ゴルフ新理論 逆パワーメソッド スウィング理論
逆パワーメソッド熟成版 逆パワーメソッド増補版 ゴルフなんでも掲示板 ゴルフなんでも掲示板過去ログ TIPSコーナー
インフォメーション バックナンバー 相互リンク
  【ゴルフなんでも掲示板 過去ログ(101)】



貴重なご意見、ありがとうございます。抜粋です。
(1がもっとも古い)
1〜4は以前開設していた「ご意見コーナー」にお寄せいただいたものです。

■目次
最新 | 194 | 193 | 192 | 191 | 190 | 189 | 188 | 187 | 186 | 185 | 184 | 183 | 182 | 181 | 180 | 179 | 178 | 177 | 176 | 175 | 174 | 173 | 172 | 171 | 170 | 169 | 168 | 167 | 166 | 165 | 164 | 163 | 162 | 161 | 160 | 159 | 158 | 157 | 156 | 155 | 154 | 153 | 152 | 151 | 150 | 149 | 148 | 147 | 146 | 145 | 144 | 143 | 142 | 141 | 140 | 139 | 138 | 137 | 136 | 135 | 134 | 133 | 132 | 131 | 130 | 129 | 128 | 127 | 126 | 125 | 124 | 123 | 122 | 121 | 120 | 119 | 118 | 117 | 116 | 115 | 114 | 113 | 112 | 111 | 110 | 109 | 108 | 107 | 106 | 105 | 104 | 103 | 102 | 101 | 100 | 99 | 98 | 97 | 96 | 95 | 94 | 93 | 92 | 91 | 90 | 89 | 88 | 87 | 86 | 85 | 84 | 83 | 82 | 81 | 80 | 79 | 78 | 77 | 76 | 75 | 74 | 73 | 72 | 71 | 70 | 69 | 68 | 67 | 66 | 65 | 64 | 63 | 62 | 61 | 60 | 59 | 58 | 57 | 56 | 55 | 54 | 53 | 52 | 51 | 50 | 49 | 48 | 47 | 46 | 45 | 44 | 43 | 42 | 41 | 40 | 39 | 38 | 37 | 36 | 35 | 34 | 33 | 32 | 31 | 30 | 29 | 28 | 27 | 26 | 25 | 24 | 23 | 22 | 21 | 20 | 19 | 18 | 17 | 16 | 15 | 14 | 13 | 12 | 11 | 10 | 9 | 8 | 7 | 6 | 5 | 4 | 3 | 2 | 1 |






過去ログ検索
カスタム検索


グリップで調整ですか・・・ 投稿者:馬顔 投稿日:2006/07/13(Thu) 00:01
ENU'?'様

グリップで調整とは、凄くいい案ですね。私の場合、指摘されてから通常グリップになったんですが、どうもフェイスが開いた状態で当たっているようなんです。ですから、私の場合は、ストロングで握ると少しは返りがいいのかもしれません。週末にでもやってみます(球打ちの際に)。

ほにょ様

SMドリルは確かに体力を消耗します。ですから、私の場合、非常にゆっくりと形を整えながら振って(1回のスイングに30秒程度かけてます)、2時間ぐらいやりました。ただ、今日はほにょ様が驚かれたのを受けて、1時間に止めました(実はかみさんに止められて・・・)。

ただ、それだけやっても、実際に球を打ってみないと自信も何もあったものではないので、週末までみっちりSMドリルをやって(私のやり方があっているかどうか分かりませんが・・・)、週末に実践してみたいと思います。

2つひかかる点があるので、教えてください。

インパクトに行く時、左脇を締めることで、フェイスが返ってインパクトすると思われるんですが、如何でしょうか(SMドリルをやっているとそういった感じになったんですが・・・)。

あと、インパクトの後の左腕の動きなんですが、左乳首ぐらいから左側面に向かって、体に沿うような感じになるんですが(実際はこすっている感じ)、如何でしょうか?この辺がどうも納得出来ない理由になっているようなので、教えて頂ければと存じます。

いつも教えてばかりで申し訳ございませんが・・・まだ自分でも納得できない点があり、このメソッドの良さを実感できていないので、ご勘弁頂ければと存じます。

フェースの返り 投稿者:ENU'?' 投稿日:2006/07/12(Wed) 23:07
フェースの返りは日によっても違うし時間によっても違う。同じようにスイングしているつもりでも、インパクトのときに返り過ぎていたり返ってなかったりすることがある。スイングの度に違うともいえる。<下手だから。
少なくとも一、二回は素振りして、どの程度フェースが返るのか確かめて、それからアドレスに入っても遅くない。
返り過ぎるなと思えば、若干グリップをウィークにして、逆ならストロングにして、それでまたスイングしてみて、きっちりと真ん中に返っているのを確認してからアドレスに入っても、決して遅くはない。

では、いずれまた、、(^^)/~
***** FROM ENU '?' *****

私こそ羨ましいです 投稿者:ほにょ 投稿日:2006/07/12(Wed) 09:20
馬顔さま

SMドリルを2時間やったんですか!!
薦めた当の本人は2,3分で限界なのに(笑)
その熱意と体力に敬服致します。
私はSWのハーフスイングにてSMドリル的な練習たまにをします。つかまった低い弾道が出ます。

しかし体脂肪9%ですか!?羨ましい限りです。体脂肪を増やすなんてもったいない。
筋肉を増やして体重UPすればまさにアスリートの体じゃないですか。

馬顔さま 投稿者:せんねん 投稿日:2006/07/12(Wed) 07:58
>せんねん様ご自身は、連続写真(一番上が女性の方)の3番目ですか?

上と下はお手本で、僕のはお手本に挟まれた真ん中のやつです(^^;

http://homepage2.nifty.com/maet/6.html

SMドリルやってみました 投稿者:馬顔 投稿日:2006/07/11(Tue) 23:00
皆様へ

 SMドリルを実際にやってみました(じっくりと)。2時間程度やってみましたが、足の関節(特に膝)やら背中の筋肉やらがやたらいたくなりました。あと右手首も・・・(右手首の角度を変えまいと必死にこらえたんですが・・・・?????)
 SMドリルにのっていらっしゃる方々(生徒??)は、フォローあたりでシャフトがよく当たっているようでしたが、私の場合、インパクト時に左脇をしめ、左肘を体の左側面にくっつける感覚で振ってみたところ、シャフトやグリップが体に当たらずに振り切れました。
ただ、不安なのが、これで本当にボールに当たるか否かです。試しに1回グリップを握って、ゆっくりとSMドリルのスイングを再現してみましたら(出来ているかどうかわかりませんが・・・)、間違いなくトップするぞっ、という感じのスイングになっていました(体がインパクト時に浮いている???)。
 更にメソッドを探求し、極めるべくがんばります。皆様も開眼に向けてがんばりましょう。

うらやましいです 投稿者:馬顔 投稿日:2006/07/11(Tue) 20:47
せんねん様

せんねん様のHP見させて頂きました。せんねん様ご自身は、連続写真(一番上が女性の方)の3番目ですか?私もいつかはああいったフォームに仕上げたいですね(今はこのメソッドを、ハーフスイングで練習するのが手一杯です・・・汗???)。

ほにょ様

確かに左手の引き付けは意識して行うものではないと思います。ただ、左手の引き付けはやり方間違えるとあらぬ方向に向かいそうに感じましたので、聞いてみました。

あと、改めて某プロゴルファー殿のSMドリルを見てみて、全体像の練習を再度やってみようと思います(だいたいの形は頭では理解しているのですが、体が今ひとつついて行ってなくて・・・大汗だくだく)。

てつきち様

私から見ればてつきち様の体型は非常にうらやましい限りです。プロ様にも結構大柄の方がいらっしゃいますが、やはりうらやましく感じます。ただ、てつきち様の体型が原因で腰痛が出るのでしたら、脂肪を燃焼させる必要がありますね。書き込みにて応援いたします。

ただ、嫌味になったら申し訳ございませんが、私も体に関しては悩んでます。たぶんてつきち様とは逆の意味で・・・(20年ぐらい悩んでます!!!)。
私の体型は、身長166cm、体重は何と50kg、筋力は中学生レベルですかね???典型的なガリガリで、体脂肪率は9%ぐらいです(今年の3月現在)。
食欲は旺盛で、周りを見る限り私以上に食べる人はあまりいません(私のかみさんぐらいでしょう)。
どなたか太れる方法(筋肉をつけることが理想だと思いますが、この際、脂肪がついてもいいと思ってます)教えてください。

体作りだけ 投稿者:てつきち 投稿日:2006/07/11(Tue) 12:17
馬顔さま
いつも気にかけていただき有り難うございます。
腰痛持ちの私は、今は全く球を打っていません。素振りもしていません。
某プロさまのブログで、球を打つよりも、まず、打てる体作りが必要なことを教えていただいたためです。
先日、アイアンとドライバーを総入れ替えしたので、本当は球を打ちたくってしょうがないのですが(笑)、今はハーフスクワットとSMドリル、それとダイエット(!)のみを行っています。(181cmで93kg体脂肪32%はさすがにまずい・・)
腹筋と背筋の筋トレは、まだやっちゃだめと、接骨院で言われているのですが、自重でのハーフスクワットならOKとのことでした。

そんな状況ですので、暫くはこちらに書き込むネタも見つからなさそうです(汗)。
まずは、500球打っても腰痛が出ない体を目指します。

おはようございます。 投稿者:ほにょ 投稿日:2006/07/11(Tue) 10:18
馬顔様へ

非開眼者の意見なので聞き流してもらえればいいのですが、
左手の引き付けは意識して行うものではないと思うのですがいかがでしょうか。
正しい腕の動きの確認作業的に行うのは悪くはないとは思いますが。
(某プロさまのSMドリルが判り易いと思います)
正しいTB,切り返しさえ行えれば自動的にグリップが股間近辺に向かって行きSMドリル的な動きにならざるを得ない、これが正しいと解釈しております。
ただ切り返しには意識した動きが必要だとは思いますが。
その為に切り返しまでの準備が大切だと最近痛感しております。

僕なりの納得 投稿者:せんねん 投稿日:2006/07/11(Tue) 07:14
皆さん!頑張っておられますね(^_^)
僕の場合も、いろいろと試行錯誤を繰り返しましたが
やっと僕なりの納得が出来たように思います。

忘れないように自分のHPの「僕なりの納得」
のページに書いてみました。
気が向いたら、覗いてみて下さい。( ^-^)/

http://homepage2.nifty.com/maet/6.html

試行錯誤中です 投稿者:馬顔 投稿日:2006/07/10(Mon) 20:46
ほにょ様

私も試行錯誤を現在繰り返しておりますが、現状では飛ばそうとしない意識はまったくないですね。この意識をちょっと植え付けないと力んでしまうんでしょうね。
 あと、左手の引き付けについて、改めて球を打ってみましたら、まだスライス球が出ていました。
 そこで、フェイスを閉じてみましたところ(とりあえずの善後策)、非常に真っ直ぐに勢いのある球が数球でました(飛距離自体も若干伸びました)。

開眼された皆様へ(すみません。また教えて状態です)

 左手を引き付けるタイミングについて、各人違うと思われるのですが、ヘッドスピードを上げるのであれば少しでも遅いタイミングで引き付けた方が飛距離は伸びるみたいですね(ただ、打球は思いっきりスライスですが・・・ヘッドの返りが浅く、開いた状態でヒットするためですが・・・)。グリップエンドが右腰に来たあたりで引き付けを開始しましたところ、ど引っ掛けを起こし、グリップエンドがボールのところに来て引き付けたところ、どスライスを起こしました。
 その結果、私の頭の中で整理しましたところ、以下の通りとなりましたが、開眼された皆様に教えていただきたいと存じます。

・左手を引き付けるタイミングはボールに近づいたあたりで開始する。

・左手の引き付けるスピードは、最大限早く、そしてコンパクトに引き付ける(あまり大きく引き付けると、インパクト時にこする感じになる)。

 ひとつのことにこだわると、全体が見えなくなるのは分かりますが、ひとつのことが間違えていると、全体も違う方向に行ってしまうので、問題を解決したくて書かせていただきました。いろいろとご意見を頂ければと存じます。

てつきち様

フォームを作る段階では、ボールを打たないほうが良い旨書いた記憶がありますが、球を打たないと成果が出たかどうかも分からないので、あまりいいことではない気がします・・・(???)。あと、試行錯誤するにも球を打たないと悪い方向に行く可能性もあるので、球を打ちつつ理想のフォームを求めがんばりましょう。

皆さんどうも 投稿者:ほにょ 投稿日:2006/07/08(Sat) 12:16
こんにちは。

馬顔様

私ごときのアドバイスでも少しはお役に立てたようで嬉しいです。
確かに細部に意識が行くととんでもないエラーが出てるって事ありますよね。僕も最近練習場でいろんな切り返しを試していたところ徐々にボールが捕まらなくなり、いや捕まらないどころか最後の方は初心者並のどトップやダフリのオンパレード。泣きそうでした。いや、本当に少し涙が出ました(笑)頭に血が上って振り回しているだけの状態に陥いってたんですね(汗)そんな悪戦苦闘のおかげ?かいろんな引き出しが増えてようやく最近開眼への入り口が見えてきたように思います。とにかく基本のグリップ、アドレス、TB、それと飛ばそうとしない勇気。最低限これだけ出来れば逆パワーの準備が整う訳だし、例えうまく逆パワーは発揮できなくともそこそこの球は打てるようになると信じて地道に練習して行こうと思っております。お互い頑張りましょう。

皆様へ 投稿者:馬顔 投稿日:2006/07/07(Fri) 19:50
ほにょ様

アドバイスありがとうございます。早速やってみましたら、ほにょ様がおっしゃってる通り左手甲が空を向いていました(以前のグリップでは飛打球方向に向いていましたが、矯正してから空を向くようになりました)。
 そこで、インパクトのタイミングで引き付ける、というより、左手小指を力強くまるめる感覚(思いっきり小指でグリップをねじる感覚でもあります)でやってみましたところ、まあ何とスイング軌道(インパクト後の)は変化し(自分で言うのも何ですが、そこだけはプロみたいな感じで出来ました!!!)、インパクト時もフラット(時々若干閉じた状態で)当たるようになりました。本当にありがとうございます。
 あと、アドレスが決まらないと他も悪くなるため、アドレスが非常に大事であることを自覚致しました。
 これで、あとはボールが芯に当たるように調整(これは非常に難しい)して、現状で分かったスイングを自分の体にしみ込ませいきたいですね。
 あと、スポーツチャンネル等でゴルフをやっていたら、一瞬写るティーショットをじっくり見て研究したいと思います。

てつきち様

ゴルフをなめていた、ということを自覚し、何がまず必要かがわかったというのは、私個人の考えで言えば、大きな一歩だと思います(私も同じく、非常に反省して猛練習に入っています)。あと、私ごときが言うのも何ですが、スイングがある程度固めるには、ボールは打たないほうがいいのかもしれません。素振りとボールを打つ時のスイングを比較すると、圧倒的に素振りの時の方がいいスイングをしています(私だけ???)。その素振りを丁寧・慎重に、かつボールを打つ時の感覚でやっていけば身につくのでは?と感じています。現在必死に素振り中(回数は数えていませんが、毎日限界になるまでやってます。限界を超えてやってもスイングが崩れるだけだと思うので・・・時間的にはインターバルを若干置きながらやっているので、3時間程度です)。

それでは、また週末ですが、思いっきり休みをエンジョイしましょう(練習も打ちっぱなしもたくさんできますね)。

馬顔さまへ 投稿者:ほにょ 投稿日:2006/07/07(Fri) 13:37
私ごときの見解で申し訳ありませんが、
引き付けた時左手の甲が空を向いてる、いわゆる手元が浮いている状態にはなっていないでしょうか?
もしその状態で左手を引き付ければ擦りダマの出る可能性が余計に高くなってしまいます。
左手甲が飛球線方向、もしくは地面に向いてるくらいの状態で引き付ければ球が捕まります。
でも結局は切り返しの時点で肩の開きを我慢出来れば、
手元が浮きにくいとは思います。
更に言えば正しいポスチャー、グリップからのTBが大事ということになるとは思うのですが。
私の場合は切り返しの時点で意識して左手甲を手のひら側に少し折るというインチキ逆パワーの使い手です(汗)
本物の逆パワーの使い手さんの意見を待ちましょうw

無題でござる 投稿者:てつきち 投稿日:2006/07/07(Fri) 11:29
馬顔さま
文字だけのやりとりって難しいですね。
私がでこはちさまのお返事をみて思ったのは、最初カチンでした(笑)。でも、でこはちさまが何の考えもなく、書かれているわけないと思い直し、何度も何度も読むうちに、「申し訳ない」気持ちでいっぱいになりました。
教えていただいたことを実践できず、落ち込んでいる私に「そんなに簡単なことじゃないよ」ということを、でこはちさまなりの言葉で表現していただいたのだと気づいたためです。
で、クレクレ君だった自分を振り返った時、せっかく皆様に教えていただいても今の私には、実践どころか理解も出来ないのだとしたら、私はなんて失礼なヤツなのかと凹みました。

昨日、某プロゴルファーさまのブログを拝見して、私はやっぱりゴルフを舐めていたことが判りました。
体づくりから、一からやり直します。

ジンジャーさま
私の言葉が足りなかったため、雰囲気を悪くしてしまって、ほんと申し訳有りませんでした。
でこはちさまは、へた呼ばわりしているのではなく、「難しいんだから、すぐ出来なくっても、きにしなさんな」と仰っていると思いますよ。
ロムではなく、是非、ゴルフについて書き込みしてくださいね。

やっぱり難しい・・・ 投稿者:馬顔 投稿日:2006/07/07(Fri) 01:23
皆様へ

 この掲示板をご覧になられている皆様におかれましては、せっせと逆パワーのメソッドに励まれていると存じます。

 私は、現在左手が完治して、再度クラブを握りつつスムーズに流れるような全体像の発見に全力を尽くしております。

 ただ、トップから下半身始動で切り返しをはじめますが、グリップエンドが右腰付近に来た際の左手の引き付け?というのが、どうもうまくいかず、ラウンドの時に、股間めがけて思いっきり引き寄せたら、インパクトがぶれてました(擦り球?)。
 多分、左手の引き付けというのは、ほんの少しだけでよく、その目的もヘッドを返すためだけだと思われますが、いかがでしょうか。あと、引き付けに関し、何かコツというか、方法について教えていただければと存じます。

 あと、でこはち様の書き込みについて触れさせて頂きます。私の個人的な理解?(受け取り方)は、でこはち様の書き込みはあくまで一般論であり、まさしくその通りだと思います。
 「上手」の方々は、それぞれ最終的に自分の感性でメソッドを仕上げ、更にそれを磨き上げてプロに行ったんだと思います(それにはそれこそ血のにじむ努力が必要だと思います)。己の感性でフォームを磨いているため、それを人に説明しようにも説明は非常に難しいし、また、それを私のような下手が理解するのは難しいと思います。これは至極当然だと思います(だからといってアドバイスが必要ない、とは言いません。当然必要です。アドバイスがあれば非常に参考になりますし、究極に近づける可能性があるのですから・・・)。
 あと、「上手」「下手」の読み方(解釈)について、「ウワテ」「シタテ」と皆様解釈されていると思いますが、例えこれが「ウマイ」「ヘタ」の解釈だとしても、「ヘタ」「シタテ」の立場で言えば意味は変わりはないと考えます(当然私は「ヘタ」の部類です)。
 私としてはどちらで理解していても良いと思います。上達というのはまず自分のヘタさを自覚して初めてなしえる事だと理解していますので・・・。あと「ヘタ」と言われて悔しくなければ、同様に上達というのはあり得ないことだと思います(でこはち様の言葉で「カチン」と来られた方は、むしろ上達の可能性を秘めていると考えれば、それほど怒る必要もないと思います。またその「カチン」を起爆剤にすればよいと思います)。
 てつきち様、ジンジャー様、上手の方々がアドバイスしてくださるのを理解することから楽しんでメソッドをマスターしようではありませんか(何かジジィくさいですね)。もちろん練習は必死にやるにしても、上手の方々のアドバイスはフムフムッ、ホーッと気軽な気持ちで見つつ、それを練習で実践してみる、これはおかしい?と思ったら、別の解釈をしてみて実践してみる。こうやっているうちに自分の体格にあった理想のスイング(当然メソッドを地盤にしたスイングです)が出来上がるのではないでしょうか。

 あ〜〜っ、また長くなった。すみません。私は引き続き練習に打ち込みます。

いつも拝見しています 投稿者:ジンジャー 投稿日:2006/07/06(Thu) 22:12
いつもROMさせていただいてました。20代のゴルファーです。こちらの掲示板、最近盛り上がっていたのに、シーンとしてしまいましたね。
てつきち様
いつもご熱心な様子、拝見していました。みんなに教わっていることを盗み見ながら、僕も参考にさせていただいていました。笑
クレクレで大いに結構じゃないですか?

でこはち様
-----「下手」という言葉が誤解の基なのでしょうが、あえて誤解されかねない言葉で一面の真理を伝えようとする境地はわかっては貰えないみたいですね。------
てつきち様は誤解はしていないようですが、僕ならヘタ呼ばわりされたと思うかも知れません。
常識というものを土台にして、前向きの努力あってのコミュニケーションをてつきち様は行っていたような気がしますが、違いますかね。
ちゃんと返事するべきでは?

当事者でもないのにお節介失礼しました。
せっかくの掲示板がもったいなく思いカキコさせていただきました。

管理人様
不適切なカキコでしたら削除ヨロシクお願いします

消え去らないでください 投稿者:てつきち 投稿日:2006/07/05(Wed) 17:21
でこはちさま
消え去るなんて、寂しいこと言わないでください!
私も、全くでこはちさまと同感で、一生かかって煎じ詰めるつもりでおります。だから、その時出来なかったことも、全て引き出しの中に大切に入れさせていただいています。
ゴルフスイングは、デパートで買い物するように簡単に手に入る物ではないことを、某プロゴルファーさまも仰っていました。
スイング修得を舐めているつもりはありません。
「一面の真理」について、もし、上に書いたことが正しいとするなら、私には伝わっていますし、でこはちさまにヘタクソ呼ばわりされているとは考えておりません(笑)。
上手、下手も「じょうず」、「へた」ではなく、「うわて」、「したて」と、ちゃんと読めましたよ(笑)。

ただ、あまりにもクレクレ君だった自分に対して自戒の意味も含めて、下記の書き込みをさせていただきました。
ここで、いままで沢山の宝物を皆様にいただきましたので、クレクレ君をやめて、暫くは自力で奮闘してみようと決めただけのことです。
ですから、でこはちさま、先程も書きましたが、何かを知りたい、スイングについて考えたいという、私のような初心者がこちらの掲示板に助けを求めてきた時には、今まで通り、力になってさしあげていただきたく思います。

またまた 投稿者:でこはち 投稿日:2006/07/05(Wed) 15:34
誤解されて三度めの正直、参りました。
何事も常識というものを土台にして、前向きの努力あってのコミュニケーションだと思います。
私は誰が下手で上手だなんて一言も言っていません。一般論としてどこにもウワテとシタテとが居て、ウワテの世界はシタテには理解し難いと言ってるだけです。
当然、私もショッチュウ下手の立場になりますし、あなたが上手の立場に立たれることも多々あることでしょう。
いずれにしろ、だから教わったことは一回や二回のラウンドレポートは不要で、一生かかって煎じつめましょうと言いたいのです。

「下手」という言葉が誤解の基なのでしょうが、あえて誤解されかねない言葉で一面の真理を伝えようとする境地はわかっては貰えないみたいですね。

「老兵は死なず、ただ消え去るのみ」
余計な現役並みのでしゃばりが災いの元でした。失礼しました。

無題でござる 投稿者:てつきち 投稿日:2006/07/05(Wed) 14:36
でこはちさま
いろいろと親切に教えていただいたにもかかわらず、理解出来なくて申し訳有りませんでした。
私は下手ですので上手な方々に教えていただいたことの真の意味が判らなかったんですね。頑張って理解しようと考えていた私は、冷や水を浴びせられた気持ちがしております。
私は残念ながら、でこはちさまに教えていただいたことを理解出来なかったようですが、今後、何かを知りたい、考えたいという初心者の方がこちらの掲示板に助けを求めてきた時には、今まで通り、力になってあげてくださいね。(私ほど理解出来ない人は稀だと思われますので笑)
これまでも、出来ないことを親切に教えていただいた方々のせいにするつもりは毛頭ありませんでしたが、これからも自己責任で精進いたします。破産は勘弁していただきたいですが、素振り500回3年なら何とかなるかな、と思います(笑)。

いままで、本当にいろいろと有り難うございました!
それと、すいませんでした(笑)!
いつか、「新・てつきち」か、「てつきち・改」にレベルアップして変身できたときに、またお話ししてくださいませ。

馬顔さま
これからも理想のスイングを目指してお互いに頑張っていきましょうね!
馬顔さまが仰っていた、追い越すイメージ、私もいつか感じられたら嬉しいです。

マロンさま
この掲示板を見ていらっしゃるかどうか判りませんが「左肩胛骨」と「股関節で切り返し」「右腰ロック」など、いろいろな宝物をいただきました。
お約束した「開眼報告」はいつになるか判りませんが(笑)、必ず報告出来るように精進いたします。親切にしていただき有り難うございました。

くるりんパーさま
「切り返しを丁寧に」して「手首ガチガチ」のまま「肩をひらかない」インパクト出来るように頑張っていきます。(難しいですが・・笑)
偶にしかお話し出来ませんでしたが、くるりんパーさまは、私にとってムーミンに出てくる「スナフキン」のイメージでした(笑)。あまり普段は見かけなくても、大事な時に核心に迫ることを言葉少なに語ってくれる頼れる人っていうイメージです。
また、私のようなへっぽこ(少数だと思われますが笑)を助けてあげてくださいね。
有り難うございました。

これからも本当のアスレチックスイングを目指して、諦めず、精進いたします。

無題でござる 投稿者:でこはち 投稿日:2006/07/04(Tue) 20:09
いみじくも馬顔様が同伴者にグリップを修正されたように、ゴルフスイングの基本部品は複数あって、その「部品数の相関*リズム*タイミング*コース戦略*自己管理*自然条件*運」といった気の遠くなるほどの組み合わせの集積がスイング結果と言うことなのでしょうか?
しかもグリップ一つとってもプロ同士であっても微妙に違う。

そして上達のための勉強にしても、
(1)下手は上手のいう意味が通常わからない。わからないから差があるので、この宿命的な命題には困ったものである。
私にしても数十年前に購入した本の一言の意味が読むたびごとに違って来ている。
(2)教える側にしてもすべてが判っている訳ではない。長島や青木の「こんな感じ」は有名であるが、かってグラハム・マーシュがNHKの番組でピボットポジションの説明で「自分でもよくわからない」と言ってしまったのを覚えている。

結局、自己責任というか「毎日素振り500回を3年間」や「メンバーコースを持つ」や「ニギリで数千万払って破産しかける」という方法が最短なのでしょうか?

あるレベル(ハンデ20以下)になっている人なら、アンチョコとしてはロングは政木博士流、ショートはミンデイ・ブレーク流の組み合わせがお勧めかなと思っています。

漸進的進歩とゴルフの引き出し 投稿者:てつきち 投稿日:2006/07/04(Tue) 14:29
馬顔さま

ラウンドお疲れさまでした。
スイングが良くなれば、スコアはついてくるモノだと信じて(自分にも言い聞かせています)頑張りましょう!
手のマメは何度かつぶれると、そこがタコみたいに堅くなりますので(笑)、もうちょっとの我慢ですね。(私は左掌、タコ3個あります。もう、左手、どんだけにぎゅうぎゅう握ってもマメは出来ません笑)

マトリックスを抜け出すことができた諸先輩皆様へ

こちらのサイトのTIPSコーナーに「漸進的進歩を積み重ねても、マトリックスの世界からは抜けられない」と管理人さまが書いていらっしゃいます。
今わたしは、漸進的進歩を続けていくなかで、ゴルフの引き出しを増やしていくことに専念して、日々じたばたと汗しております。
漸進的進歩を続けていくこと自体は楽しいですし、たまにでも良い球が打てると気持ちいいので、今の練習がイヤなわけでは全くないのですが、「現実と現実の間を絶対に飛び越えられない」とすると、少し寂しい気持ちがします。
このまま続けていても、マトリックスの世界を抜け出すことは、本当に出来ないのですか?(もちろん、管理人さまに反論するつもりは全くございません汗)
皆様は、どうやって、なにをきっかけにして「現実と現実の間」を飛び越えられたのですか?
厚かましい質問で大変恐縮ですが、なにか一言で結構ですので、お言葉をいただけると幸いです。

アドレス実践しました 投稿者:馬顔 投稿日:2006/07/03(Mon) 20:09
でこはち様

先日、ラウンドの際、でこはち様からアドバイス頂きましたアドレスを実践致しました。

実際にやってみると、アドレスからトップを作り、切り替えしまで今までよりスムーズに出来ました。ただ、非常に膝上の筋肉と脛の筋肉?(あるのかないのか分かりませんが、脛あたりです)に負担がかかり、最後の方では、足がつりかけてました(大冷や汗)。

スコアは散々でしたが、徐々にフォームも矯正され、かつ球筋も良くなってきたように思えます(多分気のせい!!!)。縦振りも少しずつ分かってきました(ただ、手で振っているという感覚も同時に理解できるようになり、これを除去しなければいけませんが・・・。これが一番大変な作業なのでしょうね)。

今週は、毎日30分程度のスロー素振りで、全体像をイメージしつつ形作っていこうと思います。

ラウンドしました。 投稿者:馬顔 投稿日:2006/07/03(Mon) 04:54
皆様へ

土曜日、日曜日とラウンドして参りました。正直言って、しゃれにならないほど大たたきしてました。ラウンドでしか練習出来ない部分もありますが、やはり練習場での練習があってこそ、と痛感した次第です。

特に本日はシングル・プレイヤーとラウンドしましたが、いきなりグリップの矯正をされました。そのグリップでやってみましたら、最初はとてつもない違和感を感じましたが、続けていると、スライスは引き続きありますが、スライスの度合いが結構減って、飛距離もグンと伸びました。これでスライスがなくなれば言うことはないのですが・・・(ドライバーです。それ以外は純粋に飛距離が伸びました。多分これで並の人になったかなぁ〜???)。7番ウッド(一番得意なクラブ)で残り160m(打った場所が上り坂になっている)くらいの地点から打ったら、グリーンに乗りました(オーバー寸前ですが・・・)。私自身の感触では非常に飛距離が伸びた気がするのですが、ただ、まだ伸びる気がします(ちゃんと芯に当たれば・・・ですが)。

それでは、また先週と同じ場所に豆が出来、つぶれてしまいましたので、今週も素振りのみで引き続きがんばります。

てつきち様、お互いまだまだたくさん学ぶところがありますが、めげずにがんばりましょう。

本メソッドを開眼された皆様、まだまだ未熟な私ですが、これからもご教示頂ければと存じます。

ラウンドが一番の練習ですよね! 投稿者:てつきち 投稿日:2006/07/02(Sun) 11:24
馬顔さま

前回書き込みしたとき、でこはちさまの「シャンク大変でした」へのお返事をと思い「えっ?うーーんと」を書き終わり投稿すると、私が1つ書き終わるまでに馬顔さまが長短で2つ投稿されていたので、驚いて聞いてしまいました(笑)。
ちなみに、私のキーボードを叩くスピードは、ものすごーーく遅いです!
早い人がキーボード叩くと「カチャカチャ」と音がしますが、私の場合「ポチッ・・ポチッ・・」です(笑)。

ラウンドいいですね!やっぱりゴルフ場に沢山いかないと上手くならないと思っています。
大きく握っている(笑)場合、そうもいかないでしょうが、気楽にラウンド出来る状況でしたら、ゴルフ場でしか出来ない練習もあるかと思いますので、どうか有意義なラウンドにしてくださいね。(へっぽこが偉そうにすいません汗)



スイカ 投稿者:馬顔 投稿日:2006/07/01(Sat) 03:59
てつきち様

てつきち様の書き込みを見てちょっと安心(しちゃだめだと思いますが・・・)しました。正直私も自分のスイングだとスイカ絶対に割れないな、と確信してましたので・・・(冷や汗)。

 キーボードを打つ早さは、比較的早いのではないでしょうか(分かりませんが、回りの人と比べるとちょっと早い程度ですが)。何ゆえそのような質問を?とちょっと疑問に感じました馬顔です。

 シャンクについて教えていただきありがとうございます。私の考えていたシャンクは、多分シャンクではないのかなぁ?何度か出したことがあると思っていましたが、とりあえず右に飛んで(斜め45度ぐらい)、更にスライスしていってましたので、それがシャンクだと思ってました。ただ、根元にはよく当たります(それでも上記と同様の球か引っ掛け球になります)。

今週も実はお誘いがあり、ラウンドを予定してます。正直言って、今の状態でラウンドはしんどいです(スコア叩くし、それに伴って疲れがどっと出てくるので)。

それでは、お互いがんばりましょう。

トリプル?ですいません 投稿者:てつきち 投稿日:2006/06/30(Fri) 18:37
私も、もちろん、スイカは割れません。
手首ガチガチでスイカの上を空振りです。
キッパリ、自信は有りません!

あっ、馬顔さまだ! 投稿者:てつきち 投稿日:2006/06/30(Fri) 17:58
馬顔さま
ジュニアの書き込み、大変失礼致しました。ニアミスしてたのですね(笑)。
馬顔さま、キーボード、叩くの、ものすごく早いですか(笑)?
シャンクはフェースの根本(シャフトが刺さっているところ近く)で球を打ってしまうことです(あーー怖い!)。
馬顔さまの解釈では、プッシュスライス位のミスショットには成りそうですが、シャンクはそんな可愛げのある球ではありません(大笑)。もっともっと、格好悪くて、怖い球が出ます(ペチッって音も恥ずかしい〜)。
思い出すと、また冷や汗がタラ〜・・。

えっ?うーんと・・ 投稿者:てつきち 投稿日:2006/06/30(Fri) 17:34
でこはちさま
先日、でこはちさまにアドレス時の上体の前傾について伺った際、「要するに前方に膝小僧以下の垂直面が出来、後方に腰の背部からの垂直面が出来る」と教えていただいたのですが、私の受取方、また間違えていましたか(笑)?
私の解釈では、上記いただいたご説明を「膝下も背中も垂直」(何かに捕まっていないと後ろに転んじゃう)と考えていたのですが(大汗)、本日いただいたお返事を読む限り、上体かなり深く前傾しても良いようですが・・・。
「普通に立ってられないから、おかしいな〜」とは思っていたのですが(爆)。
・・またしても私・・
必殺技「勘違い」炸裂(泣笑)?

書きぶり間違えました 投稿者:馬顔 投稿日:2006/06/30(Fri) 17:05
皆様へ

先ほど書いた私の書き込みで、スイカ割りについて書いたのですが、グリップが右腰あたりに来た時点でヘッドがスイカの遙か上にあり、そこから徐々にではなく、一気に(多分)インパクトまで逆放物線?の軌道を描いてます(多分皆様にはどうでもいいこととは存じますが、心配されると申し訳ないので・・・。徐々に下りていったら、インパクトの時のヘッドスピードが非常に遅いですね)。

失礼しました。

がんばってますね 投稿者:馬顔 投稿日:2006/06/30(Fri) 16:58
てつきち様

練習場お疲れ様です。シャンクですか。私の場合、いつも練習場ではトップに悩まされます。今週はいろいろあって練習場にはいってませんが、週末になって実際に球を打って練習しようかと思います。

まあ、私の場合、シャンクが出る原因が今ひとつ理解できてないんですが、いろいろな人が言っていることを総合すると、「インパクト時にフェイスが開いた状態で、かつフェイスの外側にボールが当たった状態」でシャンクが出るのかな?と思ってますが・・・。

あと振り遅れは出来ていると思ってますが(多分気のせい)、遅れすぎてボールに当たった時にスライスします(苦笑)。恐らくインパクト時に左手を体に引きつける動作が十分ではないのでしょうね(インパクト直前までコックを維持することに専念してますので)。

あと、私はジュニアゴルファーではないのですが、気になさらないでいいですよ。私自身、体全体の力はジュニア並に弱いので・・・(握力30ぐらい。多分。大汗)

FUM様

はじめまして。メソッドはじめて1ヶ月ぐらいの馬顔です。スイカ割りのイメージが出来ているんですね。羨ましいです。私の場合、スイカ割りというよりスイカ転がしになりそうな感じです(汗)。

私もスイカ割りをイメージしたいんですが、トップから下半身始動で切り返しを開始したら、グリップが右腰あたりに来た時点で、スイカの遙か上にヘッドがあり、そこから徐々に地面に向かって逆放物線?の軌道になるため、結局スイカは割れません(???)。すみません、多分冗談のようにしか聞こえないかも知れませんが、私の場合こんな感じなので、誰か私を助けてください(うぅぅぅ)。

ただ、これから週末がやって来ますので、お互いに頑張りましょう。

シャンク大変でした(汗) 投稿者:でこはち 投稿日:2006/06/30(Fri) 15:43
てつきち様

シャンク連発とは危なかったですね。
原因としては、てつきち様の基本事項とのアンマッチと思いますが、ご報告の事象に気になる点がありますので若干コメントさせて下さい。

>アドレス時の左腕と左胸の圧迫感をインパクトまで大事

ジミーバラードの「コネクション」という奴で凄く大事なのですが、実はあの構えだと胸の前に両腕の脇下が来ますので、意識しないでも自然にコネクションが出来てしまうのです。
一方何であれスイング時に一つ以上の事を気にしてしまいますと、スイングのリズムが無くなってしまいますので、もっとも典型的なミスであるシャンクが出ても当然と言えます。

>ハンドアップ気味になり

車間距離が近過ぎませんか?
むしろハンドダウン気味になり、右グリップが下からヘッドを支えている感じです。

>切り返しで右膝を左へ送りにくい

TBは先の構えで左肩でクラブを地面に押し込む感じにすりると、腕は殆ど使わないのにトップが出来てしまいます。
そのトップの瞬間グリップを含め右サイドが右膝と右脚を圧迫する感じです。
無理に右膝を送る必要はないと思いますが?

>シャンクの事象
要するにインパクト直前でクラブの付け根が臍(スイングの中心)から逃げている訳です。
左肩甲骨をTBで右に寄せ、右は小さく低く保てば、ダウンで自動的に臍の向ってクラブが降りて来ます。

なお、基本のアドレスの作り方ですが、「ピョンと飛ぶ」のと「椅子に座ったまま、椅子を外した形」。
むしろその低い腰をもう一段沈めてみてスイングするのは、田原プロなどもおすすめのドリルです。
サクラプロみたいに椅子に座って打つのもよく似た理屈でしょうし、とにかく事故には十分気を配ってあれこれ試してみて下さい。

全体を通じての大前提は「脱力と無欲」です。「飛ばそうという邪気」を「両膝が一番前に揃ったお行儀良い形という足かせ」が制御して呉れるのだと思います。


FUM様

スイカは食べるもの(冗談)、ゴルフはヘソ打ちと思っています。

馬顔さま、ごめんなさい! 投稿者:てつきち 投稿日:2006/06/30(Fri) 13:02
馬顔さま、ごめんなさい!
馬顔さまが過去書き込まれていたことを見直していたら、奥様のことが書かれていました。ジュニアゴルファーさんではないのですね。
見落としていました(バカものです)。
ほんと、ごめんなさい(大汗)。

皆々様へ 投稿者:てつきち 投稿日:2006/06/30(Fri) 12:55
馬顔さま
振り遅れ、あっさり出来てしまったようで本当にうらやましいです!
管理人さまが増補版14回で仰っているように、逆パワーの修得のみでアスレチックスイングに移行できる「稀」な方なのだと思います。あれ?馬顔さま、もしかしてジュニアゴルファーさんですか(違っていたらごめんなさい)?
初登場されたとき、馬顔さまは、インパクト前後に右手が左手を追い越すようなイメージを仰っていましたよね。その時も私は「うらやましーー!」って言っていました(笑)。
振り遅れが出来ているのなら、アスレチックスイングまで、後一歩ですね!ビックマッスルを叩き起こしてください。

FUMさま
はじめまして、へっぽこ(笑)てつきちと申します。
私ごときの意見で恐縮ですが(汗)、すいかは右足のつま先、右横50cm位のイメージでおります。
あっている自信は全くありません(キッパリ!)ので、他の方の意見を一緒に待ちましょう(笑)。

すいか割り 投稿者:FUM 投稿日:2006/06/30(Fri) 12:23
みなさま初めましてFUMと申します。
お話白熱中にすいませんが、過去ログ〜現在まで「すいか割り」についてのお話があり、たて振りの意識は分かるのですが、目標のすいかは何処に置くのですか?
私は右足あたりかなと思っていますが、みなさんはどうでしょうか?

新アドレス雑感 投稿者:てつきち 投稿日:2006/06/30(Fri) 11:49
でこはちさま
いつも有り難うございます。
昨夜、打ちっぱにて膝下垂直にて球を打ってきました。
結論から申しますと私には無理でした(泣)。
今、アドレス時の左腕と左胸の圧迫感をインパクトまで大事にしているつもりですが、膝下垂直にて、足裏真ん中体重で構えると、ハンドアップ気味になり、腕の通り道は確保できるものの、左腕が自由に動きすぎる為か、シャンクいっぱい(ペチ当たり30発以上!笑)打ちました。シャンクばかりしているとき、前の打席で打っていた方が、こっそりと別の打席へ移動していたのを、私は知っています(笑)。身の危険を感じられたのか、シャンクが感染するのを恐れたためだと思われます。
あの方には、本当にごめんなさい、です(ペコリ)。
また、膝がロックされすぎているためかもしれませんが、切り返しで右膝を左へ送りにくい為、今の私には難易度高すぎました(笑)。
ただ、パッティングの時には効果絶大のようですので、今はそれ専用に使わせていただこうと思います。
全てのスイング動作が自然に行えるようになったら(なれるのかな?)、更に安定させる目的で膝下垂直を試してみたいと思いますので、今は大事に引き出しに入れさせていただきます。
有り難うございました。

皆様へ 投稿者:馬顔 投稿日:2006/06/29(Thu) 17:38
皆さんはやはり体得順番は、逆パワー→振り遅れなのでしょうか。実は私の場合、まったく逆だと思います。

振り遅れは、私の思い違いですが(泣)、2、3日で出来たと思います。どんなに素振りが崩れても、振り遅れだけはいっぱしに出来るという自信があります。ただ、逆パワーはと言えば、理屈では分かりますが、体現するのが非常に難しく、ゆっくりやっても「こんな感じ?」と頭の中にいくつもの「?」を抱えながらやっているため、体現できているのかどうかも分かりません。ただ、一つはっきり言えることは、ここ1ヶ月の間に飛距離は人並みまではきたものと思います。

以上、失礼しました。




Copyright © 1997-2013 ゴルフ新理論「逆パワー・メソッド」---ビッグマッスルを叩き起こせ, Tokyo Japan, All Rights Reserved.