ゴルフ新理論 逆パワーメソッド スウィング理論
逆パワーメソッド熟成版 逆パワーメソッド増補版 ゴルフなんでも掲示板 ゴルフなんでも掲示板過去ログ TIPSコーナー
インフォメーション バックナンバー 相互リンク
  【ゴルフなんでも掲示板 過去ログ(166)】



貴重なご意見、ありがとうございます。抜粋です。
(1がもっとも古い)
1〜4は以前開設していた「ご意見コーナー」にお寄せいただいたものです。

■目次
最新 | 194 | 193 | 192 | 191 | 190 | 189 | 188 | 187 | 186 | 185 | 184 | 183 | 182 | 181 | 180 | 179 | 178 | 177 | 176 | 175 | 174 | 173 | 172 | 171 | 170 | 169 | 168 | 167 | 166 | 165 | 164 | 163 | 162 | 161 | 160 | 159 | 158 | 157 | 156 | 155 | 154 | 153 | 152 | 151 | 150 | 149 | 148 | 147 | 146 | 145 | 144 | 143 | 142 | 141 | 140 | 139 | 138 | 137 | 136 | 135 | 134 | 133 | 132 | 131 | 130 | 129 | 128 | 127 | 126 | 125 | 124 | 123 | 122 | 121 | 120 | 119 | 118 | 117 | 116 | 115 | 114 | 113 | 112 | 111 | 110 | 109 | 108 | 107 | 106 | 105 | 104 | 103 | 102 | 101 | 100 | 99 | 98 | 97 | 96 | 95 | 94 | 93 | 92 | 91 | 90 | 89 | 88 | 87 | 86 | 85 | 84 | 83 | 82 | 81 | 80 | 79 | 78 | 77 | 76 | 75 | 74 | 73 | 72 | 71 | 70 | 69 | 68 | 67 | 66 | 65 | 64 | 63 | 62 | 61 | 60 | 59 | 58 | 57 | 56 | 55 | 54 | 53 | 52 | 51 | 50 | 49 | 48 | 47 | 46 | 45 | 44 | 43 | 42 | 41 | 40 | 39 | 38 | 37 | 36 | 35 | 34 | 33 | 32 | 31 | 30 | 29 | 28 | 27 | 26 | 25 | 24 | 23 | 22 | 21 | 20 | 19 | 18 | 17 | 16 | 15 | 14 | 13 | 12 | 11 | 10 | 9 | 8 | 7 | 6 | 5 | 4 | 3 | 2 | 1 |






過去ログ検索
カスタム検索


動画 投稿者:マトリックス 投稿日:2012/07/06(Fri) 20:55
ダボさま

書き込みありがとうございます。

動画URLは当方のパソコンでは見られませんでした。すみません。

がんばってください。


ゴルフアイアンについて 投稿者:ダケ 投稿日:2012/07/06(Fri) 10:19
ゴルフ歴が半年だけのゴルフ初心者です。
アイアンがとても簡単だから愛用しています。
特に低いCGと強力なロフトは、いくつかの深刻な距離を提供し、まっすぐにヒットするのは非常に簡単です。
最近ツアーステージブリヂストンVIQアイアンをの購入を検討しています。
みなさんからの意見頂けば幸いと思います
^^
http://www.yoigolf.com/goods-2584.html

→クリックしてちょ!


打ってきました 投稿者:ダボ 投稿日:2012/07/06(Fri) 10:05
引っ掛けそうな予感がしましたが5番ウッドで思い切ってフラットに振ってみましたがなんのなんの少し右に出ましたが1球目から低めの強い弾道で飛んでいきました。
その後いつもより右に乗りながら手元をインサイドに落として回転していくととてもいい感じで飛距離が今までより伸びてました。
これは本当に簡単(回るだけ)という感想です。
明後日ラウンドなので数球にとどめましたが次の練習が楽しみです。

以前ジュニアの動画でフラットなスイングだな〜と思って見ていましたがまさにこんな感じの少し低めの弾道でした。
下記ご参照(アドレスバーに貼り付け開くで見れると思います)
http://www.geocities.jp/noiman610/1.flv



球を打ってみたら 投稿者:マトリックス 投稿日:2012/07/05(Thu) 22:11
本日、球を打ってみました。

とてもいいです。
ただし、若干スライスします。

スライスを防ぐためには、マキロイのようにトップで手をインサイドにやるか、
またはタメすぎを抑えて、シャフト水平にもっていくか、
どちらかがいいのではと思いました。
そのあたりの試行錯誤はやっていません。

あと、ベン・ホーガンのようにかなり上のほうからも
打っていけることがわかりました。
ただし、これもスライス傾向があります。
ベン・ホーガンのように切り返しでループを入れるか何かして、
手をインサイドにもっていく必要があると思いました。

上のほうから打っていくと、
野球みたいなんですよね。
右胸〜右腹打法ですね。

で、夜にまたしても考えたのですが、
マキロイのようにトップで手をインサイドにもっていき、
そのまま腕と肩の三角形をつぶしたまま
(いいかえると手が遅れたまま)
ダウンするのがいいのでは、と思いました。

で、素振りしてみると、これまたビビビと来ました。

いままでよりさらに手を遅らせて振れることを発見。
これは、ダウンで手をほとんど下に降ろさなくてもいいという
感触です。
これが、マッスルBさまのいう「手を少し遅らす」
ではないかと思いました。
これでスウィングがさらに簡単になります。

マキロイの三角形つぶしダウンを加えた
マッスルB打法で、次、球を打ってみたいと思います。


決意 投稿者:マトリックス 投稿日:2012/07/05(Thu) 22:02
マッスルBさま

書き込みありがとうございます。

詳しい説明ありがとうございます。
そうですよね、決意がいりますよね。
切り返しでの左足の踏み込みを何年も練習したとのことですが、
なるほどと思いました。
やっぱり、切り返しができていないとダメで
最低、脱力している必要があると思います。

あと、
>>違うのは手を少し遅らすくらいですね。
ということですが、
それも、少し、感じました。
次に書きます。


あと一つ 投稿者:マッスルB 投稿日:2012/07/05(Thu) 07:30
マトリックスさんの生徒さんが開眼したときにピンポンみたいと表現されたみたいですが、私の場合は、

「なにこれ?ゴルフってめっちゃ簡単やん!!」でした。

間違いない、間違いない、絶対間違いないわーって連呼してました。


マトリックスからの脱出 投稿者:マッスルB 投稿日:2012/07/05(Thu) 07:17
今日は仕事がオフだったので、アマの一人さんの意見を考えるため、朝まで逆パワーメソッド増補版を読み返してしまいました。遅いタイミングを取得した後に読むとすごく斬新で、なるほど納得!と関心するところがすごくたくさんあり、完全に習得したと自信が持てました。違うのは手を少し遅らすくらいですね。大きな差かと思っていましたがかなり微妙な差ですね。

私の場合、タイミングを遅くすれば、手を受動的に使えるのはわかっていて、その方法を知りたくて、逆パワーメソッドにたどり着いたんです。なので、逆パワーよりリリースを遅くするより、タイミングを遅くすることに集中しました。なぜかそれがすべてを解決してくれると感じていたんですが、それが正解だったみたいです。

読み返してわかったのですが、遅いタイミング以外は、多少異なるところもありますが、読む以前にほとんどの事を習得していたと思います。切り返しで左肩を開かないで左足を踏み込むというのが、一番難しいところかと思いますが、そこは、何年もそのことだけに集中して練習し、習得済みでした。
なので、逆パワーメソッドがほとんど出来ていない方が、私と同じような感覚で振って振れるかどうかは、わからなくなってきました。やはり手の説明も必要なんでしょうね。メソッド内で受容的にって書かれている所を、どうしても能動的にやってしまうような気がします。私もやっていました・・・その辺りがスイング理論の難しいところでしょうか。

私がこちらのメソッドで世界が一変する「マトリックスからの脱出」が出来ましたので、こんなにいいメソッドが伝わり切れていないんじゃないと思っての意見でしたので、失礼があったかと思いますが、お気を悪くなされないようお願いします。
「マトリックスからの脱出」は本当に清々しいものですよ。脱出しないと絶対に損です。スイングが変わることよりも、スイングに怖さが無くなり、コース攻略に合わせた球筋・メンタル・スコアメイクに集中出来るのでゴルフ自体が本当に楽しくなります。

改めてありがとうございます。

無題でござる 投稿者:アマの一人 投稿日:2012/07/05(Thu) 02:28
【逆パワー・メソッド増補版】(第37回)
の「コマネチゾーン」への引き付け・・左手(左腕)はこの意識で十分ですし、意識していない方はしなければ「ダメ」です。断言します(笑)
右腕も使い方、使わないようにする・説明がやっかいですが、今昔に拘わらずクラブの扱い方っていうものがあるもんなんです。
肩・体幹・足・腰・・まだあるかな?そこを意識して「たまたま」タイミングがあったナイスショット!。全く再現性がありません。

クラブの扱い方を理解し体感し、身体と同調する。そこで初めて意図した球が放てるようになります。

「腕はなにもしない」なんて・・
永遠にゴルフの迷宮にはまりますよ。


何もしない 投稿者:マッスルB 投稿日:2012/07/05(Thu) 02:11
>>ただし、何もしないという説明で、
 みんなできるようになるのかというと、
 どうでしょうか。

確かにそうですね。手でなんとかしないと納得できないのがゴルファーだと思います。こちらの掲示板でも手の質問がほとんどですし・・・私もそうでした。

しかし、手に意識がある限り、本当の意味での上達はないな〜と今回の開眼で思いましたので、長年、こういうホームページを続けられているマトリックスさんのご苦労、お考えはわかった上で、あえて強調したかったんです。
手を使わない決心がいるんじゃないかと・・・

私の場合もよく考えたら、短期集中でしたが、開眼までかなり努力しました。スイングを絶対変えるっていう、大きな決意と努力がないと、そう簡単に自分のタイミングは、変えられないかもしれませんね。ある程度上級者なら、ゴルフが駄目になる怖さもありますから。
私は競技に出ていて、悔しい思いが続いたので、絶対に手を使わないスイングを習得するっていう一大決心が出来ました。こちらのメソッドに出会えたことも含め、すべてが本当にラッキーでした。

1ヶ月ほど球の行方は気にせず、どんなスイングでもいいから、手は使えなくなるタイミングまで振り遅れる練習をしたら良いかもしれません。私は開眼前、ラウンドを控え、マキロイ・ベンホーガンのスイングを研究し、毎日の素振りで限界まで振り遅れて手が何もしない振り遅れを覚えました。練習場でもむちゃくちゃな球を打ってかっこわるかったです。おもっきり体を回さないと振り遅れられないので体も痛かったし、始めて手にまめが出来ました。
練習場では完全に手を使わないで打てるようになりましたが、それだけやっても、未だにラウンド中、手が邪魔をすることが多々あります。

手を使わない決心が必要だと思います。


手がなくなる 投稿者:マトリックス 投稿日:2012/07/04(Wed) 21:58
マッスルBさま

書き込みありがとうございます。

何もしないというのは、確かにひとつの真実だと思います。
当メソッドでも手は何もするなと何度も書いています。

ただし、何もしないという説明で、
みんなできるようになるのかというと、
どうでしょうか。

そこで、他の人にもやってみてほしいわけです。
やってみて、すぐできたのか、できなかったのか。
そのあたりを報告してもらえたらありがたいです。


単純に 投稿者:マッスルB 投稿日:2012/07/04(Wed) 14:11
少し複雑になってきましたね。
タイガーのカット素振りはあくまで体の動きです。体の動きがカットです。ここ重要です。
もしかして、普通、体の動きにカットとドローって意識はありませんか?

簡単に言えば、切り返しでシャフトを寝かせて体をカット回転するだけです。
最初は地面と平行になるほど寝かせたらいいと思いますし、寝かやすいバックスイングに改造するべきです。ここはリッキーファウラーにヒントが詰まっています。
シャフトが切り返しで寝るのがポイントです。寝るとクラブが前に倒れてきます。なので私の場合、切り返しで右肘が落ちる感覚はありますが。ダウンで立てに下ろす感覚は無いです。一直線に倒れてきます。

マトリックスさん、切り返し以降の手やの動きの説明は、遅いタイミングでは不要だと思います。手が無くなれば出来ているでいいんじゃないでししょうか?
手で作っても、習得不可能だと思いますし。
私の場合、100%手では何もしていないし、何をしているかあまり感じたりしたくないですね。



Re:手を前自動化する 投稿者:ダボ 投稿日:2012/07/04(Wed) 08:34
マトリックスさまありがとうございます。
今度練習場で試してみたいと思います。


手を前自動化する 投稿者:マトリックス 投稿日:2012/07/03(Tue) 22:10
>>ダボさま

書き込みありがとうございます。

逆パワー打法を参考にしていただきありがとうございます。

あと、今回の話で私が感じているのは、
手が右腰のところに来たポイント、よりやや早めに、グリップエンドから突っ込み、
手を手を遅らせたまま、ムリムリ腰で引っ張る感じです。
グリップエンド、あるいは肩と腕の三角形でつくる面が
飛球線方向を向いた状態で、そのまま腰を回すと、
引っ掛かり感のある感触で、手の動きが全自動化されます。
引っ掛かりのある感じというのがミソですが、
私の場合、空気抵抗があるような感じです。
これは意味不明だと思います。
手を動かさずに、体で引っ張る感じです。すみません。

ROMの方も試してください。



これはいいですね。 投稿者:マトリックス 投稿日:2012/07/03(Tue) 22:09
マッスルBさま

書き込みありがとうございます。

これは、本当にいいですね。
ダウンスウィングはタテに降ろして、
右腰の位置から手と腰を一体化して水平に腰で回すと私は考えていすが、
その位置をL字ポイントと仮にいうことにします。
そのL字ポイントがいままで私の場合、やや下すぎたということです。
もっと上でも行けたわけです。

これは、リリース打法の人にもいいと思います。
L字ポイントがやや上に来るので、
リリースする前に腰で爆発
させることができるのではないかと思います。

腰で回すバイタルエリアは、
私の場合、グリップエンドから突っ込むイメージですが、
全自動で、ストレートラインが長くなるような
いいイメージがあります。
そのとき、私は飛球線と平行にすすむ感じですが、
タイガーの素振りのようにアウトサイドインも「あり」だと考えています。
女子プロはバイタルエリアではアウトサイドインで
左側に引っ張り込んでいます。
それでちょうどインパクトゾーンがストレートになるのだと思います。
ただ、アウトサイドインがいいのかというと
よくわからないです。
ストレートでいいような気がします。

いずれにしても、とにかく
他の人もぜひ試してみてください。


Re:返さない? 投稿者:ダボ 投稿日:2012/07/03(Tue) 08:58
マトリックスさまお返事ありがとうございます。
こちらこそ説明がまずくて申し訳ありません。機会があれば一度自分の動画を撮ってどんな感じか確認したいと思います。
こちらにお伺いする前はシャフトを撓らせて早いリリースでヘッドを返していてろくな球しか打てませんでした。
そして逆パワーメソッドを5〜6年試行錯誤し昨年くらいから明らかに今までと球筋の違うボールが出るようになり方向性も良くなりました。
その頃に逆パワー・メソッド増補版第36回の第2の振り子のリリースを止めるためにヘッドを逆回転させる意識で振ってみたところフィニッシュで手元が高いところに収まりメソッドで書いておられました

ピンポン玉のような感じの飛びを体験することが出来ました。

また訳の分からない質問をするかもしれませんがよろしくお願い致します。


Re:カットの動き 投稿者:ダボ 投稿日:2012/07/03(Tue) 08:47
マッスルBさんありがとうございます。
自分の場合おっしゃるとおりかなり縦振りになっていると思います。
次のステップに進める状態になった時にまた参考にさせてください。


ボディターン 投稿者:マッスルB 投稿日:2012/07/02(Mon) 22:53
手の動きを殺して使うと彼のようなスイングになるかと思います。

動画再生 YouTube 動画

ヘッドが回らない 投稿者:マッスルB 投稿日:2012/07/02(Mon) 22:40
クラブの動きが一番わかりやすいのが彼です。
体感しないとヘッドがターンしているように見えてしまうかもしれませんが、切り返したら次の瞬間はスクエアなんです。
回ると言うより倒れてくるんですよね。体感できないとわからないかもしれません。

動画再生 YouTube 動画

Re手が高めの位置から腰を回す 投稿者:マッスルB 投稿日:2012/07/02(Mon) 22:17
ベンホーガンですよね。まったく同じ感覚です。シークレットの核心をあばいたんじゃないかと思ったくらいです(笑)
私の場合、沈み込みを入れながら、右脇腹まで落として回転を心がけています。早い段階で回転するとラウンド中、ここっていう時に引っかけてしまうんです。

タイガーは、あの素振りを、去年くらいからずっとやってるんです。私の推測では、切り返しでインサイドから手が落ち過ぎるのを嫌がって、淡泊に回転したいじゃないかと思ったんです。
今考えると、私も切り返しで手を落とすことを覚えて、インサイド過ぎるスイングだったので、ヒントになったんだと思います。

左コマネチゾーンの引きつけも全自動じゃないですか?アプローチでも引きつけが勝手に入るので、フェースにながーく乗りますよ。

マトリックスさんもベンホーガンかなり研究されていたんでしょうね。飲み込み早すぎます。自分のスイングを色んな人に説明しても、そんな風に振ってないって信じてもらえませんから。





Copyright © 1997-2013 ゴルフ新理論「逆パワー・メソッド」---ビッグマッスルを叩き起こせ, Tokyo Japan, All Rights Reserved.