ゴルフ新理論 逆パワーメソッド スウィング理論
逆パワーメソッド熟成版 逆パワーメソッド増補版 ゴルフなんでも掲示板 ゴルフなんでも掲示板過去ログ TIPSコーナー
インフォメーション バックナンバー 相互リンク
  【ゴルフなんでも掲示板 過去ログ(189)】



貴重なご意見、ありがとうございます。抜粋です。
(1がもっとも古い)
1〜4は以前開設していた「ご意見コーナー」にお寄せいただいたものです。

■目次
最新 | 194 | 193 | 192 | 191 | 190 | 189 | 188 | 187 | 186 | 185 | 184 | 183 | 182 | 181 | 180 | 179 | 178 | 177 | 176 | 175 | 174 | 173 | 172 | 171 | 170 | 169 | 168 | 167 | 166 | 165 | 164 | 163 | 162 | 161 | 160 | 159 | 158 | 157 | 156 | 155 | 154 | 153 | 152 | 151 | 150 | 149 | 148 | 147 | 146 | 145 | 144 | 143 | 142 | 141 | 140 | 139 | 138 | 137 | 136 | 135 | 134 | 133 | 132 | 131 | 130 | 129 | 128 | 127 | 126 | 125 | 124 | 123 | 122 | 121 | 120 | 119 | 118 | 117 | 116 | 115 | 114 | 113 | 112 | 111 | 110 | 109 | 108 | 107 | 106 | 105 | 104 | 103 | 102 | 101 | 100 | 99 | 98 | 97 | 96 | 95 | 94 | 93 | 92 | 91 | 90 | 89 | 88 | 87 | 86 | 85 | 84 | 83 | 82 | 81 | 80 | 79 | 78 | 77 | 76 | 75 | 74 | 73 | 72 | 71 | 70 | 69 | 68 | 67 | 66 | 65 | 64 | 63 | 62 | 61 | 60 | 59 | 58 | 57 | 56 | 55 | 54 | 53 | 52 | 51 | 50 | 49 | 48 | 47 | 46 | 45 | 44 | 43 | 42 | 41 | 40 | 39 | 38 | 37 | 36 | 35 | 34 | 33 | 32 | 31 | 30 | 29 | 28 | 27 | 26 | 25 | 24 | 23 | 22 | 21 | 20 | 19 | 18 | 17 | 16 | 15 | 14 | 13 | 12 | 11 | 10 | 9 | 8 | 7 | 6 | 5 | 4 | 3 | 2 | 1 |






過去ログ検索
カスタム検索


嬉しく思います 投稿者:練習 投稿日:2013/04/30(Tue) 22:50
いとう様
4/23投稿されていた内容を再度読み直してみました。これまでのいとう様の投稿から変化が感じられられたのを見逃した自分を情けなく思います。すみません

『不思議な感覚』というのは信憑性があります。自分自身にしか分からないものだと思います。私が伝えたかつたのはそれです。そこまで体験できる人はごく僅かで、後はコースで感覚を養えば開眼以上になるでしょう。

開眼は好きな言葉ではあのませんが、開眼は一度知ったら忘れません。子供の感覚に逆戻りしたような素朴な感覚でしょう。

子供の頃魚釣りをして遠くに飛ばす感覚とかサッカーボールを右足で蹴る時の左足の感覚とかがそうでしょう。

いとう様のいまの感想は『超易しい』と思われると思います。(笑)そうなんです本当は、それが千人に一人としてできないのです。

出来ない人は一生出来ないと思います。私がピンポン玉のようだと言った言葉が理解出来たと思います。

下半身は空手の正拳突きや野球のライト打ちと似ていますが上半身は子供の素直さに負けます。SPHではいく分縦に上げますが、軸にコイルが巻かれる感覚と似ていますね、打たれたボールは手や腕がなにもしないのに何で強いボールが出るのが不思議でしょう。

いい種は肥やしをやれば成長しますが、既に発芽した種は肥やしをやっても枯れるだけです。空気を読まないと話が出来ませんね。


アスレチックスイング 投稿者:元野球人 投稿日:2013/04/30(Tue) 15:25
追記です。

レッスンプロにスイングチェックしてもらうときも、ビデオに撮ってもらって、プロのスイングとの差をみてもらっています。


アスレチックスイング 投稿者:元野球人 投稿日:2013/04/30(Tue) 11:19
スイング論は多々ありますが、私なりのアスレチックスイングへ近づく練習方法です。

@まずは体をほぐし、数十発打つ

Aビデオをセットし、コースで打つときと同じルーティーンで今の自分の自然体で数発打つ

Bビデオをチェックし、自分が目標としているスイングと比べる

Cお手本との違いを埋めるべく、いろいろ意識して、スイングしてみる(ここが一番難しく、なぜ動きが違うのかを理解できないとできません。逆パワーメソッドも参考になってます。)

Dお手本に近づいてきた動きがあれば、それを反復し、自然に振れるようにする


この繰り返しです。

打ちっぱなしであれこれ打っても、ほとんどスイングが変わらなかったのですが、この方法で練習してから、スイングの欠点がよくわかり、上達も目に見えてとても良いです。

鳥かごでの練習でよいようです。ビデオはスローが撮れるものが必要です。

みなさんも、打感や飛距離、感覚ではなく、客観的に判断できる映像でスイングを構築してみてはいかがですか?

もちろん、私は素人ですので、定期的にレッスンプロにスイングのチェックをしてもらってます。

皆様の練習方法も、ご教授下さい。


RE:意識 投稿者:練習 投稿日:2013/04/30(Tue) 08:26
これは私の持論ですが、『正しい練習をすればスコアーが良くなる』基本ができていないのに『逆パワー』を練習しても時間がかかると思います。手を使うな脱力は一般に知られていることですが、振り遅れや体幹を使う事はスイングのなかのプロセスに過ぎないと思います。リリースもしかりでどこでリリースされるかは個人差があり意識の問題でしょう。リリースを遅らせるのと振り遅れは紙一重で、重要なのは切り返しで超不安定にならないと『逆パワー』の習得は難しいと思います。開眼という言葉は聞こえはいいですが、地道な練習の積み重ねで突然全てが開花することでスコアーが良くなることだと思います。

90台のスコアーが突然70台になりトップアマに上りつめたという事が『開眼』でしょう。これを目指しておられると思いますが
一つのパーッだけを練習して組み合わせても完成はしませんよね、言っておられる事は十分に分かりますが、皆さんその過程を経験してからが苦労していると思います。
私は開眼という言葉は好きでありません。スイングに完成はないと思っています。フエースの角度を変えないようにとか手首の角度とかありましたが、これはあくまでも基本で意識するものではないと思います。


RE:意識 投稿者:練習 投稿日:2013/04/30(Tue) 08:26
これは私の持論ですが、『正しい練習をすればスコアーが良くなる』基本ができていないのに『逆パワー』を練習しても時間がかかると思います。手を使うな脱力は一般に知られていることですが、振り遅れや体幹を使う事はスイングのなかのプロセスに過ぎないと思います。リリースもしかりでどこでリリースされるかは個人差があり意識の問題でしょう。リリースを遅らせるのと振り遅れは紙一重で、重要なのは切り返しで超不安定にならないと『逆パワー』の習得は難しいと思います。開眼という言葉は聞こえはいいですが、地道な練習の積み重ねで突然全てが開花することでスコアーが良くなることだと思います。

90台のスコアーが突然70台になりトップアマに上りつめたという事が『開眼』でしょう。これを目指しておられると思いますが
一つのパーッだけを練習して組み合わせても完成はしませんよね、言っておられる事は十分に分かりますが、皆さんその過程を経験してからが苦労していると思います。
私は開眼という言葉は好きでありません。スイング%


意識 投稿者:pen 投稿日:2013/04/30(Tue) 06:16
練習様、元野球人様、書き込みありがとうございます。

練習様、私はリリースに関してだけを意識してスイングしている、という訳ではありません。
スイングには色々な意識しなければいけない事があります。

例えば、自然にそうなってしまう動きを制御しようとしたら、どうすればそうならないようになるのか?を考えなければなりません。

頭の中で考えた事は無意識には出来ませんので練習をします。 
そして、練習する時にはどこをどうするかと意識する事を心掛けております。

また、私事になってしまいますが、腕や手に力を入れるかと言うとそれ程力は入れてません。
足腰や背中の力を腕に伝えるように腕を脱力しております。
そしてどうするれば伝わるのかと言うと、
あくまで私見ですが、左肩を上げるようにしています。  


pen様 投稿者:練習 投稿日:2013/04/29(Mon) 18:46
はじめまして練習と申します
リリースの件ですか、誤解を招いたら申し訳ありません。私が言いたいのは切り返しで上半身特に手や腕に力を入れて意識的にリリースを遅らせても体の使い方が悪いと手打ちになりはしないかと言うことです。

私の場合リリースは意識しませんが体の回転で胸と左腕がこすり合う感じの延長で自然にされます。

リリースしない意識をだけを強調しても体の使い方が悪いと力強いボールは打てないと思います。体の回転で腕が振られるスビードでしょうけど・・・・・文章では難しいですね(笑)




リリース 投稿者:元野球人 投稿日:2013/04/29(Mon) 17:54
わたしもリリースはするものではなく、されるものだと思います。

リリースされないように、コックを保つというか、トップからは維持するために耐える感じです。

いくら耐えても、リリースされてしまいます。

Pen様と同じ感覚かと思います。

ちなみに、私はトップから降り下ろす感覚は全くありません。
トップからは、腕、手はそのままの感覚です。


リリース 投稿者:pen 投稿日:2013/04/29(Mon) 17:14
練習様、はじめまして、penと申します。

私事ですが、ハンドファーストをキープして縦方向に振り下ろす時に、フェイスの向きを変えたくないのでリリースはしません。

リリースはインパクト以降、右肘のしぼりと右手首の甲側に折れた角度が解放される時に、リリースされます。
我慢してキープしてた角度を戻す感じでしょうか?


私はヘッポコで理解の程度が低いので、こんな程度しか説明出来ませんが、私見としてはリリースはしないほうが良いように感じます。


いとう様 投稿者:練習 投稿日:2013/04/28(Sun) 22:37
失礼しました。しばらくの間書き込みを見ていませんでした。皆様の書き込みで、手や腕を使わないリリースしないのが正解だと勘違いしていらつしゃる人が多いので書かせていただきました。確かに意識して腕は振りませんが、耐えるのはあります。勢いをつけて撓らせるものでもありません。以前スプリットハンドの練習をされたと思いますが、下半身の動きが大切で、腕は子供を置いてきぼりにする動きではありません。脱力を意識するよりクラブを後ろへ放り投げていいと思います。

リリースは胸でするもので下半身との協調かと思います。


無意識 投稿者:pen 投稿日:2013/04/26(Fri) 09:31
理解出来ている事を無意識に行える事と、理解出来ていないけど無意識に行えてしまう事は、雲泥の差があるように思います。

スイングがかたまれば、無意識に出来ると思いますが、理解出来ている事は、またべつの問題です。

理解出来ている方は、多分全て説明ができるのではないでしょうか?

私などは、全然駄目ですね、少しでも近づければと思います。


いとう様 投稿者:元野球人 投稿日:2013/04/23(Tue) 15:14
>TB・切り返し・インパクトとどこにも力を入れる意識がないので、逆パワーができているのか、振り遅れができているのかどうかも自分では分かりません。

その感覚、私もありました。ですが、その感覚で打っていても、今までのスイングからの変化は望めないかと思います。

なぜなら、人間には「マッスルメモリー」があり、無意識化でも今までの蓄積された動きをするからです。

ということは、今までのスイングをよくも悪くも変えるとするならば、どこかに意識的に力を入れたり抜いたりしなければいけません。

違和感のない脱力スイングを練習しても、今までの自分からは成長できないといっても過言ではないでしょう。

自分では、結構スイングを変えているつもりでも、はたから見るとほとんど変わっていない場合が多いそうです。

違和感を恐れないで、空振りしても全く当たらなくても、チャレンジするのが大切だと思います。

スイングの動画を撮るのが、自分で上達していくには近道かと思います。(感覚と実際のずれもわかります。)

いずれにしても、地道な反復練習が、良い動きをマッスルメモリーさせ、無意識でも良いスイングになると思います。

私の経験から、私見を書きました。お互い頑張りましょう。




RE:RE:撓り 投稿者:いとう 投稿日:2013/04/23(Tue) 08:26
昨日練習して感じたことを書かせていただきます。
文章にしておかないと忘れそうなくらい不思議な感覚です。

今までかなり試行錯誤してきましたが、昨日はポイントを2点に絞ってみました。
一つは、アドレスからトップまでの脱力。
もう一つは、切り返しでの左踵でのかるい踏込み。

球を打つ・クラブを振る意識がなくても、この二つを意識すると勝手にボールはかるいドローで飛んで行ってくれます。とても不思議な感覚です。
手の位置や腕の動き、腰や肩の動き、トップからフィニッシュまでどう動いているのか自分では分かりません。
でも、左踵線上〜左脇線上に置いたボールに勝手に当たってくれる。。。

逆に、少しでもどこかに力が入ると無意識が消え、右も左もミスが出ます。


>意識した腕の脱力や肩甲骨の使い方を考えているうちは手打ちの部類

意識・考えている=そこで操作しているということ。

>正しいアドレスとティクバックが出来れば自然に・・・

その先は、何も考えなくてもボールが飛んでいく。
そんな感じです。

TB・切り返し・インパクトとどこにも力を入れる意識がないので、逆パワーができているのか、振り遅れができているのかどうかも自分では分かりません。

ただドライバーからアプローチまで、ボールは遅れて飛んでいき、ピンポン玉のように弾かれていきます。(100%とはいきませんが・・・)

長文になりましたが、昨日の感覚が、ベストスコアが出た時の感覚と似ていたもので、忘れないためにどうしても書いておきたく思いました。


ちなみに↓は私ではありませんのであしからず。


アイアン 投稿者:いとう 投稿日:2013/04/19(Fri) 18:11
しかし、不適切なアライメントやスイングパスと組み合わせることで、オープンなクラブフェースは
http://www.golfwarehousejp.com/brand-17-c1031-%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%B3.html


→クリックしてちょ!


RE:撓り 投稿者:練習 投稿日:2013/04/18(Thu) 22:20
以前ツアープロから指導を受けていましたが腰の回転がアマと比べものにならないくらい切れていたように思います。すごい迫力で私が知る研修性の腰はメリハリにかけていました。私は未だまだでやっと入り口に辿りついたくらいです。

正しいアドレスとティクバックが出来れば自然に腰で打てるようになります。意識している間は手や腕が勝つていると思います。腰で打てるようになるとしめたもので練習したくてたまらなくなります。

そこで自然に脱力し手を使わない腰で振られるスイングになります。

意識した腕の脱力や肩甲骨の使い方を考えているうちは手打ちの部類ではかかろうかと思います。このメソッドで素人の興味を引く数々の言葉が見受けられますがあくまでもプロセスでの現象かと思います。要はティーグランドで自然に打てるかどうかなのです。



撓り 投稿者:いとう 投稿日:2013/04/18(Thu) 12:59
練習様

ありがとうございます。

昨日の書き込みから今日とクラブを振ってみて、おっしゃる通りだと思いました。

練習場やコースで良い球が打てた時は、どこにも余計な力が入ってなく、クラブの撓りも感じ、気持ちよく振り抜けていたと思います。
ちょっとでもミスショットが出始めると、どこか体の1部分を修正しようとして悪循環をおこしているようです。

切り返しでの拮抗と脱力ができたとしても、インパクトに向かって肩や腕に力が入ってしまっては撓りも生まれないのかなと・・・今の私です。。。
切り返し後、まだまだ振る意識、打つ意識が生まれ、左肩に力が入っているようです。脱力とはいかに難しいものなのか。

以前、研修生様がおっしゃっていました「すべてが逆」
打たない意識、振らない意識・・・・・
まるで禅問答のようです。


いとう様 投稿者:練習 投稿日:2013/04/17(Wed) 23:20
切り返し前の体重移動肩の水平回転・軸は基本であると思います。あるプロはシャフトを寝せないで体も傾かないで捻じれも解かないでスイングするには相当な練習が必要かと思います。
100%体重移動して、肩も右膝の上まで回したがそれから先が難題ではなかろうかと思います。右股関節に100%体重がのれば軸は右に少し傾いているはずです。ボールの位置が右だと捻れをすぐに解いてすぐにインパクトでしょうが左踵の延長線上にあるボールに対しては捻れを解かないでインパクトする必要があります。そこからが難しい領域でしょう・・・・・
ピンポン玉が弾けると言うのはクラブの撓りを感じることだと思います。これが所謂逆パワーではないでしょうか。クラブが撓らなけれどんなに拮抗や脱力ができても変化は望めないと思います。全てが一元化されて本当の芯を食ったボールの音になると思います。
フェースローテーションは自然になされますが、意識として切り返しで、プロの言葉にあるような意識を持つと体幹的にわかると思います。これはあくまでもプロセスで
最初は大きな筋肉に力を入れなければ感覚は得られないと思います。本当にきついです。


練習様 投稿者:いとう 投稿日:2013/04/17(Wed) 20:24
忘れる前に、今日もいろいろと試してきました。

>ピンポン玉が弾かれる感じ

おっしゃるとおりになかなかうまくはいかないようで、ウエッジだと弾かれるよりもフェースを滑っていく感じになってしまいました。フェースローテーションがうまくいってないんでしょうね。

何十球と打って2、3度「遅れて飛び出す」感じですね。。。まだまだです。

今日も素振りで復習です。


いとう様 投稿者:練習 投稿日:2013/04/16(Tue) 21:29
表現が難しいですが、最初から振りにゆこうとせずTBがTOPまでスムーズに出来たら無意識に振られている感じです。

アイアンの場合は消える感じよりピンポン玉が弾かれる感じでボール打音がカッンとし手に心地よい感じです。

アイアンとスプーンは毎日土の上で練習しますが、体と腕がコマみたいに同調したとで重さが消える感じですかね。

あくまで私見です。





Copyright © 1997-2013 ゴルフ新理論「逆パワー・メソッド」---ビッグマッスルを叩き起こせ, Tokyo Japan, All Rights Reserved.