ゴルフ新理論 逆パワーメソッド スウィング理論
逆パワーメソッド熟成版 逆パワーメソッド増補版 ゴルフなんでも掲示板 ゴルフなんでも掲示板過去ログ TIPSコーナー
インフォメーション バックナンバー 相互リンク
  【ゴルフなんでも掲示板 過去ログ(14)】



貴重なご意見、ありがとうございます。抜粋です。
(1がもっとも古い)
1〜4は以前開設していた「ご意見コーナー」にお寄せいただいたものです。

■目次
最新 | 194 | 193 | 192 | 191 | 190 | 189 | 188 | 187 | 186 | 185 | 184 | 183 | 182 | 181 | 180 | 179 | 178 | 177 | 176 | 175 | 174 | 173 | 172 | 171 | 170 | 169 | 168 | 167 | 166 | 165 | 164 | 163 | 162 | 161 | 160 | 159 | 158 | 157 | 156 | 155 | 154 | 153 | 152 | 151 | 150 | 149 | 148 | 147 | 146 | 145 | 144 | 143 | 142 | 141 | 140 | 139 | 138 | 137 | 136 | 135 | 134 | 133 | 132 | 131 | 130 | 129 | 128 | 127 | 126 | 125 | 124 | 123 | 122 | 121 | 120 | 119 | 118 | 117 | 116 | 115 | 114 | 113 | 112 | 111 | 110 | 109 | 108 | 107 | 106 | 105 | 104 | 103 | 102 | 101 | 100 | 99 | 98 | 97 | 96 | 95 | 94 | 93 | 92 | 91 | 90 | 89 | 88 | 87 | 86 | 85 | 84 | 83 | 82 | 81 | 80 | 79 | 78 | 77 | 76 | 75 | 74 | 73 | 72 | 71 | 70 | 69 | 68 | 67 | 66 | 65 | 64 | 63 | 62 | 61 | 60 | 59 | 58 | 57 | 56 | 55 | 54 | 53 | 52 | 51 | 50 | 49 | 48 | 47 | 46 | 45 | 44 | 43 | 42 | 41 | 40 | 39 | 38 | 37 | 36 | 35 | 34 | 33 | 32 | 31 | 30 | 29 | 28 | 27 | 26 | 25 | 24 | 23 | 22 | 21 | 20 | 19 | 18 | 17 | 16 | 15 | 14 | 13 | 12 | 11 | 10 | 9 | 8 | 7 | 6 | 5 | 4 | 3 | 2 | 1 |






過去ログ検索
カスタム検索


ワンダー・ラビット様 投稿者:ダフリ 投稿日: 5月12日(月)23時59分19秒
ダフリの解消に続いて、アドバイスありがとうございます。
あつかましいと思われているでしょうが、お許しください。
なんせ友人や知人で明確にこうだと教えていただける方がいないもので、神様に祈るつもりで投稿しております。
近日中に、練習場に行って試してみます。
結果は必ずご報告いたします。また、何かの病気が出ましたらご教示お願いいたします。
あつかましい奴で申し訳ございません。

追伸 投稿者:ワンダー・ラビット 投稿日: 5月12日(月)22時50分11秒
先ほど(スコアはアップする)と書きました。ゴルフの場合”スコアは減る”が正解です。皆様、くれぐれも(スコア・アップ)しないようにがんばりましょう。
CU

NO MORE シャンク! 投稿者:ワンダー・ラビット 投稿日: 5月12日(月)22時27分37秒
ダフリ様。
お久しぶりのワンダー・ラビットです。
ダフリの次はシャンクですかぁ! コマッタ人だ。(笑)
頼まれた訳じゃないのに何故かそんな気もするので、じゃぁ今回はシャンクの処方箋ですね。

ズバリ、シャンクに一番効くのは、もう一回シャンクを打とうとすることです。耳を疑われているかも知れませんからリピートしますが、シャンクが出たら、ワザともう一回、打てるモンなら打ってみてください。
理由は先ず、シャンクはしっかりリリースされて、遠心力でクラブが外側にブローした時に起こるミスですから、アマチュアの我々とするなら、かなり満足できる状態に自分自身があるということ。次にシャンクを意図してヒール・ボールの軌道を想定すると、ダウン・スウィングはそれまでよりもインサイドから降りてくる傾向があるということ。ダメ押しは、そうする事で懐(ふところ)がボール一つ分深くなっていますから、インパクトゾーンで左脇が締まりやすくなって、結果としてインサイド・インの理想的なスウィングになること。意に反して95%以上の確率でシャンクにはなりません。
もちろんシャンクが出ないときにワザワザそうする事はないのですが、シャンクが連発するのは、むしろそれを敬遠する動きが遠心力を増して、外側へのブレを助長してしまうからだと言えます。
問題はそれをコースでやるにはかなり勇気が要るって事ですか。(笑) ティーショットを良い所に運んどいて2打目がシャンクでOB! 笑ってる人は多分何度か経験してると思うんですが、実際そんな時に「シャンク打ってやるでぇ、絶対シャンクにしちゃるでぇ!」と思って振るのは、もう小便チビリそうになりますよ。でも今までそれで連発した事はありませんね。(ホッ。。。)
シャンクに限らずですが、その時に出やすいミスをその時にインテンショナルに打ってみる事は、私は非常に質の高い練習だと思ってます。いや、練習場ではそういう練習をした方が、むしろスコアはアップすると思いますよ。

ダフリ様、 ご参考までに。
(ひょっとして、また“教え魔オジサン”に入っちゃてるのかも????)

今度はシャンクで悩んでいます。 投稿者:ダフリ 投稿日: 5月11日(日)23時19分18秒
こんばんは。今回で二度目の投稿です。
前回は、ダフリがひどく悩んでいて、ワンダー・ラビットさんからアドバイスをいただきました。
おかげさまで、ダフリ病は治ったのですが,今度はシャンクが出始めました。
いつもシャンクが出るというわけではないのですが、シャンクが出始めるとその日はどんなことしても治りません。一週間ぐらい時間を空けて練習にいってみると治っていることもあります。
自分自身でシャンクの原因と解消策を見つけないと悶々とした毎日を過ごしています。
どなた様か、もしよしければまたアドバイスいただけないでしょうか。
勝手なお願いだと思いますがよろしくお願いします。

逆パワー・メソッド 投稿者:川奈 投稿日: 5月 9日(金)18時54分53秒
逆パワー・メソッドはボディターンの真髄ですね。
実際にやるのは難しいと思いますが。
更新がんばって下さい。

アア…ひとり言ですが 投稿者:フットワーク 投稿日: 4月28日(月)20時53分06秒
しかし、たまに練習場行くとハマります〜あれこれ、色々やり出しちゃって…。かえってやらないでいた方が、迷わなくて良いのでしょうか!なんて思ったりもしますが、きっと後々参考になるはずです。取りあえず球をミート出来て、そこそこ真っ直ぐ飛んでくれれば…決して贅沢は言いません。スイングはヒトそれぞれ…と言う意見も有りますが、それは体格の違い、またイメージの違いからそう見えるんじゃないか、と思います。決して私がそう出来ていると言うわけではありませんが、棒(クラブ)を振ると言う場合の一つの正しい動きみたいな物が…反復性が高く、早く振れて、体に無理がなく〜!きっとこのメソッドがそうなんですよね…でも、言葉で伝えるのはホント、大変だと思います。気がつけば「アッ!!確かにそうなってる…」みたいな。確かにそうなっている、って事は人間の体ににとってはそうなるのが自然であって、その動きを意識し出すと…おかしくなって来たり。だからひとり一人に合わせた教え方が必要だったり…。でも、「ボディターン」と言う言葉一つとってもイメージや内容が…違うんじゃないかナァと感じてます。効率良く棒を振る…為に効率良く動く(ボディターン)…難しいです、ホントに。


リバースピポット 投稿者:タイガー渦号 投稿日: 4月25日(金)07時34分01秒
逆パワー・メソッド、本当にスイングの極意だと思います。Choiceで愛読していましたが、その頃はネットができる環境ではなかったので… 初めて書かせてもらいます。

男子プロゴルファーのトップ(切返し直前)の形を大きく分けると、前(ボール側)から見て上半身がアドレスの前傾軸どおりに傾く人と、リバースピポット気味(頭から背骨が垂直ぎみ)の人がいると思うのですが、逆パワー・メソッドからいくとリバースピポット気味の方が背筋を使ったスイングがやり易いと思うのですがいかがなものでしょうか?

ちなみに、前者の代表はニックファルドであり後者は片山晋吾やタイガーウッズであると思っています。胴体の中心を回転軸としてやっていくとトップで腰がまわるために背筋下部が回転軸よりも飛球線側によってしまうと思うのです。これが複雑にするかな?と。リバースピポット気味にしてやると胴体中央でなく背筋が中心にくると思います。回転軸を胴体中央でなく背骨(ほとんど背中側)にしてやると申しましょうか。

リバースピポットは、上半身や腕からスタートする人は伸び上がりの原因になるので、下半身や背筋下部でスタートすることが出来る人だけが長所になると思っています。
あ〜、言葉で説明するのは難しいですね。ごちゃごちゃになってきました。何か思われる方がいらっしゃいましたらご意見下さい。


勘違いかも? 投稿者:ウッズ 投稿日: 4月16日(水)16時32分25秒
はじめて投稿させていただきます。ぐーすさんのダウンブローのことなんですけどダウンブローってボールがあがりますがその分飛びませんから飛距離を気になさるんでしたら、ダウンブローはやめたほうがいいかもしれませんよ。(止まりますがね) あと、インパクト後の「ドン!!」っていうのは多分ダフりですよ。基本的にインパクトを芯でとらえると「ドン」とういいよりも「ドシュ!!」っていう音がするとおもいますから、あまりまわりのことは気にしないほうがいいかもしれませんよ


悩んでます。 投稿者:ぐーす 投稿日: 4月12日(土)23時01分48秒
はじめて投稿します。最近時間ができたのでゴルフをまじめに練習し始めました。
肩を開かず腰を開いてスイングするっていうのはなんとなく出来てきたような気がしています。ヘッドの動きも以前とは違ってきました。悩みと言うのは「ダウンブロー」にボールをインパクト出来ないのです。そのため、ボールが上がらず距離も出ません。練習場で見ているとうまい人は皆インパクト後に「ドン」と音がするんですよね。私がハンドファーストにインパクトしようとすると手打ちになります。自分ではそんなつもりはないのですが後ろから見ていると無理やり手でフィニシュに持っていっているそうです。(手が降りずに横走りして手が最下点まで降りていない)何かコツとか練習法がありましたら誰か教えてください。よろしくお願いします。


成りきりお兄さん 投稿者:ワンダー・ラビット 投稿日: 4月 8日(火)22時44分58秒
 もう一丁、練習場の名物といえば(成りきりお兄さん)ですね。上から下まで“ナイキずくめ”とかね。もっともこういう人はゴルフも一生懸命だから、私的には好感が持てるんですが・・・ 私もいつからバッグの中身が“混ぜご飯”みたいになっちゃったんだろう? 
ハットにリーボックでゴルフ場に駆け込んで、
「遅せーぞ、バカヤロウ!」
「いやー、悪りィ悪りィ。 自家用ヘリが故障しちゃってさー。。。」
なーんて、ニヤケてた頃が懐かしい!
バカですねぇ。ホワイト・シャークが“悪りィ悪りィ。”なんて言うわけねーのに。。。


(無題) 投稿者:フットワーク 投稿日: 4月 8日(火)19時36分08秒
教え魔…いますね〜練習場に行くと(^^) 特に傍でソレやられてると関係ないのに気が散って仕方ないです…。しまいには上手く打てない「教え子?」に怒り出すだしたりして。可愛そうに…きっとその教え魔の近くにいただけなのに。で、見てるとほとんどご自分ではお打ちにならないんですね、そういう方は!残った球は「これも使って良いから」なんてあげちゃって…。なんか、楽しいですよね、練習場って…。コース行くのとは、また違った楽しみ方みたいのがあって。


教え魔オニイサン 投稿者:ワンダー・ラビット 投稿日: 4月 7日(月)23時15分03秒
ダフリ様。
“余計なお節介”にならなくて安心しました。練習場に行くと(教え魔オジサン)っていますよね。自分はロクなスウィングしてないのにビギナーと見るや教えずにはいられない人。私も今年でゴルフ歴16年。「俺もひょっとして教え魔???」なんて、正直言って、ちょっとフケこんだ気持ちになってました。(笑)

〜まだそんな歳じゃないですよ!!!〜


ワンダー・ラビット様 投稿者:ダフリ 投稿日: 4月 6日(日)21時37分05秒
はじめまして。返信が遅れ申し訳ございませんでした。それに貴重なアドバイスまでいただき感謝しております。アドバイスいただきました方法を少しトップでの手首を気にしながらやってみましたところ、以前よりクリーンにボールを捕まえることが出来るようになりました。
本当にありがとうございました。しばらくこの練習方法を続けて見ます。
励ましのお言葉までいただき本当に感謝しております。
今後ともアドバイスよろしくお願いいたします。また、近況報告をさせていただきます。

(無題) 投稿者:フットワーク 投稿日: 4月 6日(日)01時10分10秒
はまり球さんの言う様にサエさんの「運動音痴だから…」って言うのは却ってゴルフの場合、止まっている球を打つのですから構えたらその場でスムースにクラブを振れれば…球は逃げない訳で(^^) 同様にPeaceさんの「球を見て…」はあらかじめ球に合わせてスタンスをしているいるのですから、そんなに無理に球を見ていなくてもやはりその場でスムースにクラブを振れれば当たるんじゃないかと。まずはご自分にとって無理のない、変な力が入ったりせずにスムースにしかもパワフルに振れる方法みたいなの見つける事が先決なのでは、と感じたりします。あ〜ァ、人にこんな事言う立場じゃ無いのに…すみません。

がんばんべー! 投稿者:ちまたのはまり球 投稿日: 4月 5日(土)23時23分31秒
みなさん色々と考えながら スイングの完成目指して頑張っている姿勢に
共感を覚えます ある面仲間として素直に感謝したいと思います

世の中に「無駄なこと」は何一つとして無いんですよね!
現在あーだこーだと悩んでいることはとても重要な事だと思います
そのうちに「あーやはりあの感じかー」という感覚がよみがえるでしょう
今迷路にはまっているのはその下地作りと思えば
悩んでいること自体楽しめるし 大切な事だと思いませんか?
フットワークさんPeaceさん 益々頑張って いろいろと教えて下さいね

さえさん 大丈夫!運動オンチという自己イメージは変えられます
私は子供のころから体育は「5」(他はオール3)でしたからなんともいえませんが
なまじ体力に優れているよりも 素直にスイングできるかも?
何よりも私の場合腕力があったため これに頼り過ぎていたために一苦労でした
スクールの先生の言うことを信じて 反復練習すれば上達しますよ
最初のうち 上手くいかないからといって止めなければ必ず上手くなりますよ!

(無題) 投稿者:フットワーク 投稿日: 4月 5日(土)20時02分44秒
スイングって言うのは本当に人それぞれで感覚も違い厄介な物ですよね〜例え上手い人に教えられてもなかなかその通りには…ですよね。イメージも大切かも…私はスイングロボットや風車なんかが頭に浮かびます。軸を中心にクラブ(羽)は回っているだけ。だから構えたら後はそのクラブや羽の回転運動がどうしたら体の正面でスムースに行えるのか…自分の体のどの部分をどの様に使えば良いのか…辿り着いたのはフットワークです。スイング中の腕の動きの緒現象は数え挙げたらきりがなく…例えばダウンでの軌道作りやインバクトゾーンでの返り等。腕や手を意識して出来るスピードじゃあ無いです、私には。「手を返す」なんて意識して行うことじゃ無いですよ〜嫌でも返ります…テコなんでしょうソレが。右肘は右の脇腹でロックされ右手の平はインバクトまで開きっぱなし…そうすれば右肩は出て来ない〜耐えきれずにクラブが勝手に回転します、私がその瞬間を思い出した感覚では。後はフィニィッシュにクラブが引っ張ってくれます。途中で手や腕を待つ為に脚の動きは止めません。あくまで脚で引っ張って引っ張って…の結果です。等と、まあどうでも良いこと書いちゃった〜アァさっぱりしたッス!!

まだ初心者ですが・・・・・不安です。 投稿者:サエ 投稿日: 4月 5日(土)17時53分39秒
最近、ゴルフを始めた30代会社員(女性)です。
最初が肝心と思い、今月から近所のゴルフ場で開催されているスクールに通っています。
自分の中では、秋にはコースに出てみたいと思っています。
ただ一つ気になるのは、自分が運動オンチだということ。
同じくスクールに通っている友人と比べると(その人も初心者ですが)、
上達に差が出るのではないかと不安に思っています。
ゴルフもはやりスポーツ、運動オンチはやはりかなりのハンデになるでしょうか?
またこれを克服するには日々練習しかない?
是非皆様のご意見をお聞かせ下さい。よろしくお願いします!

腕が・・・ 投稿者:Peace 投稿日: 4月 5日(土)17時28分36秒
あまり、腕や肩を気にしなくて良いという意見が多いようですね。確かにそうだと思うのですが、ボールをしっかり見て打つと考えるとどうしても腕の「伸び」や「かえし」が気になります。まあ、私がそうなったのもビデオで自分のスウィングを始めて見て、ボールを腕で打ちに行く、力がはいって肩がすくんで、さらに二本の腕が縮こまったみっともない姿だったからです。少し前の記事にレッスンの話がありましたが、私がゴルフを始めたころ唯一教わったことが「ボールは左手一本で打つつもり!」です。確かに最初は上手くボールが打てたのですが、インパクトでは左肩が上がり、右腕は終始左腕より下にあって「かえし」って何?という状態でした。やがて右腕を使えばパワーと方向性が増すことを覚え右腕を使い始めたので、今は打つときにあらゆる事が頭の中を駆け巡りながらギクシャクして困った状態です。全部頭の中を真っ白にしたいのですがもう無理みたいです。誰かしっかり教えてくれる人がいつも近くにいてくれればよいのですが・・・。

ボディターンは重要です 投稿者:はまり球 投稿日: 4月 4日(金)22時46分38秒
ボディターンは呼んで字の如し! 体を回すことですよね
このとき右肩・・・ 膝の動き・・・   あまり気にしないほうがいいと思います
一番の問題点は インパクト後 腕が体から離れてしまうことかな?
そうなると上下左右 打球がばらつきます
インパクトでグリップの位置が暴れているんですね!

腕が体から離れないように意識することによりスイング全体に一体感がでてきます
バック、ダウンの時はあまり考えなくてもいいと思いますが
インパクトと同時に体(ヘソ)をクルッと素早く目標に向けると
両腕が離れないことが実感できます・・・これがボディターンの真骨頂!

インパクトまではしっかりボールを見つめて
そのあとは野となれ山となれ!
打ったあともボール位置を見ていると 腕だけ一人旅になってしまいます
まずはアプローチで試してみてください





(無題) 投稿者:フットワーク 投稿日: 4月 4日(金)20時52分26秒
Peaceさんへの答えではありませんが、ボディターンの重要性にはとても共感で、それについて勝手な意見言わせて頂きますね。私は腕や体両方の動きを意識したり、また動かしたり、しかもその両方を同調させるのは難しいな〜と思いました。そこで脚だけでスイングするようにしました。簡単に言うと「手はクラブを持っているだけ。構えたら脚でテークバック、脚でダウンスイング〜気が付けば打ち終わってる」体との関係を保とうとする力も入れずに、手は何もしないのです。やっと昨年あたりから手や腕を意識しない…って感覚が分かって来ました。そしてスコアは二の次と、微妙な感覚を犠牲にしてでも今は、アプローチも同様の感じでやってます。そうなると練習は「脚だけでクラブを振りきちんと打てる脚の使い方」をいかに見付けるかです。逆算ですね!!私の感想では「構えたら…」の構えこそに大切な要素が詰まっていると思うのですが、それも「脚だけで…」にこだわっていれば自然と必然としてそうなるみたいな感じです。手や腕の動きや形は脚が動いた結果としてなるもので、腕だけで例えばコックを意識して作ったりすると、ダウン以降脚の動きと合わなくなると言うか…上手く言えませんがそんな感じです。まあ、脚と言っても脚のどの部分を使うか…等とありますが、それはその人の感覚に因るところもありますが!ですから例えばトップやインパクトでの腕の形はあくまでも脚が動いた(脚に引っ張られた)結果で、理想の形になるように努力してます、私は。そこで質問なんですが…ボディターンと言うのは体がグルリと横回転する様な単純な物ではないと思うんです。ボディターンって肩が水平に回す物なんでしょうか?だったら私のはボディターンとは違うんでしょう。 http:/

ひざとコックについて 投稿者:Peace 投稿日: 4月 4日(金)13時32分42秒
はじめまして。私は真剣にゴルフを始めて5年ほどになりますが、最近になってやっとボディターンの重要性を感じています。今まで腕だけで振ってた時間を後悔するばかりです。誰に教えてもらうわけでなく、自己流でやってきたので皆さんのご意見が大変参考になります。突然ですがどなたか教えていただきたいのですが、ボディターンによるひざの移動位置は平行が基本ですよね?左ひざが伸び上がると当然右肩は下がりますよね?もの凄く基本的でアホなことを聞く奴だお思いにならず、是非教えてください。
 もう一つはコックというかインパクトの瞬間の腕とクラブの角度の問題です。コックをリリースするという意味は解かるのですが、インパクトの瞬間のクラブを握る強さに従って、角度が左右すると思いますが、理想はどうなんでしょうか?
 すいませんさらにもう一つ!先と内容がかぶりますが、インパクトの瞬間あるいは直後、プロの連続写真には手首が伸びてクラブと腕が一本になっているイメージがあるのですが、私のような者にとっても、あれが理想的な形なのでしょうか?と言うのはフォローのイメージを練習していて、「あれ、ボールを打った後でもコックって作るのかな?」「いつ腕とクラブの角度ってつくられるのだろう?」と思うようになったためです。
長くなりましたが、よろしくお願いいたします。

ダフリ様へ 投稿者:ワンダー・ラビット 投稿日: 4月 1日(火)16時21分48秒
 はじめまして。あなたに誰からもご返答がないのはちょっと寂しいですね。私も静観していようと思ったのですが、それを見るまではどうも寝つきが良くないので、私のような者で宜しければ応援させてください。
 ほとんどの人はホームランを狙うときのようなアッパー・スウィングでゴルフを始めて、「ボールを上げるのはクラブのロフト」と教えられて、今度は地面スレスレのライナー狙いに変わって行くんですが、この段階で少々腕っ節に自信のある人が犯しやすいのが、(オーバー・トップでアイアンがダフる)症状だと思うのですが、いかがでしょう?
 本当は腕は更に90°違う方向に振ってゆく(振れている)のが正解だというのは、某プロゴルファー様とSSS様のやり取りで再三出ている事なので私が蒸し返すこともないのでしょうが、これがなかなか難しくて誰でもすぐにできる事ではないでしょうから、「そういうものだ」という事を踏まえた上で、以下の点に留意した練習を行ってみてください。
1)これまでアップ・ヒルに向かって打ち放つ形式の練習場を利用されていたのなら、ダ  ウン・ヒルの所に変える。
2)1階打席を使用していたのなら、2階席・3階席に変える。
3)左足下がりで素振りを行う。
 とにかく、“(打席が)上から(ボールの落下点が)下へ”打てる環境を重点にして、先ずはご自分のレベル感覚を修正します。ここでやって欲しくないのは意識的にダウン・ブローに打とうとしないこと。あくまで感覚の修正が目的です。
 その結果、ラウンド中トップ気味のボールが出やすくなったら、フラットな環境を中心にした練習に移行されると良いでしょう。ただし、アイアンはトップしてもボールが上がる事が条件です。トロトロと前に出るだけのトップ・ボールが出る間は、“上から下へ”が原則です。
 これは私を含めた同じレベルのゴルフ仲間の集まり、(馬鹿力ダッファーズ)が当時こぞって行った練習で、皆それぞれに効果を上げました。こういう輩は一度コツを飲み込むと結構飛ばしますから、夢を捨てずにがんばってみてください。また、ダフりが直った時にはこのサイトは良いことが書いてあるので、是非ご参考にされると良いでしょう。

貴殿のご活躍をお祈りいたします。




Copyright © 1997-2013 ゴルフ新理論「逆パワー・メソッド」---ビッグマッスルを叩き起こせ, Tokyo Japan, All Rights Reserved.