ゴルフ新理論 逆パワーメソッド スウィング理論
逆パワーメソッド熟成版 逆パワーメソッド増補版 ゴルフなんでも掲示板 ゴルフなんでも掲示板過去ログ TIPSコーナー
インフォメーション バックナンバー 相互リンク
  【ゴルフなんでも掲示板 過去ログ(174)】



貴重なご意見、ありがとうございます。抜粋です。
(1がもっとも古い)
1〜4は以前開設していた「ご意見コーナー」にお寄せいただいたものです。

■目次
最新 | 194 | 193 | 192 | 191 | 190 | 189 | 188 | 187 | 186 | 185 | 184 | 183 | 182 | 181 | 180 | 179 | 178 | 177 | 176 | 175 | 174 | 173 | 172 | 171 | 170 | 169 | 168 | 167 | 166 | 165 | 164 | 163 | 162 | 161 | 160 | 159 | 158 | 157 | 156 | 155 | 154 | 153 | 152 | 151 | 150 | 149 | 148 | 147 | 146 | 145 | 144 | 143 | 142 | 141 | 140 | 139 | 138 | 137 | 136 | 135 | 134 | 133 | 132 | 131 | 130 | 129 | 128 | 127 | 126 | 125 | 124 | 123 | 122 | 121 | 120 | 119 | 118 | 117 | 116 | 115 | 114 | 113 | 112 | 111 | 110 | 109 | 108 | 107 | 106 | 105 | 104 | 103 | 102 | 101 | 100 | 99 | 98 | 97 | 96 | 95 | 94 | 93 | 92 | 91 | 90 | 89 | 88 | 87 | 86 | 85 | 84 | 83 | 82 | 81 | 80 | 79 | 78 | 77 | 76 | 75 | 74 | 73 | 72 | 71 | 70 | 69 | 68 | 67 | 66 | 65 | 64 | 63 | 62 | 61 | 60 | 59 | 58 | 57 | 56 | 55 | 54 | 53 | 52 | 51 | 50 | 49 | 48 | 47 | 46 | 45 | 44 | 43 | 42 | 41 | 40 | 39 | 38 | 37 | 36 | 35 | 34 | 33 | 32 | 31 | 30 | 29 | 28 | 27 | 26 | 25 | 24 | 23 | 22 | 21 | 20 | 19 | 18 | 17 | 16 | 15 | 14 | 13 | 12 | 11 | 10 | 9 | 8 | 7 | 6 | 5 | 4 | 3 | 2 | 1 |






過去ログ検索
カスタム検索


体で覚えるしかない 投稿者:練習 投稿日:2012/09/22(Sat) 18:33
ハンマー投げの室伏さんの体の使い方、投げる瞬間左サイドの壁を作り飛ばす。捻り開放する。腕、手は振って投げていない体感で引き付けている。ゴルフでいえば手を離す瞬間がインパクトであると思います。

ハンマー投げは手をどこで離すかが飛距離方向性を左右する。体重移動では安定しない。

捻り飛球方向に適正な角度で手を放す。あくまでゴルフも円運動である。vやz型では
自然の法則に反する。

マッスルB様は、左下半身サイドを固定し上半身の捻りで、逆パワーを使っているが、使い過ぎていっまでもダウンスイングにこだわり同道めぐりの話をされていると感じている。

体幹を使ったスイングができるなら、付随して腕は消えます。

大切なのは体の使い方を習得し、再現性を高めることと思います。

体を捻る方向、ヒントとはインパクト後フィニッシュで腰の上に垂直に上半身が気持ちよく乗ること。つづきはまた


ローテーター・ストレッチ・ショートニング・サイクル 投稿者:マッスルB 投稿日:2012/09/22(Sat) 12:16
もう一つ、これですね。

回旋筋のストレッチ・ショートニング・サイクルですね。
http://fullpowerpitch.fc2web.com/re-rssc.html

簡単に言えば、伸びた筋肉は戻る的な概念みたいです。
レイドオフ気味が良いと感じていた部分です。

ダウンスイング中、自分で手を下ろさない限り、内回旋中に腕が重力で落ちるタイミングがあり、2重振り子が発生する感じです。
この腕の落ちるタイミングが、ピンポイントなのでオートマチックなんだと思います。

これ以上、腕・クラブがやっていることは無いかな〜と思います。



2重振り子 投稿者:マッスルB 投稿日:2012/09/21(Fri) 17:52
色々調べてみたんですが、ダウンスイング中、これが起きている実感があります。

私の開眼の実態は、これで間違いありません。以前、腕も重みって書いたのは、これを感じていたんだと思います。

動画再生 YouTube 動画

左足体重 投稿者:練習嫌い 投稿日:2012/09/16(Sun) 16:34
左一軸は再現性あり、ここまで基本が出来ていたら簡単です。騙されたと思い左股関節を軸にやってみてはいかがでしょう。人生が変化します。


手は後ろ 投稿者:マッスルB 投稿日:2012/09/15(Sat) 15:48
一つ思ったんですが、

アドレスよりも、手は後ろ(右サイド)でインパクトするので、
バックスイングよりダウンスイングの方が、
手の「体に対しての移動量」は、単純に短いですよね。

私の感覚では、アドレスより20-30cm後ろ(右側)で、インパクトしている感じです。
バックスイングに比べて、20-30cm手は動かしていないって事になりません?



探求心 投稿者:マッスルB 投稿日:2012/09/11(Tue) 17:12
それがあっての逆パワー理論なんでしょうね。
探求心がなければ、ここまでのメソッド考える事は不可能です。タイミングの違いを見つけた事は本当にすごい事です。

アイアンは、力の制御をしながら遅いタイミングで振れるようになってきましたが、スプーンあたりから、かなり自分が頑張らないとタイミングが早くなってしまいます。
とにかく緩まないようにしていますが、もう少し楽に振れたらな〜と思うのは、甘いでしょうか?

また何か気がついたら、報告させて頂きます。


手は限りなく後ろに 投稿者:マトリックス 投稿日:2012/09/10(Mon) 22:54
>>マッスルBさま

書き込みありがとうございます。

>何かが起こるまで、手は限りなく後ろに置いておく事ですね。
これは、真実だと思います。
全面的に賛成です。
大きな声でいいたいです。

さて、空気も読まずに(汗)、
またまた自分だダウンで手を降ろしているかチェックしたことを書きます。
その結果、アイアンは手を一切下げていないことが判明しました。
アイアンは重みがありますので、その重さで下がります。
逆に、リリースしないように左手をしっかり握ることが必要です。
で、ドライバーですが、
ダウンの前半は手を下げていません。
ダウンの前半は、ベン・ホーガンが
動画のなかでハーフウェイ・ダウンしていますが、
ああいう感じですね。
ダウンの後半で手を体に引きつけていると思います。


ダウンスイング 投稿者:マッスルB 投稿日:2012/09/09(Sun) 13:47
私もわかりません。
ものすごくたくさんの要素があって、それが「連鎖的に」起こっている感じですね。

この何もしていないのに、勝手になる事柄がわかれば、スイング自体、何を目的にすればいいかわかるような気もします。


私が一つ、わかっていることは、
何かが起こるまで、手は限りなく後ろに置いておく事ですね。
これが出来ると、手は何もしないというよりは、ボールに当たる瞬間まで、手やクラブは認識できない状態になっています。

消えます。

これが良いのかどうかわかりませんが、自分でコントロールすることは不可能になります。
ラウンド中、完璧にスイングできた時、
「おっまた小さいおっさん出てきたな!」って思ってますから。(笑)

私の場合、良いスイングが出来ているときは、自分の意識から手やクラブは認識できないので、それを説明することは出来ないと結論出しました。

すみません。


たびたびすみません。 投稿者:マトリックス 投稿日:2012/09/08(Sat) 22:34
すみません。
再度、チェックしてみました。

やはり、少し、ダウンで手を下げていますね。たぶん。
それを、無意識のうちに自分でやっているのか、
重さを利用しているのか、というと、微妙です。
アイアンは重さがあるのですが、
ドライバーは重さがほとんどないからです。
自分では下げていないと思いますが、むずかしい問題です。

あと、気がついたことは、
ほとんど手を下げずに打つために、
右サイドをやや下げて、軸を右にやや傾けています。
それと、肩が遅れているほうが、前傾角によって
手が自然に下に行くような気がします。
このダウンの前半は一番むずかしいところですが、
これらが全部できたら、
手を下げずに打てるのか、というと、
そうでもないという気がします。

すみません、中途半端です。


質問回答ありがとうございます。 投稿者:JOHNY JOHSTER 投稿日:2012/09/08(Sat) 15:16
丁寧な質問回答ありがとうございます。
参考にいたします。


re:訂正 投稿者:マッスルB 投稿日:2012/09/08(Sat) 14:42
私の場合、バックスイングで20cmだけ手が上に上がります。

その20cm上がった物が、切り返しで10cm、シャフトが背中側から、前へ立ってくるときに5cm下がってるんじゃないかと感じています。

後の5cmは、左肩胛骨の広がりでカバーしているような感じです。

これを見ている方が、どのぐらいいるのかわかりませんが、あくまで、自分でやっている事では無く、起きているであろう現象を何とか説明しようとしているだけですので、この現象を形にしても、まったく意味が無いと思いますのでよろしくお願いします。


<<質問 投稿者:マッスルB 投稿日:2012/09/08(Sat) 14:32
私は169cm,71kgで
ドライバーは私もタイトD2、シャフトもアヒナですが、80のSです。アイアンは、DGS200です。
ドラHS46-48m/s(開眼前)です。今は、常に48で振れる感じですね。


身長ですが、勝手に前傾角なりのプレーンになるのであんまり関係ないと思います。
クラブも常識の範囲ないだったら、あまり気にしなくても良いと思いますが、開眼してから、タイミングが合わなくなるクラブが出てくるかもしれません。

4人に私のスイング試してもらったんですが、身長に関係なくスイングタイプ、性格?によって、開眼しやすさが違いました。
一番、早く開眼したのは、パワフルなスイングだけど、振り遅れでのプッシュに悩んでいた、150cmの女性でした。

私も理論に、がんじがらめにされて動けなくなるタイプなんですが、男性は、殆どがそのタイプのようです(笑)
女性の場合、何故そうなるのか?っていうのをあまり考えないようですね。


私が知っている限りでは、

開眼しやすいタイプは、大きなミスは右プッシュで、シャフトが寝るタイプ。感覚を大事にしている。
このタイプの方は、遅いタイミングにするのと逆パワーを同時に進行できるので、スムーズに開眼できると思います。

かなり難しいのはトップからいきなり打ちに行くタイプ。そしてフォームを作ることが、スイングを作ることだと思っている方。
このタイプの方は先に逆パワーの習得と頭を空っぽにすることが必修だと思います。


訂正 投稿者:マトリックス 投稿日:2012/09/08(Sat) 12:51
すみません。
手を下げないと書きましたが、
寝床で考えてみると、やはり、
まったく下げないと打てないような気がします。
なので、もうちょっと考えてみます。


質問 投稿者:JOHNY JOHSTER 投稿日:2012/09/08(Sat) 08:04
マトリックス様,マッスルB様のスイング理論(議論)を楽しく拝見させていただいております。

さしつかえなければ、身長,体重,現在の使用クラブ(シャフト含),ドラHSをご教授ください。

私は171cm,60kg,タイト910D2(ディアマナアヒナ72X),ドラHS50m/sです。
開眼はしていません。

開眼には身体的適性が必要なのかどうか?
開眼した場合どのようなクラブを使用するのか?

上記2点に興味があります。


ビデオ撮影 投稿者:マッスルB 投稿日:2012/09/08(Sat) 00:46
>>270さま

以前はよく撮っていたんです、見たものを分析までは出来るんですが、治す力が自分には足りないようです。
開眼してから特にそう思うようになりました。

たとえば、スイングプレーンがおかしい場合、
そこを治しても、根本を治さないと意味が無い場合が殆どじゃないですか?
私にはその根本を見つけ出すことが出来ない。

ならば、体を正しい順序で、正しい方向へ動かす事に集中した方がいいと考えるようになりました。

でも、ビデオで確認するのも楽しいですよね。ちょっと復活させてみよう。


re:手を下げない打法 投稿者:マッスルB 投稿日:2012/09/08(Sat) 00:05
連投すみません。
「手を下げなくて良い」
最近モヤモヤしていたので、本当にスッキリしました。

ありがとうございます。


re:手を下げない打法 投稿者:マッスルB 投稿日:2012/09/07(Fri) 23:59
納得です。最初の手は何もしない感覚が合っていたんですね。

>>で、それで、ベン・ホーガンみたいな感じだと自分では
思うのですが・・
完全に想像ですが、トップの位置がもう少し低ければ、
ホーガンそのままでしょうね。
私は、切り返しで手が大きく落ちる時間が、コントロールできないのもあって、
より単純になるようにマキロイくらい低めのトップにしています。

ホーガンのあの難しそうに見えるスイングって、すごく単純なスイングなんですよね。




投稿者:270 投稿日:2012/09/07(Fri) 23:42
私は、腕からクラブヘッドはトップから全く動かさないようにしています。

マトリックスさま、マッスルBさまのように、クラブが寝てから立つ感覚はあまりなく、もっとシンプルな動きです。

もう少し体で引っ張る力というか、スピードがあれば理想的なインパクトになるのですが。

私は逆パワーが足りないのかもしれません。逆パワーが少ないので、クラブヘッドが早くリリースされるのかもしれません。

とはいえ、当初はアイアンのインパクトがハンドレートでしたので、かなりよくなりました。

マトリックスさま、マッスルBさまは、ビデオ撮影はしないのですか?客観的にみるには良いと思います。





Copyright © 1997-2013 ゴルフ新理論「逆パワー・メソッド」---ビッグマッスルを叩き起こせ, Tokyo Japan, All Rights Reserved.