいですね(泣)。
「上体に対して縦」に振ると、アドレスした手の位置より、体に近いところをスイングしなければいけないような感じがするのですが、これって当たっていますか?

「上達をあきらめない才能」は某プロゴルファーさまが、OPEN GOLFさまに送られた言葉で、とても大好きな言葉です。
私ごときが引用させていただいて良いものかとも思うのですが、「一打一打に最善を尽くす」と、「上達をあきらめずしつこく努力する才能」は、すべてのゴルファーに対して某プロさまが送っていただいたものと勝手に思い、ノートに書き留めてあります(笑)。

上達を諦めない才能U 投稿者:マロン 投稿日:2006/06/05(Mon) 09:21
てつきち様こんにちは。

今は私も志高くスコアを縮めるため悪戦苦闘中です。以前よっちゃん様が仰った『42を叩かなくなる』の実現のためにです。

縦の動きですが、あくまで上体に対してで、シャフトが寝ないように注意してくださいね。でも、その再現には切り返しがとても重要です。
シーズン真っ盛りですからてつきち様もガンバってくださいね!

あーー!縦振り!! 投稿者:てつきち 投稿日:2006/06/04(Sun) 17:54
過去、あんなに沢山の方々が「腕は縦に」と教えてくださっていたのに、左サイドの脱力にこだわり続けている内にすっかり忘れていました(!!)。
すぐ、嫁に(夫婦で自営業です)いつも振っている振り方で、シャドースイングをしてチェックしてもらいました。

「これで腕、縦に使えとーか?」
「いいや、斜めやで・・」
「えっ?(汗)じゃあ、こんな感じ?」
「あっ、それ縦っぽいで」

見事に左の金○にグリップが向かっていました。
「縦に振る」とせっかく教えていただいていたのに、すっかり頭から消えていました。さすがへっぽこ(笑)

縦に振り倒す!ですよね。

左肩胛骨も意識したことがなかったので、「上手い人はこんなところにも意識があるのか」ものすごく驚いてしまいました(笑)。
これがゴルフの引き出しなんですね!

皆様に大感謝です。
今夜はこの二点に注意して練習してみます。

上達を諦めない才能 投稿者:マロン 投稿日:2006/06/04(Sun) 12:55
皆様こんにちは。

てつきち様の『上達を諦めない才能』!すばらしい事ですよね。   
私なりの意見で恐縮ですが右バッターがピッチャーの投球に合わせ左肩甲骨がグ〜とスライドしTBする動きがありますが、意識することにより上体の力み解消には良いと思います。
左サイドに、力み無くテンションを感じ、肩甲骨が動くことによりややインサイドにクラブが移動しトップ。
切り返しで○左足踏み込み○腹筋、背筋で肩が開かないように抵抗○左サイドリラックスに伴い脱力の以上3点を『同時』に行うとやり易いと思うのですが。(別々に考えると余計に力むと思います)
リリースですが、上体に対し縦の動きが弱いように感じられます。スイングせず正面を向いたままクラブを縦に振り下ろせば腕が胸にあたり、その瞬間クラブは止まらず下へ行こうとしますよね?その感覚がスイングしても再現できればOKだと思います。手首を開放したら床にぶつかってしまいますし、手首で高さを調節する悪癖を修正するため、管理人様はクラブを立てたままのドリルを紹介されたのだと思います。
只、この感覚が管理人様の意図されている事と合致するのかが不安なので、管理人様のご意見いただけたらと思います。

連続でごめんなさい 投稿者:てつきち 投稿日:2006/06/03(Sat) 19:09
くるりんさま

管理人様や、他の上級者の諸先輩方の書き込みを拝見していると、リリースが発生しない私のスイングは、おそらく良くない方のガチガチだと思います。
背中の下の方の筋肉で逆パワーということなのですが、私の場合、切り返し以降、上半身で力の入っていない箇所はどこかに有るのかどうかすら判りません(トホホですね)。
以前、某プロゴルファーさまが書いていらした切り返しの時に「びよ〜ん」という感覚になりたくて、脱力したい!と、もがいています。

今夜も練習いってきます!

くるりんさま、ありがとうございます 投稿者:てつきち 投稿日:2006/06/03(Sat) 16:19
私のようなへっぽこに詳しくお返事いただき、本当にありがとうございます。

くるりんさまのおっしゃるように、逆パワー・メソッド第3回の「リリースさせられる」が一番気になっているのに、ボールを前にすると一番実践できない難題になっています。ドリル11をしてみるのですが、コックを維持して振ろうと手首を固めたまま素振りをしますと、本当にクラブを立てたまま振れてしまい(!)、リリースが判りません。
タメができていれば発生するはずの「リリースさせられる」感覚がよく判らないのは、もっと練習し自分なりの切り返しのタイミングをつかむしかないのですね。(現在打ちっぱ週3〜4回、月イチラウンドです)

だれにもお返事いただけないかもしれないと、ビクビクしながら初めて書き込みをさせていただきましたが、くるりんさまにお返事をいただけて本当に嬉しかったです!
ありがとうございました!

こんにちは 投稿者:くるりん 投稿日:2006/06/03(Sat) 00:44
てつきちさま

文面を拝見するに、「TBからトップにかけて」の張りはできているのでは?ないのでしょうか。(腕だけではないですよね?)
>今までは、ビュンっとテイクバックし、>トップの前で切り返し、ずっと体ガチガ>チのままで打っていました。
ガチガチという表現が、謙遜してらっしゃるのか、本音かわかりませんがある意味「ガチガチ」が、長所なのかもしれません。
人それぞれのスイングタイプ、切返しの「間」がありますから、トップの前で切返しという感覚があっても、間違えではないと思いますよ。
たとえば、ウッズとエルスではメカニズムは一緒でも、タイミングは全く違うかんじがしますよね。エルスはトップで多少「緩む」感じがします。(コックのタイミングもありますが)アマチュアにとってはエルスはとても良い教科書のような感じがしますよね。
ですから、「もっとゆっくり振れ」とか「トップで間を持て」とか、よく教え魔が言っているのを耳にします。でもそれは
管理人さんの言われるとおり「トップでひとくせ入れてしまう」動作が入ってしまう手先というか腕でタイミングをとる、スイングになってしまうのです。
本当に「ガチガチ」はダメです。ある程度の体の緊張感はあるとおもいます。
特にここのメソッドの「第3回 手はリリースしないリリースさせられる」というところは、秀逸だと思います。ここの部分だけではないでしょうか?ある意味「ガチガチ」でよいと思われる部分は。(レッスンプロが言わない部分だと思います)
>トップの前で切り返し
切り返しがどこから行われるか?ここが重要です。練習でつかむしかないと思います。そのためのヒントはこちらのメソッドでほとんど公開していると思いますよ。
「下半身から切返す、肩を開かない」というのはここのメソッドの実践者ならわかっていると思いますので、後はご自分の「感覚」を大事にしたほうが良いと思います。
もちろん、管理人さんのTIPSを大事にして。以上長々失礼いたしました。

くるりんパーさま 投稿者:てつきち 投稿日:2006/06/02(Fri) 13:16
はじめまして、こんにちは。
わたしには、くるりんパーさまのおっしゃっている「脱力」が上手くできません(泣)。
今までは、ビュンっとテイクバックし、トップの前で切り返し、ずっと体ガチガチのままで打っていました。
管理人様が書いてくださった増補版の第7回の「左広背筋から左肩、左腕、左手首までつづく一連の左サイドのラインをラクにして伸ばします。」がうまく出来ないのは、くるりんパーさまのおっしゃっている張りのあるテイクバックが出来ていないと言うことなのでしょうか?
出来ましたら張りのあるテイクバックについて、もう少し詳しく教えていただけませんか?

がんばってください 投稿者:くるりんパー 投稿日:2006/05/31(Wed) 23:56
久しぶりに、のぞいて見ました。
管理人さん、更新ありがとうございます。
 たしかにそうですよね。よどみなく
プロのように切りかえしができれば、アマチュアは苦労しないです。
「脱力」は大事だし、難しいですよね。
脱力を意識しすぎると、トップでゆるむことがあるし(レンジで見ていると結構多い)結局張りのあるTBができないと、難しいです。
これからも、がんばってください。

す、すいませんでした(汗)! 投稿者:てつきち 投稿日:2006/05/30(Tue) 15:50
すいません!挨拶を書き込んでいませんでした!
38歳、ゴルフ歴(逆パワー勉強歴)1年半、100叩きダッファー、てつきちと申します。上達を諦めない才能だけはあると思っておりますのでよろしくお願い致します。

では、練習に行って来ます!

難しいですね〜 投稿者:てつきち 投稿日:2006/05/30(Tue) 15:41
過去ログも全て拝見し、自分なりに練習してきましたが難しいですね。
管理人様が更新された逆パワー・メソッド増補版の23、まさしく私の打ち方でした。バックスイングの途中で左膝がらスタートし「逆パワー」が出来ているつもりになっておりました(涙)。
管理人様が書いていらっしゃる様に、トップ→切り返し→逆パワーで打とうとしましたが、今までと、リズムが全く違っていたためでしょうか、全く打てませんでした。

リリースさせられるスイングを目指して練習に行って来ます!

REダフる 投稿者:迷えるよっちゃん 投稿日:2006/05/29(Mon) 18:04
(逆にいうと、ダフるイメージがある方は、
リリースが早いのではないかと…。)
・・・ハンドファーストインパクトが出来ている為それはないでしょう。
持ち球の違いもあるでしょう。
また私は、飛距離追及の為、ダンピングという
動作を加えています。その影響かもしれません。
尚、私のイメージはアイアンショットの時のものです。
ティアップしたものでは、ダフルイメージはありません。(この解釈の違いでしたら言葉が足りませんでした。ごめんなさい。)

球を打つ 投稿者:マロン 投稿日:2006/05/28(Sun) 09:52
 変だなさんこんにちは。球を打つ事への興味とありますが、いきなりピラミッドの頂きのようなお話ですね。打つだけなら練習すれば誰でも空振りしないで打てるようになるとは思いますけど、私は特殊な状況以外は打つ(インパクト?)事への意識はありません。管理人様も『良い球』を打つため感覚に頼りがちなものを、出来る限りメソッド化し皆様に伝えようとしていらっしゃると思うのですが。
 只、ゴルフはスコアを競うものですからルールに反しない範囲であれば、どんな打ち方でも良いわけですし、打つ事に専念されても良いわけです。
しかし、ここにいらっしゃる皆さん(私も含め)は少なからずラウンドや練習中に悔しい思いをされていると思います。時には自分でもビックリするような球を打てても、それが続かない。  良い球を打つ確率を上げる為(再現性)このメソッド及び皆さんの一字一句で私も自分なりに良い球、良いスコアになってきました。(当然努力は必要です)驚きは、その再現性です。結果良い球(飛距離・方向)は約束されます。

そう! 変なんですよ(^^; 投稿者:せんねん 投稿日:2006/05/28(Sun) 07:43
変だなさん( ^-^)/

ボールを打つ=ヘッドでボールに当てに行く
→ 腕を振って手の甲で打つイメージ
→ 体幹の捻りで勝手にボールをさらう感じ

大まかに、3段階程かと思うのですが
これを追求して体得するのが夢なのです!

この感触を一度体感すると、止められません。
ものに出来ればですが

1.そんなに練習を詰めなくてもそれなりのスイングを維持出来ます。
2.他人からは軽く振っているように見えて、飛ぶ球が打てます。
3.腕力が落ちても、手打ちの人より距離も方向も安定して打てます。
4.多分スイングのスタイルも、手打ちより綺麗な筈です。

一度、逆パワー・メソッドをじっくり読んで見て下さい( ^-^)/

http://homepage2.nifty.com/maet/6.html

無題でござる 投稿者:変だな 投稿日:2006/05/27(Sat) 19:37
ここの人たちは、ボールを打つって事には興味は無いのか?

ダフる 投稿者:管理人 投稿日:2006/05/26(Fri) 23:44
書き込みありがとうございます。

切り返しはワンアクションです。
踏み込みながら逆パワーを出すか、
テイクバックしながら踏み込むか、
どちらにしてもワンアクションです。

ただ、ちょっと気になるのは、
私にはダフるイメージはまったくないことです。
逆にいうと、ダフるイメージがある方は、
リリースが早いのではないかと…。

(当たってないといいですが)

反偶力 投稿者:でこはち 投稿日:2006/05/26(Fri) 16:03
皆様こんにちは。
いろいろ突き詰め行くうちに昔購入していた「スイング力学入門」を再読しています。
なか難解で読みにくい内容なのですが、多分「反偶力」というのが逆パワーに近いのだと思います。
HPもあったのでご紹介しておきます。
http://homepage3.nifty.com/waof/#2

自然落下 投稿者:マロン 投稿日:2006/05/26(Fri) 09:37
感覚ばかりの私なりに、最近色々考え・疑問に思い出していることがあり、管理人様の個人レッスンを受けるのが一番かと思うのですが…。それは飛距離面です。捻りのパワーでの飛距離と解釈していたのですが、『脱力における自然落下』が大きく影響するように感じます。しかもこれをやるとやらないとでは飛距離に大きく差がでます。何で????   皆さんはどうでしょうか?  意識しだしてから、腕が適正な位置に降りるための抵抗、よっちゃんさまが仰ってる球の手前に落下しないための腰の先行と、脱力のために他のものがある!とさえ思えてしまいます(うれしい混乱です)。
 よっちゃんさまが以前書かれた『右肘』に関することが上記を境にピントが合い出しました。ありがとうございます。

管理人様並びに皆様へ 投稿者:迷えるよっちゃん 投稿日:2006/05/25(Thu) 22:51
管理人様を引っ張りだそうと書いた訳ではありませんが、ご説明頂き大変恐縮しております。
私は未熟者ですので、スウィングテンポは速いほうです。イメージとしては(パン・パーン)で終わりです。たぶんメソッドの最後の方での
不安定さを嫌った結果と飛距離追求の為だと思います。さて私の解釈ですが、このスウィングテンポにメソッドではワンテンポ加えなさいと言っている様なので、ダフリそうという結論に達しました。下半身が先行しない自然落下ではダフリか嫌ってのトップしかでません。
過去の中嶋プロの事は記憶に無いのでお教え頂ければ幸いです。
また、私のスウィングが調子の良い時、意識は股関節だけでの体重移動のみです。
この上・下半身のとても良い連動感も切り離しで無くなると思いました。
皆様思われている事をいろいろお教えください。

連関 投稿者:ENU'?' 投稿日:2006/05/25(Thu) 19:52
腰だけ回っちゃうとダメでしょ

腰と同期は、 投稿者:ENU'?' 投稿日:2006/05/25(Thu) 19:49
スイングの間中、クラブは前倣えの範囲に納まっていて、胸の向きとフェースの向きの関係も変わらない。腰は回転していてもそれらと常に連関が取れている。そういう状態でしょう。
「腰が入っている」というのでしょうかね、、
腰がリードすると、胸板は自然にその上でくるっと向きを替える。
ただし、インパクトの感覚は、アドレスの状態を再現するように、胸板は止まっているような感じです。(本当に止めると、左へ大きく引っ掛けますが、、(^^ゞ)

切り返しの微妙な順番 投稿者:管理人 投稿日:2006/05/25(Thu) 00:18
書き込みありがとうございます。

トップでの「粘り」動作は、
けっこう誤解の多いところなんです。
結論をいえば、
上体で「粘る」のはまちがいです。
(脱力できてる人はOK)

これはチョーハイレベルなポイントで、
昔、中島常幸プロについて書いたことに
オーバーラップしています。

厚かましいのですが、中島プロとか、
トップから腕の降りにくい
伊沢プロなんかも、
図に書いたのをやるといいと思います。
(厚かまいぞ!スミマセン)

あと、更新メソッドのようにやると
ダフりそう、というのは
いまいちわからないのですが、
どういうイメージでしょうか?

イメージはあるけど… 投稿者:マロン 投稿日:2006/05/24(Wed) 10:18
 ENU'?'さま3つのギアの連動はイメージとして、皆様明確にお持ちだと思います。が、横の中で縦がつられて動いてしまったり、腰の動きに上体がつられたりと、理論(頭の中)だけでは穴埋めできない部分、また体現しても再現性に乏しいなど悩みは尽きないと思います。そのあたりで上手くいってるドリル的なものがあれば教えていただきたいなと思います。あと、腰に同期とありますが何をどう同期させるか教えていただけたら幸いです。
 よっちゃんさまの言いたいけど伏せられたところが超気になりますね。待ち遠しいです。
 でこはちさまは、うまくいっていらっしゃる様で何よりですね。理詰めされたらお披露目くださいね!

バックスイングでは 投稿者:ENU'?' 投稿日:2006/05/24(Wed) 00:09
三つのギアをスムーズに噛み合わせよ。3つのギアとは肩と腰の回転、腕の上下である。それがプレーンに納まっていればナイスショットが予言される。
ダウンスイングでは、腰に同期させよ。

盛況ですね 投稿者:マロン 投稿日:2006/05/23(Tue) 08:44
よっちゃんさまお帰りなさい(笑)見透かされたようで内心ドキッとしております。課題は多数ありますが、やはりアプですね。様々なふり幅の中で、うまく切り返せると思ったように運べますが、ゆるまない様にゆるく!と何とも形容しがたい感じです。
意識しないと思ったよりインに引いてしまい(転がすなら悪くないんですけど)思ったよりランが出てオーバーが多いですね。
ショットのミスは引っ掛けで、無意識に手の操作が入ってしまうと出てしまいます(悲)やはり掴まえようとしての悪癖です。
まささまこんにちは。3Iで200M以上というと220yd位でしょうか、すごい飛距離で羨ましいです。以前まで全く使えなかった3Iが使えるようになり、代わりの7Wも曲がりのリスクを考えると特定の状況以外使わなくなりました。自己満足的に3I使えるのはうれしい限りです。

RE親父の感覚 投稿者:迷えるよっちゃん 投稿日:2006/05/22(Mon) 23:36
親父さんこんばんは。
私は大先輩などではありませんが、親父さんの言っている事はよくわかります、、、がその感覚ではまだ手打ちの域から脱出してない感じです。クラブの重さが消える瞬間?うーん私はクラブの重さは、TB開始の瞬間とフォローの後ぐらいでしか感じません。
ようは、どこで意識してスウィングするかで決まると思います。肩から下全ての意識を無くすと今度はアプローチの距離感・フィーリングが出なくなります。
私が言いたいのは、、、、また今度にしましょう。
通りすがる さんへ 以前某プロいわく、ある程度のレベルで自然落下出来ている人は、ダフり大歓迎トップだめと言っていました。

無題でござる 投稿者:通りすがる 投稿日:2006/05/22(Mon) 21:39
よっちゃん殿のおっしゃるとおりの気がします。
更新メソッドのように出来たとしても、大抵はダフリになりそうですね。
出来てるのに、出来てないからダフル思う迷路に入りそうですね。

親父の感覚 投稿者:49の親父 投稿日:2006/05/22(Mon) 19:56
かえって混乱するような感覚的なことですみませんが、一言。
「粘らない」の部分ですがバックスイングが完了した時点で両手の中にあるべきクラブの重さが瞬間消えるときがあります。
実際にはクラブが縦になっているときのようですが、感覚的には飛球線の遥か後方に手とクラブが行ってしまった・・・ような。そして下半身から始動して体の回転が始まると右腰の真横を引っ張られてきた手が追い越して(アドレス時の元の位置を通過)行く感じです。
「粘ると」左手の親指の腹側にシャフトの重さを感じたままのダウンスイングの開始。どちらでも球は飛びますけれど。
尚、アプローチのショートアイアンやハーフショット以下の振り幅の時は「粘る」感覚や左脇の締めがないと、親父の場合ショットが全く安定しません。
(これも親父の感覚ですので、ゴルフの大先輩である。よっちゃん様には全く敵意はございません^^。)

亀レス すいません。 投稿者:まさ 投稿日:2006/05/22(Mon) 17:36
マロンさん 始めまして。レスありがとうございます。
昨日も出張から帰ってきて久しぶりに打ちっぱなしに行ってきました。
(1)確かにストレートかドローです。
正直言ってこの前レスした時とまたスィングが変わってきて発見と反省の日々です。何時まで続くのか....。
昨日は、自分の感覚では軸をずらさず、振り子時計のように振って3鉄で200m以上。どうなっているんだ。これは?という感覚。
テークバックからバックスゥイング左手と右手ではマロンさんの言うように左手に圧力感は常にあります。がそれを意識してはいません。腕、肩には力が入っていません。それとスィングはゆっくり。左脇閉まったままハンドファーストでのインパクト。
何となく、逆パワーと言っても極端に背
中以下、下半身に意識して力を入れるので
はなく感覚的なものというような感じがします。
その後のアプローチ練習 SWは言うこと聞かず、方向は左右。
まだまだ、暗中模索です。




Copyright © 1997-2013 ゴルフ新理論「逆パワー・メソッド」---ビッグマッスルを叩き起こせ, Tokyo Japan, All Rights Reserved.