ゴルフ新理論 逆パワーメソッド スウィング理論
逆パワーメソッド熟成版 逆パワーメソッド増補版 ゴルフなんでも掲示板 ゴルフなんでも掲示板過去ログ TIPSコーナー
インフォメーション バックナンバー 相互リンク
  【ゴルフなんでも掲示板 過去ログ(173)】



貴重なご意見、ありがとうございます。抜粋です。
(1がもっとも古い)
1〜4は以前開設していた「ご意見コーナー」にお寄せいただいたものです。

■目次
最新 | 194 | 193 | 192 | 191 | 190 | 189 | 188 | 187 | 186 | 185 | 184 | 183 | 182 | 181 | 180 | 179 | 178 | 177 | 176 | 175 | 174 | 173 | 172 | 171 | 170 | 169 | 168 | 167 | 166 | 165 | 164 | 163 | 162 | 161 | 160 | 159 | 158 | 157 | 156 | 155 | 154 | 153 | 152 | 151 | 150 | 149 | 148 | 147 | 146 | 145 | 144 | 143 | 142 | 141 | 140 | 139 | 138 | 137 | 136 | 135 | 134 | 133 | 132 | 131 | 130 | 129 | 128 | 127 | 126 | 125 | 124 | 123 | 122 | 121 | 120 | 119 | 118 | 117 | 116 | 115 | 114 | 113 | 112 | 111 | 110 | 109 | 108 | 107 | 106 | 105 | 104 | 103 | 102 | 101 | 100 | 99 | 98 | 97 | 96 | 95 | 94 | 93 | 92 | 91 | 90 | 89 | 88 | 87 | 86 | 85 | 84 | 83 | 82 | 81 | 80 | 79 | 78 | 77 | 76 | 75 | 74 | 73 | 72 | 71 | 70 | 69 | 68 | 67 | 66 | 65 | 64 | 63 | 62 | 61 | 60 | 59 | 58 | 57 | 56 | 55 | 54 | 53 | 52 | 51 | 50 | 49 | 48 | 47 | 46 | 45 | 44 | 43 | 42 | 41 | 40 | 39 | 38 | 37 | 36 | 35 | 34 | 33 | 32 | 31 | 30 | 29 | 28 | 27 | 26 | 25 | 24 | 23 | 22 | 21 | 20 | 19 | 18 | 17 | 16 | 15 | 14 | 13 | 12 | 11 | 10 | 9 | 8 | 7 | 6 | 5 | 4 | 3 | 2 | 1 |






過去ログ検索
カスタム検索


手を下げない打法 投稿者:マトリックス 投稿日:2012/09/07(Fri) 22:57
>>マッスルBさま
>>270さま

書き込みありがとうございます。

素振りで、どうやっているのか、自己観察しました。
いい例か、悪い例か、わかりませんが、
私の場合、レイドオフのときに、かなり手を下げています。
20〜30センチほども下げています。
で、その後は、手を下げずに、胴体の回転についていくだけです。

レイドオフはトップでやるのか、切り返しでやるのか
微妙なのですが、
重なる感じですが、切り返しです。
なので、切り返しの最初のところでループさせて手を下げます。
かなりフラットな、打ちに行く体制をつくり、
そこから、体を回転させますが、
そこからは手は下げないです。
不思議ですが、私の場合、「手を下げない打法」でした。
上体の前傾角がありますので、それに従う感じです。
アイアンは前傾角が深いので、見た目は
下げているような感じになりますが、下げていません。

なんか、妙ですが、そうやっていました。
で、それで、ベン・ホーガンみたいな感じだと自分では
思うのですが・・・
(思い込みかも)


投稿者:マッスルB 投稿日:2012/09/07(Fri) 17:06
マトリックスさまの昨日のスイング解説のおかげで、手が消えました。

フィニッシュした後にボールが飛んでいくあの感覚がよみがえりました。ありがとうございます。

何が起きているか説明不可能です。とにかく手は消えます。




やっと 投稿者:270 投稿日:2012/09/07(Fri) 12:56
昨日、スローが撮れるカメラで自分のスイングを撮ってみました。

要修正箇所はたくさんありましたが、目標にしてきたビハインドザボールでハンドファーストのインパクトができておりました。

とはいえ、まだまだ手打ちの傾向です。ここからが難しいのかな?と思います。

これからもコツコツ練習に励み、少しずつ遅いタイミングで打てるようになりたいです。

みなさんの意見、参考にさせてもらっております。

良いヒント・動画等ありましたら投稿していただけると幸いです。


ヒント 投稿者:マッスルB 投稿日:2012/09/07(Fri) 00:27
>>で、手が右腰まで降りたら、
そこから右腰を一気回しですが、

この辺、大事ですね。
クラブや手の事を考えると少しおかしな事になる理由がわかりました。
体が緩むんですね。肝に命じておこう。

開眼したてで普段から気を付けないといけない事が、以前とはまったく変わってしまい何もわからないんです。

勝手ながら勉強になります。


re:左サイド、右サイド 投稿者:マッスルB 投稿日:2012/09/06(Thu) 23:13
おそらくマトリックさまは、左の引っ張りが強烈だろうな〜とは想像していました。

で、たまたま今日、タイガーウッズのスイングが気になったというのもあって、どれだけ左サイドで打って行けるのかを試しに練習に行ったのですが、左サイドでクラブをコントロールするには、かなり胴体の力が必要ですね。
体の根本的な使い方が違うような気もしますが、腹筋の力が足りなくて、軸をキープできない感じになります。踏み込む方向が違うのかな〜?
ただ、アイアンでフェードをコントロールするためのヒントにはなったので、収穫大です。


>>寝たものを起こすというのはやっていないです。
私もやってないんですよ。なってる事を想像してみました。

しかし、体を入れ替えるタイミングを変えることで、感覚は大きく変わりますね。左で引っ張る時間を長くすると、起きてくる感覚はなかったです。

当分、スイング研究は休憩して、手は何もしないって、頭に叩き込んでゴルフしようと思います。
また何か、発見ありましたら教えてください。


左サイド、右サイド 投稿者:マトリックス 投稿日:2012/09/06(Thu) 22:15
マッスルBさま

書き込みありがとうございます。

前回の書き込みは、ほんとうに
ゴルフスウィングの真理に到達するような感じでしたね。
感動しました。

さて、切り返しですが、
トップでレイドオフするようにアドバイスがあったので、
私も素直にやっています。
ただ、その後、寝たものを起こすというのは
やっていないです。

私の場合、特殊でして、
チョ〜タメ打ちの練習を長年やったので、
切り返しではヘッドを空中にピンで止めるような感じです。

切り返しの最初を左サイドで引っ張って、
その後は右主導の人と左主導の人がいると思いますが、
私は左主導のような気がするのですが、自信がないです。
で、いやがるヘッドを引っ張り降ろすような感じですので、
ヘッドの重みはあまりかかっていないかもしれないです。
いやがるヘッドを引っ張り降ろすことにより、
ここでシャフトがしなると思います。

で、手が右腰まで降りたら、
そこから右腰を一気回しですが、
そこからの手の使い方がまた、特殊です。

私の場合、長年、タメ打ちの練習をしたので、
普通じゃないです。

ただ、マッスルB打法をやると、
そこが、何もしなくても(異常なことはしなくても)
遅いタイミングで、打てるのが長所だと思います。

微妙なところは、自分でも何をやっているのかわからないので、
もうちょっと、自分を観察してみます。
すみません。


アプローチ 投稿者:マッスルB 投稿日:2012/09/06(Thu) 16:07
以前、アプローチはどのようにされていますか?って質問をされた方がいたと思いますが、少し訂正させて下さい。

あの時は、左サイドでって答えたと思うのですが、花道からするような基本的なアプローチは、切り返しの時に左サイドで少し引っ張った後、早い段階で右サイドを使っているようです。

左サイドの引っ張りだけでアプローチすることもあるんですが、それを基本にしてしまうと、結構フルショットに悪影響与えてしまうので、気をつけて下さい。


re:第二次マトリックス 投稿者:マッスルB 投稿日:2012/09/06(Thu) 15:41
何もしないって、自分でも結構受け入れがたいのですが、自分で何をしているのか探り出すと、勝手に出来る動きが出来なくなってしまうんです。
ただ自分で何をやっているか、わかっておかないと、後々やっかいなんで探求してます。

左サイドの引っ張りから、右サイドの押し込み?回転?に切り替わる時に、腕が落ちるんですが、この右サイドを登場させるタイミングや強さで、ボールの捕まりや強さをコントロール出来ることが最近わかってきました。

この右サイドの登場が、寝ているシャフトを起こす部分なんですが、寝ているクラブって重いですよね?
この寝ているクラブが立ってくることによって、クラブが軽くなり、腕が重くなる天秤で、一気に腕が落ちる+左で引っ張ってきた方向が下へと変わる。
そして、そのグリップが落ちる動きによって、手が下、ヘッドが上=ヘッドが重くなる天秤ができて、手首のリリースが発生していると考えていますが、いかがでしょう?

これが間違っていても、合っていても、自分で出来ることは、マトリックさまが言われる引っ張り感や、体の回転でクラブがインパクトまで暴れないように頑張ってヘッドを捕まえておく事しか出来ないんですよね。



第二次マトリックス 投稿者:マトリックス 投稿日:2012/09/05(Wed) 23:31
驚きましたが、
たしかにそうかもしれませんね。

不思議だなあと思っていたのは、
何もしなくても、ドライバーはドライバーのプレーンで、
ショートアイアンはショートアイアンのプレーンになることです。
自分では何も調整していない感覚なので、
なぜだろうと不思議だったのです。

が、何もしないというのが答えであれば、
たしかに、ドライバーはヘッドが軽く、
ショートアイアンはヘッドが重いので、
自然に最適化されたプレーンができるような気がしました。
なんとなくのイメージですが。


第二次マトリックス 投稿者:マトリックス 投稿日:2012/09/05(Wed) 23:23
>>マッスルBさま

書き込みありがとうございます。

>>手を下ろさなければ、下りるタイミングがあるのに下ろしていた。

なるほど、そうですか。
ちょっと驚きですね。
一昨日から、そのことを考えていたのですが、
何もしていないなあ、と確認して、
不思議さが増していました。
そうですね。たしかにそうかもしれません。
いやあ、マトリックスからの脱出を主張していて、
自分で気づかないのも、馬鹿みたいですが、
もうちょっと考えてみます。

ありがとうございます。


無題でござる 投稿者:270 投稿日:2012/09/05(Wed) 16:05
同じ文が投稿されてしまいました。すいません。

>>さらに肩関節(腕)のリリースもしないようにすると

なるほど。参考にさせてもらいます。まだ少し油断すると腕が悪さするので、精進あるのみです。

自分でクラブをリリースして打っていたころとは、完全に違うスイングになってきました。これからが楽しみです。


リリース 投稿者:マッスルB 投稿日:2012/09/05(Wed) 15:15
270さま

さらに肩関節(腕)のリリースもしないようにすると、手首のリリースは、考えることはなくなりますよ。


私の場合の開眼のヒント 投稿者:270 投稿日:2012/09/05(Wed) 13:54
リリースしないようになると、すごく打球がつかまるようになりました。

リリースしないので、当然フェースもかえさない意識なのに、実際はドローボールになりました。

今、手打ちでスライスの人からは、かなり想像しにくいと思います。

リリースしなければ、勝手にリリースされて、なおかつフェースもかえってくる。

右がOBだと、なぜかスライスするのと似ています。

とりあえず、固定概念を捨てましょう。子供になった気分で振ってみるとよいかもしれませんね。


>>腕の重量? 投稿者:マッスルB 投稿日:2012/09/04(Tue) 15:27
逆パワーメソッドの中で、逆パワーを習得したと仮定すると、リリースしない。させられるって事が重要な事だと思うんです。おそらくメソッドの中で言う開眼は、ヘッドを自分で落とさなくても落とせるようになる事だと思うんです。自分では説明できない現象が起こせるようになる事。自分でどうなったかわかる、雑誌に書かれているような事で、「マトリックスからの脱出」なんて発想にはならないと思うのですがいかがでしょう?

この開眼を済ませたマトリックスさんが、また開眼したって事は、自分では起こせない現象がまた起きたと思います。
手を落とさなくても落ちる現象です。

第二次マトリックスからの脱出ですね。本当にマトリックスみたいになってきた。(笑)

8時の快速の後に8時10分の超快速があったんじゃないでしょうか?
手を下ろさなければ、下りるタイミングがあるのに下ろしていた。

すべては、腕を引っ張る力(逆パワー)と重力です。

これが出来るのは、逆パワーありきですね。自分で出来る事は、逆パワーとそれに伴った右サイドの回転で「シャフトを起こす部分」だけなんです。ここは、また次回書きます。

宇宙だったらタイガーウッズはボールに当てる事すら出来ないと思います。
アマチュアは簡単に当たるだろな〜。



みなさんもいち早く誰かさんが操るマトリックスの世界から脱出しましょう。彼らもマトリックスの世界の住民ですから。


腕の重量? 投稿者:マトリックス 投稿日:2012/09/04(Tue) 01:25
>>マッスルBさま

書き込みありがとうございます。

たしかに書かれているように、
なぜ、上のほうから打てるのか、不思議なんですよね。
掲示板にも書きましたが、私はダウンの前半では
手は下に降ろすといっていました。
が、マッスルB打法により、
手を下げることなく、打てることを発見しました。
なので、その点は撤回しました。
これが、じつは不思議なんですよね。


突然の質問ですみません。 投稿者:わんこ 投稿日:2012/09/03(Mon) 15:25
質問が出来る掲示板を探していてたどり着きました。
ゴルフ初心者です。
知人の使わなくなったゴルフクラブを譲って頂いたのですが、高価な物のような気がして返却するか悩んでおります。
本間ツインマークスメモリアル2000−αなのですが、オークション等で見てみても同じ仕様のものが見つかりません…
あまり高価な物なら知人に返却しようと考えているのですが、どなたか知恵を貸して下さい。
ちなみにゴルフクラブの横?の部分が調べて出てくる物は一部が金だったりするのですが、私が頂いた物は全て金のようです。
☆マークが3つついています。
ゴルフは一・二回打ちっ放しに行ったことがあるくらいの素人で、恥ずかしながら価値が分かりません。もらってしまってよかったのかと不安になっております。
詳しい方のご意見を頂きたく思っております。
どなたかよろしくお願いいたします。


レッスン書 投稿者:マッスルB 投稿日:2012/09/03(Mon) 15:12
「レッスン書は、出来るようになった人が確認する為の物に過ぎない」ってどこかで聞いたことがありません?どこで聞いたんだろう?

こちらのメソッドのどこかにあるんでしたっけ?


―ベン・ホーガンの動画のなかにある秘密― 投稿者:マッスルB 投稿日:2012/09/03(Mon) 14:43
マトリックさま

ホーガンの動き、自覚はないかもしれませんが、マトリックスさまもあの動きで打っていると思いますよ。メソッドや掲示板を読んでいるとあの動きで打っていると感じました。
アドレスでの前傾角や身体の違いで、若干の違いはあるとは思いますが、前傾した胴体で左手を引っ張り続ければ、手は前に出てしまい、ボールには当たらない状態になりませんか?
その動きの最中に回転を始めたら、その後、自分で何をしているか説明できますでしょうか?おそらく逆パワーを使う以外、何もしていないんじゃないかな〜。

手は、何もしてないのにボールに当たる超常現象は、簡単に言えば、腕の重量だと考えています。
ホーガンは、確実に腕の重みを意識して振っています。腕は落ちるのを知っているから、あの切り返しの動きだと思います。逆に言えば、あの動きが出来れば回転するだけで腕→クラブは連鎖で落ちます。

タイガーなんか、その腕におもりがついているかのように見えるんですが、いかがでしょう?

当たり前の事のようですが、この腕の重み使えている人、見たことがありません。この腕の重量は、クラブを手で操作することによってほとんどゼロなりますので。
私がしているスイングは、この腕の重量とクラブの重量をより効率的に使えているという自信があるのですが、説明するとめちゃくちゃ長くなりますのでまたの機会に。私がしてるスイングというよりは、ホーガンのスイングなんですけどね。

モダンスイングには書かれていない秘密があるなんて言われますが、書いてないのでじゃなく、書き過ぎたんだと思います。






Copyright © 1997-2013 ゴルフ新理論「逆パワー・メソッド」---ビッグマッスルを叩き起こせ, Tokyo Japan, All Rights Reserved.