ゴルフ新理論 逆パワーメソッド スウィング理論
逆パワーメソッド熟成版 逆パワーメソッド増補版 ゴルフなんでも掲示板 ゴルフなんでも掲示板過去ログ TIPSコーナー
インフォメーション バックナンバー 相互リンク
  【ゴルフなんでも掲示板 過去ログ(188)】



貴重なご意見、ありがとうございます。抜粋です。
(1がもっとも古い)
1〜4は以前開設していた「ご意見コーナー」にお寄せいただいたものです。

■目次
最新 | 194 | 193 | 192 | 191 | 190 | 189 | 188 | 187 | 186 | 185 | 184 | 183 | 182 | 181 | 180 | 179 | 178 | 177 | 176 | 175 | 174 | 173 | 172 | 171 | 170 | 169 | 168 | 167 | 166 | 165 | 164 | 163 | 162 | 161 | 160 | 159 | 158 | 157 | 156 | 155 | 154 | 153 | 152 | 151 | 150 | 149 | 148 | 147 | 146 | 145 | 144 | 143 | 142 | 141 | 140 | 139 | 138 | 137 | 136 | 135 | 134 | 133 | 132 | 131 | 130 | 129 | 128 | 127 | 126 | 125 | 124 | 123 | 122 | 121 | 120 | 119 | 118 | 117 | 116 | 115 | 114 | 113 | 112 | 111 | 110 | 109 | 108 | 107 | 106 | 105 | 104 | 103 | 102 | 101 | 100 | 99 | 98 | 97 | 96 | 95 | 94 | 93 | 92 | 91 | 90 | 89 | 88 | 87 | 86 | 85 | 84 | 83 | 82 | 81 | 80 | 79 | 78 | 77 | 76 | 75 | 74 | 73 | 72 | 71 | 70 | 69 | 68 | 67 | 66 | 65 | 64 | 63 | 62 | 61 | 60 | 59 | 58 | 57 | 56 | 55 | 54 | 53 | 52 | 51 | 50 | 49 | 48 | 47 | 46 | 45 | 44 | 43 | 42 | 41 | 40 | 39 | 38 | 37 | 36 | 35 | 34 | 33 | 32 | 31 | 30 | 29 | 28 | 27 | 26 | 25 | 24 | 23 | 22 | 21 | 20 | 19 | 18 | 17 | 16 | 15 | 14 | 13 | 12 | 11 | 10 | 9 | 8 | 7 | 6 | 5 | 4 | 3 | 2 | 1 |






過去ログ検索
カスタム検索


いとう様 投稿者:練習 投稿日:2013/04/16(Tue) 21:29
表現が難しいですが、最初から振りにゆこうとせずTBがTOPまでスムーズに出来たら無意識に振られている感じです。

アイアンの場合は消える感じよりピンポン玉が弾かれる感じでボール打音がカッンとし手に心地よい感じです。

アイアンとスプーンは毎日土の上で練習しますが、体と腕がコマみたいに同調したとで重さが消える感じですかね。

あくまで私見です。


RE:REこれを教えたら 投稿者:いとう 投稿日:2013/04/16(Tue) 19:48
HC12様

同じ感覚で良かったと、ほっとしています。
私も「空振りの感覚」と「遅れて飛び出すボール」は何度か体験しました。でも、毎ショットではありません。無意識というよりも、やはりどこかで意識しているのだと思います。
以前、練習様にご指摘いただきましたが、何度も打っていると、たまたまタイミングなどが合った時にできていたのだと考えています。

残念ながら、「手が消える」は未だに???です。

近いうちに分かるようになるのか、それとも分からないまま過ぎていくのか・・・不安は多いですが、今は、ゴルフが楽しいです。
どんなゴルフになるか、早くコースに出たいくらいです。


練習様

質問です。
>手が消える・・・・はコースでないと体験出来ないと思います(アイアンはありません)。

まだ「手が消える」ことを体験していませんが、

「アイアンはありません」

アプローチではなく、アイアンでのショット全般でそういったことがないのでしょうか?




HC12様 投稿者:練習 投稿日:2013/04/16(Tue) 14:46
私は以前マトリックス様から「既に開眼している」と言われたことがありますが、私も開眼とは何かピンときていません。こちらが知りたいくらいです(笑)
あえて言えば逆パワーを使っているかどうかでしょうが、手が消える・・・・はコースでないと体験出来ないと思います(アイアンはありません)。なぜなら無意識に起こる現象です。意識している間は・・・・?でしょう。

私の嫌いな(開眼)質問ですが、何度も言ついますがコースで実戦できて常に70台で回れる自信が付けば開眼ではないでしょうか。

朝方投稿している事と、前傾軸に対して肩を水平回転(背中が飛球線方向を向くまで)させる。これが完全にできて無意識に下半身主導の切り返しができると思います。ボールは左踵線上が基本で、頭の軸を右に残したままボールを打つてみてはいかがでしょう。((((o(*゚▽゚*)o)))


いとう様 投稿者:HC12 投稿日:2013/04/16(Tue) 13:38
いとう様

>研修生様やHC12様がおっしゃる右にずらすということがこのことなのかなと考えています。間違っていましたらご指摘願います。

私が申し上げているのは仰る通りで、同じ感覚なのかと思っています。
頑張りましょうね。


Re;これを教えたら 投稿者:HC12 投稿日:2013/04/16(Tue) 13:34
練習様

「手が消える」も「空振りの感覚」も「遅れて飛び出すボール」も経験しましたし、練習場では頻度が高まっていると思っています。
開眼すると毎回そうなるのですか?教えてください。(お好きな言葉じゃなくて恐縮です)

この方向で努力していればそう遠くない日には・・・とも思えるし、研修生様のように一部の開眼などないと言われれば、全然ダメなのだと思います。
練習場でさえそうなのですから、コースでいい球を打てる自信はまだ持てませんので、今シーズンはまだラウンドしていません。
何かが足りないのでしょうか?
それとも私だけ特別?


左にずらす 投稿者:いとう 投稿日:2013/04/16(Tue) 10:43
マトリックス様

書き込みありがとうございます。


自分の書き込み(左にずらす)について補足です。

振り遅れ・逆パワーを意識していて引っ掛けが連発したとき、原因を考えてみました。
雑誌などでよく目にする「インパクトはアドレスの再現」という表現。私はスライスを克服するべくこの形を意識してきた結果、完全に体に染みついてしまったようで、いくら振り遅れてもボールの位置でインパクトの形を造る、結果、手が早く返って引っ掛け。。。
この図式に気づき、インパクトをギリギリまで遅らせるようにグリップの位置を左腰までスライドさせることを意識しました。
グリップの位置はアドレスの時よりかなり左にあるが、腰は開いて上体は我慢、ハンドファーストになりヘッドがボールに接触するのは右腰のあたり。
インパクトを意識していないので、空振りするかとんでもない方向にボールが飛び出すんではないかと一瞬思いますが、ボールはプッシュアウトかストレートに飛びます。

研修生様やHC12様がおっしゃる右にずらすということがこのことなのかなと考えています。間違っていましたらご指摘願います。


練習様が何度もおっしゃられる「無意識」
私は、10何年という悪癖を解消するためには今までの動きと違うことを、最初はある程度意識的に、大袈裟にやらないと変わらないと考えました。
無意識で自然に体が動くようになるまで・・・

>左に乗り切るという事は右に乗り切っていなければなりません。

うまく表現できませんが、これも、切り返しで左に乗ろうとすると、スウェーして右肩が下がりダフル、ダフリを嫌って手で打ちにいくという悪い連鎖が起きるので、右股関節に乗ったまま左下半身で引っ張るという動きを意識してみました。

まだまだ試行錯誤の段階でどれが正解かは自分でも分かりませんが。。。。。。


これを教えたら 投稿者:練習 投稿日:2013/04/16(Tue) 06:03
『開眼』という言葉は好きになれませんが、これを再確認したら『変わる』というのがあります。

手が消える、空振りの感覚、フィニッシュの後でボールが飛んで行く抽象的な表現かも知れませんがそうなります。

インパクトで左手は自然に強く握られますが(笑い)
インパクトを左にずらすという表現がありますが、意識したら台無しになります。

一部分だけでなく全てが同時におこり、フィニッシュは完全に左に乗り切り快感を味わえます。つまり左に乗り切るという事は右に乗り切っていなければなりません。


研修生様 投稿者:HC12 投稿日:2013/04/16(Tue) 02:44
>何もかもが逆

今なら、少しはわかる気がしております。レベルが違うかも知れませんが、自分が今までやってきたことと逆のことを今、やっている気がするからです。

マトリックス様が、「手を左へずらしてインパクト」と書かれます。
でも、自分の体の中ではインパクトは右にずれていて、体の正面というより右尻の後ろと感じることさえあるほど身体の右にずれてきている。でも、手はもっと左にありますから、外から見ると左にずれている?

研修生様、もう少しいろいろと書かれていただきたいです。
開眼すると、他人に教えることは別にしても、ご自分の中ではとても簡潔にスイングの再現ができてしまうのでしょうね?


元野球人様 投稿者:HC12 投稿日:2013/04/16(Tue) 02:24
コメントありがとうございました。
私の場合はまだまだ開眼の域ではありません。
想像ですが、開眼すると簡単には逆戻りしないのかと思っていますので。まだまだですね。

リリースしないように努力、工夫ですね。私もそんなことをやっていました。
今はその努力はほとんどなくなりました。長続きしてくれるといいと願っております。


すべてが逆(パワー) 投稿者:研修生 投稿日:2013/04/16(Tue) 00:52
HC12様
初めまして。
コメント頂いておりながら返信遅くなり、大変失礼致しました。
私は、一般的に言われているスイング感覚は、何もかもが逆だと思っています。
どうしてここまで真逆なのか、と驚くほどです。
上も下も、右も左も、前も後ろも、自分もヘッドも・・
逆の意味を理解出来た時、初めて恩師の言葉が一斉に繋がりました。
参考になるか分かりませんが、私にとってのかけがえのないキーワードは「逆」という言葉でした。
具体的ではないと思われると思いますが、とても具体的で、、、それほど逆さまなんです。

マトリックス様
お世話になります。
私はインパクトをずらすと言うなら右となりますが、如何でしょうか。
右を越えて右後ろ。
表現の違いだけで、同じ事を意味しているとは思いますが・・

いろいろすみませんでした。
書き込みした事を後悔しています。
私は妄想家らしいので、これにて失礼致します。


投稿者:元野球人 投稿日:2013/04/15(Mon) 22:18
私の場合ですが

>もはや手が何もすることがなくなる

ではなく、

手が振ってしまわないように、リリースしないように努力、工夫する。

となりました。

逆パワーもそう一つです。

手が何もしないでも打てる。と感じるのは、開眼に近づいてると思いますが、まだ開眼ではないのかも知れませんね。

下半身の先行ですが、私はなかなかうまくいきません。まだまだ手打ちになります。


すみません 投稿者:マトリックス 投稿日:2013/04/15(Mon) 20:45
すみません。
掲示板をかなり見ていなかったのですが、
たくさんの書き込みありがとうございます。
余裕がなくて、あまり見られないのですが。

5つほと下のいとう様の書き込みに、
インパクトを左にずらすとあります。
それは、正解だと思います。
手の位置を左にして、シャフトが垂直よりも傾いた形で
(つまりハンドファーストで)インパクトします。
そのとき、フェイスが開きがちになります。
それを防ぐのは、左腕の前腕のローテーションです。
前腕のローテーションでフェイスをいままで以上にかぶせると
手が左で、いいインパクトになると思います。

また、前腕をローテーションさせるコツは
循環論法ですが、手が左でタイミングが遅いことです。
タイミングが遅いとローテーションがうまくいきます。


ご連絡 投稿者:マトリックス 投稿日:2013/04/15(Mon) 20:35
あぼーん


Re;考え方 投稿者:HC12 投稿日:2013/04/15(Mon) 19:38
元野球人様

はじめまして。HC12と申します。
リリースの@→A→Bが進歩の過程としますと、それに伴って下半身の先行(腰は開くが肩は開かない)が大きくなってくるように感じております。
森田理香子選手ほど先行すると、もはや手は何もすることがなくなるように感じて、現在取り組んでいるところです。

その辺、元野球人様の場合はいかがでしょうか?


振り遅れとテコ 投稿者:いとう 投稿日:2013/04/15(Mon) 08:49
中井学のレッスン動画でも振り遅れについて語られていました。拮抗には触れていませんが・・・

昨日も練習場で打ってみましたが、振り遅れを意識しながらインパクトポイントをかなり左にずらすと良い感じでした。
初めはスライスが止まりませんでしたが、タイミングが合ってくると右へのプッシュにおさまり、飛距離も出てきます。
その状態で腕が何かしようとすると、引っ掛けかダフリです。これは、フルショットからアプローチまで全てにおいて共通しました。
インパクトの瞬間に左小指・薬指に力を入れると、意識しなくてもヘッドが勝手に返ってくれます。これが、マトリックス様のおっしゃるテコなのかなと考えました。


まだまだ拮抗と脱力が完ぺきではありませんが、何かを掴めそうな感覚です。


HC12様 投稿者:いとう 投稿日:2013/04/15(Mon) 08:27
遅くなりまして申し訳ありません。

お心遣いに感謝いたします。
>信じて探求を止まなければ、何かのきっかけを掴むかもしれません。

気のせいかも分かりませんが、何かを掴んでいるような気がします。
今は、練習することが楽しいです。

開眼できるかどうか不安な面もありますが引き続き頑張りたいと思いますので、今後も何かお気づきの点がございましたら、宜しくお願いいたします。


個人的感想です 投稿者:いとう 投稿日:2013/04/15(Mon) 08:19
ようやく暖かくなり、4か月ぶりに球を打ち始めての感想です。

レッスンプロに教えてもらえる環境がなく様々なレッスン書や雑誌と練習道具だけで我流で練習してきて10何年経ちますが、私にとってこのメソッドに出会えてからの4か月は無駄ではなかったと感じています。
開眼したわけではありませんが、昨年と比べて、スイングも球の質・飛距離も違います。番手1つ〜1つ半くらい変わりました。

何度もメソッドを読み返し、皆様の書き込みを自分なりに理解しようと試行錯誤を繰り返し、その中から自分の形に合うものを取り入れながら練習した結果だと信じています。

言葉や文章だけでスイングを完成させるということは、はっきり言って無理だと思っていました。何度も心が折れそうにもなりました。
ただ、プロのスイングの連続写真やテレビの映像などを見て形を真似することよりも、難しく時間はかかりますが文字からイメージしていくことの方が頭と体に染みついてきます。

文章を理解すること、イメージしてその通り体を動かすことは難しいことだと痛感していますし、今シーズンのスコアは昨年よりも悪いかもしれません。
それでも、このメソッドでいろいろ探求していくことで、いつかは結果が出るものだと信じています。

長文、失礼いたします。





Copyright © 1997-2013 ゴルフ新理論「逆パワー・メソッド」---ビッグマッスルを叩き起こせ, Tokyo Japan, All Rights Reserved.