ゴルフ新理論 逆パワーメソッド スウィング理論
逆パワーメソッド熟成版 逆パワーメソッド増補版 ゴルフなんでも掲示板 ゴルフなんでも掲示板過去ログ TIPSコーナー
インフォメーション バックナンバー 相互リンク
  【ゴルフなんでも掲示板 過去ログ(106)】



貴重なご意見、ありがとうございます。抜粋です。
(1がもっとも古い)
1〜4は以前開設していた「ご意見コーナー」にお寄せいただいたものです。

■目次
最新 | 194 | 193 | 192 | 191 | 190 | 189 | 188 | 187 | 186 | 185 | 184 | 183 | 182 | 181 | 180 | 179 | 178 | 177 | 176 | 175 | 174 | 173 | 172 | 171 | 170 | 169 | 168 | 167 | 166 | 165 | 164 | 163 | 162 | 161 | 160 | 159 | 158 | 157 | 156 | 155 | 154 | 153 | 152 | 151 | 150 | 149 | 148 | 147 | 146 | 145 | 144 | 143 | 142 | 141 | 140 | 139 | 138 | 137 | 136 | 135 | 134 | 133 | 132 | 131 | 130 | 129 | 128 | 127 | 126 | 125 | 124 | 123 | 122 | 121 | 120 | 119 | 118 | 117 | 116 | 115 | 114 | 113 | 112 | 111 | 110 | 109 | 108 | 107 | 106 | 105 | 104 | 103 | 102 | 101 | 100 | 99 | 98 | 97 | 96 | 95 | 94 | 93 | 92 | 91 | 90 | 89 | 88 | 87 | 86 | 85 | 84 | 83 | 82 | 81 | 80 | 79 | 78 | 77 | 76 | 75 | 74 | 73 | 72 | 71 | 70 | 69 | 68 | 67 | 66 | 65 | 64 | 63 | 62 | 61 | 60 | 59 | 58 | 57 | 56 | 55 | 54 | 53 | 52 | 51 | 50 | 49 | 48 | 47 | 46 | 45 | 44 | 43 | 42 | 41 | 40 | 39 | 38 | 37 | 36 | 35 | 34 | 33 | 32 | 31 | 30 | 29 | 28 | 27 | 26 | 25 | 24 | 23 | 22 | 21 | 20 | 19 | 18 | 17 | 16 | 15 | 14 | 13 | 12 | 11 | 10 | 9 | 8 | 7 | 6 | 5 | 4 | 3 | 2 | 1 |






過去ログ検索
カスタム検索


左手の引きつけ 投稿者:管理人 投稿日:2007/05/20(Sun) 23:55
書き込みありがとうございます。

>>masaさま

そうしますと、問題は高度かつ微妙な
ところにあると思われます。

たとえば、男子プロが20ヤードぐらいのアプローチをした
フィニッシュの写真に注目してください。
手はかなり体に引きつけられ、
体の近くに納まっています。
それは、体で打つスウィングだと
自然にそうなる感じです。
その「感じ」がとても重要だと思いますが…
(はずれていたらすみません)

そういう小さなアプローチが、
ばかばかしく思えても、
じつは開眼への近道だと考えます。
(下で紹介したもの)
※どこかに余計な力が入っているのではないか
というのが私の予想です。


返事ありがとうございます 投稿者:masa 投稿日:2007/05/20(Sun) 21:04
インパクトゾーンへはグリップから入っていきます。
完全にドスライスだなと思うようなコックをした状態から、急激に・・その後左手の小指を中心に右拳が追い抜く様な動作が起こっていると感じるのですが・・調子が悪いとグリップがお腹から離れてシャンクするんだと思います。(引っ張られる力で手元がヘッドに引っ張られて負けている?)
ボール1個分アドレスよりもヘッドが離れると説明すれば良いのでしょうか。
シャンクするから離れて打つといった応急処置はしていません。
手を通すラインを低く体のぎりぎりで振るといった意識で振ると幾分シャンクは納まりますが、腕を意識している感じがありますし・・。
上手くいっていないのかもしれませんが、このサイトを見るようになり劇的に距離もアップしておりますし、クラブヘッドはこんなにも強く地面を叩けるんだと新しい発見を出来ているのも事実です。
良きアドバイス宜しくお願いいたします。


グリップエンド先行 投稿者:管理人 投稿日:2007/05/20(Sun) 20:32
書き込みありがとうございます。

masa 様

インパクトゾーンでは、
グリップエンドがボールのほうへ向かうように
振りますが、
その点はできていますでしょうか。
これが、いわゆるタメ打ちというやつです。


無題でござる 投稿者:masa 投稿日:2007/05/20(Sun) 03:48
ここのサイトを非常に参考にさせて頂いております。
管理人様に質問です。
インパクトの時にヘッドが横へ移動する時にクラブヘッドが真上から見た場合自分から離れようとしてシャンクします。
これを嫌って肩の開きを抑えた右腰後ろから降りてくるような軌道のダウン〜ハーフウェイダウンは間違いでしょうか?
左手のグリップエンドがお腹から離れないような意識の方が良いのでしょうか?
文面では難しいですが、辛口のアドバイス宜しくお願いいたします。


金縛りのつづき 投稿者:管理人 投稿日:2007/05/18(Fri) 23:23
トップをインサイドにすると、
脱力を妨げ、切り返しで固まってしまうから
よくないわけです。

このようなトップにおける金縛りの動作を
切り返しにおける「引っ張り合い」であるとかんちがいし、
スウィングの正しい動作であると
考えている人も多いです。
たしかに、上半身はインサイドに、
下半身は踏み込みなので、
「引っ張り合い」ではあります。
正しいと思うから、余計に治せないです。

しかし、この「引っ張り合い」はまちがった理解です。

これは容易に抜け出せない「金縛り」を生むだけです。

トップに達する一瞬前に
下半身を始動するというレッスンに
私が賛成しないない理由もここにあります。
脱力ができるプロはそれでいいのでしょうが、
手でインサイドに引っ張るアマは、
それでは固着てしまうだけです。


選択 投稿者:管理人 投稿日:2007/05/18(Fri) 23:20
ゴルフスウィングには、
個人が好みで選択できる個性の領域と、
だれもが同じようにやるべき絶対的な領域があります。
両者をきちんと区別することが重要と考えます。
つまり、個性にまかせればいい領域を
あれこれいじるのは無意味かつ有害です。
で、アドレスにつきましては、
どちらでもいいと思います。


アドレスについて 投稿者:てふてふ 投稿日:2007/05/18(Fri) 15:46
管理人さんに 質問したいのですがよろしくお願い致します。 アドレスでのグリップエンドの向きはどこを向いてるのがよいのでしょうか。 左股関節 または へその方か よくY型 逆K型とかって いいますが どこが ベストなのか あるのでしょうか? よく疑問に思いますのでお願いします。


ドライバーの感覚 投稿者:ENU'?' 投稿日:2007/05/18(Fri) 09:53
クラブを振り始めて5年
トップの感覚が変わりました。
今までは肩の上に上げている感じだったと思うのですが、今は、軸の右側にある感覚です。シャフトが軸の右側にあって尚且つ軸の回転方向と平行(円弧に対する接線)のような感覚です。
インパクトではそれが、軸を起点とする放射線上に移動する。
トップからは、接線から放射線、そして放射線から接線でスイングが終わる感覚です。

では、いずれまた、、(^^)/~
***** FROM ENU '?' *****


肩をインサイドに 投稿者:Kaz 投稿日:2007/05/17(Thu) 00:17
「振り子のリズムで
肩をインサイドに
手はあくまでも中立+脱力」
管理人さまから教えていただいたポイント
すごく調子がよく、感謝いたします。


素手 投稿者:黙ってはいられない! 投稿日:2007/05/17(Thu) 00:04
はじめまして。
グリップを研究し始めてはや15年となり、結論めいた発見?をしましたので黙っていられず投稿しました。
やっぱり、ホントの上達するならグリップを研究してください。アドレスも、スウィングの形も、飛距離も格段に良くなりますよ。対処療法では、いつもで経っても、同道巡りになります。私もそうでした。  
おかげさまで、私はここ10年以上、グローブをつけたことがありません。雨の日も汗ばむ暑い日も!グローブ代もかからないから、良い事だらけです。





金縛り 投稿者:管理人 投稿日:2007/05/16(Wed) 22:11
書き込みありがとうございます。

>>へっぽこごるふぁ様

力を入れるのは、切り返しのときで、
逆パワーにより力を「抵抗」として
振り絞ります。
------------------------
トップで手をインサイドに引っ張る件

何日か前に書いたような気がするので補足

多くのアマはトップで手の位置が
インサイドにあります。
けっこう多いのですが、
これはよくないという話です。

トップインサイド症候群の人は、手の力を使って、
トップの位置をムリにインサイドに
引っ張っているということです。

形はまあどうでもいいのですが、
重要な問題があります。

そういう人に切り返しで
「手を脱力してください」というと、できません。
なぜなら、脱力すると、
手がアウトサイドに出てしまうからです。

つまり、脱力するとアウトサイトに手が
出ていってしまうので、
どうしても脱力ができない
金縛り状態におちいっているわけです。

笑っちゃうかもしれませんが、
こういう理由で、
切り返しの脱力がどうしても
できないゴルファーが多くいます。

これは抜け出すのがむずかしい
悪魔のサイクルです。

問題点に気づいて
悪魔のサイクルから抜け出しましょう。


ありがとうございます 投稿者:へっぽこごるふぁ 投稿日:2007/05/16(Wed) 09:00
管理人様、ご指摘ありがとうございます。
開眼なんてまだまだですぅ。
でも手を使っていることが理解できたと思います。管理人様も述べている通り、手を使っていることが理解できると使わないようにする事も出来ると思っております。ですので、タイミングをより遅くする事や、右手を使おうと思えば使えることも今は感じ取る事が出来ます。(つもりかもしれませんが・・・)何度も述べて申し訳ないのですが、力が今までよりも必要じゃなくなっているのだけが、気になっております。背筋というか体全体と言うか大きな筋肉を使用している感じはあるのですが、歯を食いしばってまでの力の入れようが無いのです。本当に、腰をクルリンとまわしているだけです。(切り返しから捻転差を維持している筋肉は必要ですが・・・)個人的には、シャフトを水平から振り子のリズムは手を使っている使っていないを感じ取れるドリルでした。またアドバイスお願いします。


ヘッドと友だち 投稿者:管理人 投稿日:2007/05/15(Tue) 22:53
書き込みありがとうございます。

>>へっぽこごるふぁ様
そんなに早く開眼するとも思いにくいですが、
いい方向に行っていると思います。
がんばってください。

シャフト水平から水平アプローチで、
勢いを使うと、なぜいけないか…
やはり、それはリリースしているからでしょう。
早いタイミングでリリースすると、
シャフトのキックが波打って(イメージ)、
スウィングに生かすことができません。

ヘッドの重みだけでクラブはどのように動くか、
その動きを知り、
その動きを最大限に生かすということは
シャフトのキックを生かすことでもあります。
勢いを使うと、その動きはわかりません。

ヘッドの重みと友だちになることは、
シャフトと友だちになることでもあります。


追伸 投稿者:へっぽこごるふぁ 投稿日:2007/05/15(Tue) 14:03
それとベンホーガンのモダンゴルフに記述されている左手の動き(手首を巻き込んだような)or左手首の動きそのものじゃないかと感じました。間違った方向なのでしょうか?


解ったような気がします 投稿者:へっぽこごるふぁ 投稿日:2007/05/14(Mon) 22:08
管理人様、貴重なアドバイスありがとうございます。
管理人様のドリルをしてみて、手を使っている感覚が理解できたような気がします。非常に頼りないインパクトですが、ヘッドの重みとヘッドの抜けを感じられます。(感じられては、まずいのでしたっけ?)ちょっと気になるのは、今までに比べ力が必要に無くなった気がします。本メソッドでは、100球打つのも苦しいぐらい力が必要であるのに比べ、今のイメージでは、何級でも打てるような気がします。それと、ヘッドが走っているせいか、球筋がドローになってきています。それとも少々方向が間違っているのでしょうか?


勢いを使わないこと 投稿者:管理人 投稿日:2007/05/14(Mon) 21:09
書き込みありがとうございます。

しつこく補足

シャフト水平から水平へアプローチするとき、
ついつい水平より振り幅が大きくなっていませんか。
もし、そうなっていたら、
勢いを使っている可能性大です。

勢いを使っても、
振り子のリズムに変わりはないと思われるでしょうが、
ここが説明しにくいところで、
このレッスンでいう振り子のリズムではないのです。
雑誌に書いてあるのもそういう意味だと思います。
なぜなら、そう理解しないと、
すべての人は振り子のリズムで振っているわけで、
記事にする意味がないからです。

書いているうちにだんだんわかってきました。

振り子のリズムで振るということは、
勢いを使わずに振るという意味です。
ここのところを理解してください。

勢いを使って、ヘッドを加速させることを
「クラブが走る」と思っている人もいますが、
それは完全な勘違いです。
「ヘッドが走る」というのは、
もっと遅いタイミングで発生するものです。

ですから、勢いを使った
まったくまちがったスウィングから
脱出することが、
振り子のリズムという意味です。
勢いを使ったスウィングを
やめることに、この練習の主眼があります。

何の勢いも使わずに、
ただ、重みだけでヘッドを落下させます。
それがコツです。


てふてふ様へ 投稿者: 投稿日:2007/05/14(Mon) 20:23
開眼していないので解説は難しいのですが
某プロゴルファー様のSMドリルをやっていて
感じた、クラブの納まる所について管理人様に質問をしました。

ですが、実際はあまり意識してはいけない事だと思います。(意識すると手打ちになりやすい?)
スイングした結果、そこにクラブがあればいいと考えています。(私のレベルでは)

SMドリルやってみてください。
なんとなく判るかもしれません。

なんてこと? 投稿者:てふてふ 投稿日:2007/05/14(Mon) 13:23
丸さんのインパクトの図ですが ぼくにはまるでさっぱり 理解できないんですが それを管理人さんは理解できるんですねすばらしいです。
で 丸さん もうすこし わかりやすく 図の解説おねがいできますか?

ヘッドの重み、ヘッドの勢い 投稿者:管理人 投稿日:2007/05/13(Sun) 21:34
振り子のリズムをつかむためには、
小さなアプローチをやります。
ボールを打たず、家の中でもできます。
シャフト水平から水平まで、
左手1本でまずはじめてください。
ヘッドの重みを使って振ります。

とこのように書いても、
かなりわかりにくいと思いますが…。
正しい振り方と
まちがった振り方のちがいは
きわめて微妙なものです。
その微妙な違いを感じるための練習です。

このとき重要なことは、
勢いを一切使わないことです。
えー、つまり、重みと勢いはちがうんです。
勢いは使わず、重みだけを使います。
わかりますか?

ちょっとでも勢いを使うと練習が無意味になります。
うまく打つための練習ではなく、
振り子のリズムを知るための練習ですので。
勢いがついていると、
それはここでいう意味の振り子じゃない(!)んです。

ヘッドの重みと友だちになることです。


たびたび 投稿者:Kaz 投稿日:2007/05/13(Sun) 19:49
たびたびありがとうございます。
リズムよく肩をしっかりいれ、
背中でボールを運べるように
がんばってみます。


振り子のリズムって 投稿者:へっぽこごるふぁ 投稿日:2007/05/13(Sun) 11:27
いつも参考にさせていただいております。
少し前の書き込みで「振り子のリズム」ってありましたが、自分の場合左手の小指辺りを支点とする振り子感覚はありますが、振り子のリズムは感じられません。ただ、振っているのではなく、クラブヘッドが走るので、トップで作った右手の角度を維持するようにするため、耐えています。それが、良く連続写真でクラブが逆にしなる動きに繋がるのかなぁと勝手に理解しております。管理人様、少しアドバイスをいただけたら幸いです。


肩をねじる 投稿者:管理人 投稿日:2007/05/12(Sat) 17:15
書き込みありがとうございます。

>>Kazさま

多くの人は、
ねじろうとすると、あるいは粘ろうとすると
手をインサイドへ引っ張ります。
そうではなくて、
肩をインサイドにやります。
手はあくまでも中立+脱力です。



お答えありがとうございます。 投稿者:Kaz 投稿日:2007/05/11(Fri) 23:20
「ねじり」の件、ありがとうございます。
「腰と肩の回転差」ですが、私の場合、ヒールアップはしませんが、トップの位置で通常いわれているように腰45度、肩90度くらいの「回転差」はできていると思います。ただそれが管理人様が言われる「ねじり」なのかは疑問です。あまり緊張感がないのです。私の場合「ねじる」つもりでテイクバックを行うとどうしても「変な力」が入り、肩のはいりが浅くなりよい結果が得られにくいようなのですが…
「ねじり」には緊張感がなければならないのでしょうか?



いつも 投稿者: 投稿日:2007/05/11(Fri) 22:09
スイングの迷い、不安についてお答え
いただき本当にありがとうございます。
自分を信じきれず管理人様を
頼ってしまいまう私です。

管理人様、確認させてください。
左脇が締まることは良いことですよね?



自己レスにて失礼 投稿者:kimurataro1go 投稿日:2007/05/11(Fri) 22:04
禁断のインパクトの部分を読んで、
下のスウィングでは合格点はもらえないことがわかりました^^;
 禁断のインパクトの中で『インパクトの直前、左手の小指側(グリップエンド)を少し、左股間にひきつけます。』と述べられていますが、これが、ヘッドをターンさせる秘訣なんですね。


無題でござる 投稿者:kimurataro1go 投稿日:2007/05/11(Fri) 21:45
皆様、色々なアドバイスを戴きありがとうございます。
目指すべきスウィングのイメージとは
1.腰の回転を先行させ
2.クラブの重さに任せてダウンスウィングを開始
3.上半身はクラブが腰の辺りに下りてくるまでは、右を向いたままで我慢
4.インパクトへ
といったイメージで良いのでしょうか?



いろいろ 投稿者:管理人 投稿日:2007/05/11(Fri) 20:52
書き込みありがとうございます。

>>丸様
インパクト後、リリースされて、
まず(1)のところに行って、
次に、左脇が締まる人は
(2)のところに納まります。

>>kimurataro1go様
べた足を推奨しているわけではありません。
逆パワー・メソッドの構成につきましては、
以下をごらんください。
http://golf.ws27.com/main/text14.html

>>Kaz 様
ねじりはあったほうがいいと思います。、
ゴルフスウィングでもっとも重要なことは、
腰と肩の回転差をつくることです。
これこそが奥義です。
回転差さえあれば、スウィングはものすごく楽です。
手で振る必要もなく(そこから問題が派生する)、
ただ、体を回せばよくなります。
その回転差をどうやってつくるかです。
本メソッドでは逆パワーを理論化しています。
それがアスレチックスウィングの真髄であると
考えています。


力の入れ方 投稿者:Kaz 投稿日:2007/05/11(Fri) 18:39
トップまでで物凄い力をつかうのではなく、腰を飛球線方向に開いた際にトップの位置にクラブをとどめるために力を使う感覚ですかね。管理人様、あっていますでしょうか?


身体のねじれ 投稿者:Kaz 投稿日:2007/05/11(Fri) 17:58
たびたびすみません。正しいかどうかは判りませんが…
私の場合、よく他のレッスン書やTVのレッスン番組(有名プロがやっている。)のようにバックスイングで「ゴムのように身体をねじる」あるいは「引き絞る」様な感覚はまったくありません。ただ「右向け右」でオンプレーンを意識しながら左肩が入り腰は閉じ右足股関節にしっかり乗ることのみ意識してクラブを立てるだけです。バックスイングでボールをヒットするわけではないと思うのです。
このページに出会ってすごく楽になったことが2点あります。1つはゴルフのスイングは振り遅れてもいい(振り遅れたほうがいい)ということと、バックスイングで「ねじり」をつくらなくてもいいということです。


これって、正しい動きなんですか? 投稿者:kimurataro1go 投稿日:2007/05/11(Fri) 14:51
なるほど、アスレチックスウィングの所以が良くわかりました。
両足をベタ足で踵を浮かさないようにして、身体のねじれと肩甲骨の緊張感を感じた所で、開放してあげると、リストコックなど考える暇もないくらいにスウィングできるのですね。しかし、これはかトップまでで物凄い力を使っている感じがしますね。


ボディターンで打つスウィング 投稿者:kimurataro1go 投稿日:2007/05/11(Fri) 12:07
皆さんのアドバイスを生かして練習をしてみました。
気がついた点は上半身で球を打ちに行こうとしないことが大事なのかなということです。どうも、腕の動きよりも先に上半身が動いてしまうとどうしても振り遅れてしまうのですね。
ボディターンで打つ心得としては、
1.下半身を鋭く回転する
2.腕は特に意識せず
3.上半身はなるべく後ろで粘る
でよろしいのでしょうか?


すみません 投稿者: 投稿日:2007/05/10(Thu) 22:24
あきらめました。
管理人様よく考えてイメージでお願いします。


がんばってもう一度(2回目) 投稿者: 投稿日:2007/05/10(Thu) 22:20
     ○
    ●
===○
これでどーだ!


がんばってもう一度 投稿者: 投稿日:2007/05/10(Thu) 22:13
(2)のゾーン出口
      ○
     ●
--------○


(2)の描きなおし 投稿者: 投稿日:2007/05/10(Thu) 22:11
(2)のゾーン出口
○ 

 -------○ 


禁断のインパクトゾーン 投稿者: 投稿日:2007/05/10(Thu) 22:09
管理人様へ
【逆パワー・メソッド増補版】(第19回)
禁断のインパクトゾーンの中で
壁に当たって方向転換したクラブは
真上から見るとどこに向かうのでしょうか?
  ←----------飛球線
  
 -------  -------
  ↑ ○●○ ↑
 クラブ ↑ クラブ
    頭と肩
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
・ゾーン入り口
(あえていえばの図のすこし前)
    ○  -------
     ●
      ○ 
 (1)のゾーン出口
 -------   
    ○●○

 (2)のゾーン出口
○ 

 -------○ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
がんばって図を描きましたが、
分かりづらくすみません・・・
お聞きしたいのは、
(1)のように飛球線から同じ距離に
平行にくるんと返るのか?
それとも
(2)のように飛球線から離れた距離に
平行にくるんと返るのか?
あえていえばどちらですか?





Copyright © 1997-2013 ゴルフ新理論「逆パワー・メソッド」---ビッグマッスルを叩き起こせ, Tokyo Japan, All Rights Reserved.