ゴルフ新理論 逆パワーメソッド スウィング理論
逆パワーメソッド熟成版 逆パワーメソッド増補版 ゴルフなんでも掲示板 ゴルフなんでも掲示板過去ログ TIPSコーナー
インフォメーション バックナンバー 相互リンク
  【ゴルフなんでも掲示板 過去ログ(180)】



貴重なご意見、ありがとうございます。抜粋です。
(1がもっとも古い)
1〜4は以前開設していた「ご意見コーナー」にお寄せいただいたものです。

■目次
最新 | 194 | 193 | 192 | 191 | 190 | 189 | 188 | 187 | 186 | 185 | 184 | 183 | 182 | 181 | 180 | 179 | 178 | 177 | 176 | 175 | 174 | 173 | 172 | 171 | 170 | 169 | 168 | 167 | 166 | 165 | 164 | 163 | 162 | 161 | 160 | 159 | 158 | 157 | 156 | 155 | 154 | 153 | 152 | 151 | 150 | 149 | 148 | 147 | 146 | 145 | 144 | 143 | 142 | 141 | 140 | 139 | 138 | 137 | 136 | 135 | 134 | 133 | 132 | 131 | 130 | 129 | 128 | 127 | 126 | 125 | 124 | 123 | 122 | 121 | 120 | 119 | 118 | 117 | 116 | 115 | 114 | 113 | 112 | 111 | 110 | 109 | 108 | 107 | 106 | 105 | 104 | 103 | 102 | 101 | 100 | 99 | 98 | 97 | 96 | 95 | 94 | 93 | 92 | 91 | 90 | 89 | 88 | 87 | 86 | 85 | 84 | 83 | 82 | 81 | 80 | 79 | 78 | 77 | 76 | 75 | 74 | 73 | 72 | 71 | 70 | 69 | 68 | 67 | 66 | 65 | 64 | 63 | 62 | 61 | 60 | 59 | 58 | 57 | 56 | 55 | 54 | 53 | 52 | 51 | 50 | 49 | 48 | 47 | 46 | 45 | 44 | 43 | 42 | 41 | 40 | 39 | 38 | 37 | 36 | 35 | 34 | 33 | 32 | 31 | 30 | 29 | 28 | 27 | 26 | 25 | 24 | 23 | 22 | 21 | 20 | 19 | 18 | 17 | 16 | 15 | 14 | 13 | 12 | 11 | 10 | 9 | 8 | 7 | 6 | 5 | 4 | 3 | 2 | 1 |






過去ログ検索
カスタム検索


峯様へ 投稿者:いとう 投稿日:2012/12/17(Mon) 21:41
すごく共感させていただきました。
まだまだ峯様のようにできませんが、ヘッドは返さない、左に行った時点で手を使っているので×、この2つは、現段階の練習で最も気にしていることです。
練習様への書き込みでも書かせていただきましたが、無意識を意識している、またいろんなことを考えた時点で逆に手が(脳が)邪魔をしてくるものなのかなと思いました。


「どうすれば」という人それぞれの世界、ここが1番難しいのかなと思います。ここで、人一倍努力しなければ、今までの苦労が水の泡になりそうですね。
試行錯誤の繰り返しの先に、皆様の仲間入りという扉が待っているものと思い、これからも練習に励みたいと思います。
実は、少し心が折れそうになっていました。皆様の書き込みで、また前向きな気持ちになりました。ありがとうございます。
また色々と書かせていただくと思いますが、その時は宜しくお願いいたします。


RE:参考程度に&アプローチから 投稿者:いとう 投稿日:2012/12/17(Mon) 21:19
練習様
はじめまして。
私のような次元の違うレベルの低いものにいろいろとご丁寧に教えていただきましてありがとうございます。

自分では、皆様の書き込みを読み返しながら練習しているつもりですが、何となく理解しているとは全く理解できていないことと同じだと思いました。「わかったと思うな!」という中部銀次郎さんの本がありましたが、まさにこのことだと痛感し、反省しております。

「参考程度に」から
宮本プロの記事、衝撃的でしたが、ティーアップしたボールをクラブフェイスを閉じてスライスを打った、これもまた衝撃を覚えました!
実は、引っ掛かりが嫌でフェースを開いて打っていました。だから無意識に捕まえにいっていたのかもしれません。
アプローチは、体を意識しながらもどうしても手打ちになってしまいます。無意識を意識しているということになるので、反復練習あるのみですね。

「アプローチから」
貴重な、開眼までのプロセスまで教えていただきまして、ありがとうございます。私からしたら、「練習様の大事な企業秘密」だと思います。それを、この場で教えていただいたことに、たいへんありがたく、また申し訳なく思います。ぜひともいつかこの場で皆様に良い結果報告ができるように、精進したいと思います!!

2つの書き込みと皆様の過去の書き込みを何回も読み返しながら次回練習日(いつになることか・・・)に備えようと思いますが、その中で2つほど質問させていただきたいのですが。

1.低いフェード
私にとってはまだまだ先の話で恐縮ですが、フェードの定義といいますか、世に出回っているもので、「左に打ち出して戻ってくる」と「ストレートに打ち出して落ち際で若干左に切れる」とありますが、どちらをイメージすれば良いのでしょうか?私的には、ストレート⇒左の方がイメージがわきやすいのですが・・・変な話になりますが、パッティングもスライスラインの方が好きなので・・・って、これっておかしいですか??

2.スプリットハンドの練習
ど素人並で申し訳ありません(汗)
動画を貼ってみましたが、このような感じなのでしょうか?

長々と、また変な質問ばかりで申し訳ありません。教えていただけると助かります。

→クリックしてちょ!


アプローチから 投稿者:練習 投稿日:2012/12/17(Mon) 20:02
いとうそまへ

自分のスイング理論を上手く表現したくて抽象的な言い回しで終止してしまいます
仕方ありません。
手を使わないことはいとうさまも頭の中では十分ご理解されていると思います。

皆さんが欲しい情報は開眼までのプロセスではないかと思います。

練習で開眼してもコースでスコアーに直結しないなら無意味です。

私は抽象的な表現ほどゴルフファーを悩ますものはないと思います。

メカニズムは今までのメソッドでマトリックスさまが十分過ぎるほど説明されておられます。

前置きが長くなりましたが、私の開眼までのプロセスを少し紹介します。
既にマトリックスさまから開眼していると言われましたが、練習の再確認兼ねて書きます。

@SWまたはAWで両手を離したスプリットハンドでの練習・・・ダフリ、トツプを矯正します。後に体の回転で打てるようになります。空振りのイメージで打てることが実感できると思います。あくまで体の回転で行って下さい。


A@の練習から左前腕を使わないと体の回転で打てないことが理解出来ると思います。この時の感覚が左前腕を使ったテコの応用です。インパクトは左腕とクラブが一直線になつたところです。

BAのテコで打つ感覚ができたら8か7で前傾を維持し脱力しながらゆつくり体の回
転で振って下さい。
ダウンブローは意識しないことです。

テコで打つ感覚が身に付いたら、強い球がでるようになりますが、まだ手打ちの範囲内だとご理解下さい。


テコは後に意識しなくても自然にできます。ます。後で左胸で左腕を押す感じになります。トウダウンを防ぐため左手を握り締めますが自然にできるように練習して下さい。

コースではフラットな所は少なく傾斜からがほとんどです。アイアンの入射角度は肩の回転を早くするか遅くするかで打てますここがリリースポイントです。

C3Wでテコで打つ
短いクラブは簡単にテコで打てましたが長いクラブは打てません、アイアンはあまり
振り遅れなくてもある程度打てますが、長いクラブは腰を開きヘッドを遅らせないと打てません。このつづきはまた


力を抜ける所はどこか探してみてください。意外にも肩にあるかもしれません。

水平打法は悪いライ、長いクラブは再現
性に掛けます。

→クリックしてちょ!


いとう様へ 投稿者: 投稿日:2012/12/17(Mon) 12:33
すみません。
下の書き込み、私(峯)によるものでした。



無題でござる 投稿者:いとう様へ 投稿日:2012/12/17(Mon) 12:32
こんにちは。

私ごときのレベルでは参考にならないかもですが、同じ経験をして
きましたので、踏まえて感じた事を書かせて頂きますね。
(あくまでも私見ですのでご容赦願います)

まずはヘッドは絶対に返さない、これに徹する事が必要と思います。
意識の中で、フェースはインパクトでも開いたままです。
最初は「意図的に開く」が相殺されて丁度良いかも知れませんが、
本来は「意図的に閉じない=操作しない」が正しいと思います。

右に出て右に切れて行く弱々しいスライスをひたすら打ち続けます。
左に打ち出したり左に曲がる球は、心を鬼としてNGと判定します。
(フルショットでもハーフショットでも)
方向がバラつく時点で、手を使っていると判断して良いと思います。
で、安定して右に打ち出せる様になったら、腕から先は何も変えずに
どうすれば球が捕まるのかを探求すれば良いかと思います。

この「どうすれば」は人それぞれの世界だと思います。
腰の回転スピード、腰の廻し方(右を出すor左を引く)、バンプ開始と
回転開始の相対的なタイミング、軸の傾きの変化(前傾は変えず、飛
球線方向の傾きです)など、現在のスイングによって対処が変わって
きます。一つ断言出来るのは、遅いタイミングでないと腕や手に悪さ
をさせるチャンス(スキ)を与えてしまう、という事です。

この「どうすれば」についてマッスルB様が教えて下さったのは
「上半身カット気味」であり、これが私にはビビッときました。

何故だか手を使わずに球が捕まる! ここで意識革命が起こります。
大げさ(?)・・私の場合はそうでした。

体の回転で球が捕まってくると、信じられない位に球が強くなります。
ここで腕や手が出しゃばってくると台無しな訳で(出しゃばり易い)、
あくまで回転の力だけで捕まえる(捕まる)事を体で覚えます。
出しゃばらせない為のキーワードは「遅いタイミング」です。
腕や手を使う事がどれだけ馬鹿らしい事かと思えるまで、何度も何度
も経験を積み重ねます。すると如何に腕や手で捕まり過ぎを逃がすか、
に意識が変わってきます。その先に完全脱力があるんだと思います。

以前マッスルB様に「意識が180°ひっくり返りました」と報告させて
頂きましたが、大きくはこの部分なんです。腕や手で如何に捕まえよう
かとしていたのが、今では腕や手で如何に逃がそうかになっています。
腕から先の意識が無くなってくると、下半身と体軸周りに意識が集中
してきます(これはつい最近、感じ始めたばかりなのですが・・)。

私こそまだまだのレベルですが、マッスルB様にコメント頂いた様に、
軸の感覚だけで振っていける様になりたいと思っています。

マッスルB様に訂正頂ければと思いますが、もうご覧になっていない
のでしょうか・・・寂しい限りです。

長文乱文失礼しました。
いとう様、寒さに負けずお互い頑張りましょう!



参考程度に 投稿者:練習 投稿日:2012/12/16(Sun) 17:31
いとうさまへ
練習と申します よろしくお願いします。

これまで、掲示板で手を意識しない練習方法からプロのスイング解析まで丁寧に紹介されていますが、要点は体の動かし方だと思います。


マトリックスさまか繰り返し申されておられます大きな筋肉を目覚めさせることだと思います。

前の掲示板に宮本プロがフック系の球筋をスライス系に変えてシードに返り咲いた記事がありました。

フックからスライスに変えるためには、腰を素早く回転させ振り遅れなければ打てないと思います。

練習方法については詳細はありませんが、
ティーアップしたボールをクラブフェイスを閉じてスライスを打ったと書いてありました。

ボールの位置、フェイスの閉じ具合を変えて思考錯誤しながら練習されてはいかがでしようか、腰を開く練習から方が開眼の早道ではないでしょか。

アプローチも同じくボールがラフに沈んでいない限り、手を使わない練習をします。5y、10yの短い距離でも体を使った打ち方に徹しています。

30Yのアプローチをフェイスを開いたまま左脇が自然に締まるまで練習されたらいかがでしよう。

アマは総じてクラブフェイスを開いて構えています、ロフトを立て低いフェードの強い玉が打てたらアマとしては完成でしょう。

私は練習では肩は意識しません。調子がおかしい時はアドレスと空振りのイメージでボールをクリーンに打てるか、胸とボールとの距離をチェックします。

長々と書いてしまい申し訳ありません。
参考になれば幸いです。
私の所も青森と同じ気温のところにあります。練習は大変でしょうが頑張って下さい。



質問と言えるかどうか・・・ 投稿者:いとう 投稿日:2012/12/15(Sat) 19:24
今日、久しぶりに練習場に行ってきました。(気温3℃・・・)
何となく皆様のおっしゃっていることを理解しながら打っていたのですが、球が右に左に安定しません。
1W・8I
ちょっと右に出て戻る :1割
スライス       :1割
ストレート⇒左に切れる:2割
左に出て左に曲がる  :6割
PS・SW
左に出て戻ってくる
不思議に思うのですが、こうも球種がありすぎると???となってしまいます・・・

腕から先、手の感覚を忘れて、下半身と左肩に集中して振っているつもりでも、無意識に手を使っているんだと思います。
そんなに簡単にうまくいくことはないと思いながら、それでも、皆様の書き込みを確認しながらやっているのですけれども、よろしければ皆様のご意見やお考えを聞かせていただけると助かります。

練習場だからあまり気にせず思い切って振れますが、これがコースだったらと思うと、たぶん当てにいってしまうんだろうなぁ・・・なんて考えながらの練習でした。。。


峯様 投稿者:いとう 投稿日:2012/12/13(Thu) 20:37
共感していただいてありがたいです。

私も、過去に様々な雑誌を読み練習器具も試しましたが、今思うと、無駄なお金をかけてきたんじゃないかと思います。それほどこのメソッドと皆様の書き込みが衝撃的でした。また、このメソッドに出会えたおかげで、今までただ繰り返し球を打つ練習だったのが、開眼という目標に向かって練習できる楽しさを持てました。
何年かかるか分かりませんが、峯様のおっしゃる通り、別世界を知ってしまった以上、そこにたどり着けるように精進したいと思っています。
これからもよろしくお願いいたします。



こちらでは、雪のためにゴルフ場はクローズしてしまい、春まではひたすら練習あるのみになってしまいました。
マッスルB様に言われたように、自宅での基礎体力アップと素振りだけの練習がほとんどで、練習場に行くことも数回になると思いますが、地道に続けていきたいと思います。質問やわからないことがあるときはまた書き込みいたしますので、皆様、今後ともよろしくお願いいたします。


いとう様へ 投稿者: 投稿日:2012/12/10(Mon) 12:44
いとう様の熱いお気持ち、共感させて頂ける部分が多々あります。

巷には色々な理論がありますが、行きつく所はマトリックス様の
メソッドでした。ここにしか本質は無いと確信しています。

私、以前はゴルフ関係誌などをかなり読みまくっていました。
探究心が強い程に色々試す事になりますが、その度、振り返る度に
小手先の対処療法は全く無意味なんだと痛感してきました。手打ち
を前提としたワクチンは何百種類も出回ってますが、手打ちその物
の治療メソッドはここ以外には見当たりません。あっても、一般的
なアマチュアの現状を起点としている理論は見た事がありません。

楽しみ方は人それぞれ自由ですが、別世界の存在を知ってしまった
からには、絶対にそこに行きたいですよね!

これからも宜しくお願い致します。


峯様 投稿者:いとう 投稿日:2012/12/06(Thu) 21:41
初めまして、いとうです。

謙虚な姿勢なんて、とんでもございません。
私の質問は初心者のようなものばかりで、恥ずかしいくらいです。皆様の書き込みを1つ1つ理解するには、2・3回練習する程度ではできないくらい、レベルが低すぎるのです(汗)

以前ベストスコアを出したときは、シングルさんの言うとおりに練習しただけで、練習の中身を理解しないまま球を打ち続けました。それでベストが出てしまったので、スイングや調子がおかしくなってきたときに自分で修正することができなくなってしまい、迷路に迷い込んでしまったと思います。
そのことを思い、今は、早く開眼したい気持ちと、時間をかけてでも力強く気持ちの良いスイングを目指したい気持ちで葛藤しながらの毎日です。時々心が折れそうになりながら、その時は、メソッドと皆様の書き込みを読ませていただいています。藁にもすがる思いと言ったら大袈裟かもしれませんが、できればもう1度80台、いつかは70台でラウンドするのが目標です。
すみません。熱く語ってしまいました(汗)


マッスルB様へ 投稿者: 投稿日:2012/12/05(Wed) 19:24
お世話になっております。

お陰様で、昨夜の練習もかなり良い感覚でした。
これまでは胸(胸筋)を張りぎみでアドレスしていましたので、猫背は新鮮でした。
小さいスイングから広げていきましたが、股関節からの前傾+猫背ぎみにすると
肩や腕の力を一段と抜きやすくなりました。この脱力が腕を重く使う事に繋がって
いる気がします。

まだ手が消えるとまでは行きませんが、意識の中からだいぶ存在が薄くなりました。
意思を入れられない状態にする事で、動きが安定し、自動化されるのだと思います。
左サイドとクラブのワンピース、とても奥が深いです。
自分のゼロポジションを探します。

今日も分かり易いニュアンスをありがとうございます。
アドレスでの両肘は、モダンゴルフに習って両方の腰骨を指していました。
左肘は進む方向、試してみます。(意識はしていませんが)テイクバックでの内転の
動きは無くなりますね。左はスっと下げるだけに集中出来そうです。

軸の感覚だけで振っていける・・まさに理想とする状態です。

タイガーの動画、じっくり拝見致しました。
中ごろ辺りに左グリップのインパクト付近の動作をクイクイやる仕草がありましたが、
何かがにおいます。左肘真っ直ぐ+縦コック維持のまま、左腕ごと外転させてますね。
以前教えて頂きました「何処かでグリップエンドの向きを変える必要がある」に関係
するのでは、と想像してしまいます。考えさせられる動画をありがとうございます。

私も、いとう様(初めまして!)の謙虚な姿勢を見習い、質問ばかりする事は控えます。
新たな気持ちで、まずは自分でいろいろ実践します。
マッスルB様には、明確な進むべき道筋をご指南頂きました。
私なんぞに貴重なお時間を費やして頂き、感謝の気持ちに耐えません。
今後も温かく見守って頂ければ、と思うのですが。。。

宜しくお願い致します。


RE:極寒です・・・ 投稿者:いとう 投稿日:2012/12/05(Wed) 14:58
マッスルB様

参考になるというより、参考にさせていただいてます。
レッスン書や雑誌も読んでいましたが、昔からどうしても分割写真のまねをしてしまうことがあり、スイングはきれいなんだけど・・・といわれ続けました。
皆様の書き込みの内容が、私のレベルではなかなか理解できない部分もあり、あれこれ考えながら練習しています。振り遅れるイメージや打球が遅れて飛んでいくといったことが、何となくこのことを言っているのかな?と思いながらなので、自分で正しい方向に進んでいるのかもわかりませんが・・・(汗)・・・


10年位前、地元のシングルさんに面倒を見ていただき、84(ベストスコア)ということがありました。その後90を行ったり来たり繰り返し、また頑張って100をかろうじて切るくらいになってしまいました。何が良くて84というスコアが出たのか、正直いまだに不明です。(苦笑)
今になってよくよく考えてみると、その時はこのメソッドのことがある程度無意識でできるようになっていたのかなと思います。思うようにしていると言った方が良いのかな??
なので、参考にさせていただいているといった感じです。


冬の練習場は、つらいですよ(泣)
体が温まるまで時間がかかるし、打ち方が悪いので手が痛くなります。練習が無意味に感じてきます。

素振り用の練習道具もいろいろ購入しましたが、1kgの硬式バットは考えていませんでした。重いものを振った方が体力づくりにもなるし、手打ちも治りそうですね。今年の冬は試してみようと思います。
ジョギングも下半身強化には良さそうですね。あまりできませんが・・・
ラウンド後半、足がつって、まともにスイングできなくなります。踏ん張りが効かないからスエーもしますし。
春まで体力作りの冬になりそうです。


極寒ですね・・・ 投稿者:マッスルB 投稿日:2012/12/05(Wed) 11:07
参考になりますか〜?
ちょっと普通じゃないことを行ってる自覚があるんですよね。

もうちょっと頑張って、90切るぞ〜くらいのゴルフが、一番楽しいですよ。

冬にゴルフできないってつらいですね。
私は寒さにめちゃくちゃ弱いので、ゴルフが出来ることも結構つらいです(笑)
基礎体力アップしか、想像できないですね。
ジョギングしたら、ゴルフの調子が良くなりますけど、走ることすら出来ないですよね(笑)

野球素振りで、1kg位の硬式バット振るのがいいんじゃないでしょうか。飛距離伸ばしたければ、その後、軽いクラブを振るとか・・・
まったく楽しくないので続けられるかどうかは、わかりません。
野球素振りは、早いタイミングを治すのにいいですよ。



教科書タイガーウッズ 投稿者:マッスルB 投稿日:2012/12/05(Wed) 10:28
練習さま
マトリックスさまと、いつも少し違うこと言ってしまうので、申し訳ないな〜と思ってるんですよ。
いいレッスンプロと出会えたって羨ましいです。
色んな意味でいいプロと出会えるのって本当に難しいですよね。

昨日もまた、何とか70台って感じで気持ち的にもかなり落ち着いてきました。
ここから先は、ショートゲームだな〜と感じる一日でしたので、アプローチの話、是非お聞きしたいですね。

私は、打ちたい球に対して、グリップ・シャフトを抜いていく方向とスピードを、ワッグルでイメージしながらアドレス。抜いて行く方向が、確保できればいい感じです。後は、両手とも人差し指と親指のV字が緩まないようにだけは気を付けています。


峯さま
私も180°ひっくり返ったんですよ。
360°回って元通りになりかけましたが、なんとか190°くらいまで戻してきました。

支点の話ですが、ベンホーガンならワッグルを真似してみると何か掴めると思います。
私の場合、グリップの中の支点は、左肩が押して右肘が動かないから出来る2次的支点な感じですね。左手親指と右手生命線が重なるところでしょうか。確かにそこの一体感も大事ですよね。
ツアープロって、スイングそのものより、ワッグルだったり、練習中やショット前後に見せるちょっとした仕草が参考になりますよ。

「左腕と肩胛骨がストレートに動く」の肩胛骨は左肩胛骨です。
肩のゼロポジションっていうのを勉強するといいかもしれません。
ゼロポジションで振れることはないですが、自分の体にニュートラルなポジションを聞きながら探していかないと良いポジションがわからないんですよね。

私の感覚で言うと、肩胛骨の背中側をぐっと広げて、手が下に伸びていくような感覚で前傾すると、手は何もしなくてもいい軸と腕のポジションに入りますね。

アドレスで、左肘は進む方向、右肘は折れる方向に向けておくと、さらに腕がすることは少なくなって、右肘が曲がるだけになってくると思います。
後は、腕とクラブが重力で落ちる分を加味して、軸(前傾角)を設定してやるとどんなライでも、軸の感覚だけで振っていけると思います。

下の動画で確認できる事が多いと思います。
ホーガンもそうですが、タイガーは教科書的と言うか、考えつくされているな〜って最近よく感じます。


動画再生 YouTube 動画

卒業しないでください 投稿者:いとう 投稿日:2012/12/05(Wed) 10:23
マッスルB様、練習様、ご無沙汰しております。いとうです。

皆様の書き込みを読ませていただき、動画も拝見させていただきながら、日々練習に励んでおりました。
1歩進んでは後退する日が続き、心が折れそうになりながらも、このメソッドと皆様のご指導を信じて練習しています。開眼までの道のりは険しいですね・・・

マッスルB様。
失礼ながら、私も練習様と同じ思いです。
ここに書き込みしていらっしゃる皆様の足元にも及ばない、100を切るのが精いっぱいの私にとって、皆様のご指導やご意見だけが心の支えになっております。

「逆パワー・メソッド【熟成版】(第7回)アマとプロの間に深い溝があるなら、それを何としても越えたい。」
HPを開いたときに1番最初に目にするこの言葉が、今の私の目標となっています。

最近書き込みできなかったのは、少しでも開眼に近づけるまでは、質問ばかりではなく、自分なりに試行錯誤しながらいろんなことをやってみようと思っていましたが、マッスルB様の「卒業」という言葉に思わず書き込んでしまいました。

皆様の書き込みが、下手くそな私の教科書になっていますので、これからもご教授願います!!


ということで、久しぶりに皆様に質問させていただきます。
私の住まいは岩手県なのですが、これからどんどん寒くなり雪が多くなってくると練習場に行く機会が減ってくるのですが、春までの間、何か良い練習方法等があれば教えてください。
練習場所としては、実際球を打つことはできませんが、9Iまでならクラブを振るスペースはあります。
宜しくお願いいたします。


マッスルB様へ 投稿者: 投稿日:2012/12/04(Tue) 12:41
ご指導を頂いた事で私のスイング感は 180°ひっくり返りましたが、
開眼しているかは分かりません。マトリックス様のお言葉に「アマ
チュア1,000人に一人もいない」とあります。ただ、開眼していても
していなくても激変したのは事実なので、これまれの悶々としていた
状況からすれば、お陰様で一歩前進出来たと思っております。

支点は右肘ですか!
先に書きました通り、右手の中あたりかな? と、ここは曖昧でした。
私はずっと、当たり前の様にシャフト線上で支点を探していました。
右肘支点とすると、支点とシャフトは感覚の中では同一線上に並ば
ないという事になるのでしょうか・・想像も出来ませんでした。
右肘支点の意識でホーガンの動画を凝視、イメージを膨らませました。
これまで理解出来なかった「寝かせて立てる」のニュアンスに繋が
るかも知れません。研究してみます(かなりワクワクしています)。

素振りで確認しましたが、確かに左サイドとクラブのリンクが保てる
と、フィニッシュまで極めてスムーズに動けました。
貴重なご指導ありがとうございます。

「左腕と肩胛骨がストレートに動く」の肩胛骨とは、左肩胛骨でしょうか。
左腕との位置関係を変えずに飛球線と並行(ストレート)に動く、という理解で
宜しいでしょうか。肩胛骨の可動域が想像以上に必要になると感じます。
左サイドとクラブのワンピース化を目的とし、研究致します。

・腕を重く使える肩胛骨の位置
・左サイドとクラブのワンピース
・右肘支点

いつも内容の濃いアドバイスをありがとうございます。
マッスルB様のコメントを多くの人が楽しみにしていると思います。
(異次元の方々の中で私は邪魔にしかなっていないと思いますが・・)
これからもご登場頂ける事を、切に願っております。


バンプ 投稿者:練習 投稿日:2012/12/04(Tue) 07:48
個人的な解釈で申し訳ありませんが、バンプとは捻った肩を切り返しでアドレスの位置まで並行移動(当然腰は先に移動しています。)することだと自分では解釈しています。自然にてきていれば意識しないのでしょう。



卒業なんて言わないで 投稿者:練習 投稿日:2012/12/04(Tue) 07:32
マッスルBさま

卒業なんて言わないで下さい。

この掲示板を楽しみに見ている方も大勢がいらっしゃると思います。

ここで、真摯なゴルフ論議を交わすのは、今のアマゴルファーの技術レベルをいかにしてプロのスイングに近づけるかを話す場だと思います。

開眼したからと言つて、卒業しないで下さい。

私も6の階段で長い間足踏み状態が続いておりましたが、縁あってかプロの方とラウンドするようになり、ある程度のお墨付きをいただいたのですが、突然結婚し地元に帰られ、支えを無くした状態でこのメソッドに遭遇しました。

全くOK牧場のプロと考えは似ていましたが、目先のスコアーにばかりにとらわれ理論を未消化に終わらせてしまいました。

今はプロのような強い伸びのある球を打ちたくて練習しています。

どうか、新しい開眼がございましたらよろしくお願いします。

私もアプローチについて、掲示板に投稿しょうと考えています。

それでは






Copyright © 1997-2013 ゴルフ新理論「逆パワー・メソッド」---ビッグマッスルを叩き起こせ, Tokyo Japan, All Rights Reserved.