ゴルフ新理論 逆パワーメソッド スウィング理論
逆パワーメソッド熟成版 逆パワーメソッド増補版 ゴルフなんでも掲示板 ゴルフなんでも掲示板過去ログ TIPSコーナー
インフォメーション バックナンバー 相互リンク
  【ゴルフなんでも掲示板 過去ログ(190)】



貴重なご意見、ありがとうございます。抜粋です。
(1がもっとも古い)
1〜4は以前開設していた「ご意見コーナー」にお寄せいただいたものです。

■目次
最新 | 194 | 193 | 192 | 191 | 190 | 189 | 188 | 187 | 186 | 185 | 184 | 183 | 182 | 181 | 180 | 179 | 178 | 177 | 176 | 175 | 174 | 173 | 172 | 171 | 170 | 169 | 168 | 167 | 166 | 165 | 164 | 163 | 162 | 161 | 160 | 159 | 158 | 157 | 156 | 155 | 154 | 153 | 152 | 151 | 150 | 149 | 148 | 147 | 146 | 145 | 144 | 143 | 142 | 141 | 140 | 139 | 138 | 137 | 136 | 135 | 134 | 133 | 132 | 131 | 130 | 129 | 128 | 127 | 126 | 125 | 124 | 123 | 122 | 121 | 120 | 119 | 118 | 117 | 116 | 115 | 114 | 113 | 112 | 111 | 110 | 109 | 108 | 107 | 106 | 105 | 104 | 103 | 102 | 101 | 100 | 99 | 98 | 97 | 96 | 95 | 94 | 93 | 92 | 91 | 90 | 89 | 88 | 87 | 86 | 85 | 84 | 83 | 82 | 81 | 80 | 79 | 78 | 77 | 76 | 75 | 74 | 73 | 72 | 71 | 70 | 69 | 68 | 67 | 66 | 65 | 64 | 63 | 62 | 61 | 60 | 59 | 58 | 57 | 56 | 55 | 54 | 53 | 52 | 51 | 50 | 49 | 48 | 47 | 46 | 45 | 44 | 43 | 42 | 41 | 40 | 39 | 38 | 37 | 36 | 35 | 34 | 33 | 32 | 31 | 30 | 29 | 28 | 27 | 26 | 25 | 24 | 23 | 22 | 21 | 20 | 19 | 18 | 17 | 16 | 15 | 14 | 13 | 12 | 11 | 10 | 9 | 8 | 7 | 6 | 5 | 4 | 3 | 2 | 1 |






過去ログ検索
カスタム検索


訂正 投稿者:いとう 投稿日:2013/05/12(Sun) 09:35
>右膝内側で溜めた力を左膝内側に移す程度で十分なのかなと考えています。

右膝内側で溜めた力を、左膝内側に徐々に移していく。下半身の静かな動き。

この部分がバンプであって、その後腰の回転が始まるということではないでしょうか?
この間も、その先も捻じれを解かない。
マトリックス様のおっしゃるところの大腰筋が使えているのかどうかまでは分かりませんが、左脇腹のねじれとヘッドに引っ張られる左肩の張りを感じながら、インパクト〜フィニッシュを迎える。

イメージとしてはこんな感じですが、いかがでしょうか?


フルショットのときは捻じれを感じられますが、アプローチで同じことをしようと思うと難しく感じられます。
あとは、TBの始動の仕方とタイミングですね。

ワッグルの本当の意味が分かりました。
今までいかに無駄なことをしていたのかと痛感しております。

連続素振りを少しずつ小さくしていきながら、TBでの始動のタイミングを計りたいと思います。


練習様 投稿者:いとう 投稿日:2013/05/12(Sun) 00:19
確かに芯ですね。軸という感じではないような気がします。
ただ、なんとなく「芯」という言葉でしか表現できそうもありません。

がに股になるには、右膝の粘りも必要ですよね。
左への体重移動や振る意識が強くなってくると、左膝も右膝も流れてしまいます。
右膝内側で溜めた力を左膝内側に移す程度で十分なのかなと考えています。


今日は普通の素振りの他に、シャフトの真ん中よりヘッド側を持っての素振りもしていました。(ゆっくり)
左脇腹に当たる回数も少しずつ減ってきましたが、ブンブン振れるようになるまでには、まだまだ時間がかかりそうです。


いとう様 投稿者:練習 投稿日:2013/05/11(Sat) 21:31
そうなんですね。限界という言葉の表現はすごく合っています自然に下半身から動くけどムチのように振られる感じがしませんか、特に柔らかいクラブだと顕著に表れると思います。

以前申しました芯を感じていると思います。これが言葉で表現出来ません。軸とはまた違うと思います。壁に近いような感じもしますが、これがオートマチックではないでしょうか。tbで違和感がある場合は胸だけ右向け右で試してみて下さい。

アプローチをする上でも胸との相関関係は非常に大切でガニ股も有効だと思います。ボールの音が乾いた音になる筈です。

極端にガニ股にする必要はないと思いますが左膝の使い方はおつしゃる通りです。


無題です 投稿者:いとう 投稿日:2013/05/11(Sat) 12:25
連発すみません。

連続素振りをしてみると、TBからトップに向かってヘッドに上体が引っ張られるのが分かります。

「脱力」の意味を少しはき違えていたのかもしれません。
脱力といっても「ブラブラ」ではなく、体のいたるところに張りを感じながら左肩がヘッドに引っ張られていくと、限界に達した時点で左への踏込をしなければならない、というか自然にしてしまうような感じです。
あとは、上体でブレーキをかけながら左への引っ張りを感じていると、ボール位置でグリップが返り(胸で急ブレーキ?)フィニッシュまで至ります。

ボールへの意識、インパクトの意識がない方が体の動きが分かります。


RE:RE:経験から 投稿者:いとう 投稿日:2013/05/11(Sat) 08:43
練習様

もう一度、基本に帰って素振りをしてみましたが、

>へッドを水平に遠くへ置くイメージ

マトリックス様がおっしゃられる『ヘッドにピンを刺す』イメージと同じと解釈してもよろしいのでしょうか?

素振りだと、この感覚や腕が体に巻きつく感じも分かります。

左への踏込も、振ろう振ろうという意識から、左膝の内側よりももっと左まで動いていたようで、スウェーの原因の一つでした。
左膝内側で踏ん張ると、ギリギリまで粘ることができます。

某プロ様が『飛距離はヘッドスピードだけじゃなくボールへの圧力・・・』とおっしゃっていましたが、これが、ギリギリまで捻じれを解かないことで生まれるものだと感じます。
全身で押し込めたときは、打球音も打感も全然違ったことを思い出します。

反復練習が大事ですね。

気付かせていただきましてありがとうございます。


RE:経験から 投稿者:いとう 投稿日:2013/05/10(Fri) 23:51
練習様

ありがとうございます。


良い時のイメージと感覚がまだ残っているので、おっしゃられることは頭では理解できているつもりです。たぶん・・・

良いイメージが残っているだけに、少しでもイメージからずれてくると手や腕で操作してしまうのかなと思います。

グリップやアドレスといった基本のところも、問題ありだったようです。
振れない、飛ばないからだんだん前傾が深くなり、トップでもオーバースイング。こうなると、手や腕を使わないと戻らないと思って力む。

基本がしっかりしていないとダメですね。



経験から 投稿者:練習 投稿日:2013/05/10(Fri) 23:11
いとう様
TBで8割方右に重心が乗り直後左への踏み込みから切り返しが始まりますが、この時胸を右に向けたままクラブへッドを水平に遠くへ置くイメージです。アウトへヘッドが下りる感覚でしょうが胸とほぼ直角になります。置きにゆくのとリリースは別で反動も何もつけませんもちろん腕で振りませんが振られます。この時左手首の角度と右は確保します。←への踏み込みと右へ重力の差が捻れつまりデンデン太鼓やハンマー投げのイメージでしょうか。腕は振らなくても捻れの反動だけで打てる筈です。ハーフーウェイまで落とす感覚です。この感覚とフェースが胸と直角が基本だと思います。

これはあくまで練習で感覚を身につけなければならない事でその後の腰の動きと関係します。言葉ではなかなか説明できませんがハンマー投げで右に重心をかけた時の動きと似ているような気がします。

そのスローな動きをスイング作りに生かされたら次の段階で見えてくるものがあると思います。それでは



RE:スイカ割り 投稿者:いとう 投稿日:2013/05/10(Fri) 21:34
練習様

>スイカ割りでは棒が常に胸と直角
=フェースと胸が直角ですよね?

過去掲示板で某プロ様もおっしゃっていました。

>股関節は開くが角度は変えない内側の張り
下半身始動を意識しすぎると、左足もめくれあがりスウェーも併発・・・

>一瞬ガニ股(笑)格好は無視
もちろんです(笑)
この際恰好なんて気にしていられません!!


>上半身の脱力ばかりに気を取られているとつい下半身の逆パワーを忘れてしまい

まさしくその通りです(汗)

あれこれ考えすぎる性格と長年の悪癖は、なかなか治らないものですね(笑)


TBの始動30cmでOUTに上げて、TOPでシャフトクロスが発覚!
右膝の粘りもなくなっていました。
脱力を意識していても、無意識に腕を使っていました。
迷宮の入り口に入ってしまったところなのかも。。。

もう一度基本(素振り)から良い感じを掴みたいと思います。



スイカ割り 投稿者:練習 投稿日:2013/05/10(Fri) 12:13
いとう様

スイカ割りでは棒が常に胸と直角、切り返しで腰が先行しても胸は開かず棒と直角、肩は上下動させず捻ったまま遅れてくる。左グリップは回転と同調するため決して先行せず遅れるイメージ。

切り返しで左膝の角度と内側での粘りが大切で逆パワーで一瞬ガニ股(笑)格好は無視、このプロセスが大切で、股関節は開くが角度は変えない内側の張り。

上半身の脱力ばかりに気を取られているとつい下半身の逆パワーを忘れてしまい。次第に迷宮入になります。




超易しいが超難しい 投稿者:いとう 投稿日:2013/05/09(Thu) 08:07
練習様

そろそろ私も卒業かと思いましたが未だできそうもありません(笑)


>身体の感覚・・・
過去の掲示板をはじめから読ませていただいていますが、皆さん、パーツの動きはもちろんのことそれぞれに自分の感覚を語られていて、芯も軸も、TBの始動も、いろんな感覚があるんだなぁと勉強しています。

>超易しく一瞬の出来事ですが、芯があります。その芯を掴むか掴まないかで迷う事になります。
最近、やっと掴んだものを手離しそうで、迷宮の入り口が目の前にあるような気がします・・・
なので、先日、スマホで自分のスイングを撮ってみましたが、明らかなスウェーと捻転不足(汗)
良い打球、良い感覚が感じられなくなってきて、無意識に体を左右に振っていたのです。自分ではそんな意識はなかったんですけど・・・

ここまで感覚と現実がかけ離れているのかと痛感させられました。
以前ご指摘いただきました元野球人様に、気付かせていただきましたことにあらためて感謝の気持ちをお伝えしたいと思います。

未だスイカ割りが分からなかったのですが、過去の掲示板でヒントを見つけたような気がします。
今日はそこに重点を置いて練習してみます。


卒業(2) 投稿者:練習 投稿日:2013/05/08(Wed) 22:28
いとう様

受難の道のりは身体の感覚だけだと思います。TBして自然に逆パワーが出来るプロセスは言葉では表現出来ません。とても短い時間の間に下半身から上半身まで自分でしか体感出来ません。

超易しく一瞬の出来事ですが、芯があります。その芯を掴むか掴まないかで迷う事になります。掴める人はすぐに掴めるでしょうが、思考錯誤しないなら掴めないままで終わるでしょう最後は芯なんです笑。

軸でもいいでしょうが、意識してつくるものではありません。打つ瞬間に自然に自分で作っているものなんですね。

私も自分のスイングを頭の中に描写する事はできませんが、身体の反応でいいボールは分かります。


RE:相互理解 投稿者:いとう 投稿日:2013/05/06(Mon) 10:05
練習様

遅くなりまして申し訳ありません。
また、厳しいことをおっしゃっていただきありがとうございます。
これからが、本当のスイング作り・スコア作りになるのだと思うと、本当の受難の道のりですね(汗)



体現できるまでは本当に自分にできるようなことなのか、一生分からないままになるのではないかと思っていましたが、まさに『鉄棒の逆上がり』ですね。一度できてしまうと易しく思います。
ただ、3日もクラブを握らないと、また1から・・・という状態で、まだまだ完ぺきではありませんが(汗)

この感覚を文章で表現して分かってもらうのは、大変なことだと思います。
動きや形の他に、個人の感覚でしか表現できないことなのかなと思います。
マトリックス様のご苦労に敬意を表したいと思います。


アドレスから始動するまでで90%は決まると思いますし、そこが決まれば、あとは捻じれを解かないだけで何もする必要がないくらい自然にボールが飛んで行ってくれます。

まずは、再現性のあるスイングを目指したいと思います。


卒業(1) 投稿者:練習 投稿日:2013/05/04(Sat) 22:14
ふと気づくと腰が開いて重心が左足に100%のっていた、肩はと言うと・・・・わからない右の動作が漠然としているだけである。しかしボールは勢いよく飛んでいる。強いボールを意識すると腰の回転が早くなるだけである。

手打ちを忘れてしまった、手だけで振ろうとしても出来ない不思議な感覚である。
無意識に下半身から動きヘッドが遅れてくる。

言葉で無理に表現しても誤解を招くから出来ない。しかし伝えたい、この快感!

完全に左足がめくれない重心移動と水平感覚そこに到達できるのはある感覚です。





さくらちゃんの動画 投稿者:ダボ 投稿日:2013/05/04(Sat) 07:08
マトリックスさま
いつもお世話になっております。
お陰さまで最近やっと体でメソッドを理解できるようになりました。m(_ _)m

動画再生 YouTube 動画

相互理解 投稿者:練習 投稿日:2013/05/02(Thu) 22:52
いとう様
厳しいことを言わせてもらいますが、おめでとうございます。これからが受難の道のりでしょう。(笑)

不思議を追求して行けばすぐそこにあります。アマでもアンダーの世界が目標になると思います。

それには技術だけでなくこれまで苦労された思いが一気に花開くことだとでしょう。
開眼は確かに他人には伝え難いものがあります。教えたくない気持ちになります。

アマがプロの世界に入り込もうとしても跳ね返されるでしょうがそれはプロが苦労したからなんです。

文章から察すると『体も傾かないで捻れも解かないで』ということを体現されていると思います。体現されていなくても今の感覚からされるでしょう。

たぶん体がボロボロにならないと体現できませんが(笑)重みでひかれたのをくつっけて回転するだけなんですね『鉄棒の逆上がり』と同じなんです。

アスレチックという言葉もありますが、pなんです。沈んだら力は逃げます右なんですね↑から↓へその途中に─があります。

私も、いとう様と心中で卒業させて頂こうと思いますが未だ半分も表現していません。


RE:嬉しく思います 投稿者:いとう 投稿日:2013/05/02(Thu) 08:41
練習様

このタイトルを見て私もうれしく思いました。

文才のない私の「無感覚」の書き込みですので、情けないなどと思わないでください。
自分で読み返しても、何を言いたいのか意味不明なところがありました(笑)

元野球人様のところでも書かせていただきましたが、4/23のスイングは不思議な感覚ですが、その後の練習で少し違和感もあり再現性もありませんでした。

いろんなことを考えすぎていたので、ポイントを2つに絞ったところおっしゃる通りの『超易しい』になったのですが、自分で説明ができない「無意識・無感覚」だったので再現することができませんでした。今までの意識を少し変えたことで、たまたまタイミングが合ってしまったのだと思います。
腰で打つという感じも得られませんし、体幹で打っている感じもない「無感覚」。
ただ、5か月間の苦労があってこその「無感覚」なのだと思うようにしています。

今は、新しい取り組みに挑戦しています。
今回は「リリースは胸でするもので、下半身との協調」。
このお言葉は良いヒントになりそうです。
意識するポイントを今までとまったく違う場所にして、スプリットハンドと合わせて2回ほど練習場で打ってみましたが、打感も打球の強さも変わりました。
多少腕を使ってしまうので完ぺきとまではいきませんが・・・

今回はちゃんと説明できそうなくらい、体の動きが分かります。
腕の動きは分かりません。たぶん振られているのでしょう(笑)

もう少し検証してみてから、詳細は後程書かせていただきます。


元野球人様 投稿者:いとう 投稿日:2013/05/02(Thu) 07:56
元野球人様

初めまして。いとうと申します。
ご指摘いただいてからの書き込みが遅くなりまして申し訳ありません。

私の「無意識・無感覚」へのご指摘、その通りだと思います。
今日無意識で良い球が打てたとしても、それを持続できる再現性がなければ本当に身になっているかわからない。ベストスコアが出た後の数回のラウンドで再現できなくなったことを思い出します。


以前はシングルさんに指導してもらって80台が出るようになりましたが、事情により今は一人での練習を続けています。
私の場合、客観的にチェックしてもらえる環境がありませんので、やはり、自分の感覚・打感・打球の重さと方向・打球の高低、ミスショットの出方、ここからスイングの良否を判断するしかないと考えて練習しています。
もちろんマトリックス様のメソッドとこの掲示板が今の私の先生ですね。

様々なレッスン書でもレッスンプロに通うことを推奨されていますので、上達への近道はそうなんだろうなと思います。
今の私はかなり遠回りしながら進んでいると思うのですが、地道に頑張りたいと思います。

今後も感覚や感じといった分かりにくい表現で書き込みすると思いますが、ご指摘していただければと思います。


練習方法 投稿者:pen 投稿日:2013/05/01(Wed) 13:07
少し変わった感じですが、夜、頭上に照明があり斜め前方に影が映る場所でシャドースイングを行うと、シルエットが頭上アングルのカメラから撮影されたような感じで、頭の動きとか腰の動きがよりわかりやすいです。





Copyright © 1997-2013 ゴルフ新理論「逆パワー・メソッド」---ビッグマッスルを叩き起こせ, Tokyo Japan, All Rights Reserved.