ゴルフ新理論 逆パワーメソッド スウィング理論
逆パワーメソッド熟成版 逆パワーメソッド増補版 ゴルフなんでも掲示板 ゴルフなんでも掲示板過去ログ TIPSコーナー
インフォメーション バックナンバー 相互リンク
  【ゴルフなんでも掲示板 過去ログ(112)】



貴重なご意見、ありがとうございます。抜粋です。
(1がもっとも古い)
1〜4は以前開設していた「ご意見コーナー」にお寄せいただいたものです。

■目次
最新 | 194 | 193 | 192 | 191 | 190 | 189 | 188 | 187 | 186 | 185 | 184 | 183 | 182 | 181 | 180 | 179 | 178 | 177 | 176 | 175 | 174 | 173 | 172 | 171 | 170 | 169 | 168 | 167 | 166 | 165 | 164 | 163 | 162 | 161 | 160 | 159 | 158 | 157 | 156 | 155 | 154 | 153 | 152 | 151 | 150 | 149 | 148 | 147 | 146 | 145 | 144 | 143 | 142 | 141 | 140 | 139 | 138 | 137 | 136 | 135 | 134 | 133 | 132 | 131 | 130 | 129 | 128 | 127 | 126 | 125 | 124 | 123 | 122 | 121 | 120 | 119 | 118 | 117 | 116 | 115 | 114 | 113 | 112 | 111 | 110 | 109 | 108 | 107 | 106 | 105 | 104 | 103 | 102 | 101 | 100 | 99 | 98 | 97 | 96 | 95 | 94 | 93 | 92 | 91 | 90 | 89 | 88 | 87 | 86 | 85 | 84 | 83 | 82 | 81 | 80 | 79 | 78 | 77 | 76 | 75 | 74 | 73 | 72 | 71 | 70 | 69 | 68 | 67 | 66 | 65 | 64 | 63 | 62 | 61 | 60 | 59 | 58 | 57 | 56 | 55 | 54 | 53 | 52 | 51 | 50 | 49 | 48 | 47 | 46 | 45 | 44 | 43 | 42 | 41 | 40 | 39 | 38 | 37 | 36 | 35 | 34 | 33 | 32 | 31 | 30 | 29 | 28 | 27 | 26 | 25 | 24 | 23 | 22 | 21 | 20 | 19 | 18 | 17 | 16 | 15 | 14 | 13 | 12 | 11 | 10 | 9 | 8 | 7 | 6 | 5 | 4 | 3 | 2 | 1 |






過去ログ検索
カスタム検索


リリース 投稿者:max coffee 投稿日:2007/12/28(Fri) 09:47
管理人さま、
いつも興味深く拝見しております。
遅いタイミングで打った結果がハンドーファーストのインパクトというお話を聞いて、いろいろ解らなかったことがすっきりしてきました!
ところで、ここで仰られている「リリース」なのですが、もう少し詳しくおしえていただけませんでしょうか。

>そのままリリースせずに振れば、
ただの振り遅れです。

リリースというのはコックの解放という意味なのでしょうか?(自分はそのように解釈しています)だとすればリリースをしなければ振り遅れではなくクラブヘッドがボールの上を通過すると思うのです。つまりボールに対して縦の関係的に届かないという意味のようなきがします。管理人様が仰っている「振り遅れ」というのはボールに対して横の関係上、シャフトを含めたヘッドが届かないということと理解します。上体に対してクラブが直角関係を維持出来ていない状態ともいいましょうか・・・
リリースのベクトルを私が間違って理解している可能性もありそうです(汗)
う〜む〜わからない(笑)
何ともこのあたりがモヤモヤとしております。
ここがわかればマトリクスの向こうの世界に行けるような気がしております。
ご返事いただければ幸いです。

悪循環を乗り越える。 投稿者:管理人 投稿日:2007/12/27(Thu) 22:18
(下のつづき)
遅いタイミングに変えるためのひとつの練習は、、
リリースせずに振ることです。

当メソッドでは、タメ打ちをめざしているため、
クラブは立って降りてきます。
そのままリリースせずに振れば、
ただの振り遅れです。
で、振り遅れにならないように早めにリリースするから、
遅いタイミングにはできないわけです。

しかし、早いタイミングでリリースしていると、
シャフトのキックがインパクトに同調しないため、
いつまでたっても、アマチュア感の残るスウィングです。
これが、悪循環です。

<遅いタイミングなら→スライスする>という悪循環を
断ち切るためには、どうするのか。

勇気をもってさらに遅いタイミングで振ることです。
「毒をもって毒を制する」というヤツでしょうか。

死ぬ気でやってみると、シャフトのキックのタイミングが
リリースと一致して、
振り遅れのようでありながら、スライスしないという
魔法のゾーンがあることを知るわけです。

その魔法のゾーンこそが、プロができて、
アマにはできない重要なものです。


遅いタイミング 投稿者:管理人 投稿日:2007/12/26(Wed) 22:47
書き込みありがとうございます。

(下に書いたつづき)
ハンドファーストでも球が上がるというのは、
ボールより先でターフを取るということと通じます。

いずれにしても、インパクトで手の位置が左側にあり、
手が左側にある分、シャフトが傾いた状態で、インパクトすることになります。
これが、遅いタイミングで打つということを別の表現で
いったものになります。

遅いタイミングで振れば、
振り遅れてスライスするというのが、通常人の推論です。
(当然でしょう)

しかし、下の投稿に書いたように、
その遅いタイミングが、シャフトのキックのタイミングとぴったり一致していれば、
<遅いタイミングなら→スライスする>という論理を
突破することができます。

しかし、通常の場合、ただでさえスライスするのに、
さらに遅いタイミングにすれば、余計にスライスするのではないかと
直観的に感じて、遅くする動作にブレーキがかかってしまいます。

つまり、<スライスを防ぐために→早いタイミングで振る>というのは
悪循環になっていて、なかなか抜け出すことができず、
それがアマゴルファーにとっての壁になっています。


自然に・・ですね 投稿者:焼きはまぐり 投稿日:2007/12/26(Wed) 00:53
管理人さま

いつも適切なアドバイスありがとうございます。
体重移動により自然と左へ動く…ですね。(坂Tプロの下りに書いてありました。汗)思いっきり膝を開けていたんですが、体重が乗り切らなくなって悩んでおりました。

もっと練習します。ありがとうございました。


投稿者:管理人 投稿日:2007/12/25(Tue) 21:32
書き込みありがとうございます。

切り返しで膝は左に行かなければなりませんが、
私の場合、それを意識することはないです。

昔、スキーにはまっていたことがあるので、
足の裏の感覚重視です。
足の裏の全体でベタっと踏み込みます。
そうすると、膝は左に行きます。

スキーでは、「抜重」という概念があって、
浮いたような状態を指しますが、
ゴルフの切り返しは、そういうふうに、
浮いた状態というのはよくないです。
トップで、手を高く上げて、
浮くようになるのもいいことではありません。
ジュニアはそういう傾向がありますが…

切り返した瞬間は、
地面を足の裏でぎゅっと踏みつけ、
重心を低くするような感じがいいと思っています。

とはいえ、感覚はそれぞれなので、
こだわっているわけではありません。


分かっちゃいるけど止められない♪ 投稿者:焼きはまぐり 投稿日:2007/12/25(Tue) 01:02
メロさま
グリップは比較的どんなレッスン書でも同じ握り方を推奨しているようなので、それ(2グリップ)が基本なのではないでしょうか?
ウィークにすると確かに右手が追い越しやすくなるでしょうが、ストレート軌道の球が低くなる(引っ掛けが真っ直ぐに行く)気がします(当社比。以前やってみた)。

あと、軸の件ですが最近考えているのが腰と肩の2つの軸をずらすことです。(先に言いますが出来てません。汗)
ダウンスイングで捩れ差ができると同時に腰の回転軸(左股関節)は肩の回転軸(首?)より飛球線方向にずれます。そしてその軸の間(股間)にグリップエンドを引き込むことでヘッドの横走りが始まる。
という流れです。出来ないですがイメージとして取り込んでます。

管理人さま
たくさんのコメントありがとうございます。特に「懐の…」と「頭を残す」のアドバイスは過去ログを読んで痛いほど理解しているんです。「頭」では(笑)。

みなさま一つ質問ですが、切返しで左ひざは意識的に動かしてますか?それとも逆パワーにより、勝手に動いてますか?
本当に図々しくて申し訳ありません。長文失礼しました。


頭を残す 投稿者:管理人 投稿日:2007/12/24(Mon) 22:04
書き込みありがとうございます。

インパクトで頭を残すには、
下にも書きましたが、腰を突っ込みながらも、
肩はあまり回さない感じになると、
自然にアゴが残るようになると思います。
(私感ですが)
そのとき、上体は完全脱力です。
脱力するほど、肩は開かなくなり、
思い切って腰を押し込むことができます。
そうするといい形になります。
さて、どんなもんでしょうか?


難しい話です。 投稿者:メロ 投稿日:2007/12/24(Mon) 21:22
管理人さま、焼きはまぐりさま、キックさま
レス、有難う御座います。

焼きはまぐりさま
ちなみに、私もビギナーの域を脱する事ができていません。あしからず。

■グリップに関して
あくまでも、私の意見です。いろいろ試してみて、今はスクエアからウィークの方が良さげだと言う事です。理由は、インパクト時に手の甲が飛打球方向を向いている方が
(1)肩⇒手⇒シャフト⇒ヘッドのラインが一直線にしやすい。(若干ハンドファーストをイメージ)
(2)ヘッドの向きをイメージしやすい。(手の甲の向き=ヘッドの向き)
です。
(3)ヘッドが勝手に返ってくれる。
※実際私は、割とフックグリップだったのですが、スクエア〜ウィークにしてみて左への引っ掛けが少なくなったような気がします。

■首のうしろに力を込めることについて
私の(いや、このHPに来た全員といってもいいかも)望みは、飛距離を稼ぐことです。
飛距離を稼ぐには、一般的に考えられることは、
(1)ヘッドスピードを上げる
(2)ミート率を上げる(この言葉の定義は実はよく分かっていません。個人的には芯にあたる確率のことかと考えてます。)
このメソッドは、基本的に(1)に該当すると考えています。
私の考えでは、ヘッドが最も速くなる位置でボールに当たらなければ意味がない。
つまり、ヘッドを最も速く走らせるとは、ヘッドが手を追い越す、ボールに当たる直前のことだと考えました。
その動作を体で行うためには、インパクト直前の50cm前(この数字に根拠はないです)あたりで首のうしろ辺りに力を込める感じがするのです。俗に言う「頭を残せ」です。ダウンスイングの前半部で左への体重移動を行い、インパクト付近では、頭は元の位置へ戻ろうとするようなイメージで力を込めます。これが、私のイメージでは首の後ろ付近に力を込める感じです。

個人的にですが、インパクト付近は首の後ろに力を込める感じ=懐が深くなると言った感じでしょうか?

長々とすいません。


ハンドファースト 投稿者:キック 投稿日:2007/12/24(Mon) 07:35
管理人様へ
インパクトではハンドファーストですが
アドレスの状態では、どのあたりがいいのでしょうか?
中立【脱力した位置】ハンドファースト【インパクトの位置】それともあまり関係ない?


懐の大きな男… 投稿者:管理人 投稿日:2007/12/24(Mon) 00:39
書き込みありがとうございます。

懐が大きいというのは、
ダウンスウィングのときに、
肩が腰よりも遅れている状態で、
なおかつ、手がインサイドにズレておらず、
その結果、胸の前に空間があるような状態を
さしていると思われます(たぶん)。

このように、肩は腰より遅れることが重要です。
そのとき、手は遅れ気味ではありますが、肩に対してスクエアです。
この状態がとても大切です。

腰に対して肩を遅らせば、遅らせるほど、
スウィングは簡単になります。
そのことを身体で理解すると、
上体は自然に脱力するようになります。

で、ここで大切なことは、
肩を遅らせるのであって、手を遅らせるのではない
ということです。


ハンドファースト 投稿者:管理人 投稿日:2007/12/24(Mon) 00:33
書き込みありがとうございます。


遅いタイミングで打つと、手は体の左側に位置する(ハンドファースト)
ことになり、理屈の上では、
インパクトでロフトが小さくなるはずで、
そうすると低い球が出そうです。
にもかかわらず、プロは高い球を打ちます。
それはなぜでしょうか。

それが可能になるのは、
シャフトが前方にキックする瞬間に
球をとらえるためで、
シャフトのキック分だけダイナミックロフトが大きくなるからと
考えられています。

つまり、手の位置をハンドファーストにして、
なおかつシャフトのキックを使って
球を上げるという打ち方は、
遅いタイミングで打たなければ、不可能であり、
アマにはなかなかできないことだと思います。


首の後ろ 投稿者:管理人 投稿日:2007/12/24(Mon) 00:20
書き込みありがとうございます。

私の場合、首に力を入れることはありませんが、
左に平行移動するのを抑えようと意識することはあります。

一般に軸を動かさないというのは、
そういうことを表現していると思います。

で、左に平行移動するのを抑えるとき、
首を意識するのはいいと思いますが、
首に力を入れるのはちょっておちがうのではないかと…
つまり、意識するのは首であっても、
力を入れるのは「抵抗」の力で…
と思うわけです。


首の後ろ 投稿者:キック 投稿日:2007/12/23(Sun) 00:08
グリップは人それぞれにあった形があり一体感が大切と思います。
大事なのはグリップの位置ハンドファーストはよくありません。
首の後ろも脱力です。
首も肩も腕も手首もとことん脱力



360÷3=120° 投稿者:焼きはまぐり 投稿日:2007/12/22(Sat) 19:30
メロさま

私の様なチョービギナーにお声がけありがとうございます。(最近ココも寂しいですね…)

私の場合は左手2ナックル(過去ログ参照)です。
握り方を詳しく言うと左手は、掌底の膨らみ、人差し指の第一・第二関節の間の節、親指で支えていて、120°ずつの時がバランスいいようです。
右手は中指・人差し指の第一関節を左親指の反対側くらいに引っ掛けます。
(この間の食わず嫌いで落合監督がバットを持ってましたが、右手はこの2ほんだけで構えてました。)

首については左後に力が入ってますが、ただの力みな気がしてます。


懐・・・ 投稿者:メロ 投稿日:2007/12/22(Sat) 16:31
焼きはまぐりさま

懐の大きい男になりたいですね。確かに。
プロの谷原選手とかかなり懐大きいですよねー。

ところで、グリップについて思うことがあります。
最近気付いたのですが、手を使わないためには、相当ウィークグリップにした方がいいのでは?なおかつクラブは、中指の第二関節だけに引っ掛ける感じ。左右ともに。
インパクト時は手の甲が飛打球方向に向くよう意識する。フックグリップでは、これができないと思いました。
※しかし、ウィークグリップはバックスイングからダウンスイング前半において手首がなんか気持ち悪い感じがします。

つまり、逆パワーはウィークグリップで握った方がよい?とか思った次第です。
(関係ないかもしれませんが・・・)

あと、もう1点。
インパクト付近では、首の後ろ付近に思いっきり力を込める感じがしますがいかがなもんでしょう?





懐の大きい男になりたい 投稿者:焼きはまぐり 投稿日:2007/12/21(Fri) 00:35
>管理人さま、キックさま

アドバイスありがとうございます。
私はインサイドにシャフトが寝やすいので、その防止策になるかな?と。
やりすぎておかしくならないように気をつけます。連続素振りの時は寝ないんですけどねぇ…

鏡は飛球線後方と正面からは良く見るんですが、ターゲット方向からは見たことありません。今度試してみます。ありがとうございます。
(ウチの会社のトイレには何故か姿見があるw)

切返し後、ダウンの時に右懐にスペースを作れればそこへ落とすだけなんでしょうが、これが難しい・・・


8の字 投稿者:キック 投稿日:2007/12/20(Thu) 12:18
私も8の字の感覚に気付いた瞬間がありました。
等身大の鏡、または窓ガラスなどを飛球線ターゲット方向に置き映ったスイングを確認すると「8の字」から「オンプレーン」への感覚が分かりやすいと思います。かなり意識した脱力が必要となります。私の場合ですが・・
機会があればお試しください。


無題でござる 投稿者:管理人 投稿日:2007/12/19(Wed) 00:51
8の字はいいと思います。


8の字ループ・・・ 投稿者:焼はまぐり 投稿日:2007/12/17(Mon) 12:51
管理人様
いつもありがとうございます。

連続素振りをしていて思ったのですが、トップで無重力感を得るにはある程度ループの時間がある気がします。

で、その時にアウトへループしてから縦に降りると(極端に言えば8の字を描くと)振り遅れてもインパクトでスクエアになるような(球を打ってないので分かりませんが)
もちろんオンプレーンが一番なのでしょうが皆さまはいかがでしょうか?(当たり前?勘違い?)

>kazさま
私のようなヘボの感想で恐縮ですが、私は若干見えてます。が、全く意識してません。
ヘッドやネックの形状・ライ角で変わるのでは?(私のはPING型です)


気持ちよく 投稿者:管理人 投稿日:2007/12/16(Sun) 23:26
書き込みありがとうございます。

細かいことは気にせず、気持ちよく振ってください。
注意点は、手を使わないこと。
スライスが出たとき、手で修正しないこと。
これだけです。
本メソッドは形について、あまりいいません。
気持ちよく、ダイナミックに振ればいいと思います。


悩んでます・・・ 投稿者:マッスル 投稿日:2007/12/14(Fri) 19:00
管理人さん、皆さん、日々逆パワー・メソッドに真摯に取り組まれている事と思いますが、皆さんがここで言われる様に色んな細部感覚を試行錯誤しながら(あの「打撃の神様」川上哲治氏も日々試行錯誤していることにビックリ・・・)鍛錬の事と思いますが、何だか・・・全身の筋肉が妙に萎んでしまったり・・・逆に膨れ上がったり・・・傾いて上手く歩き難かったり・・
・特に視線の焦点が合わなくなったり・・
・とにかく身体に不調をきたしませんか?
何だか、気分まで優れなかったり・・・。
神経質なだけかしら???
 どうですか?きちんとできる様になれば
爽快になるのかな???




パッティングのアドレスについて 投稿者:kaz 投稿日:2007/12/10(Mon) 12:55
パッテングのアドレスで構えたとき、パターのフェース面は僅かでも見えるものでしょうか?パターといえども4度程度のロフトがありますので、頭の真下にボールがあれば、僅かでも見えるはずです。いままで気にしていなっかたのですが、先日ショップでスコッティキャメロンをいつものように構えてみたら、フェースが見えた事に構えやすさを感じたので、多分いままでは見えていなかったんだと思います。基本はどうなのか、また皆さんは見えているのか、どなたか教えていただければ幸いです。


愕然・・・ 投稿者:メロ 投稿日:2007/12/08(Sat) 22:29
メロです。

本日も練習してきた訳ですが、私の左から飛び出る球筋に愕然としました。
身長185cm、体重85kgくらいの体型の外人さんが、ドライバーを振り回していたわけですが、その球筋と来たら。。。「こいつ、すごいな〜!」って感じでした。

いままで、見てきた球筋と明らかに異質でした。100Yくらいまでずっと低く、150Yくらいから伸び上がり放物線の頂点を向かえずに200Yのネットに突き刺さる!(ドライバー)

いままで、その練習場で見た中で「飛んでそうやなー、この人」と思う人でも、打った後低い所から伸び上がる人っていなかったので正直ビビリまくりで、見とれてしまいました。

その外人は、クセは若干あるけど、見た感じ「手打ち」ではないような綺麗なスイングでした。

逆パワーを体得し、あんな球筋を目指したいものです。

と言う今日の報告でした。




re: 随意筋? 投稿者:管理人 投稿日:2007/12/03(Mon) 22:21
ご指摘ありがとうございます。

そうですか、腸腰筋は随意筋ですか。
たしかに、『ピッチング革命』にあるモモを引き上げる運動も
随意筋でないとできないような気もします。
そうすると同書のなかに不随意筋と書いてあるのは
まちがいということになります。

ただ、速球投手が無意識のうちに腸腰筋を使っているというのは
正しいようにも思えます。

謎が残りますね。



随意筋? 投稿者:kimurataro1go 投稿日:2007/12/03(Mon) 01:16
腸腰筋は股関節を屈曲する主要な筋肉で随意筋です。
誤解なさらぬよう、書き込まさせていただきました。
膝を伸ばした腹筋運動で腰を痛めるのは、
腸腰筋を使うことで腰椎に負担がかかるためです。
この例で随意筋だと御理解いただけたでしょうか?


ききあし 投稿者:キック 投稿日:2007/12/02(Sun) 07:57
nagan様
きき足は私も一つのポイントだと思います。
というのは、
骨盤の歪みにより立った状態では腰の位置、仰向けに寝た状態では足の位置が均等でない人が多くいると思うからです。
この左右の腰の位置の違いにより、良く回る方向と回りづらい方向が出てくると私は考えています。

肩甲骨の位置も左右が違う人が多いと思います。骨盤の歪みからくるものなのか、筋肉の発達や柔軟性の違いからくるものなのか、わかりませんが、これもポイントだと思います。

私は、日常生活で靴下やズボンをいつもと逆の足から履いたり、階段もいつもと逆の足から上り下りしています。歩くときには肩甲骨の位が高いほうの肩を意識して脱力しながら歩いています。
これが結構難しい・・・


皆様!有難うございます。 投稿者:nagan 投稿日:2007/12/02(Sun) 01:41
管理人様、板を失礼致します。
レスを付けて頂いた方々、有難うございます。
逆打ちを提案させて頂いた訳ですが、腕と言うより、効き足との加減かも知れません。
ちなみにホーガンも逆打ちですよね!
効き足(踏み切る足)が前なのがキモかもしれません・・・
管理したい筋肉は腕よりも体幹ですよね!
自分自身で人体実験をしてみます!


了解っ! 投稿者:メロ 投稿日:2007/12/02(Sun) 00:05
管理人様
助言有難う御座います。

私の経緯を少し述べさせてください。

(1)友人に縦振りを薦められた。
(2)いろいろ調べて行くうちにこのHPに辿り着いた
(3)このメソッドにいたく感服
(4)体得に向け、日々練習
(5)成果
 ○インパクトの音が変わりアイアンは10Yは飛距離伸び、高さが出るようになった。
(6)副作用
 ○フック打ちに変わった。
  (左に出てそのまま左に曲がるのが多くなった)

今日じっくり回す練習してみて分かった事は、(6)の左に出なくなった事です。8割ほどほぼストレート(フェードに近い)。残り二割ほど、ストレートより右に30度くいらいに出る感じでした。(その二割の内、スライス系で力ない感じが8割くらい)

腰を速く切りすぎると左に出て、ゆっくりすると右にでる。
助言頂いたとおり、はじめゆっくり、あと速くが、丁度よくなるのかと思いました。

ダウンスイングの前半=「切り返しを丁寧に」=「じっくり腰を回す」

難しいのは、ダウンスイングの後半どこから腰を速く回転して逆パワーを解放してゆくか?です。

間違ってたら、指摘下さい。
 
まだまだ、真のアスレチックスイングを目指し練習します。




前半と後半 投稿者:管理人 投稿日:2007/12/01(Sat) 20:56
>>メロ様

誤解があったかもしれませんが、
腰の動きは
前半はゆっくり、後半は速くです。
タイガー・ウッズでも回転は超速いので、
練習時のためにはゆっくりと理解していただければと思います。


またしても勘違いっ! 投稿者:メロ 投稿日:2007/11/30(Fri) 23:47
すません。

利き腕の話ではなく、腕を使わないためには、利き腕と反対回転側(右利きは時計回り)を使ったほうが逆パワー体得の近道という論点だったのですね。
(なぜならば、利き腕は使ってしまいやすいから)

腰の回転スピードに関しては、やはり良くわかりません。メソッド中の「にー」を長く取れってことを言っているのだとは思いますが。
ここまで、書いて気付きました。私が逆パワーを体得できない理由はここにあるのかと。
※頭では理解できていないのは、「ゆっくり腰を回すと手を使ってしまいそうやけど。。。」ってところです。

明日、「じっくり」腰を回す練習してみます。



左で打つ 投稿者:管理人 投稿日:2007/11/30(Fri) 22:15
書き込みありがとうございます。

>>nagan様、メロ様、
右利きの人は左手が不器用なので、
左で打ったほうが手先を使いにくいというのはあるかもしれません。
右手というのは知らないうちに出てしまうもので、
それはほんとうに気づかないものなので、やっかいです。

>>キック様
たしかに同感です。


管理人様へ 投稿者:キック 投稿日:2007/11/30(Fri) 12:24
管理人さまへ
逆パワーは腰を「速く回転」して、肩を開かないことですか?
それとも、「じんわり?じっくり?沈み込み回転」して、肩を開かないことですか?
私は、後者と考え速さ、素早さはなんとなく表現があっていないと思います。
どうでしょう?
すごく、重要なことだと思うのですが?


後手で叩かない 投稿者:焼きハマグリ 投稿日:2007/11/30(Fri) 10:03
naganさま

はじめまして、焼きハマグリと申します。

多くの書籍などでも「アマチュアは右手で叩きに行くのが良くない」と書いてあるので、そういう意味では利き手を前にすることにメリットがあると思います。
が、逆パワーが出しやすい方(右回り・左回り)で打つことが重要なので、そちらを優先すべきではないでしょうか?

私は悩めるヘッポコの1人なので、よくは分かりませんが。SMドリルで「こうかな?」が固まりつつある所です。


追記 投稿者:メロ 投稿日:2007/11/29(Thu) 23:20
エラソーなことを言っておいて、なんですが、困った事に、私は当メソッドを体得しておりません。すません。





Copyright © 1997-2013 ゴルフ新理論「逆パワー・メソッド」---ビッグマッスルを叩き起こせ, Tokyo Japan, All Rights Reserved.