ゴルフ新理論 逆パワーメソッド スウィング理論
逆パワーメソッド熟成版 逆パワーメソッド増補版 ゴルフなんでも掲示板 ゴルフなんでも掲示板過去ログ TIPSコーナー
インフォメーション バックナンバー 相互リンク
  【ゴルフなんでも掲示板 過去ログ(163)】



貴重なご意見、ありがとうございます。抜粋です。
(1がもっとも古い)
1〜4は以前開設していた「ご意見コーナー」にお寄せいただいたものです。

■目次
最新 | 194 | 193 | 192 | 191 | 190 | 189 | 188 | 187 | 186 | 185 | 184 | 183 | 182 | 181 | 180 | 179 | 178 | 177 | 176 | 175 | 174 | 173 | 172 | 171 | 170 | 169 | 168 | 167 | 166 | 165 | 164 | 163 | 162 | 161 | 160 | 159 | 158 | 157 | 156 | 155 | 154 | 153 | 152 | 151 | 150 | 149 | 148 | 147 | 146 | 145 | 144 | 143 | 142 | 141 | 140 | 139 | 138 | 137 | 136 | 135 | 134 | 133 | 132 | 131 | 130 | 129 | 128 | 127 | 126 | 125 | 124 | 123 | 122 | 121 | 120 | 119 | 118 | 117 | 116 | 115 | 114 | 113 | 112 | 111 | 110 | 109 | 108 | 107 | 106 | 105 | 104 | 103 | 102 | 101 | 100 | 99 | 98 | 97 | 96 | 95 | 94 | 93 | 92 | 91 | 90 | 89 | 88 | 87 | 86 | 85 | 84 | 83 | 82 | 81 | 80 | 79 | 78 | 77 | 76 | 75 | 74 | 73 | 72 | 71 | 70 | 69 | 68 | 67 | 66 | 65 | 64 | 63 | 62 | 61 | 60 | 59 | 58 | 57 | 56 | 55 | 54 | 53 | 52 | 51 | 50 | 49 | 48 | 47 | 46 | 45 | 44 | 43 | 42 | 41 | 40 | 39 | 38 | 37 | 36 | 35 | 34 | 33 | 32 | 31 | 30 | 29 | 28 | 27 | 26 | 25 | 24 | 23 | 22 | 21 | 20 | 19 | 18 | 17 | 16 | 15 | 14 | 13 | 12 | 11 | 10 | 9 | 8 | 7 | 6 | 5 | 4 | 3 | 2 | 1 |






過去ログ検索
カスタム検索


右足体重 投稿者:マトリックス 投稿日:2012/06/26(Tue) 18:19
マッスルBさま

書き込みありがとうございます。

文面を拝見して、はっきりわからないところがあって、
マッスルBさまが独自に体得したものではないかと思います。
ただ、それでも想像するに、右足体重の切り返しかな、と思います。

この掲示板に以前書いたと思うのですが、
5〜6年ほど前、加瀬秀樹プロの話が雑誌にのっていたのを思い出します。
加瀬プロが井上透プロに見てもらったら、
右足体重だと指摘され、スウィング改造に取り組んでいるという話です。
私はこの話にひどく感動しました。
ゴルフの真髄に触れる重要なことを雑誌でさらりといっていたからです。

加瀬プロは体格がよく、ものすごくゆっくりと振って、
なおかつドローで飛距離が出ます。
なので、ジャンボのような大器だと期待されました。
その後は期待されたほどではなかったように思うのですが、
その原因が右足体重ではないかと思うのです。
右足体重の場合、切り返しで左足に乗らないため、
拮抗せず、ゆえにゆっくりと切り返すことができます。
なおかつ、拮抗しないので肩が開かず、基本フックです。
※動画をみていただきたいのですが、左足に乗るのが遅いです。

私見ですが、引退した古閑美保ちゃんも
ゆっくりと切り返していました。
その切り返しは、右足体重ではないかとにらんでいます。

左足に強く乗るほど、拮抗が強く、
その拮抗に耐えかねて早く振ってしまいます。
遼くんは、このタイプだと思います。

切り返しで右腰を押すという人はその逆で、、
左足に体重を乗せる量が小さく、
ゆえにゆっくり切り返して、ドロー打ちになりやすいです。
これは岡本綾子プロです。
※ただし、右足体重というわけではない。

・・・というふうに考えています。
(一般論ですが)


右足体重 投稿者:マッスルB 投稿日:2012/06/25(Mon) 22:25
テイクバックからインパクトまで右脚で押し続けるので右足体重といえるかもしれません。

私が最近開眼した切り返しからインパクトは、逆パワーメソッドとは、かなり違った物になってしまったと思います。

切り返しは沈み込みで始めます。この時、上半身は右を向いたままですが、腰から下は「勝手に」正面を向きます。(この動きは、テイクバックのスタートを右脚の踏み込みでスタートし、バックスイング中ずっと右脚を押し続けることで勝手に起きていると思います。テイクバック直後、右に体重が乗った瞬間から右脚は切り返しのためのパワーをジリジリと溜め続けます)
左腰がスウェイするとそれ以降の腰の回転がスムーズに出来ないため、バンプは控えめを心がけています。体重が5:5になるようなイメージです。
沈み込んだ時、シャフトはかなり背中側に倒れ、寝る・遅れる状態です。長いクラブになるほど遅れが大きくなります。

その後、右脚にためていたパワーで右腰を押すように使い、左サイドを解放してあげると体全体が一気に回転します。(なぜかビデオで確認すると腰だけグニョッと左に回しているように見えます。)
そうすると不思議ですが、手は何もしなくてもクラブは背中側から前へ倒れてくるような感覚でボールに向かいます。上から下へは落ちません。この感覚が掴め てからはクラブ・手を下ろす感覚はどこにも無くなりました。手では作れない動きだからです。手で下ろす感覚が出た時や切り返しでシャフトが寝るのを嫌がった時にミスショットします。

なので、リリースも手を下ろすことも自分では絶対しないつもりでスイングしています。体とクラブの構造上、クラブがリリースされるタイミングは、自分では作れない、自分で作ってしまうとスイングを壊してしまうと感じています。リリースって言葉自体が不必要です。逆パワーメソッドとは全然違うことをやっているかもしれませんね。色々アドバイスいただいたのにすみません。

スイング改造後、アイアン+アプローチの入射角が格段に安定し、副産物として、ドライバーを含める全番手で以前よりゆっくり振っても一番手半飛距離が伸びました。

スイングイメージはヤニツェン、マキロイ、ベンホーガン、それと野球のピッチングフォームです。自分なりにゴルフスイングを解釈した結果、投手経験者のためか投手の動きが一番参考になったので、毎日、少年の頃に教わったことを思い出し、タオルを使ったシャドーピッチングをしています。

振り遅れっていったい何なんでしょう?私の場合、切り返しでの伸び上がりだと結論を出しました。そこは解決できたので、今は、もっと遅らせろ!もっと遅く!って練習しています。


動画再生 YouTube 動画

右足体重 投稿者:マトリックス 投稿日:2012/06/25(Mon) 13:06
マッスルB さま

書き込みありがとうございます。


「振り遅れなんて存在しない」ということで、天才かな?と思いました。
が、右足で逆パをつくっているというコメントがありますので、、
切り返しが右足体重だから振り遅れないという可能性があると考えました。
右足体重の場合、体が開かないのでフックです。
なおかつ、拮抗しないため、
自由にリリースタイミングを自分で調整できます。
そのため、タイミングが一定せず、球がバラける傾向にあると思います。
いかがでしょうか?


Re:腕を振るかについて 投稿者:マトリックス 投稿日:2012/06/25(Mon) 13:01
アマの一人さま
逆パワーファンさま

書き込みありがとうございます。

1)グリップエンドから突っ込むのは、遅いタイミングで振るということです。
これは、むずかしいです。
上級者向きです。いますぐ、やらなくてもいいです。
当メソッドでは、第1メソッド「逆パワー」を先にやることにしています。

2)「腕を振る」という概念は、ゴルフにはないと思います。
聞いたことがないです。
クラブを振るのであって、腕を振るのではないです。
「腕を振る」という言葉が出るということは、
もしかしたら、横振りではないかと懸念します。
杞憂であればいいですが・・・


Re:腕を振るかについて 投稿者:マッスルB 投稿日:2012/06/23(Sat) 09:01
こちらのメソッドを試し始めて2ヶ月、色々試してみた結果、私の場合は「振り遅れなんて存在しない」と感じました。
切り返し後、自分から手もヘッドも振らない、前腕の返しもしない、手先で何も合わせない状態でインパクトを迎えられるのが飛距離の面でも安定性の面でも最高なんじゃないかと思います。
「ディレイド・リリース」「レイトヒット」「下半身リード」三位一体ですね?

色々試した結果、私の場合、腰痛持ちということもあって逆パワーは右脚で作っていますが、足腰が正しく動き、動きの順序を間違わなければ手の感覚はまったく無くなりました。

色んな意味で逆パワーメソッドは、かなり勉強になりました。前回のラウンドで目標のフルバックからアンダーが出そうでしたが、後一歩のところで夢は叶いませんでした。
逆パワーメソッド熟成版も期待しています。


Re:腕を振るかについて 投稿者:逆パワーファン 投稿日:2012/06/23(Sat) 01:45
>左サイドのグリップエンドの話だけですと恐らく殆どのアマチュアは、ブレーキが掛からず手元が走りっぱなし・・結果的に腕を振る=ホントの振り遅れを助長する。

そうなると私も思います。


Re:腕を振るか 投稿者:アマの一人 投稿日:2012/06/22(Fri) 02:41
ですので「腕の使い方」です。振ると言うと誤解を招きますね。
>前腕のローテーションで鋭く返します。
これも、とても誤解を招く表現だと思いますがいかがでしょうか?
グリップエンドから・・というのはまさしくその通りですね。これではヘッドが間に合わない・・なので小手先で帳尻を・・。
スイング迷路の入り口です。

左腕(手)と右腕の使い方は別ですから、そこを理解しないと・・ローテーションの原理が解らないと思います。

左サイドのグリップエンドの話だけですと恐らく殆どのアマチュアは、ブレーキが掛からず手元が走りっぱなし・・結果的に腕を振る=ホントの振り遅れを助長する。
という結果にならないでしょうか?


ムチのように 投稿者:マトリックス 投稿日:2012/06/17(Sun) 18:40
Norrie Wright Lag Drills

ゴルフでもっとも重要なラグを学ぶためのエクササイズです。

クラブを45度まで引いて、ラクに動かして、クラブを感じます。
そのとき、腰を回して、方向を変えるとどうなるか。
この感じです。
ムチを使う感じです。
テイクバックが終わる前に、腰は動き出します。

切り返しでクラブは下に行きます。
多くの人は上に行きます。
クラブは肩の後ろです。

別のエクササイズは、トップでクラブを指でつまみ、
(切り返し時に)こういうふうに引っ張ります。
(飛球線の逆方向に腕を伸ばす)
手のスナップを効かせます。

切り返しでシャフトを立てます。

※ソファーで子どものころの話をしていますが、聞き取れず。

(マ)
こういう手首ゆるゆるを当メソッドは推奨していませんが、
これは正しいと思います。

動画再生 YouTube 動画

ディレイド・リリース 投稿者:マトリックス 投稿日:2012/06/15(Fri) 18:07
Teen Pump Drill
もっと飛ばし、正確に打てるように助けるドリル、
私たちは、これをディレイド・リリースドリルと呼んでいます。
テイクバックして、L字のポジションをとります。
これを維持してダウンスウィングします。
早いリリースはダメです。
L字をセットして、パンプダウンを2回やって、3回目に振ります。

(マ)
これも、お股の真ん中まで、手を下ろしています。
お股のところまで、リリースしないと理解してください。
「ディレイド・リリース」という言葉を使っています。
「レイトヒット」とはいっていないですね。
英語的には「ディレイド・リリース」というのがちゃんとした言葉という感じでしょうか。
当メソッドも「遅いタイミングに変える」というのは
まどろっこしいので、「ディレイド・リリース」に変更しようかなと・・・。
(未定)

動画再生 YouTube 動画

お股の真ん中 投稿者:マトリックス 投稿日:2012/06/14(Thu) 18:02
(マトリックス)
この動画でも、お股の真ん中まで手をもってきています。
お股の真ん中までリリースしません。

私が引きつけるといっているのは、
このようにお股の真ん中まで手がきて、
その手を左コマネチゾーンに引き付けるということです。

動画再生 YouTube 動画

手の引きつけ 投稿者:マトリックス 投稿日:2012/06/14(Thu) 17:59
>>逆パワーファン さま

書き込みありがとうございます。

意識的にやや引きつけます。
グリップエンドから入るので、そこの動きはけっこうむずかしいです。

単純化して、やりやすい形で説明すると、
バイタルエリアでは手を体に引きつけて、
あまり動かさないようにして、
体を鋭く回転させるというイメージです。


腕を振るか?について 投稿者:逆パワーファン 投稿日:2012/06/14(Thu) 16:59
腕を振るか?の中で
「腕は振らずに、お股のあたりで体にほんの少し引きつけます。」
とありますが、
その動きは受動的なものなのでしょうか?
または意識して「引きつけてる」のでしょうか?
文面からすると意識的に引きつけるように読みとれますが。



お股の真ん中 投稿者:マトリックス 投稿日:2012/06/13(Wed) 17:54
Create Golf Lag - Secret! The Pro-Lag Golf Swing Trainer Demo - Hit it Longer! Rick Timm, PGA

プロラグゴルフスウィングトレーナーという練習器具の説明です。
この動画でも、手がお股の真ん中のところに来るまで、
リリースしていません。
遅いタイミングになっていると思います。

動画再生 YouTube 動画

腕を振るか? 投稿者:マトリックス 投稿日:2012/06/13(Wed) 17:08
>>アマの一人様

書き込みありがとうございます。

私の場合ですが、腕を振る意識はまったくありません。

基本的なイメージとしては、
グリップエンドからバイタルエリアに突っ込みます。
(バイタルエリアというのは、サッカー用語からいま思いついたのですが、
右腰から左腰までのエリアです。)
そのあと、腕は振らずに、お股のあたりで体にほんの少し引きつけます。
で、前腕のローテーションで鋭く返します。

私の感覚では、腕を振ると逆にヘッドは返らないと思います。


熟成版楽しみです 投稿者:アマの一人 投稿日:2012/06/13(Wed) 00:21
熟成版拝見しました。大きなマッスルは「下半身」これは同意です。
じっとしている「大きな筋肉」瞬発する「大きな筋肉」この拮抗でしょうか。

と共に腕の使い方も訓練しなければならないと覆っています。
「腕を振る」というと誤解も招きますが、「腕の使い方」これはどうでしょう?

「振り遅れ」この感覚は大賛成ですが、「腕の使い方」を習得できていない方に単に「振り遅れ」を薦めるならば、それはそれで、カオスに陥ると思います。


ゴルフスイング 投稿者:マスターズ 投稿日:2012/06/12(Tue) 13:07
ゴルフスイングを
改善して正確性や飛距離を
あげたい方は一度、当サイトを
見てみてください。

スコアを縮めるお役立ちが
できれば幸いです☆



→クリックしてちょ!


リストの角度をキープ 投稿者:マトリックス 投稿日:2012/06/11(Mon) 22:37
トライアングルを保ってバックスウィングし、
リストをコックします。
このとき、右腕とリストでボックスをつくります。
トップでもボックスをキープします。
切り返しでも角度を保ちます。
リストをまっすぐにしてはいけません。
リストの角度を保ったままインパクトに向かいます。
ホーガンもニクラウスもタイガーも
偉大なプレーヤーはみんなショットするところまで
アングルをキープしています。

動画再生 YouTube 動画

連投になってしまいスミマセン・・ 投稿者:アマの一人 投稿日:2012/06/09(Sat) 21:38
逆パワー。
つまりは「拮抗」ですね。左サイドでリードはします。きっかけというか、普通の運動神経では、殊更意識せずとも出来る動きです。棒切れ持って止まってる球を打つのですから、より遠くに飛ばすとなれば普通の動きです。

左サイドの「リードしようとする動き」を左で「拮抗」させるというのは土台無理な話です。





Copyright © 1997-2013 ゴルフ新理論「逆パワー・メソッド」---ビッグマッスルを叩き起こせ, Tokyo Japan, All Rights Reserved.