ゴルフ新理論 逆パワーメソッド スウィング理論
逆パワーメソッド熟成版 逆パワーメソッド増補版 ゴルフなんでも掲示板 ゴルフなんでも掲示板過去ログ TIPSコーナー
インフォメーション バックナンバー 相互リンク
  【ゴルフなんでも掲示板 過去ログ(116)】



貴重なご意見、ありがとうございます。抜粋です。
(1がもっとも古い)
1〜4は以前開設していた「ご意見コーナー」にお寄せいただいたものです。

■目次
最新 | 194 | 193 | 192 | 191 | 190 | 189 | 188 | 187 | 186 | 185 | 184 | 183 | 182 | 181 | 180 | 179 | 178 | 177 | 176 | 175 | 174 | 173 | 172 | 171 | 170 | 169 | 168 | 167 | 166 | 165 | 164 | 163 | 162 | 161 | 160 | 159 | 158 | 157 | 156 | 155 | 154 | 153 | 152 | 151 | 150 | 149 | 148 | 147 | 146 | 145 | 144 | 143 | 142 | 141 | 140 | 139 | 138 | 137 | 136 | 135 | 134 | 133 | 132 | 131 | 130 | 129 | 128 | 127 | 126 | 125 | 124 | 123 | 122 | 121 | 120 | 119 | 118 | 117 | 116 | 115 | 114 | 113 | 112 | 111 | 110 | 109 | 108 | 107 | 106 | 105 | 104 | 103 | 102 | 101 | 100 | 99 | 98 | 97 | 96 | 95 | 94 | 93 | 92 | 91 | 90 | 89 | 88 | 87 | 86 | 85 | 84 | 83 | 82 | 81 | 80 | 79 | 78 | 77 | 76 | 75 | 74 | 73 | 72 | 71 | 70 | 69 | 68 | 67 | 66 | 65 | 64 | 63 | 62 | 61 | 60 | 59 | 58 | 57 | 56 | 55 | 54 | 53 | 52 | 51 | 50 | 49 | 48 | 47 | 46 | 45 | 44 | 43 | 42 | 41 | 40 | 39 | 38 | 37 | 36 | 35 | 34 | 33 | 32 | 31 | 30 | 29 | 28 | 27 | 26 | 25 | 24 | 23 | 22 | 21 | 20 | 19 | 18 | 17 | 16 | 15 | 14 | 13 | 12 | 11 | 10 | 9 | 8 | 7 | 6 | 5 | 4 | 3 | 2 | 1 |






過去ログ検索
カスタム検索


石川遼くん、もう一丁 投稿者:管理人 投稿日:2008/06/05(Thu) 22:24
テストでもうひとつ貼ってみました。
画像をクリックすると、YouTubeの動画が見られます。

動画再生 YouTube 動画

石川遼くんの1本足打法 投稿者:管理人 投稿日:2008/06/05(Thu) 22:12
テスト的に、YouTubeの動画を貼り付ける機能を付加してみました。
YouTubeで気に入った動画を発見したら、
そのURL(上の細長い窓に書いてある)の
末尾11桁を入力してください。
よろしくお願いします。

とりあえず、石川遼くんの1本足打法です。
左足が地面についたとき、
瞬間、待ってからダウンする感じを見てください。

動画再生 YouTube 動画

体で 投稿者:管理人 投稿日:2008/06/05(Thu) 19:18
書き込みありがとうございます。
的確がどうかわかりませんが、
手で振るのではなく、
体で振るということではないでしょうか。
(とくに下半身)


コースと練習場 投稿者:畠中 投稿日:2008/06/05(Thu) 10:56
はじめまして。65歳男性、172cw、59kg。退職して集中的にゴルフを再開しております。100前後でラウンド。
さて、フエァーウェイウッドで、練習場では100%近く失敗はしないのに(多少の芯をはずれることはあっても)、コースではなかなかうまくいきません。練習場は、起伏高低がなく、また、メンタルな面でコースとは条件が異なると説明されます。それはそれで理解できるのですが、あまりにもそのギャップ(コースと練習場での出来の差)が大きく最近、練習がいやになることもしばしばです。
調子のいいご質問かもしれませんが、何かヒントになるコメントをいただければ幸いです。

スライド 投稿者:管理人 投稿日:2008/06/01(Sun) 20:16
返信遅くてすみません。
スライドしてかまいません。


切り替えし 投稿者:hiro 投稿日:2008/05/30(Fri) 20:21
始めまして ひろです
切り替えしですがトップから左足を踏み込んで上半身を戻らないように一捻りします
が、その一瞬に左半身が左にスライドする感覚は正しいのでしょうか、それとも左半身が後ろに回りこむ感じが正しいのでしょうか


いい感じです、、が 投稿者:でござる 投稿日:2008/05/25(Sun) 09:51
管理人さん お世話になってます。 大変効果がでてきてます。 切り返しで ぐっと遅らせていくかんじが 今までよりも 距離にかなりつながってるかんじです。まだ向心力をつかって H/Sを上げるのはできてませんが 。  
で またお聞きしたいのは パターは どのように 打ってるのでしょうか? はずしたくない 1mのいやなラインとか。 きっと そこにも 工夫のストロークとかあるのでしょうね 何か1つでも ストロークのヒントがあれば 教えていただけませんか? よろしくおねがいします。


Re:その調子で 投稿者:管理人 投稿日:2008/05/16(Fri) 00:26
頑張ってください。


ありがとうございます。 投稿者:TW 投稿日:2008/05/15(Thu) 08:04
TOPでの肩と腕の関係をキープしたまま無意識のまま打っているという事を書き込みましたが、正確には『無意識』を意識して打っている感じです。

あと【逆パワー・メソッド増補版】(第6回)の【腰とシャフトの角度を135度に保つアプローチ。】
このテイストでアプローチも通常のショットも打っている感じがしています。

あと、『右腰と手はボルトで完全に固定されているイメージです。すると、腰と手は完全にシンクロして回転します。手が腰を追い抜いてはいけません。』

この部分が私のいう『体の右サイドでインパクト』しているような感じと通ずる感じです。

です右腰と手はボルトで完全に固定されているイメージです。
すると、腰と手は完全にシンクロして回転します。
手が腰を追い抜いてはいけません。

ですが、スイング後に客観的に自分の体の動きを感じてみると、まだまだ腕を使った感が残りますので、最終的にインパクト周辺で腕を使っていると思います。

そこら辺をもっと勇気を持ってスイングしてみたいと思います。

またご指導いただければ幸いです。

無意識 投稿者:管理人 投稿日:2008/05/14(Wed) 22:57
四川省の1日も早い復旧をお祈り申し上げます。

>>TW様
書き込みありがとうございます。

無意識でスウィングして素晴らしいスウィングをする
人もいるでしょう。それは天才です。
無意識でスウィングしたら、欠点だらけというのが
われわれ凡人です。
無意識でもやってることは千差万別なので
無意識だけでは、なんともいいにくいです。

一般論ですが、ビデオに撮ってみたとき、
ダウンスウィングの前半部分で、腰と肩の回転差があれば、
とてもいいスウィングです。
これができている人は、かなり少ないです。

インパクトではヘッドが走って左に抜け、
左脇が自然に締まるのがベターですが、
手が右側にあっても問題ないです。
女子プロ的なスウィングだと思います。

スウィングの後半部、手でリリースしているかどうかを
見分ける方法はないと思います。
ただ、ほとんどのアマは早いリリースですので、
早いリリースだと思ってまず間違いないと思います。


質問です。 投稿者:TW 投稿日:2008/05/13(Tue) 16:06
今から数ヶ月前に、タイガーウッズのスイング動画と自分のスイング動画を見比べて決定的な違いを発見し、その違いを埋めるべく練習していた時に不思議な感覚でスイングが出来始めたんです。

それは、アドレス時はグリップやクラブはおおまかに体の正面にありますが、トップの位置では右肘が支点となっているためグリップは体の右サイド(右肩側)にあります。


意識はそのまま(その位置のまま)打っちゃう感じなんです。

私の場合左腰を戻すようなイメージで切り返しが始まり、腰と肩の捻転差は変わらず腕はずっと体の右サイドにあり(右肘が右脇腹にくっつくため)そのまま回転していくと、何故かいつの間にか右肘が伸びてボールをヒットしている感じなんです。

よく言われる『体の正面でインパクト』という感じはまったくなくて、体の『右サイドでインパクト』してフォロー(四時くらい)で体の正面に腕やクラブが来るという感じです。

体の正面でインパクトを向かえるために一生懸命腕を振ってたときと比べ、180度違うスイングをしている感じがし、ボディーターンの入り口に立ったような感じがしてますが、感覚的には間違ってないでしょうか??

あと動画を見て、アームターンの人とボディーターンの人の決定的な違いの見分け方等があれば教えて頂きたいです。

よろしくお願い致します。



ありがとうございます。 投稿者:BUICK 投稿日:2008/05/10(Sat) 22:42
管理人様

早速ご回答頂き有り難う御座いました。
感激しております。

自転車に乗れた瞬間の様に、いったん乗れてしまえば、それまでの乗れなかった時の
感覚が全く分からなくなってしまう様な感じかと想像しておりました。遅いタイミ
ングを発見してしまえば、それまでの早いタイミングがどうしても思い出せない、
みたいな・・・

「ふらふらするかもしれない」の部分、もう少し考えてみます。ここはメソッド習
得を目指す際、非常に重要なカギである気が致します。

霧が晴れた様だとまでは言い切れないのですが、特に最近は体の力を余すことなく
球に伝えられている感覚があります。これは管理人様に認めて頂ける様な開眼ではな
いと思いますが、とても遅いインパクトはしています(しているつもりです)。

管理人様のこれまでの全ての表現、ご指導にただただ敬意を表します。本当に素晴らしいメソッドです。

これからも宜しくお願い致します。


自然ということ。 投稿者:管理人 投稿日:2008/05/10(Sat) 21:52
BUICK様

書き込みありがとうございます。

1)遅いタイミングの世界と、早いタイミングの世界は
非連続で、まったく別の世界です。

調子がいいとか、悪いとか、
そういう問題ではなく、絶対的に世界が違います。
タイミングの違いはほんの紙一重ですが、
それが、まったく異なる世界を形成します。

ただ、移行期にふらふらするというのは
あるかもしれません。

2)2つの世界を行き来することは、
ほとんどないことです。
プロはプロの世界、アマはアマの世界です。

自分は打ち分けはできません。
テレビで、よく横田真一プロが曲打ちをしていましたが、
ああいうことをやると、微妙にタイミングが早くなります。
それでも、アマの世界とは違います。

3)後半に書かれていることは正しいと思います。
※スウィングの前半は関係ないです。
手が右腰のところに来たあとです。

ただ、それと矛盾しますが、
遅いタイミングといっても、
それはとても自然なもので、
ほんとうに「自然」なので、
当時者の意識は「何もしない」ということ、
あるいは「当たり前」という感じでしょう。

ですから、プロにはアマの悩みがわからないと
先日書きましたが、それはただただ「自然」だからです。

遅いタイミングの世界の住人は、特別な人(ハンデ0とか)を除けば、
アマにはいませんので、
よっぽどうまい人以外は、この症例に該当すると考えてください。


無題でござる 投稿者:BUICK 投稿日:2008/05/10(Sat) 17:33
すみません、誤字がありました。
9行目です(汗)

 誤:「意図的に遅い・・」
 正:「意図的に早い・・」

失礼致しました。



質問させて下さい。 投稿者:BUICK 投稿日:2008/05/10(Sat) 17:30
管理人さま、皆様、初めまして。
BUICKと申します。
初めて投稿させて頂きます。どうぞ宜しくお願い致します。

長い間RPMを拝見させて頂いており、スイング習得の指標にさせて頂いております。
数点の疑問がありますので、ご回答頂ければ幸いに存じます。

1.遅いタイミングを発見出来た後は、体内に好循環回路が形成されるまでは従来の
早いタイミングがミスとして出てしまうものなのでしょうか?

2.管理人様は遅いタイミングでも早いタイミングでも打つ事が可能なのでしょうか?
また、幼少期から遅いタイミングで打っているプロゴルファーは意図的に遅いタイ
ミングで打つ事も出来るのでしょうか?

私が良い感覚で打てている時は、、、

・テイクバックは両肩とクラブの位置関係を崩さない意識のみ(クラブは両肩の間)

・切り返しは左腕がゴムの様に伸び、肩の回転を遅らす事によって胸の前に広い空
間が維持され、そこに柔らかくクラブを鉛直に落下させるのみ。

・インパクトも飛球方向に力は一切使わず、左広背筋と右腰が同時に力点となっ
た感覚でハンドファーストに球を押し潰す。

・勝手に頭が残る。

といったイメージ・感覚です。
ご意見頂ければ大変ありがたく思います。

どうぞ宜しくお願い致します。



ヘッドスピードを上げる 投稿者:管理人 投稿日:2008/05/08(Thu) 22:26
>>ゲンさま

書き込みありがとうございます。

遅いタイミングに慣れながら、
そのなかで、手を使わずに、体でいかにヘッドスピードを上げるかを
探るといいと思います。

すぐにコツのようなものがわかると思います。
で、それを洗練させていけばいいのではないでしょうか。

私の場合、繰り返しになりますが、
左手を引きつけて、右手を伸ばすという感じです。
そのとき、遼くんがチャレンジしているように、
左手はしっかり握ることで、
前腕のローテーションが点になって
先鋭化するように思います。




開眼の先 投稿者:ゲン 投稿日:2008/05/07(Wed) 07:22
管理人様、先日は
ご意見いただきありがとうございました。

遅いタイミングがみつかりました。

>リリースしないことが目的ではなく、
リリースせずに振ることによって、
遅いタイミングの存在を「発見」することにあります。

タメというのも、
タメが目的ではなく、
遅いタイミングの存在を「発見」することにあります

この言葉のおかげでした。
必要な物を履き違えてたんですね・・・

プッシュスライスの先に本当のドローボールがあるみたいな感覚はあってるでしょうか?
練習場でジュニアみたいに飛び跳ねながら遅いタイミングで打っております
(↑逆パワーが必要?)

ここで質問なのですが、このままとことん遅いタイミングにこだわって練習すればいいでしょうか?


タイミングを手でつくると… 投稿者:うみぼうず 投稿日:2008/05/06(Tue) 09:18
管理人様有り難うございます。

よく「形を作る」と言われますが、
これを理解するのが難しいです。

インパクトの時に腰が切れてない?開いてない?
へそがターゲットに向かって無く
へそがボールを見てるってのが
「形を作ると」いうことの理解で
良いと考えるのですが・・・

そこが出来ていると仮定しても
テェイクバックがインサイドに引かれていれば
プッシュアウト!

一つ一つが正解でも、全てを正解しなければ
ナイスショットには、成らないのが
ゴルフの難しさ
奥の深さ


ENU? さんおひさです
数年前に書き込んだときに励ましていただき
救われた気持ちになりました。
この頃発言が無く、どうされたのかと思ってました。
ゴルフは、奥が深いですね!



タイミング 投稿者:でござる 投稿日:2008/05/03(Sat) 17:40
管理人さんどうもありがとうございます。なんとなく よくなってきたかんじです。トップにいって コックがふかくなっていきそのままのながれで 折り返しのかんじがなく一方通行のままダウンに移ってより深い溜となっていき(左腕とシャフトの角度がさらに深く)そのままインパクトをするってかんじが なんか プロのタイミングのように思えます。 うまくまだ言えませんがなんかそんなかんじでいいようにおもえてます。 さらに 精進しますね。また報告いたします 。 


タイミングを手でつくると… 投稿者:管理人 投稿日:2008/05/02(Fri) 23:13
書き込みありがとうございます。

うみぼうず様

書かれていることは、その通りで正しいと思います。

ぎりぎりまでフェイスは開いた状態で、
シャフトも飛球線に平行な感じです。

うみぼうず様は該当しないと思いますが、
そういう動作も、手でつくっては意味がありません。
ここが、むずかしいところです。
手でタイミングをつくろうとする動作を捨ててこそ、
遅いタイミングを体得できるのですが、
誰もが、自分は手でタイミングをつくっていないと
言い張ります。

自分の場合、昔の手打ちのときは、
手でそういう形をつくっていました。
ただの振り遅れでした。とほほ。

ENU? 様

たしかに、そういわれると、腕が伸びるのと、最下点は
一致していないような気がしました。

私の場合、腕が伸びるのは
打ったあと、
4時半ぐらいでしょうか。


あくまでもスイングのリズムが主体 投稿者:ENU? 投稿日:2008/05/02(Fri) 20:46
そのようなタイミングで腕が伸びるリズムでスイングする。




すると、 投稿者:ENU? 投稿日:2008/04/30(Wed) 18:15
ヘッド軌道と腕の伸びは位相が若干ずれていて、ドライバーではヘッド軌道が最下点を過ぎてから両腕が伸展するが、アイアンではヘッド軌道が最下点前に両腕が伸展する。

スイングの感覚からすると、ドライバーもアイアンもヘッドはどちらもボールより左に(ダウンブローに捕らえる。ボールより左が最下点)に振り下ろしているのだが、どうした訳か、ドライバーではヘッドの最下点はボールよりも右にありアッパー軌道でインパクトを迎えるようです。

インパクトの後も、若干の違いがあり、ドライバーは自然に上がって行くのに従えば良いが、アイアンは積極的に巻き取る動作が必要な気がする(インサイドインの感覚)。




腕はいつ伸びる 投稿者:ENU? 投稿日:2008/04/30(Wed) 17:56
逆パワーには関係ないですが、、
両腕が最も伸びるのは何時か。

ドライバー
5時半〜5時40分
(アドレスの位置は5時50分かな)

アイアン
6時5分〜6時7分
(アドレスは6時5分かな)

アイアンはインパクトの後は左に巻き取る





切る? 投稿者:うみぼうず 投稿日:2008/04/30(Wed) 13:56
早々、有り難うございます

質問がヘタですみません

インパクトの時に手首を返すのではなく
あげたグリップをそのまま降ろすと
手首を返さずにそのまま降ろす状態になり
インパクトでは、何故かヘッドが返り
球に当たってしまいます。

ボールの手前を切るイメージで振り下ろすと
インパクトが迎えられその後に右手が
返っていくイメージ
意識の中では全くヒットするモノが無く
手首が自然に返り球に当たってしまう

自分から打ちに行かなければ
振り遅れになりませんか?

言い回しが難しくて、



糸の切れたタコ 投稿者:管理人 投稿日:2008/04/29(Tue) 22:14
書き込みありがとうございます。

>>でござる様

書かれていることで、正解だと思います。

あと、でござる様には該当しないと思われる
一般論ですが、
そういう正しい形でも、手でつくっている場合があります。
手でつくっている人は、切り返しの瞬間、脱力していません。
この脱力は、無重力状態、あるいは中途半端な感じと
表現していますが、なかなか伝わりにくいものです。
で、新しい表現を考えました。

私の場合、アーリーコックで、
テイクバックではシャフトは棒のイメージ、
ダウンではヒモのイメージです。
切り返しの瞬間、棒はヒモになるのですが、
そのとき、ヒモをハサミで切る感じです。

つまり、切り返しの瞬間、
ヘッドを糸の切れたタコ状態にします。

よく、ヘッドと体の引っ張り合いという人がいますが、
(それは間違いだとは思いませんが)
切り返しの無重力とは、引っ張り合いをなくして、
糸を切る感じだと思います。
糸の切れたタコは、完全に無重力になります。

>>うみぼうず様

すみません、あまりよくわからなかったです。
一般論で申し訳ないのですが、
切り返しを手でつくっている人は
それほど多いわけではありませんが、
インパクトを早いタイミングで振っているという症状は
ほとんどすべてのアマに該当します。
よほどうまい人(ハンデ0とか)以外は、
みんなタイミングが早いと思ってもらっていいです。
これは、紙一重なんですが、
この紙一重が決定的に重要なのです。

答えになっているかどうかわかりませんが…。


切る? 投稿者:うみぼうず 投稿日:2008/04/29(Tue) 19:12
管理人様、教えてください

私の場合、トップから球の手前を切るイメージ
で振ってます。
決して球を打ちに行っているのでは無く
手首を返さない様に、フェースが横になった状態?
トップからフェースの面を変えないようにして
球の手前を切る!イメージなのですが・・

インパクトの後、左腰のちょっとしたくらいで
右手が返って行くイメージです

これは振り遅れですか?

イメージの話なので何とも言い様がありませんが
とりあえず、コックを維持するような感覚
ただ、何が何でもコックを維持してるわけでは
ありません

言葉の表現はムズイ


うーん 遅いタイミング。 投稿者:でござる 投稿日:2008/04/29(Tue) 09:26
お世話様です。 遅いタイミング リリースしない  を自分なりの感覚なんですがどうなんでしょうか 管理人さんに おうかがいしたいんですが。
バックスイングで 上げたヘッドの描く大きな円がトップでヘッドの重みで少し下がりますよね で その下がった(小さくなった)体との距離のままダウンスイング以降振っちゃうってかんじは自分なりにはいい感じなんですが 、、、上げていった円よりも ダウンは小さな円で 振り下ろすみたいなかんじというか、、 どうなんでしょうか? ちがうかなあ? 、、


開眼、あるいは意識を変える 投稿者:管理人 投稿日:2008/04/28(Mon) 21:15
ゲン様、書き込みありがとうございます。

スウィングを見ていないもので、
なんともいえませんが、一般論を。

「遅いタイミングに変える」というのは、
そう簡単にマスターできるものではありません。

遅くしようと思って遅くできる人はいないと思います。
それは、意識が邪魔をしているからです。
なので、意識を変えずに、体で解決しようとすると、
まちがったことをしている可能性があります。

「遅いタイミング」は、プロには空気のように当たり前のことで、
とりたてて説明しようとは思わないでしょう。
できる人には当たり前で、技術の問題ではありません。

しかし、タイミングの早いアマが
遅いタイミングに変えるには、
自分の意識という壁を乗り越えなければなりません。

ムリに遅くするのではなく、
自分でリリースをしているのをやめればいいのです。
そうすると自然に遅くなります。

必要なのは、意識改革です。

で、「リリースしない」という練習も、
リリースしないことが目的ではなく、
リリースせずに振ることによって、
遅いタイミングの存在を「発見」することにあります。

タメというのも、
タメが目的ではなく、
遅いタイミングの存在を「発見」することにあります。

なぜ、「発見」がむずかしいのか?
自分でリリースしているからです。

その「気づき」がなければ、前進しないので、
(つまり、シャンクもありえる)
開眼はオールオアナッシングです。





Copyright © 1997-2013 ゴルフ新理論「逆パワー・メソッド」---ビッグマッスルを叩き起こせ, Tokyo Japan, All Rights Reserved.