ゴルフ新理論 逆パワーメソッド スウィング理論
逆パワーメソッド熟成版 逆パワーメソッド増補版 ゴルフなんでも掲示板 ゴルフなんでも掲示板過去ログ TIPSコーナー
インフォメーション バックナンバー 相互リンク
  【ゴルフなんでも掲示板 過去ログ(79)】



貴重なご意見、ありがとうございます。抜粋です。
(1がもっとも古い)
1〜4は以前開設していた「ご意見コーナー」にお寄せいただいたものです。

■目次
最新 | 194 | 193 | 192 | 191 | 190 | 189 | 188 | 187 | 186 | 185 | 184 | 183 | 182 | 181 | 180 | 179 | 178 | 177 | 176 | 175 | 174 | 173 | 172 | 171 | 170 | 169 | 168 | 167 | 166 | 165 | 164 | 163 | 162 | 161 | 160 | 159 | 158 | 157 | 156 | 155 | 154 | 153 | 152 | 151 | 150 | 149 | 148 | 147 | 146 | 145 | 144 | 143 | 142 | 141 | 140 | 139 | 138 | 137 | 136 | 135 | 134 | 133 | 132 | 131 | 130 | 129 | 128 | 127 | 126 | 125 | 124 | 123 | 122 | 121 | 120 | 119 | 118 | 117 | 116 | 115 | 114 | 113 | 112 | 111 | 110 | 109 | 108 | 107 | 106 | 105 | 104 | 103 | 102 | 101 | 100 | 99 | 98 | 97 | 96 | 95 | 94 | 93 | 92 | 91 | 90 | 89 | 88 | 87 | 86 | 85 | 84 | 83 | 82 | 81 | 80 | 79 | 78 | 77 | 76 | 75 | 74 | 73 | 72 | 71 | 70 | 69 | 68 | 67 | 66 | 65 | 64 | 63 | 62 | 61 | 60 | 59 | 58 | 57 | 56 | 55 | 54 | 53 | 52 | 51 | 50 | 49 | 48 | 47 | 46 | 45 | 44 | 43 | 42 | 41 | 40 | 39 | 38 | 37 | 36 | 35 | 34 | 33 | 32 | 31 | 30 | 29 | 28 | 27 | 26 | 25 | 24 | 23 | 22 | 21 | 20 | 19 | 18 | 17 | 16 | 15 | 14 | 13 | 12 | 11 | 10 | 9 | 8 | 7 | 6 | 5 | 4 | 3 | 2 | 1 |






過去ログ検索
カスタム検索


のんびりいこう 投稿者:ぱん九郎 投稿日:2005/01/21(Fri) 17:45
河童のよっちゃん様

> インパクト前にシャフトが身体にドスンッと、当たってしまいそうな感じに読みましたが、いかがでしょうか?ドリルはやっていらっしゃいますよね?
「アンダースローで投げるように肘とリストが使える」ですよ。腕は横にふりません。脇を締めた状態で、肘が先行してリストが残った感じ、そのときの腕の緊張とその後の弛緩などは伝わりませんでしたか。野球はメジャーだから例には良いと思ったんだけど。
 ドリルの件は、ゴルフを始めて2年目からは、ずーっと横に振らないようにやってきたので、最初にやったときにできましたよ。

> 左腕については、私の場合、肘の外転はほとんど使っていないと思います。縦に降りてきて、横に滑って、縦に上がる。
「意識しないで、または使わないようにしていて、そのように動く」と書いてきたところで、意思の疎通ができていないような気がします。管理人様も書かれていた、グリップエンドがインパクト直前で壁に当たるように180度方向転換するという動きでは、左肘は外転し右腕は内転して?います。

ドリルでは意識して行って、本番ではまったく意識しないというのが良いのではないかと思います。

フィンガーグリップの話は、このあたりが決着してからにします。
河童のよっちゃん様は、グローブのどこが破れ(こすれ)ますでしょう?

せりこちゃーん

喜んで頂けたようで幸いです(笑)。
けっこう凹んでたんですが、コメントを読んで復活しました。
ありがとう!!

今日も早起き! 投稿者:河童のよっちゃん 投稿日:2005/01/21(Fri) 07:55
藍ふぁん様
800!頑張ってますねぇ。大昔(涙)ドライバーだけで1000を何度か打ったことがあります。昔話ですみません。

最近は打っても200です。トホホ・・・。

ゴルフもセリちゃん争奪レース!?も負けないように頑張ります。(^^)v


セリちゃん
ありがとう。今度デートしてね。
オシリ、良くなってきたみたいで良かったですね。


ぱん九郎様
書き込み遅くなり失礼いたしました。

コメント…、ですが。
全体的には、書き込みされているような振り方ですと、私の乏しい読解力の範囲で、SMドリルの雰囲気と違うような感じを受けます。
インパクト前にシャフトが身体にドスンッと、当たってしまいそうな感じに読みましたが、いかがでしょうか?ドリルはやっていらっしゃいますよね?

上記を前提に、右腕について細かい動きは、よくわかりませんが、私の場合コックを維持しながらクラブの動きに、ついていく感じになっています。
スナップはほとんど使っていないです。右グリップはかなり緩い感じのままだと思います。インパクト以降は握っているかもしれません。
クラブを押すテイストになっていれば違う動きだと思います。

左腕については、私の場合、肘の外転はほとんど使っていないと思います。縦に降りてきて、横に滑って、縦に上がる。

たぶん…、おっしゃる意味でのローテーションは使っていないと思います。インパクトゾーンでクラブフェイスが返るように動くと思いますが、胸に対してはいつも直角テイストです。

先程、素振りで確認した上での私見です。正否には拘っておりません。また、個々の考え方の違いもあって、当然ですので、読み流してください。

初体験は気持ちいいけど疲労困ぱい・・ 投稿者:藍ふぁん 投稿日:2005/01/20(Thu) 22:03
初めまして、せりこ様。藍ふぁんと申します。
せりこ様に好かれるべく鋭意努力致しますのでよろしくお願いします。キリッ
先日、打ち放題で800球を初体験しました。以前のスイングだと500球がせいぜいだったのですが、肩の力を抜いて横振りしない分スタミナが持続したようです。
さすがに疲労困ぱいです。
背中の筋肉が張っていて練習後は徹底的にストレッチで伸ばしました。相撲の四股の形で両腕をつっかい棒にして両肩を交互に突き出す奴です。
これいいですよ。
いや、形からして女性の方には無理です!
でも、せりこ様にはピッタリのような・・
あー優柔不断な性格がゴルフの上達を阻んでいる見本のような藍ふぁんですた。

たのし-っ!! 投稿者:せりこ 投稿日:2005/01/20(Thu) 18:06
きゃあああっ!!!
 お、お、おもろいやんっか!!
 みんな、われ等青春ってか!

ここに参加させてもらって意見交換できる仲間がいるって幸せジャン!!

気にすんなよ!
ぱんちゃん、かっぱちゃん!

あちしはっていうと痛みが和らいだ分下半身がいつものように踏ん張り始めて、またどっりゃああ!!!って感じに逆戻りさ・・・

褒められるどころか、あんたいったい何やってんのって。。ってかあああああっ!!!・・・・しゅん・・

二人とも大好きよおおおお!

おっとおおお・ギャクパ兄も!!!
プロ様もよ〜ん・・んふっ。。。

では仕切り直します 投稿者:ぱん九郎 投稿日:2005/01/20(Thu) 17:45
河童のよっちゃん様

 以前にも同じようなコメントを受けていたので、またしても馬鹿にされたと思いあんなことを書いてしまいました。今は気にしていません。こちらこそすいませんでした。もう一度次の内容を読んでコメントを頂ければ幸いです。

右腕を例にするとダウンからインパクトで、アンダースローで投げるように肘とリストが使えると方向性も飛距離も向上すると考えます。もちろん意識して使うのではありません。使わないようにしていて、そのように動くと良いということです。このように動かすには、右肘は締まっていないといけませんが、肩(肩甲骨か?)、肘やリストは柔らかく使えないといけません。しかし、グリップを堅く握りしめる動きはマイナスにもなります。左腕においても肘の外転動作にブレーキがかかるようだと、両腕はうまくローテーションできません。このローテーションの動きは、クラブが動く最適な軌道を邪魔しなかった結果だということです。

失礼いたしました。 投稿者:河童のよっちゃん 投稿日:2005/01/20(Thu) 11:01
ぱん九郎様
失礼いたしました。

教えていただき、自分で正しいと思い込んでいるイメージ・内容と、違う意見があった時に、議論する場であっても良いとの勝手な思い込みが強く、最終的?な、内容が自分が予想した幅に無く、勝手に残念がり、あのような書き込みになり、失礼いたしました。お詫びいたします。

プロ様・管理人様に…、との書き込みも、自分の勝手な思い込みです。ぱん九郎様に、それを押しつける書き込みになってしまいました。
お詫びします。
失礼いたしました。

御気分を害された事、未熟者の自分勝手な書き込みと笑い飛ばしていただき、ご容赦下さいますようお願いいたします。
失礼いたしました。
自分も、まだ、入門したてです。1年生(1年間?半年休学??)を卒業できたのか、無駄にしたのか…、わかりません。自分では追試?4科目な感じです。(正確なアドレス・捻転差作成維持・縦振り・結果としての抜け。)2年生になれるよう頑張ります。


プロ様・管理人様・
勝手な思い込みでの書き込み、大変失礼いたしました。
プロ様、スミマセンでした。


皆様
不愉快だった事と思います。失礼いたしました。

逆パ信先輩
ご迷惑をおかけしました。スミマセンでした。


藍ふぁん様
参考にしていただける部分がありましたら、嬉しいです。ありがとうございます。
軟弱などと、とんでもあり?ません。冷静かつ戦略的な、スイング構築・コース攻略・スコアメイクと感じました。勉強させていただきました。
ありがとうございます。
不愉快になるような書き込み、失礼いたしました。

おはようございます 投稿者:ぱん九郎 投稿日:2005/01/20(Thu) 09:03
藍ふぁん様、逆パ信様

ありがとうございます。
締まりと脱力の部分を書くには、私では能力不足だったようです。非常に大切な部分だと思うのですが旨く表現できませんでした。

あれ 投稿者:逆パ信 投稿日:2005/01/20(Thu) 05:44
スペルまちがえてる(汗)、
Weocome->Welcome

PS:メソッド更新されましたね。ー引用
「余計な動きを除く練習は必要ですが…」
プロ様の一言で目覚め、これに取り組んだ2004年でした(汗)、何となしに充実感あります。

ゴルフが大好きな方の.......何でもどうぞ。 投稿者:逆パ信 投稿日:2005/01/20(Thu) 05:31
ぱん九郎様、
って管理人様もおっしゃってます、Anything Weocome!であります。
”ゴルフが大好きな方”(ぱん九郎様はもちろん)ていうのがミソ、これは外せない!

目下の急務は・・ 投稿者:藍ふぁん 投稿日:2005/01/19(Wed) 23:15
河童のよっちゃん様

>横から失礼します。同じ方向で考えております。ロングアイアン・ウッドでもハーフスィングで練習しますた。
長いクラブは横振りになりやすい…、または、横振りが目立ちますです。

河童のよっちゃん様の年初まとめ連発OK牧場が大変参考になってます。ありがとうございました。5鉄征服まで後少し。そうすれば残るは牙城ドライバーです。
えっ、3鉄4鉄は? しばらく置いておきます。(なんと軟弱な!)いや実際コースではめったに使わないんですよ^^
ボギーペース+貯金で80台をねらうゴルフですし、気持ちよくラウンドをこなす為にもドライバー安定が急務です。
ロングホールでは残り100ヤード花道ねらいの刻みの藍ふぁんです。とりあえず5鉄以下をしっかり焼き付けます。

ぱん九郎様

ゴルフに対する思い入れはひしひしと伝わります。

RE:う〜胃薬・・ 投稿者:ぱん九郎 投稿日:2005/01/19(Wed) 20:03
某プロゴルファー様

ありがとうございます。こちらこそすいませんでした。

う〜胃薬・・ 投稿者:某プロゴルファー 投稿日:2005/01/19(Wed) 18:50
ぱん九郎様へ

@なかなか返事が書けなくてすまんな。
 新年会の連発で忙しいんじゃ。
 余計な事を考えずに楽しく書き込みなさい。

さみしいなぁ 投稿者:ぱん九郎 投稿日:2005/01/19(Wed) 18:18
河童のよっちゃん様

>できない部分等を、応用とか・資質の問題にすり替えてしまうのは、プロ様・管理人様に失礼だと思います。また、必死に頑張っている皆様の混乱を招くことにもなりかねません。

ここに入門したての人や、迷路に迷い込んだ人の参考になればと思い書きましたが、河童のよっちゃん様にこのように思われているとは寂しいです。

管理人様、某プロゴルファー様

私の書いたことは、役にたつより混乱を招くようなものなのでしょうか? 失礼だと思われましたでしょうか?
そのようなものを書いていたなら、潔く去ることにします。すいませんでした。

足、いじめてま〜す。 投稿者:河童のよっちゃん 投稿日:2005/01/19(Wed) 14:12
プロ様
いつもありがとうございます。
パッティング良い感じです。昨日練習グリーンのある練習場に行って来ました。
方向・距離の正確さ、2ランク?位レベルアップしたような…感じです。フォローでヘッドがビタリと止まります。イメージも作りやすくなりました。…ように感じます。
アプローチもクラブ・身体の動きの理解が深まったタメか、良い感じです。嬉しい!
ショットも良いです!
ただ、3日前の朝、ストレッチをしていましたら、右の腰から背筋あたりをピキッと少し伸ばしてしまったようで、加減しております。昔、ギックリをやった時の古傷です。
ありがとうございます。


ぱん九郎様
応用…?
一般的な日本人の指の長さ…?

〜!「残念!!」です。

切り返し以降は、上半身にも力が入ってると思います。腹筋背筋、左サイドでしょう。

応用?よりも、まずは正確に理解して、正確に体現できる努力が大切ですよね。
できない部分等を、応用とか・資質の問題にすり替えてしまうのは、プロ様・管理人様に失礼だと思います。また、必死に頑張っている皆様の混乱を招くことにもなりかねません。
二つとない最高の勉強の場ですから、意見交換して間違えや勘違いを見つけて、修正・レベルアップできれば素晴らしい事だと思うのですが…。
パワー・指の長さ、応用なんだと考えてしまっては、勿体ないと思います。


セリちゃん
オシリ、大丈夫?無理しないでね!

ハードケース 投稿者:ENU'?' 投稿日:2005/01/19(Wed) 08:44
ハードケースを買いました
お値段は送料込みで$160でした
USAのSKDというメーカーの4012というタイプです。キャラウェイの足つきの8.5が入りました。

?ゴルフの積みたて貯金のグループがあって、そろそろどこかに、、という話しの中で、海外!が浮上してきたので急遽購入しました。果して使うことが有るやら無いやら、、

では、いずれまた、、(^^)/~
***** FROM ENU '?' *****

ビール、、しかない 投稿者:逆パ信 投稿日:2005/01/19(Wed) 02:58
  ぱん九郎様、
>同じだと思います。勝手にクラブに引っ張られるに任せる感覚です。

*クラブに引っ張られる感覚は勿論、手打ちでも横振りでも得られますが、ある段階超えると新感覚の引っ張られがあると思います(これを言いたいです)。
最初は怖い(ダフリ、ヘッドが何処に行くのか)感じで、スイープな軌道も判ります(自分の感覚ではヘッドはダフってるはずなのに、なぜか地面スレスレをヘッドが滑ってくれてる感覚ですか?)。

 セリ子様、
>もちろん、尾てい骨にヒビが入ってようがまっすぐ遠くに飛ばしたい気持ちは誰よりあるわけだから、健康な身体の部分を総動員して工夫してみた!

*スゲー、汗、まじですかー!?、、、体お大事に(と言っても聞かないだろうなあ)。
鬼気迫る第2弾!、だけどセリちゃんの書き込みは笑っちゃいます。
文才あるしサービス精神旺盛、オチもある上、練習風景は並みの女子プロ真っ青で、「セリちゃんのゴルフ日記(仮名)」なんていうHP開設したらすぐに人気サイトになりますね(笑、もうファン予備軍)。

力まないで気持ちよくなる 投稿者:ぱん九郎 投稿日:2005/01/18(Tue) 17:53
逆パ信様

> *”クラブが行きたい方向”っていう感覚は、私は手で操作しないというのはこれかあという感覚で、同じものを言ってますか?
 同じだと思います。勝手にクラブに引っ張られるに任せる感覚です。
 練習ではスイープな軌道で打てるようになってきました。コースではダフりそうで怖くて無理です(笑)。
 そうそう、「だーっ」の話は面白く読ませていただきました。最後はイメージなんで、擬音は効果的だと思います。重いものを放り投げるイメージは、下半身が安定して良さそうなので、今度練習に行ったら「だーっ、だーっ」をやってみます。


藍ふぁん様

 初めまして。こちらこそよろしくお願いします。

> ばん九郎様のおっしゃる右腕の内転も方法としてあるのでしょうが、SMテイストは、やはり変えたくないというのが本音です。ショートアイアンからドライバーまでスイングは一緒だと信じたいです。
 基本スイングは一緒だと考えています。でも応用として、ショートアイアンはフェースが返らないように細工したり、ロングアイアンで捉まえようとすることはあります。ボールの高さや左右へ曲げるのも同様です。


河童のよっちゃん様

> グリップは正確に握れば、力みやリリース不足は起こらないです。
 そうでしょうか? 肩や腕を力ませないで強く握りしめるのは難しいですよ。
 左手をフィンガーで握れば、強く握っても腕が柔らかく使えると聞いたことがあります。でもフィンガーで握るには、一般的な日本人の指の長さでは難しいですね。正確に握るとはそういう意味じゃないとは思いますが。


セリコ様

> 結果 腕のことはしばし忘れて 腰と肩を躊躇せずに廻し切ると(OBはいやだから飛ばしたい方向の逆延長戦でコックが解けるイメ-ジを追加して「軌道ってやつ」全く腕の力を抜いて「腕に少しでも力みが入ると、それがブレ-キになり軌道も狂う」)いつインパクトしたのか自覚もないまま、球はすごいスピ-ドで一直線に飛んでいった。

 ヒビでも練習ですか。凄い! このスィングはボディターン?スイングですが、腰の回転にブレーキをかけない型で、ここのメソッドとは少しだけ(少しだけか)違うように思います。私もこのタイプなので、雰囲気がよく分かります。フォローまで軸が保てれば、腕が身体に巻きついた感じになります。丸ちゃんのフォローのイメージです。右足でふんばって腰にブレーキをかける方式は私にはまだできません。

初体験は痛いけどきもちいい・・・ 投稿者:セリコ 投稿日:2005/01/18(Tue) 11:01
こんにちは。皆様。

相変わらず、白熱していますねえ。
私も気持ちは参加しているのですが、性格上 事細かに分析して、わかりやすく表現するのが苦手でして・・・読んでいてええとこ取りを決め込んでいる不届き者ですねん。

河童兄さまへ

恥ずかしながらレントゲン撮りました。
やはりヒビはいってましたわ・・トホホ・・・
さすがに2日めのラウンドはハ-フでギブアップ!  悔しかばってん・・

今で10日も過ぎて随分らくになりました。

皆様に報告したい事がありますね
ん。
私の癖は、先にブランコの話で

<<荷物をブランコのように移動させてしまうと、フォローで上半身がアッパー軌道になる為・・

の通り、ある種の傾斜なら有効ですが基本スイングがこれではあきまへん。

習っているプロには再三「右肩が下がってる!」としかられ、見本に見せてくれたリズムとフィニッシュには程遠くてへこんでいました。

ここで怪我の功名ってやつですかああ??
ゆったり振ってもどっかり座っていた下半身はびくともしなかったのに、痛さのせいでゆったり振っていては辛抱たまらず、腕の力もいれられず 全身リラックスした状態で振るしかなく クラブの自然な動きにされるがままの体は先生が言うリズムであり フィニッシュになりました。
もちろん、尾てい骨にヒビが入ってようがまっすぐ遠くに飛ばしたい気持ちは誰よりあるわけだから、健康な身体の部分を総動員して工夫してみた!
結果 腕のことはしばし忘れて 腰と肩を躊躇せずに廻し切ると(OBはいやだから飛ばしたい方向の逆延長戦でコックが解けるイメ-ジを追加して「軌道ってやつ」全く腕の力を抜いて「腕に少しでも力みが入ると、それがブレ-キになり軌道も狂う」)いつインパクトしたのか自覚もないまま、球はすごいスピ-ドで一直線に飛んでいった。
あまりの快感にボ-ゼンとしたわ・・・
初体験は痛かった・・・・・

でも少し大人の仲間入りができたかと思うとうれしかったし くせになりそう・・・

(腕が身体に巻きついた感じだった。
これってあってる?)

これからいろんなクラブでいろんな体位・・あ、間違えた。いろんなライで試そうと思っています。先生のレッスンが楽しみだ!褒めてくれるかなあ・・

今日は早起き! 投稿者:河童のよっちゃん 投稿日:2005/01/18(Tue) 07:20
プロ様
いつもありがとうございます。
親の総取りで、やっつけてきてください。

大切なパットですが…、勘違いかもしれませんが、スイングに似たテイストで、パッティングが開眼したかもしれません!
昨日テレビで丸山プロのショットを凝視し、なるほど〜!と、解ったつもりで、パッティングも無心に見ていますと、…アッ!と。
パターマットで早速試してみますと、今迄に無い感覚で、方向は安定し距離の打ち分けも簡単・確実に感じました。
手打ちから引きずりだしていただいた、あの感覚に近いような…。
ショットの抜けの部分?に身体の動きは、似ているように思います。
勘違いでないと嬉しいのですが…。


しっかし、ビジェイ・シン強いですね。今回のところは、残念ですが丸山プロとの差が歴然とあるように感じました。?インパクトゾーンの抜けの鋭い感じも、一枚上に感じました。
丸山プロは調整不足との事で、今年は3勝位してほしいです。頑張れ〜っ!

ありがとうございます。

藍ふぁん様
横から失礼します。同じ方向で考えております。ロングアイアン・ウッドでもハーフスィングで練習しますた。
長いクラブは横振りになりやすい…、または、横振りが目立ちますです。

ぱん九郎様
パワーの有る無しで、違う指導は、プロ様も管理人様もされてないです。その人なりの逆パワー。
グリップは正確に握れば、力みやリリース不足は起こらないです。
クラブにより内転等の量を調整するより、逆パワー・メソッドをとことん追求するのが、早道?近道だと痛感しております。

丸山プロはスゴイ 投稿者:逆パ信 投稿日:2005/01/18(Tue) 05:54
  プロ様、
>@まだ手打ちの気配があるのだろうな。

*おおありなごやの、プロ様卒倒の手打ちでないことを祈ります(マジ、笑)。

>@上手いやつと回ると上手いのが伝染ることもあるぞ。

*レッスンプロは4人居て、私のプロはレッスンプロとしては今もって良く判りませんがスイングはダントツと見てます。
完璧なスイングプレーンと軸で、シャフトをムチのように操作するしなやかなスイング、、、。
全英アマを取ってマスターズ出場した人(名前忘れた)が友人で競っていた、と言ってたけど法螺じゃないと思わせます。
プロのビデオを撮って、分解写真にして彼に渡して「貴殿のように振りたいのである。」と私は厚かましくも言ったものです。
(当地は、言うのは自由のカルチャー、日本では言えないです、汗)、彼は「・・・・・」ですたが変な奴と思ったでせう(笑)。
今までラウンドレッスンしようと考えませんでした、アドバイスありがとうございます。


 ぱん九郎様、
>インパクトゾーンで左腕は外旋して右腕は内旋しますが、ここで両肘とリストが柔らかく使えないと、クラブが行きたい方向を阻害するので方向性が悪くなると思います。

*”クラブが行きたい方向”っていう感覚は、私は手で操作しないというのはこれかあという感覚で、同じものを言ってますか?
自分の場合ヘッドスピードは関係ないです、ヘッドに任せきりで手は邪魔しないのに専念で、グリップが大事だったです。

 タメ造様、
>無数にあるイメージから正解を見つけるのはとても大変ですが、それもまたゴルフの楽しみではないでしょうか。

*タメ造様はご運動神経のみならず才能あるアスリートなんでしょうね、私は縦振りはこのメソッドやレッスンプロから貰ったイメージで専念しました。
しかし、そのイメージに自分で味付けしたりしましたが、勿論他人に薦められるものではないです。
またの書き込み、期待します。

明日は握りゴルフ 投稿者:某プロゴルファー 投稿日:2005/01/17(Mon) 23:58
 逆パ信へ

>プロ様の脚の話でヒントになりました、レッスンプロは、“ダーッ”の時、脚をおおげさに大きく使って全身が沈みこんでいく(膝を深く曲げる)感じで、チョー重い物を下半身のみで放りなげろ、の雰囲気。

@まだ手打ちの気配があるのだろうな。

>夏グリーンに変わった頃プロにお願いしようと思います。
去年、スイング改善がスコアに結びつかないのをプロに相談したりしましたが、ラウンドレッスンが手っ取り早いですね。

@上手いやつと回ると上手いのが伝染ることもあるぞ。


 河童のよっちゃんへ

>丸山プロ頑張れ〜!!
やっぱり、ビジェイが来ましたねぇ〜。同組で競り勝ってほしかったぁ!

@もうこのへんのレベルにくると?パット勝負であるな。丸山選手はよくやった。

ミドルアイアン以上ですが 投稿者:藍ふぁん 投稿日:2005/01/17(Mon) 23:51
ぱん九郎様

初めまして、藍ふぁんと申します。よろしくお願いします。

>3鉄を打つときは、逆パワーを十分に使ってフォローで右腕の内転も十分に行わないと、ボールの高さが出ません。ショートアイアンと同じテイストでは、キャリーで160ヤードかな。

実は、ロングアイアンは私も今のところRPMでは打ち切れていません。以前のゆるゆるスイングの方が距離が出る始末です。ただ5鉄がやっと最近感じがつかめてきたような気がします。
どうもシャフトが長くなると、ショートアイアンではうやむやで済んでいた部分が顕著に影響してくるような感じがしてます。
特に、バックスイングで十分捻ってコックを作ったとしても何も考えずに一挙にインパクトまで持っていくとミスショット連発です。おそらく下への圧力とコックを維持しようとするグリップが諸に喧嘩してしまってる状態かなと。
そこでハーフスイングにして、ダウンで右腰あたりにグリップを落とすまでは肩の戻しをなるべく我慢して、同時にコックの圧力(左手親指に感じる)をより感じるようにしたら5鉄が掴まり出しました。これをショートアイアンにフィードバックしたらさらにいい感じで振れたのはもちろんです。
もう少し球数を重ねて確かめていきたいと思ってます。
それと、腕の縦振りとスイングプレーンとの関係、ダウンの引き下ろしの部分を過去ログの議論から探して勉強してみたいと思ってます。シャフトが長くなればなるほどうやむやに出来なくなる所だと。
ばん九郎様のおっしゃる右腕の内転も方法としてあるのでしょうが、SMテイストは、やはり変えたくないというのが本音です。ショートアイアンからドライバーまでスイングは一緒だと信じたいです。

なら、一挙にドライバーでRPM練習やったらとも思うのですが、やたらと飛距離にこだわってフォームがバラバラになります^^

インサイドから打つには 投稿者:ぱん九郎 投稿日:2005/01/17(Mon) 17:57
質問です様

> どうしても、力を抜いてもクラブが、アウトサイドインの軌道になってしまいます。なんとか、自然にインサイドアウトの軌道になる方法を教えてください

 ダウンスィングの前半で、回転させた肩の角度が戻りすぎているのが、よくあるケースです。素振りで、トップからゆっくりと右膝のあたりまでクラブを下ろしてみてください。シャフトが地面と平行になる位置です。そしてその位置で下記のポイントをチェックしてみてください。右利きと仮定しています。
・グリップエンドは目標を向いていますか
・グリップ位置はアドレスの位置から飛球線後方に平行移動した位置ですか
・グリップエンドは右膝より右にありますか
・肩は45度以上残っていますか

 質問です様の実際のスイングでは、この位置で肩の角度がアドレスの状態近くまで戻っていて、グリップは右膝より内側に来ていると思います。
 胸が目標の後方を向いている位置から左右対称で連続素振りをすれば、インサイドインの動きがつかめます。100回くらい素振りして実際のボールを打ってみてください(可能であれば下半身先行で振って欲しいですが)。

 回転させた肩が早く開く原因として多いのが、テークバックをインサイドに強く捻るため、その反動で素早く肩が回転する場合が多いです。最初はあまり強く捻らずに、捻った左肩の位置をそのままにしてクラブを下に落下させるのが良いです。


河童のよっちゃん様

> ご指摘の、ミドルアイアン以上の…、ですが、ショートアイアンと同じテイストで打てないのは、精神的な部分が大きいのではないかと思います。
 河童のよっちゃん様は、パワーがあるからそう考えられるのだと思います。私もかなりパワーはありますが、3鉄を打つときは、逆パワーを十分に使ってフォローで右腕の内転も十分に行わないと、ボールの高さが出ません。ショートアイアンと同じテイストでは、キャリーで160ヤードかな。


> 早めにリリースして掴まえに行ってしまうと、逆に本当?の意味では掴まらないように感じます。
 同感です。どうもリリースの解釈が違っているようです。リリースはかってにされるもので、自分でするものとしては使っていません。左腕を中心とした自然な二の腕返しをリリースと使っています。左腰が十分に回って、自然に二の腕返しが起こり、左グリップ方向へクラブが強烈に走る。そのためには上半身がリラックスしていることも重要です。特にタメが弱い場合やシャフトが長くてヘッドが軽い場合は、上半身が力んでいてはリリースは旨く起こらないと思います。という訳で、グリップを強烈に握りしめる動作は危険もあると書いています。緊張と弛緩はここのメソッドの重要なポイントですよね。

無題だよ〜 投稿者:閲覧者 投稿日:2005/01/17(Mon) 12:25
質問です様へ

>下のサイトのプロは、ボール位置が、ミドルアイアンだと、体の真ん中にあります。

それだとプロ様に「だから何なの?」って言われちゃうと思います。左踵線上は基準ラインですから、あくまでも。過去ログをもっと読まれるとそのような質問にはならないと思いますよ。

あらら…。 投稿者:河童のよっちゃん 投稿日:2005/01/17(Mon) 10:11
まぁ、色々ですねぇ〜。「〜残念!!」



丸山プロ頑張れ〜!!
やっぱり、ビジェイが来ましたねぇ〜。同組で競り勝ってほしかったぁ!

無駄の無いレイトヒット!!頑張れ〜!

ありがとうです 投稿者:質問です 投稿日:2005/01/16(Sun) 14:42
ENU様ありがとうございます。ボールの位置を左足の踵に変えてから、左に引っ掛けだしたように感じるのですが・・・。下のサイトのプロは、ボール位置が、ミドルアイアンだと、体の真ん中にあります。左足の踵延長線上にないのですが・・・。ここのプロ様の揚げ足を取ってるわけではないのでお許しください。
それと、練習場のマットに打ち込むと手が痛くなってしまったので、そういえば最近、マットに触れないように左に抜いて打ってるかもです!!その傾向あります!!
ありがとうございました。
http://www.tanakapro.com/swing/index.html

雪でなくてよかったな〜 投稿者:河童のよっちゃん 投稿日:2005/01/16(Sun) 11:23
プロ様
いつもありがとうございます。
腿、胸、腹筋等、かな〜り張っている状態ですが、午後から打ってきます。
ありがとうございます。

質問です様
初めまして。
軌道をインイン、インストレートインにするのに、手を使って簡単に修正してしまうのは、遠回りだと思います。スイングのどこかに歪みが発生すると思います。
逆パワー・メソッドを習得される事が、早道だと思います。
捻転差、縦振り、コック維持が出来れば、自然と良い軌道になると思います。3つのうち1つできなくても、アウトインになりやすいと思います。
練習場でのド!ミスを恐れず、一緒に頑張りましょう。


ENU様
ボールの位置は、左踵ラインにボールの左側ですよね。アドレスの大切さは、再再…、痛感しております。
アドレスがズレていますと、スイング云々、いくら練習しても無駄になります。
十字に、足元にクラブを置いて練習するのも良い方法です。

マットの上から打てないのは、国内では不便そうですね。マットの前の端にボールを置いてもダメなんでしょうね。
芝や土の上から練習できる環境があれば、羨ましいなぁ〜。

ENU様のスイングがどんなものか理解のしようはありませんし、決め付ける気もまったくありません。

3つができないとアウトインになりやすい、手でインアウトに修正し相殺されストレートが打てるテイストになっても、意味の無い練習だと思います。これが皆様にお伝えしたかった内容です。

軌道は、手で操作せず、インストレートイン、またはインインです。


アウトサイドインの軌道 投稿者:ENU'?' 投稿日:2005/01/16(Sun) 06:41
軌道がアウトサイドインであると言われますが、それはたぶん球が左に飛び出す状況を指して言われているのだと思います。もしそうならば、たとえスイングは正しくても、ボールの位置が左過ぎる為にヘッドがアウトサイドからインサイドに抜けるところでヒットしているだけかもしれないですよ。結局のところスイングは近くの人に見てもらうしかないのでは、、と思います。

あるいは、練習場で見渡して「あっ、この人はアウトサイドインだな〜」と思える人を探し、その人が治すべきところを考えて見つけ出し、自分に当てはめて練習してみることも可能かもしれませんが、、実際それが自分の症状かどうか分かりませんからね〜、、

確かに、私のような素人目にも奇妙に感じるようなスイングの方は結構おられます。その中でバックスイングで右脇が伸び、腕と脇が空くような人はアウトサイドインの傾向が強いような気もします。

ところで、私の場合、球が左に飛び出して左に曲がる病気でした。どうも練習場のマットの上で練習し過ぎるとこれに罹るような思いを持っています。知らず知らず身体がマットを避けて逃げようとして、左に抜いてしまうのだと感じるからです。要は打ち込めなくなるのです。これは身体の自然な反応でしょうから、最近はマットの上で打たないようにしています。

何のお役にも立てませんが、どうぞよろしく。

あっ、それと目指す軌道はインサイドアウトではなくてインサイドインではないでしょうか?


では、いずれまた、、(^^)/~
***** FROM ENU '?' *****

教えてください 投稿者:質問です 投稿日:2005/01/16(Sun) 02:19
みなさま、どなたかご享受ください。
どうしても、力を抜いてもクラブが、
アウトサイドインの軌道になってしまいます。なんとか、自然にインサイドアウトの軌道になる方法を教えてください

自分流の選択 投稿者:B3号 投稿日:2005/01/15(Sat) 17:25
皆様 こんにちは!
ゴルフ歴一年ではや名人達人の境地というミラクルを始め、おのおの方それぞれに野心・自信に溢れる書き様にあらためてこのメソッドのポテンシャルを感じています。
また膨大な「過去ログ」を読ませていただきまだ半分程度ですが、ゴルフ勉強史上大変貴重な収穫をいただき併せて感謝御礼申し上げます。

その上で自己選択としては、年齢・体力・必要性・可能性などを総合して、目下のところ以下のテイストで今後もゴルフを楽しみたいと考えております。

>長年慣れ親しんで来たミンデイ・ブレイク打法を引き続き基本とする。
http://www.msnusers.com/singleaxisgolfforum/shoebox.msnw?action=ShowPhoto&PhotoID=37

>最近試用している8時付近からのバックスイング開始を大きいクラブに採用する。

>可能な限りRPMの要素をミンデイ方式に味付けすべく研究努力する。

つきましては、若しミンデイ流にもご造詣がある方がおられましたら、共通点や相違点などのご意見を是非お聞かせいただきたくお願い申し上げます。
プロ殿もお暇とご興味があれば是非ご意見下さい。

私としてはハイプレシャー打法という基本においてRPMとは非常に近い場所に位置している様にも思っていますが、とにかく年寄りでも18ホール付き合える最適打法を確保してもう一度花を咲かせたいと希望しています。

シニア過剰時代の到来ですが、グランドゴルフには抵抗ある人も多いでしょうし、時期を得たジャンルだとも思っています。

雨〜。 投稿者:河童のよっちゃん 投稿日:2005/01/15(Sat) 12:25
藍ふぁん様
良い感じで練習が進んでいらっしゃるようで…。自分も頑張ります。(^^)v


ぱん九郎様
正解・不正解よりも、このような議論で、お互いに(皆様も、)色々考え、理解が深まれば、いいなぁ!と、思っております。生意気言ってスミマセン。
きっと、プロ様・管理人様も喜んでくださいますよね!

宜しくお願いいたします。。

初心者向けのレイトヒット・上級者向けのレイトヒットは、現在の自分には解りません。
プロ様・管理人様が唱える、逆パワー・メソッドを、必死!こいて追い掛けております。
きっと、安定し効率良く、プロゴルファーと同じテイストでゴルフボールを打つ、必要最低限の基本となる最重要なスイング理論なんだと思っております。

ですので、これから取り組もう・取り組み始めたばかりの方にも、厳しいようですが、0か100か、なのだと思っております。

ご指摘の、ミドルアイアン以上の…、ですが、ショートアイアンと同じテイストで打てないのは、精神的な部分が大きいのではないかと思います。
飛ばしたい!上げたい!難しい!で、捻転差が無くなったり、横フリになったり、切り返しから当てに行ったり、早くほどいたり…。自分もまだまだ時々?こうなります。笑。

空振り・大スライス・シャンクを恐れず、胸の前で縦に降りて、コック維持!出来れば、必ず掴まります。
早めにリリースして掴まえに行ってしまうと、逆に本当?の意味では掴まらないように感じます。アウトインの軌道になり、手・その他?の操作でインアウトに無理に修正しないと、ストレートな出球にならないと思います。
9鉄も3鉄も、身体の動かし方は、全く同じと考えております。
9鉄はリリースせず、6鉄はやや?リリース、3鉄はリリース。これは超難しい!と、思います。軌道も変わってしまい、修正の度合いも変えていかないと…。

まだまだ、逆パワー1年生の自分の考えですが、ぱん九郎様・皆様、いかがでしょうか?

わたしはリリースしない! 投稿者:藍ふぁん 投稿日:2005/01/14(Fri) 23:58
皆さん、議論白熱してますね。そこで^^私の感じていることを少し。
グリップについては、初投稿の時に触れましたが一番最初に悩むところでしょう。
ゆるゆるグリップでキャスティングプロ級だった私が、その技術^^を一切捨ててRPMメソッドに惚れたのは「リリースしない」という一見常識はずれの方法が、見事に、猛烈にヘッドスピードを加速してくれる一因だと確信したからです。左腕とシャフトに見立てた金尺L字の一方を持ってそれを軸に軽く回すともう一方の先端は何倍ものスピードで回転するはずです。このL字の角度が180度に近くなるにつれてこの効果は激減します。
この軸(左腕)を力強く回してくれるのがRPMによるボディーターンでしょう。
もちろんゴルフスイングに当てはめると軸(左腕)の移動する動作が加わって来ますからチョイ複雑ですが、リリースしない=ヘッドスピードを上げる、でしょう。
この「リリースしない」為には、グリップ圧はどうあるべきでしょうか。
プロ様、河童のよっちゃん様の投稿の中に既に答えは出ていますよね。
私はまだまだその域からは遠いので最初っから80%テイストですが、これから徐々にその力みを取りダウン以降に集中させるつもりです。
最低このタイミングでないと間に合わないと思います。瞬間の世界でインパクト直前に強く握るなんて到底無理だし、ちなみにリリースしちゃってますよね。この時既に。
ゴルフに動作が似ているとしてテニスが上げられますが、個人的には片手バックハンドで打ち返す動作がぴったりだと思ってます。リリースなんてしませんよね。ゴルフに合わせるならこれをそっくり左利きに置き換えるわけですが。そのうち左利き壁打ちでもやってみようかなと。何か掴むかも。

以前に見た、尾崎直道プロのアイアンショットのインパクト瞬間の写真を思い出します。飛球線後方からの写真ですが見事なボディーターンとともにL字を保ったリリースしないインパクト。なんとかっこいい。少し撓み気味のシャフトとそれに抗う力強く伸びた左腕と握りつぶしたようなグリップ。これですよ、これ。
上級RPMでしょうが、これを目指します。

追伸、先日練習場で私のスイングを立ち止まって見ている方が2人いらっしゃいました。Y^^

しばらく書けないかもしれないのでいまのうち 投稿者:ぱん九郎 投稿日:2005/01/14(Fri) 19:55
河童のよっちゃん様

いつもながら凄いゴルフへの取り組みですね。コメントありがとうございます。

> グリップの圧力に関しまして、考え方が、ちと違うような。

 反論も歓迎です。でも最初に断っておきますが、私は「新人さんもいるようなので、私の苦しんだ点について書いてみます。変なところがあればガンガン指摘してくださいね」と書いているように、新人さんを相手に書いています。河童のよっちゃん様の目指しているような上級者RPMではなく、入門用RPMといったものです。ここのメソッドが難しいことは言うまでもありません。おそらく挫折されている方が大多数だと思います。お節介といえばお節介なんですが、何か書いてみたくなりました。

> 鋭い鋭くないに拘らなければ、リリースはみんなできると思うのですが・・・、ギリギリまでリリースさせない方向で考えたほうがよくないでしょうか?汗。

 腕を使わないボディターンを始めたばかりの普通の人が、ミドルアイアン以上で自動のリリースをできるものなのでしょうか? 普通であればフェースが開いたままで右にすっぽ抜けて捕まらないと思います。で、右手のスナップを少し使ったり、返りやすいクラブに変えたり、最初からフックフェースで構えたり、右足の前で打つイメージでスイングしたりで妥協しているのではないでしょうか。

> いずれにしましても、ぶらんぶらんでは、すぐにほどけてしまいませんでしょうか?
 私もぶらんぶらんではRPMは無理だと思います。強く握りしめないと書いています。腕を落とすダウンスイングでシャフトが立っていれば、コックはなかなかほどけません。強烈にレイトヒットできるようになったら強烈に握るで良いのではないでしょうか。この方法が開眼への遠回りである危険性ももちろんあります。そうであれば、管理人様やプロ様のコメントがあると思います。


タメ造様

 はじめまして。ぱん九郎といいます。
 開眼者から、初心者な為なんて書かれたら、私の立場なんてまったくありません。こちらこそお手柔らかにお願いします。実は、他のスポーツでは有名人なんじゃないかなと推測しております。
 私もスイングは、テークバックの始めと切り返しを重視しています。動きが極端に変化する箇所はたいていの運動でポイントになります。特に大きな筋肉は反応がとろいので、早めに用意しておかないと、旨く使えません。このあたりは、テニスで覚えたことですが、ゴルフでも同様だと考えています。というわけで、テークバックの開始から腕の意識を消し、腰と背中の筋肉に命令を出し、早めに左足を踏み込んでと先行するのがコツだと考えています。
 右手の件も同様で、左小指を支点としてぐーんと動くクラブを、右中指と薬指で引っ張っているような状態です。中指の第2間接の下が堅くなっています。
 いろいろ書きたいことも多いのですが、ここまでにして子どもの相手をしてきます。
 これからもよろしくお願いいたします。

日本酒は十四代が好き〜。 投稿者:河童のよっちゃん 投稿日:2005/01/14(Fri) 16:07
たまに行く汚いけど安くて旨い中華料理屋に置いてるんですよ。ある時とない時がありますが…。

プロ様
いつもありがとうございます。
今日から早起きして、素振り用クラブでの焼付けと、ストレッチ、片足スクワット、腹筋3種類、腕立て3種類はじめました。
頑張りま〜す。

来週あたり、暖かそうな日にラウンドしたいと思っております。
良いご報告ができますよう頑張ります。
ありがとうございます。

タメ造様
はじめまして。
宜しくお願いします。

皆様
盛り上がっておりますね。
グリップの圧力に関しまして、考え方が、ちと違うような。

>>究極は左手をしっかり握ってもリストも肘も柔らかく使えることだと思いますが、ちょー難しい。

この部分も過去にプロ様が丁寧に教えてくださってましたような・・・。

以前も書きましたが、アドレスから5〜60%位、切り替えしで80位、ダウンに入ったらギュウーッ!と90・100・120と潰れる様に左は握っているつもりです...。(で、左腕がパンクした?笑。)

>>初心者で、グリップを握りしめて腕も硬直して、リリースの動作が起きない人も多いのではないでしょうか。

鋭い鋭くないに拘らなければ、リリースはみんなできると思うのですが・・・、ギリギリまでリリースさせない方向で考えたほうがよくないでしょうか?汗。

タメ過ぎの方は自然とリリースするイメージで良いと思うのですが。(我々レベルではマズいない!?)
SMドリルは縦振り捻転差、起きてしまうリリースを、遅らせるのを覚えるドリルのように感じております。汗。。

右コック維持と教えていただきましたが、握っているのはやっぱし左だと思います・・・。
いずれにしましても、ぶらんぶらんでは、すぐにほどけてしまいませんでしょうか?

やっぱし、ぱん九郎様が「究極」と表現されたイメージのみ追求するのが正しいと考えております。

生意気に聞こえましたらゴメンナサイ。


セリちゃん
オシリ大丈夫?
ヒビ入ってない?
無理しないでね!お大事に。。

犬はショックから立ち直れたんだろうか・・・?

長文です 投稿者:タメ造 投稿日:2005/01/14(Fri) 13:30
ばん九郎様へ

はじめまして、ばん九郎様、タメ造と言います。初心者な為どうぞお手柔らかにお願いします(笑)早速ですが、ばん九郎様の1〜6について私見を述べさせていただきたいと思います。

1・ほぼ同感です。グリップはその人のスイングイメージが顕著に現れる部分だと思っています。もし、ゴルフ超初心者の方がクラブを握れば、おそらく右グリップを時計回転させた状態で握ると思います。何故なら、ボールを横から払うようなイメージが頭にあるからで、そのように打つにはその握り方がもっとも力の入りやすい握り方に思えるからです。しかし、竹刀を握らせれば誰もそのような握り方はしないでしょう。それは、誰もが縦に振ろうとイメージ出来ているからではないでしょうか。個人的にはカツオの一本釣りのイメージが一番ピッタリきています。今は両グリップが均等ニュアンスになるよう調整中です。グリップする力については、小指を絞り込む瞬間までやや柔らか目に握っています。しかし、意識はあまりグリップに置いていない為、クラブがグラつかない程度、といった曖昧さです。小指を絞り込んでからは左グリップを思い切り握り締めています。右グリップはクラブが勢いで飛んでいかないように左手の補助をしています。

2・まったく同感です。

3・私はスイングの中でテイクバック〜バックスイングの前半をとても重要視しています。何故ならその部分は縦のプレーンに肩を乗せていく初期動作になっており、その他にもエラーを起こしやすいポイントが密集した部分だと感じているからです。切り返しでは、左足を踏み込みはするのですが、右足から左足へ、というイメージを積極的には持っていません。私のスイングイメージは背中側から前へヘッドが降ってくるイメージな為、あえて言うなら両足で地面をつかみ踏ん張るイメージです。ただ、トップで右足加重だった為、左足に力が移る、といった感覚になる事は確かです。後は腰の回転に伴って左足加重が強くなっていきます。

4・手を縦に振るか、自然落下か、については、下半身と上半身が連鎖していれば自ずと自然落下ニュアンスになると感じています。イメージとしては、左膝にロープの片方を結び、もう片方を身体の前面を袈裟懸けにするようにしながら、右肩にかけます。背中側のロープを地面に向かって引くと、左足が地面から浮きます。ダウン〜インパクトというセクションは、浮いた左足を地面に着地させるような動きだと考えていますので、背中側にあるロープは当然左足の降下と共に引っ張られていきます。その状態は、肩を支点としたちょうどシーソーのような構図になりますが、実際のシーソーと違うのは、地面がすぐ下にない事です。地面がなければシーソーがどのようになるか。そういった事から、私は自然落下がニュアンス的にはしっくり来るのではないかと思うのです。手を振るというニュアンスは、私の場合、左腕が飛球方向へ向かわないよう、左脇を締めるような動きをするのですが、その動きが、縦に降ろす、といったニュアンスになるのだと感じています。また、以上のように考えると、ヘッドの重さであったり、手を下ろさない、コックをほどかない、グリップエンドを自分に向けない、といった言葉のつじつまが合うと思うのです。下半身の戻しに上半身が抵抗すればするほど左半身は伸びます。ロープが伸びている状態ですね、それがいわゆるタメではないかと思うのです。ちなみに、我慢するイメージは、上から落ちてくる荷物を下から押し返し、支えるイメージです。ですから、極端な表現をすれば、切り返し〜ダウンの前半は上下で我慢し、ダウン後半〜インパクトは左腕が飛球方向へ出ないよう、左右で我慢します。

5・私は腰の回転をコマのようには考えていません。基本は前後させるものと考えています。それが真っ直ぐ前後ではなく、角度を持った前後である為、それを連続させると回転になる、と解釈しています。一緒?(笑)。つまり、腰の回転がストップするというのは、ニュアンス的に、回りきる、ではなく、下がりきる、ではないかと思うのです。ですから、回しきろうとイメージするとフォローで身体が起きがちになりますが、下がりきらそうとすると、逆に前傾が深くなるイメージになってきます。また、私の場合はインパクト直前まではタメている為、下半身は粘っこく動きますが、左腰を引きながら右腰を前に出す部分は鋭くなっているような気がします。

6・ひたすら手が飛球方向に出ないよう努力しています。身体の回転と抜けにつられて手も振りたくはなるのですが、左小指の締めをきっかけに左手をわずかに飛球方向とは逆へ押しやるというか、留めるイメージでしょうか。

個人的なイメージを長々と書きましたが、間違いがあればご指摘のほどよろしくお願い致します。なにぶん、一人でやってきましたもので、正しいのか間違っているのかわからないのが現状です。自分なりに「これだ」という実感はあるのですが・・・。

逆パ信様へ

ロボットと違い人間の場合は、形だけではどうにも上手くいかないように感じています。動きに無駄や角、緩みが出るような感じでしょうか。目玉を書いて絵にも魂が入る、そんな風に感じています。どちらを優先させるかではなく、各人のタイミングだとは思うのですが、壁にぶつかった時は一歩はなれてイメージを考えてみるのも良いのかもしれませんね。ちなみにダーダーはイメージだと思われ、好きです(笑)うまく取り込む事が出来れば、動きが繋がってくるかもしれないですよね。重い荷物を投げる、というニュアンスは私も最初持ちました。しかし、荷物をブランコのように移動させてしまうと、フォローで上半身がアッパー軌道になる為、今度は高い所から低い所へ、という風にイメージを変更しました。しかし、これだとタメをコントロール出来なくなってしまう為、更にイメージを変更させました。結果、今のような身体の前後(上下)で引っ張り合うイメージに落ち着いた、というわけです。無数にあるイメージから正解を見つけるのはとても大変ですが、それもまたゴルフの楽しみではないでしょうか。私も常に問い続ける姿勢を持っていたいと思います。

大変長い書き込みになってしまいましたが、ひとまずこれにて失礼しようと思います。皆様、どうもお邪魔しました。

縦振如水ですね 投稿者:ぱん九郎 投稿日:2005/01/14(Fri) 12:24
逆パ信様

> グリップの所は特に大賛成です、経験がにじみ出てますねえ、、インパクト直前に握り締めるのが正解と思いますが、そう心がけると殆どの人は切り返し後早々にギュッっとやって、マイナス効果。

 私の勝手な解釈でここのメソッドに合わないかなと思ったところなので、逆パ信様に賛成していただいて安心しました。究極は左手をしっかり握ってもリストも肘も柔らかく使えることだと思いますが、ちょー難しい。初心者で、グリップを握りしめて腕も硬直して、リリースの動作が起きない人も多いのではないでしょうか。まずはタメが弱くても自動のリリースを経験してほしいな。それだけでも感動ものですよね。勝手に左にクラブが抜けていく驚き(笑)。
 自動でリリースできるようになっても悩みどころです。インパクトゾーンで左腕は外旋して右腕は内旋しますが、ここで両肘とリストが柔らかく使えないと、クラブが行きたい方向を阻害するので方向性が悪くなると思います。あぁ、なんか偉そうなことを書いてしまった。消そうかと思ったけどまな板の上の鯉になります。

縦振如水 投稿者:逆パ信 投稿日:2005/01/14(Fri) 04:35
  プロ様、
>@なるほど、ようやく「ダ〜!」の意味がわかってきた(笑)なかなか良い教えかただよ。脚が自然に使えるしな。

*訳わかんね〜で、実はしばらく2人で真剣にダーッ、ダーッやってました(笑)。
プロ様の脚の話でヒントになりました、レッスンプロは、“ダーッ”の時、脚をおおげさに大きく使って全身が沈みこんでいく(膝を深く曲げる)感じで、チョー重い物を下半身のみで放りなげろ、の雰囲気。
またアントニオ猪木やって、脚の件も聞いてみます(笑)。

>まだならラウンドをどんどん一緒にしてもらいなさい。

*冬グリーン(グリーン手前のフェアウェイを刈って穴あけただけ)が夏グリーンに変わった頃プロにお願いしようと思います。
去年、スイング改善がスコアに結びつかないのをプロに相談したりしましたが、ラウンドレッスンが手っ取り早いですね。

  ぱん九郎様、
>同じ酒造の上善如水は良くお店にも置いてありますが、これは近所のお店には置いてないです。
*湊屋藤助ばかりだと経済破綻するので、実はしばらくして入手しやすいし、上善如水に切り替えました(笑)。
白瀧酒造はどれも美味いけど、金に余裕があればやっぱり湊屋藤助(上品な芳醇さ!)。

>....最初はインパクト前にグリップをゆるめにしておかないと、リリースが難しいと思います.....
スイング総論、興味深く拝見しました。
グリップの所は特に大賛成です、経験がにじみ出てますねえ、、インパクト直前に握り締めるのが正解と思いますが、そう心がけると殆どの人は切り返し後早々にギュッっとやって、マイナス効果。
自分の場合、縦振りとレートヒット専念したら自然と極端に言えばグリップを指でゆるくつまむ感じに変わってきて、結構良い感じです(以前だったらこんなグリップでは絶対打てなかったと思う)。

 藍ふぁん様、
>それにしても、今更ながら基本の重要性を再認識しているところです。

*ここだけのナイショですが(笑)、軸(ポスチャー)とプレーンが改善されると、まちがいなく飛距離伸びます(予想せず)。
直すのは長期間の相当の違和感、成果がすぐ出ない、そして見えない出口感に耐えなければならず、今もって奮闘中ですが、大きな部分は終わりつつある手ごたえはあります。
「こうしているつもり」の内部感覚と「実際こうなっている」のギャップが、少しずつでも埋まってくるのは進歩を感じて嬉しいです。

 タメ造様、
>肩をきっかけに、すべてを縦回転させてみました。水泳の背泳ぎのようなイメージです。

*以前のマングースー様もそうだったですが、縦振り含めてマスターした人は、借り物でない自分なりのイメージを持っておられますね。
背泳ぎは上半身と下半身の連鎖で全身縦の動きですね、このイメージを応用したとは、独創性に脱帽です。




Copyright © 1997-2013 ゴルフ新理論「逆パワー・メソッド」---ビッグマッスルを叩き起こせ, Tokyo Japan, All Rights Reserved.