ゴルフ新理論 逆パワーメソッド スウィング理論
逆パワーメソッド熟成版 逆パワーメソッド増補版 ゴルフなんでも掲示板 ゴルフなんでも掲示板過去ログ TIPSコーナー
インフォメーション バックナンバー 相互リンク
  【ゴルフなんでも掲示板 過去ログ(117)】



貴重なご意見、ありがとうございます。抜粋です。
(1がもっとも古い)
1〜4は以前開設していた「ご意見コーナー」にお寄せいただいたものです。

■目次
最新 | 194 | 193 | 192 | 191 | 190 | 189 | 188 | 187 | 186 | 185 | 184 | 183 | 182 | 181 | 180 | 179 | 178 | 177 | 176 | 175 | 174 | 173 | 172 | 171 | 170 | 169 | 168 | 167 | 166 | 165 | 164 | 163 | 162 | 161 | 160 | 159 | 158 | 157 | 156 | 155 | 154 | 153 | 152 | 151 | 150 | 149 | 148 | 147 | 146 | 145 | 144 | 143 | 142 | 141 | 140 | 139 | 138 | 137 | 136 | 135 | 134 | 133 | 132 | 131 | 130 | 129 | 128 | 127 | 126 | 125 | 124 | 123 | 122 | 121 | 120 | 119 | 118 | 117 | 116 | 115 | 114 | 113 | 112 | 111 | 110 | 109 | 108 | 107 | 106 | 105 | 104 | 103 | 102 | 101 | 100 | 99 | 98 | 97 | 96 | 95 | 94 | 93 | 92 | 91 | 90 | 89 | 88 | 87 | 86 | 85 | 84 | 83 | 82 | 81 | 80 | 79 | 78 | 77 | 76 | 75 | 74 | 73 | 72 | 71 | 70 | 69 | 68 | 67 | 66 | 65 | 64 | 63 | 62 | 61 | 60 | 59 | 58 | 57 | 56 | 55 | 54 | 53 | 52 | 51 | 50 | 49 | 48 | 47 | 46 | 45 | 44 | 43 | 42 | 41 | 40 | 39 | 38 | 37 | 36 | 35 | 34 | 33 | 32 | 31 | 30 | 29 | 28 | 27 | 26 | 25 | 24 | 23 | 22 | 21 | 20 | 19 | 18 | 17 | 16 | 15 | 14 | 13 | 12 | 11 | 10 | 9 | 8 | 7 | 6 | 5 | 4 | 3 | 2 | 1 |






過去ログ検索
カスタム検索


前腕と振り子の同期 投稿者:管理人 投稿日:2008/06/22(Sun) 18:39
>>ハチさま
書き込みありがとうございます。

当メソッド的にも、前腕のローテーションは重要です。
当メソッド的に付け加えますと、
この動きを手でするのではなく、
ヘッドの振り子を利用しておこないます。
前腕の動きとヘッドの振り子がきちんと同期すれば、
手を使わなくても、前腕がターンします。
それが「遅いタイミング」の習得につながります。


左ヒジのターン 投稿者:ハチ 投稿日:2008/06/21(Sat) 11:16
初めまして。よろしくお願いいたします。

ヒジのターンというのはあまり考えたことがありませんでした。
私の場合、両手がケンカすることなく同調するためには、両手の動きを意識するのがよいようです。
最近では、バックで両手首を時計回りに意識的に回転させ、ダウンで反時計回りに回転させながら、縦振りすることでスムースに振り抜けています。

このビデオでも、右手首をかなり意識的に回転させているように見えるのですが。


ベン・ホーガンの秘密 投稿者:管理人 投稿日:2008/06/20(Fri) 21:38
ベン・ホーガンの秘密を解く「ミッシング・リンク」
ベン・ホーガンの秘密について本を書いているという
トムバートランドさん

いわゆる前腕のローテーションについて徹底的に解説しています。
左ヒジのターンという表現を使っています。

手で操作するのではなく、左ヒジをターンさせます。
動画を見ると、手首を使うのではなく、
左ヒジをターンさせるという意味がよくわかります。
タメも効いています。

手でターンさせるのではなく、リラックスして
何もせずにターンさせます。
この動作を何度も繰り返します。

この動きは自然なものではなく、何度も繰り返して覚え、
第2の自然になるまで練習すべきものです。

動画再生 YouTube 動画

ベン・ホーガン、その1 投稿者:管理人 投稿日:2008/06/20(Fri) 21:35
YouTubeを見ると、ベン・ホーガンの動画はものすごくたくさんあります。
そのなかで、1つ選んでみました。
モノクロなので、かなり古いものと思われるベン・ホーガンのスウィング。

動画再生 YouTube 動画

ヒアリング 投稿者:管理人 投稿日:2008/06/19(Thu) 21:57
てゆーか、聞き取りがむずかしいです。
ジャック・にクラウスは、「リリースに早すぎることはない」といっている。
みんなはそれをキャスティングだと思っているが、
それは… 
それが、どうなん? 肝心のところがよくわからないです。
もし、わかる人がいたら解説してください。


「ラグ(遅れ)」の真実 投稿者:けせらせら 投稿日:2008/06/19(Thu) 21:21
このビデオが出色ですね。ラグの作り方を説明している他のちょっとレベルが違うように思いますが。


ゴルフマガジン、Watchdog 投稿者:管理人 投稿日:2008/06/19(Thu) 20:07
わりと長い動画。5分49秒
冒頭で、ゴルフマガジン2008年2月にガルシアとベン・ホーガンの
「ラグ(遅れ)」を比較する記事があったことに触れています。
つづいて、「ラグ(遅れ)」のやり方を説明しています。

キャスティングせずに、タテにクラブを降ろします。

インパクト後に左脇があく状態を「チキン・ウィング」とよんでいて、
興味深いです。

動画再生 YouTube 動画

「ラグ(遅れ)」のすべて 投稿者:管理人 投稿日:2008/06/19(Thu) 20:05
飛距離、パワーの秘訣はラグです。
ポイントを3つの箇条書きにしています。
こういうのを見ると、
海外のレッスンのほうが日本よりも
ラグ=タメ重視のように思われます。

動画再生 YouTube 動画

「ラグ(遅れ)」の真実 投稿者:管理人 投稿日:2008/06/19(Thu) 20:04
アベレージゴルファーの「ラグ(遅れ)」についての誤解。
ただし、当方の英語の聞き取り能力不足で、
ラグをつくれといってるのか、
つくるなといっているのか、よくわからないです。
重要ポイントはわざと隠して、思わせぶりにしているのかも…。

動画再生 YouTube 動画

タメは英語でラグ? 投稿者:管理人 投稿日:2008/06/19(Thu) 20:03
YouTubeをいろいろみていると、
日本語の「タメ」に相当する言葉は、英語では「ラグ」じゃないかと思いました。
ラグは日本では「タイムラグ」という形で使いますが、「遅れ」という意味でしょう。

「私たちがいままで見たなかで最大のラグ(遅れ)」

超タメ打ちをやっています。オーバースウィング気味で、
ジョン・デイリーみたいなスウィングです。
手持ちの撮影なので、素人投稿かもしれません。
洒落か、マジかわからんです。
これを「最大のラグ(遅れ)」と称しています。

動画再生 YouTube 動画

RE:PEPSI様 投稿者:管理人 投稿日:2008/06/18(Wed) 21:10
ガルシアのコーチの意図はよくわかりませんが、
タメが過剰になるプロの問題ではないでしょうか。
最近、YouTubeの動画をいろいろ見ました。
ベン・ホーガンのスウィングも、
そういう傾向があるように思います。
トップでコックを浅くしているベン・ホーガンの動画もあります。
コックが浅いと、ヘッドの位置が高くなるので、
プレーンがフラットすぎるのを修正しているのかもしれません。
しかし、アマにはそういう問題は存在しません。

私は、次のように想像します。

切り返しでヘッドがループする動きは、
そうするつもりはなくても多少は入ります。

ループを利用して、タメ打ちすると
クラブは寝ます。
(インサイドから打つ感じ)

私が書いたヘッドを空間に固定するというのは、
ループを利用しないということです。
そのまま真下に手を降ろすと、
寝るのは少し防げるのではないでしょうか。

(あまりに高度なことはわかりませんが)


TIPSコーナーを見て.... 投稿者:PEPSI 投稿日:2008/06/17(Tue) 15:28
切り返し〜ダウン時の腕のローテーションですが、以前何かの記事でガルシアのコーチのレッスンでダウン時の左腕のローテーションのイメージを作る方法として、左手にボールを軽く持ち、それを落とさないように左手の甲を地面に向けるようなイメージが大切という事を言っている内容の物を読みました。

ボディーターンが出来ると、『クラブが寝る』という状況が当たり前で、それを防ぐためにというか、ヘッドがインサイドに入りすぎないようにダウンスイングの速い段階でヘッドの動く(寝る)方向と拮抗する方向に左腕のローテーションが必要になってくるのでは??と思います。

ただしそれは超上級者やプロレベルに必要な事で、多少クラブが寝てインサイドからヘッドが降りてきて、フック系ボールが持ち球でも何ら弊害がない私は、管理人さんの言われる『何もしない』感覚で振った方が数倍ミスが出ないと思っていますので賛成です^^


最下点はどこか? 投稿者:管理人 投稿日:2008/06/12(Thu) 19:21
わりと長い動画です。7分53秒

最下点はどこか?、あるいは遅いリリースについて説明しています。
ハンドファーストで、最下点を左にもってくるということです。
これを見て、「遅いタイミング」について考えてください。

動画再生 YouTube 動画

デリバリー・ポジション=タメ 投稿者:管理人 投稿日:2008/06/12(Thu) 19:14
ジム・マクリーンゴルフアカデミーの人。
デリバリー・ポジションというのは、日本語に訳すと、どうなるのでしょうか。辞書を引くと、発射という意味があるので、「発射ポジション」という感じでしょうか。
この動画で見せているのは、日本語でいえば、タメにあたります。右ひじを完全に脇につけています。この位置まで、コックをリリースしなければ、十分タメの効いたスウィングといえます。つまり、「遅いタイミング」で振ることになります。「遅いタイミング」の習得のために、やってみてください。

動画再生 YouTube 動画

野球式素振り 投稿者:管理人 投稿日:2008/06/10(Tue) 23:19
デビッド・レッドベターのベースボース・スウィング・ドリル。
勉強になります。

動画再生 YouTube 動画

1本足打法3 投稿者:管理人 投稿日:2008/06/08(Sun) 13:16
けっこう長い動画です。8分56秒

1)両足をそろえて、左足を踏み出す式。
2)普通のスタンスから、左足を前に踏み出す式(クローズドになる)。
の2種類のドリルをやっています。
1のほうは、ターゲット方向に倒れ込むようにステップせよといっています。
2のほうは、1本足打法とはやや違うものと思われます。
踏み込んだときに、スクワットのように
しゃがみこむ動作を見せているのが興味深いです。
背中の筋肉を使えといっています。

動画再生 YouTube 動画

1本足打法2 投稿者:管理人 投稿日:2008/06/07(Sat) 21:13
Jeff Goble
1本足打法ですが、
足をそろえて立った状態から、左足を踏み出す式。

野球式の素振りもやっています。
バックスウィングが終わる前にステップして、
そのことによって体のコアにテンションが生まれるといっています。
そこのところは、当メソッドとは多少ちがいます。
このインストラクターは、そういうふうに受動的にテンションをつくるから、
ふところがあまりなく、手がインサイドに位置していると思うわけです。
とはいえ、とてもためになります。

動画再生 YouTube 動画

1本足打法 投稿者:管理人 投稿日:2008/06/07(Sat) 21:11
誰か知らない人の1本足打法。
とてもいいリズムです。

動画再生 YouTube 動画




Copyright © 1997-2013 ゴルフ新理論「逆パワー・メソッド」---ビッグマッスルを叩き起こせ, Tokyo Japan, All Rights Reserved.